そんな折、エンジンがかからないという車の部品が届いた。先輩が担当していた車で、ディ... うんざりしてしまうほどの確率で遭遇します。ダイハツのKFエンジン、オイルパンのドレンネジ山が壊れている車。ちょっとここらでもう一度振り返っ... カローラバンです。 自分の車っていったいどれくらいの値段なのか気になる事ってあると思うのですが バランサーシャフトはエンジンの二次振動を打ち消すもので、タイミングベルトで駆動されていたり、ギヤで駆動されていた... 昨日、会社の先輩が一斉に研修に出かけていってしまった。 新車を購入したら一般的には「慣らし運転」が必要と言う人もいれば「慣らし運転は不要」と言う人もいます。 ... スバルから一年に一度のペースで販売されているインプレッサやWRXそれにレヴォーグやフォレスターをベースにしたSTiチューニングが施された限定... マイカーの値段は幾らくらい? アイドリング超不安定、キャブクシャミひどい。 アフターはほぼ解消。 プラグは真っ黒。 ↓ ちょっと濃い感じ。 で今回、三回目です。 症状: アイドリング不安定とキャブクシャミ、しばらくすると失火。 走行時には特に問題なし。 後に.. 失火が不定期で起きます。 車重に対しトルク感が無く (15000キロ台 ディーラーにて点火コイル1.2番x (ご厚意で4本交換 再度失火症状にて1番インジェクタ 噴霧不良(4本交換 点火プラグ自腹でデンソー製に 交換。 その他 普段使いで壊れ無いだろと エンジンはガソリンのVG33 これのプラグ交換をしてきたのでレポートします ... 車のトラブルで有名なものって、オーバーヒートだと思うんです。 車に詳しくない人でも、オーバーヒートって聞いたことがある。教習所に通って... たまに遭遇する車両で、ビックリするほど走行距離が伸びている車。年間走行距離が5万キロオーバーで、初車検を迎えるころにはなんとタイミングベル... 朝、会社に出勤するために車のエンジンをかけようとする。 車に乗り込んで鍵を回す・プッシュスタートのボタンを押す。 普段ならセルモ... ガソリン車、ディーゼルエンジン搭載車、ハイブリッド車、電気自動車。厳密にいうともっとたくさんのパワーユニットが存在します。日本で一番使われ... バランサーシャフトです。 型式 E-ALWE50 イグニッションコイルはガソリンエンジン車には必ず付いてる部品で、エンジンを稼働させる上でとても重要な部品です。 「イグニッションコイルが故障したときの症状は?」 「寿命、交換時期、点検方法は?」 「交換するとどんなメリットがあるのか教えてほ と聞いてみましたが、ランプは点灯していないとのこと。とにかく工場へ気をつけて入庫してくださいと伝えて、お客さんを待ちました。, お客さんの車が到着して、症状を一緒に確認すると明らかにエンジンが失火している。この車両はダイハツのミラで点火のスパークプラグは在庫していましたが、イグニッションコイルは取り寄せないとダメでした。, 結果、エンジン不調の原因はイグニッションコイル不良による失火でした。今、エンジン不調と言われてピンとくる原因のNo.1はイグニッションコイルの不調です。前置きが長くなりましたが、その仕組みと原因、対策から修理費用などを見ていきましょう。, まずは現在の車に採用されている点火システムについて。ダイレクトイグニッションシステムを9割以上採用しています。, 従来の点火システムとの違いは、各シリンダーに1ずつ点火火花を生み出すイグニッションコイルを取り付けていることです。, 従来の点火システムはイグニッションコイルは車に1つしかついておらず、ディストリビューターを介して各シリンダーへプラグコードで点火火花を送っていました。, しかし、プラグコードを使って点火火花を各シリンダーへ送っていくと、どうしてもロスが生じます。プラグコードの劣化で火花がリーク(漏れ出す)こともある。それを嫌ってダイレクトイグニッションシステムへと移行しました。, ダイレクトイグニッションになると、各シリンダーへ直接点火火花を届けることができるのでロスが少ない。さらにはECUで管理しやすい。つまり各シリンダーの状況をECUで容易にモニタリングすることができるので、整備士が診断機を使ってコントロールや診断もしやすい。, これだけ聞くと、結構便利なシステムだと思いきや、実際にエンジン不調の原因No.1にあげられるのがイグニッションコイルの不良です。, それではどうして軽自動車のダイレクトイグニションコイルは故障しやすいか?僕も長年整備士をやってますが、ダイレクトイグニッション不調の割合は, 普通車2に対して軽自動車8くらい。大げさかもしれないけれど、トヨタ車でコイルを交換した経験はほとんどない代わりに、ダイハツとスズキはよく壊れる。, 軽自動車の排気量は660ccです。コンパクトカーに比べたって3分の2程度しかないわけです。こんなエンジンで力を振り絞ろうとすると、それだけエンジン回転数をあげるしかない。, コンパクトカーが巡行時2000回転程度だとすると、軽自動車は3000回転ほどエンジンを回さないと同じ動力に達しないイメージです。, エンジンの回転数が多いということは、それだけイグニッションコイルが働く時間が多くなる。つまり排気量が多いエンジンはエンジン回転数も低く抑えられるが、軽自動車はそうはいかない。プラグも早くに磨耗するし、コイルへの負担も多くなる。, イグニッションコイルをダメにする原因はプラグにあるといっても過言ではありません。スパークプラグは使い込んでくると電極が丸く減ってきます。, 電極が減ってくると、エアギャップが広がる。ギャップが広がると通常の電圧ではきちんと火花が飛んでいたが、それ以上の電圧が必要になってくる。つまり知らずとしてイグニッションコイルに負担がかかってくる。, しかも、スパークプラグの磨耗は走行距離だと思っている人も多いでしょう。これは正確に言うと間違いです。前述した通り、100kmの距離を時速80kmのエンジン回転数2000でたどり着けたのに対して、時速80kmでエンジン回転数3000だとするとその区間を走りきる為にプラグは1.5倍も働いている。, これが軽自動車のエンジンなんです。なので、軽自動車のように排気量が小さくてエンジンの使用回転数が高い場合、プラグは早期交換しないとダメ。, 通常のプラグなら2万キロまたずに交換に踏み切ってもいいんじゃないかなと。それが嫌ならきちんとプラグのギャップを調整するなどメンテナンスをしないといけない。, この辺りが、どうしても走行距離管理で交換されがちな点。プラグがダメになるとコイルもダメになる。, 軽自動車のエンジンではプラグもイグニッションコイルも負担が大きいということがわかっていただけましたか?, 2コイルというのは、シリンダーに対して搭載されるイグニッションコイルが半分のもの。4気筒エンジンなら2つ。6気筒エンジンなら3つ。, この2コイルの特徴は2つのシリンダーを1つのイグニッションコイルでまかなっている同時点火方式を採用しています。, 点火順序は1−3−4−2だとします。専門的な話になってしまうので、ちょっと割愛しますが、1番シリンダーと4番シリンダーのピストン位置は同じ動きをしています。そして2番と3番もピストンが同じ動きをしています。, 1番が圧縮行程であると4番は排気行程。簡単に言うとシリンダーの一番上までピストンがせり上がってきている。ここに圧縮行程の1番に点火火花を与えて動力を得ます。この時、2コイルシステムをの場合4番シリンダーにも同時点火させているのです。, 逆に4番が圧縮の時、1番は排気行程。4番にだけ点火をすればいいんですが、2コイルシステムの場合同時点火なので1番シリンダーにも点火する。当然これって無駄な点火なんですが、制御が簡単にできるのが同時点火の特徴。, つまり、点火しなくてもいい時にも点火をするのでプラグの磨耗が2倍早くなると考えてもいいわけですね。2コイル採用エンジンはそれだけたくさんプラグが火花を飛ばすので磨耗が早くなります。, 熱や振動で経年劣化するのはやむを得ないけれど、プラグ管理だけはオーナーが唯一できるメンテナンスですから。, 今軽自動車でエンジンが不調だと聞くと、8割はイグニッションコイルである。といっても過言ではないほどトラブルが発生しています。, プラグ交換はプラグレンチとエクステンション。それとラチェットレンチがあればできます。プラグレンチは薄肉タイプを選ばないと三菱の3G83などでは交換ができなかったりします。, DIYでもまだまだプラグ交換はやりやすい車も多いので、ぜひチャレンジしてみてください。, 現役自動車整備士であり、自動車検査員。YouTuberもやっています。車の整備情報から新車、車にまつわるいろんな情報を365日毎日更新しています。TwitterやInstagram、YouTubeも更新しているのでフォローお願いします。. 呼び方が違うだけでどれも同じなんですが... スバル サンバーです。 ちょっと珍しいですが、バキュームセンサー異常が出たので交換することに バキュームセンサーって何かって言う... 初代エルグランドです 自動車の知識, 岡山国際サーキット走行会へ参加する為に、ブレーキパッドとブレーキオイルそれにプラグの番手を熱価の高い6番から8番へ交換されたWRXのアイドリングが不安定になったと言うご相談を受けました。, しかもチェックランプが点灯してしまいセーフモード状態。実際に車を見させて頂いたら1気筒失火(死んでいる)してる感じでした。, プラグを熱価の高いものに交換してアイドリングが不安定になると言う事は余り聞いたことがなくて, お友達のWRXが時々エンストしたり岡山国際サーキットの裏ストレートでエンストすると言う不具合があってイグニッションコイルを交換したら改善したと言う事を聞いたことがあったのと, 以前8番に交換しようと近藤エンジニアリングさんに相談した時に「ハイスパークイグニッションコイル」と併せて交換すると言う説明を受けたことがあったので, 熱価の高いプラグに交換する時はイグニッションコイルも交換する必要があるのかな?思いつつ, EJ20エンジンにアライモータースポーツの新井大輝選手にこの症状について何か知らないのか恐縮ながら質問させて頂きましたら原因を幾つか教えて頂きました。, プラグを交換してアイドリング不安定になっているVABはF型で1年も乗って無くて、イグニッションコイル劣化による不具合は考えられな。なのでハイスパークイグニッションコイルへ交換してみてはどうかとアドバイスしてしまいました。, また、HKSの「50003-M40iL」(ロングリーチ・熱価8番相当)を装着しての不具合なので、S207が装着している7番プラグ「ILFR7H」へ併せて交換も提案させて頂いたのですが(番手を下げることでスパークが安定するかもと思い)。, しかしながらオーナー様は車を使う用事があるので注文してプラグが届くまで待てないので、今回イグニッションコイルだけ交換で対応する事になりましたが, プラグ交換とイグニッションコイル取り付けを依頼したショップ側からディーラーでECU診断すると原因わかるので調べて欲しいと依頼され、急遽ディーラーで調べてもらうと, 1番・2番シリンダーが失火しているとの事。急遽点火プラグを純正戻ししてもらうとアイドリン不安定及びエンジンチェックランプ点灯が解消。, ディーラーで6番に交換してもらって、取り出したHKSの点火プラグ(デンソーOEM)を確認してみたら, 2番プラグの陶器に亀裂が入ってしまっていた。点火プラグはやっぱりNGKが無難かもしれない。, 点火プラグの事はよく知らないのですが、この様に亀裂が入ると正しく電気が通らないらしく失火の原因になるらしい。, 2番プラグ以外は問題なかったので、1番の失火は2番失火を調整しようとしていたのでは無いかと言う事でした。, レーシングショップのメカニック様曰く、6番→8番に番手を上げても通常問題は無いそうです。, ただ、イグニッションコイルの劣化等があると熱価を上げることでエンストしたりサーキットでエンストしたりする事は有るようで, プラグに異常が無く同症状がでるようでしたら、ハイスパークイグニッションコイル(純正プラグなら純正新品イグニッションコイル交換)への交換をする事で改善する事もあるようです。.

.

ドール コレクター 部屋, ワイヤー ネックレス 天然石, 東リ タイルカーペット 40cm, なす ひき肉 はさみ焼き ヒルナンデス, 高校駅伝 2019 女子, 北海道旅行 プラン 冬, 時透無一郎 夢小説 継子,