魔法で精霊を鎮圧するとノーサルドラ族に力を認められ、第五の精霊の伝説を聞きます。 「絶対やってはい... ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」の無料視聴はできる? 常に不安そうで力に振り回されていた過去からは想像できないほど、自信に満ちた強いエルサを見ることができます。, なぜ自分は力を授かったのか。 さらにノーサルドラ族とアレンデールの争いの真相も突き止めますが、真相を追いかけ、過去を潜りすぎたエルサは凍りついてしまうのでした。, \ネタバレ結末や感想を知りたい方はこちら/ そしてアナが進路を変えたことで、二人は出口のない洞窟に落ちてしまいます。, 両親が目指した場所に辿り着く為、荒れ狂う海に挑むエルサは水の精霊と戦います。 今作ではそんな両親の過去や、二人の死の真相が明らかにされていきます。, 物語は幼いエルサとアナに父が語りかけ、母が子守唄を歌うシーンから始まります。 待ちに待った『アナと雪の女王2』は壮大で心が揺さぶられる、美しい作品でした。, 見終わった後も頭の中でずっと歌が流れ、目に焼き付いた美しく幻想的な映像を反芻するなど、映画の余韻から抜け出せません。, 力を完璧にコントロールし、使いこなす姿がとても格好良いエルサ。 鳴り止まない声に、本心を抑えきれなくなったエルサが声に応えるように力を解き放つと、不思議な現象がアレンデールを襲います。 的な立ち位置かもしれないがアナとエルサ2人にしっかりスポットが当たり物語も大人仕様に仕上がっているアナ雪ファンなら満足すること間違いなし普段映画を字幕で見ることが多いがこれは吹き替えの方が好きですそして映像が綺麗すぎる水の表現なんかはまるで実写のよう時間もちょうど良いほっこりしました, オラフは最強、面白い、かわいい、少しキモい。オラフの一人劇場が楽しい。そして、とうとうスベンが喋りだす!ストーリーは、あんまり...でした。笑いとミュージックで楽しめました。, 純粋に感想としては、エルサがまた1人抱えて、重く強く生きていくことに、寂しさを感じた。でも一方でエルサにパートナーが急に発生しても嫌だっただろうな。民族的な話も、おそらくアメリカと原住民族の関係性を表すような流れに感じるが、最終的にはアナ側たちの非を認めているが、都合よく持っていっている結末に違和感があった。また、その責任を祖父とダムに全て押しつけている流れにも引っかかりがあった。一方でどういった結末だった納得がいったのかと言われても、難しい。, 前作が、とても面白かった事もあり期待して鑑賞しました。映像美は流石の一言で、オラフも愛嬌があって好きでしたが、正直なところ前作よりも面白さが半減しているように感じて残念でした。前作がヒットしていただけに、自分の中で期待値が上がり過ぎていた事も原因の一つかなと思う。後は、物語に引き込まれなかったのも要因の一つかな。ディズニーファンにとっては楽しめる作品かもしれないが、そうでない人が鑑賞すると全体的に物足りなさを感じる内容のような気がする。やはり前作がヒットすると、それを上回る続編を制作する難しさを感じた映画でした。, 前作もそうだったんですが、全然作品に引き込まれませんでした。とはいっても世間ではこれだけの人気なので、多分私の感覚がズレてるだけだと思うのですが、、、, 1よりも考察したくなる展開が多くて個人的には2の方が好き。何度も見返したくなる。特に面白いなと思ったのは最初のシーンで子供のアナとエルサが雪でやっていたごっこ遊びが後の展開とリンクしていること。「いなくなった妖精が叫ぶ」これは亡くなった母親(もしくはアートハランに隠された母親の記憶)が謎の声でエルサを呼び寄せた事と繋がる。「妖精の女王が目覚め魔法を打ち破ってみんなを救うのよ」とユニコーンに乗った妖精を作る。これがエルサが自分が精霊である事を自覚し水の精霊(馬)に乗ってアレンデールを押し寄せる波から守った姿とそっくり。「それでみんな結婚する」とアナが言って抱きしめた雪人形から王子様だけがポロっと落ちてしまったのはハンスはアナの運命の人ではなかったことを暗示している。そして最後はクリストフがアナにプロポーズ。マティアス中尉もアレンデールに住む女性と記念写真を撮った事から結婚したと思われる。最後、姉妹が別々になってエルサは精霊としてノーサルドラの民の暮らしを支え、アナがアレンデールの女王になって国を守る結末は納得できた。両親の船で防水の筒を探すシーンでは戸棚や引き出しを開けるエルサに対して、アナは柱や壁を調べて簡単に見つけてしまう。両親はアナが女王になると思って教え育てていたのだろうと頷ける。姉妹が一生一緒に暮らすのはあまり現実的ではないし、エルサは週1で帰ってくるのも変わらず繋がっていく未来が浮かんでほっこり。ただこれで本当に終わりかと思うと寂しい。, アナ雪は社会現象とも言える作品になったが、こちらの2は、あまり話題にならなかった印象がある。何故、ならなかったのか。個人的な見終わった感想は「お、おう……」と言った感じで、確かに1のようなカタルシスは無かった。では何故そうだったのか。個人的に感じた疑問を箇条書きにしてみた。・2人の主人公の物語が並行で進む割りに、混じり合うのが最後の最後なので、視点のブレが酷い。特に3人目扱いのクリストフは、物語の蚊帳の外で、彼のパートは進行の妨げになっている。・エルサは1で気づいた真実の愛を蔑ろにしがち。声が聞こえても周りには黙っているし、一般人に危ない事はさせられないとアナとオラフを突き落とす。クリストフに至っては話もせずに置いて行く。3年の月日は、彼女から魔法の力への偏見を取り除いても、コミュニケーションの向上は出来なかったようだ。・エルサの魔法の秘密は、明かされるようで明かされない。魔法の森⇄王国の架け橋として生を受け、だから第5の精霊に選ばれたってのは……。BDで両親がエルサの事を語るシーンがあるらしいが、そこを削ってしまった事で、エルサの魔法への深度が浅くなってしまっているように感じた。あと、魔法の森の住民であるノーサルドラの人々は、精霊の力と共に生きてきただけで、精霊の力を自由に使える人種ではない。だからこそ、アートハランでの描き方を丁寧に行う必要があるはずなのだが……。・同じ境遇のアナは、エルサの対比のポジションの為に、一般人の代表になっているように感じる。・クリストフは、物語の進行において、ただただ邪魔。コメディパート担当なのは分かるが、格好良い女性キャラの対比に貶められている。色々書いたが、この作品の根幹は、やはり、・歴史修正と民族間融和の意義・自分らしく生きられる場所を探す事の素晴らしさの2点とも言える。そのメッセージ自体は、やはり大切な問題であり、蔑ろにする事は出来ない。ただ、大事なメッセージを二つともエルサに担わせているので、アナ居る?ってなってしまう。音楽は前回と同じ作曲の為、世界観を崩す事はない。特に後半の曲も良い。特に「みせて、あなたを」は、「イントゥジアンノウン」よりも、よほど名曲だ。物語の根幹の曲の為、マーケティングで使えないのが悔やまれただろう。盛り込むべき強いメッセージのせいで、物語がぼやけてしまう。近年のディズニーはエンタメを蔑ろにしがちにも感じ、社会性へのアプローチに踊らされているようだ。結局、つまらなくもないし、メッセージも大切だが、普通程度の作品と言った印象を受けてしまった。子供ならもう少し違う捉え方をするかも知れないけど、作品全体がダークな印象なのと、視点がブレるせいで、キャラ物程度の印象しか与えられないのかなぁとも感じてしまった。p.s.セクハラを容認する訳ではないが、ラセターが抜けてから、ぼやけた物語が増えたように感じる。ラセターが抜けたのか、それとも多様性時代に配慮しなければいけないものが増えたからなのか。, インクレディブルにアナのごとくババッとなんでも凍らせるフロゾンというヒーローが出てくる。ボードを履いてて目前を凍らせながら滑走する。その凍結の使途は解るのだが、凍らせなきゃ進まないゆえに、眼にも止まらぬ速さで凍結路をつくり──滑ってゆく。それが妙に笑えて、鷹揚な黒人キャラクターもいい感じだった。どうでもいいことだが、アナがババッと凍らせるたび、フロゾンを思い出してしまうのであった。ところで、初作は日本で爆発的ヒットした。バカうけと言ってよかった。今回もそうだが、商標のタイアップをあちこちで見かけた──厖大な販権をも差し置けることが明白だった。歌へも需要が集約し、民間ではスコアと歌詞が乱舞した。ボロ儲け状態だったと思う。多言語をつなげた歌動画がバイラルになったとき、なぜか日本はもっともいいポジションにいた。フォルテシモの母音だらけのパートで、多く外国人にもari no mama no sugata miseru-noyoの強い聞こえが好かれた。他の部位では形無しだったと思う。動画にはコンペティションの狙いもあり、世界中で日本語がステキだと褒められた。が、他愛ない話であって、そんな瑣末なことで言語がステキかステキではないか速断されても困る──と思った。うがち過ぎかも知れないが日本市場への意識が感じられる映画である。キャラクターに鼻梁がない。アングロサクソンには見えず、眼には日本のマンガを経由したと感じられる造形がある。キャラクター成形が円や球に占められ、なよやか。幼児がいる屋内が角を養生していることがあるがディズニーの低年齢層向けアニメにも、その「感じ」がある。ただし先端恐怖症というほどではないがオラフの人参は気になった。映画中唯一の鋭角で、この種のことは気になると止まない。こっちを向かないでほしいと願った。今年の冬も日本中の親たちがオラフをつくらなきゃならない──かもしれない。重要なのはいわゆる普通の人参=五寸人参を選ばないこと──ではなかろうか。完成サイズが大きいと身も心も凍りつく。迷わずミニキャロットにしとくべきだと思う。, ディズニーアニメーションの原点にして究極のマジックを心ゆくまで堪能することができた。CGアニメーションとして更にリアリティを増した映像は実写と区別がつかない。特に海の水飛沫や風、逆光で透ける葉や髪などの表現で、前作から更に目まぐるしい進化を感じた。それらリアルな映像が生き生きと動き出す。水飛沫は馬となり、岩は巨人に、風は精霊に、氷は美しい彫像になる。映像が現実と見まごう程リアルであるからこそ、アニメーションになった時のマジックが映える。ディズニーアニメの集大成とも言えるような見事な映像表現だった。ストーリーも前作と変わらずテンポよく、特に前半はコミカルな表現も小気味よく入っていて没入させられた。中盤からのシリアスな展開も、人種問題など現代に通底したテーマをうまく取り入れていた。ただ惜しむらくは、終盤の展開が駆け足でご都合主義に見えてしまう点だろう。ディズニーアニメには野暮なツッコミかもしれないが、現実の人種問題が泥沼化しているだけに終盤の解決法は「そんな上手くいくはずがない」と思えてしまった。それくらいナイーブやテーマなので、尺を伸ばしてでも深掘りして欲しかったところ。もちろんフィクションなので、このへんの捉え方は人によって分かれるだろう。ミュージカルの要素が強くなった本作。前作にも負けないくらいエルサが歌う主題歌が素晴らしかった。CMで散々聴いていたにも関わらず、サビの演出では自然に鳥肌が立っていた。総評。前作の高いハードルに負けず劣らずの名作。安易な続編にせず、前作の謎を補完したストーリー展開も見事だった。ディズニー恐るべし。, 公開時、評価が分かれていたのであまり期待せずに観たけど、個人的には前作よりも好きだった。もちろん前作で描かれた女性(マイノリティー)の解放を踏まえての続編だけど、本作はマジョリティー側であるアナの成長を描いていて、2本合わせて一つの作品という感じ。あえて言うなら、橋から落ちそうになったアナに一番先に手を差し伸べるのはクリストフで良くね?とは思ったかな。, 前作よりもよりアドベンチャー的に進化。面白かったけど小さな子供も楽しめる前作よりやや話が難しくなっている気がした。映像の美しさはさすが!個人的には海の上を駆け抜けるシーンが好きです。曲は前作のほうがキャッチーで良かったかな!?, 急に難しい話になって映画館に行った子供たちはびっくりしたんんじゃないかと想像してしまいました。トカゲ?がもっと活躍したらよかったのに。, ヒット作の続編がオリジナルを上回ることは本当にマレフィセント2。最近だけでも、インクレディブルファミリー、シュガーラッシュ・オンライン、アントマン&ワスプ、デッドプール2などほぼ全滅状態(唯一の例外はパディントン2)。北の台地の精霊由来の大雑把な話には誰も期待してないからいいとして、序盤中盤は「アナ雪、お前も自粛か」レベルのもたつきで不安的中。国民に周知してから旅立つとか、ファンタジーなのにコンプライアンス守りすぎ。唐突な歌い出しはお母さんといっしょファミリーコンサート級だし、クリストフの恋や回想タイミングはまじKY。。。でもそこはしぶといディズニー。終盤のエルサ→アナパートは、練りに練ったさすがの展開と迫力で、評価はV字回復。川下りも海越えも新アトラクション用の商売根性?いいえ、本作は全世界5億人のアラサー女性のためのなりきりミュージカルだからこれで正解。あなたはエルサ?アナ?それともかずえ?"Do the Next Right Thing"、今回は魔法を持たないアナで決まり。結果、ⅡはⅠを下回らなかった数少ない続編に認定されました。ついでに松たか子のしぶとさも本物でした。, 2作目は面白くない、という、私の中のジンクスがふっ飛んでいったわ!前作のインパクトが強すぎて、最初は、前の方が良いのでは?と思ったが、話が進むうちに、ストーリーの奥深さや映像の美しさに引き込まれていく。アナとエルサの姉妹愛や2人がそれぞれのやり方で国を守ろうとする様、水、風、火、大地の精霊とそれをつなぐ5つ目の精霊の話…とても良くストーリーができています!歌は、Let it beの方が好きかな。ここから、メインの曲が始まったか〜という唐突感があったもの。さぁ、今度は、日本語版で松たか子の歌唱力を見てみよう!, 大ヒットしたアナ雪の続編が配信になったので観賞しました。とにかく映像が綺麗!ホントおっそろしいぐらい綺麗なんです。最近netflixで「攻殻機動隊」という3Dアニメを観たのですが、内容は面白いにしても正直3Dアニメって違和感あって苦手だなぁって思ってました。でも、本作は全く違和感を感じない。違和感を感じていない事に途中まで気が付かないぐらいに感じない。むしろ綺麗と思ってしまいます。特に最後のダム崩壊のシーンはゾワゾワするぐらいに綺麗でした。同じ3Dアニメというフォーマットのはずなのに何なんでしょう、この違いは。本当に不思議です。アナ雪と言えば歌なんでしょうけど、それに関してはやっぱり1に軍配が上がりますね。ちょっとキャッチーさに欠けるというか。でも、主題歌の「Into the unknown」を歌っていたのがPanic! そして成長を遂げたキャラクターたち。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。. ついにクリストフはアナへのプロポーズを成功させます。, エルサは魔法の森に残り、アナは女王としてアレンデールを治める事になります。 やはり人気のディズニーアニメのため、無... ディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル」の無料視聴はできる? 自分の居場所で、大切な人達の為に生きる。 さらにこの霧に関しての疑問は、精霊たちのと関係ではないでしょうか。, それとも精霊たちは森から出る気はなく、外からの侵入者を締め出したいがために霧を作り出したのでしょうか?, 実際、森の外からアレンデールの人々がやってきて、その結果ノーサルドラの人々と争いを始めたわけですので、森にすむ精霊たちがこれ以上、外から誰も来てほしくない、として霧を発生させた、という流れのほうが、説得力がありそうです。 Copyright© 国民を崖に避難させたアナは、エルサから精霊を起こしと告げられます。, アナは危険を顧みず、 エルサと旅に出る決意をします。 今回はそれらの謎を紹介し、その答えを考察してみたいと思います。 >>『アナと雪の女王2』ネタバレ結末と感想 魔法の力の謎が解けるストーリー, Frozen 2 Movie ❄️(@frozen2_)がシェアした投稿 - 2019年11月月1日午後9時18分PDT, アナと雪の女王2の一番の見どころは、逞しく成長したエルサの姿です。 姉妹の行いによって魔法の森は解放され、アレンデールも救われたのです。, エルサとの再会に涙が止まらないアナは、二人に課せられた使命を知ります。 そして北へ向かったエルサたちは、両親の死の真相を知ります。, 悲しみにくれるエルサに、何があっても二人で乗り越えようと言うアナ。 激闘の末に水の精霊を鎮め、目的地に辿り着いたエルサはついに求めていた答えを見つけます。 なぜ自分は力を持っているのか。 ネタバレ2ダムを壊したのはアナ その意味は? これらの過去の秘密をエルサは アートハランの水の記憶 から知りました。 凍りかけたエルサからの思念を受け取ったアナはアレンデール国の最大の過ちを理解 … 感情の赴くままに行動する恋に夢中だった少女ではなく、穏やかな表情で大切な人たちと過ごす幸せを噛みしめる彼女の姿があります。 『アナと雪の女王2』(アナとゆきのじょおうツー、原題:Frozen II )は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画である。 いよいよキムタク2年ぶりのドラマ「グランメゾン東京」が始まりました! お互いを支え合い、助け合う姉妹の姿からは、二人が強い絆を築き上げてきたことが分かります。, 迫力の映像や音楽だけでなく、両親の過去やエルサの魔法の力の秘密など、前作では明らかにされなかった謎が少しず解けていくストーリーにも、グイグイ引き込まれていきます。, 精霊との戦いや、濃い霧に覆われた魔法の森など、神秘的なものが多く登場します。 そしてダムがストーリーのキーアイテムとして使われている理由は、ノーサルドラの人々のモデルとなったサーミ人が、彼らの土地や文化、言語を守っていくためにとても重要な運動となったダム建設反対運動をしたという歴史的事実からヒントを受け、映画に取り入れたのだと思われます。 アナ雪の世界に必要不可欠な存在だと改めて感じさせられました。, 前作と合わせ、二つで一つの物語として、最高のかたちに仕上げられた『アナと雪の女王2』。

.

合皮 癖 付け 6, 公務員 アンケート 謝礼 4, 東芝 野球部 印出 31, はたけカカシ 夢小説 妊娠 9, エクセル 印刷範囲 グレーの線 5, 北斗の拳 リバイブ ランキングガチャ 13, 3ds Emulator Ios 12, ゆっくりムービーメーカー Aviutl ずれる 9, タロット 悪魔 既婚者 4,