ここまで、自動で日付が入力できる方法を紹介しました。 でも、このままだと『Sheet1』の開始日付を誤って変更されたりすると、せっかく自動で入力できた日付がおかしくなります。 今回は日付の年(西暦)の部分のみを一括で変更する方法をご紹介します。 ... 実は置換を使用して、年を置き換えることで日付の年の部分のみを一括で変更 ... 【Excel】シート名を取得する方法(1) 圧縮 … エクセルで作った日報や週報で、シート毎に自動で日付が入力されているとすごく便利に思います。, 自動で日付を入力する方法はいくつかありますが、関数を使うと簡単に日付が自動入力されるエクセルができあがります。, このブログでも、CELL関数やSHEET関数といった関数を使った方法を紹介しています。, SHEET関数利用  エクセルでシート毎に日付を自動入力する方法(SHEET関数編), 他の関数と組み合わせて日付を決定するので、何をやっているのかが理解するのが難しい関数式になっているんですよね。, とはいっても、記事に書いている関数式をそのままコピペすれば問題なく使うことはできます^^, それでも、何をやっているのかよくわからない関数よりシンプルなものがあればその方がいいですよね。, そこで、今回は関数を一切使わず式だけで日付を自動入力する方法を紹介したいと思います。, 関数が苦手な人や、できるだけシンプルな自動入力にしたいという人はぜひ参考にしてください。, 今回の方法では、先頭以外の全シートに式を埋めていきますが、シートに埋め込んだ全ての式(約30シート分)を修正する必要があります。, ただし、一度作ってしまえばずっと永久的に使えるものなので、最初だけ頑張って式を修正すればあとは一切手間がかかることはありません。, どうしても手間がかかることが嫌な人は、冒頭で紹介しているCELL関数やSHEET関数を使った方法をおすすめします。, こちらは全シートに一括で同じ関数式を入力すればOKなので、修正の手間は一切かかりません。, 今回紹介する『式だけを使った方法』は、先頭のシートに開始日付を入力し、それ以降のシートにはその開始日付から1日先、2日先の日付が表示されるにします。, ここでは例として、先頭のシート名が『1日』で、それ以降は『2日』、『3日』、最後が『30日』にしています。, まず、先頭のシート(1日)の日付のセル(C3)に開始日付(例として2019/6/1)を入力します。, どのシートでもいいので右クリックし(①)、表示されるメニューから『すべてのシートを選択』を選択(②), 全シート選択できたので、『CTRL』キーを押しながら先頭の『1日』シートをクリックします。, これで先頭の『1日』シートだけが選択を解除されて、その他のシートは全て選択された状態になります。, 適当なシートを右クリックし(①)、表示されるメニューから『作業グループ解除』を選択。, 『’1日’!C3+1』の式を、シートが変わるたびに+2、+3と足していく修正です。, 全シートの修正が終わると、C3のセルは先頭のシートから2019/6/1、2019/6/2、、、2019/6/30という日付になるはずです。, 『’1日’!C3』に例えば+1を続けて書くと、2019/6/1に1日分を足すという式になります。, これを次のシートでは+2、その次のシートでは+3としていくことで、開始日付からシートの分だけ日数が増えるようになるわけです。, 日付だけじゃなくて、下のエクセルのように曜日まで表示させたい場合は、セルの書式設定を変更すれば簡単に表示させることができます。, しかも、全シートを選択した状態で一発で書式変更できるので、ここでその手順を紹介したいと思います。, 続いて、『セルの書式設定』ダイアログを表示させるショートカットキー『CTRL』+『1』(テンキーは不可)を押します。, 書式を変更すると、下のエクセルのようにセルに『####』が表示されることがあります。, これは曜日を追加したことで、曜日込みの日付がセルに入り切らなくなったことを示しているので、日付のセル幅を広げてあげます。, 日付には西暦や和暦などがあり、和暦だと『令和元年6月30日』のように元年で表示させる形式もあります。, 次の記事では、いろんな種類の日付形式を紹介しているので、日付の形式を変更したい場合はぜひ参考にしてください。, 式の修正が必要なく、簡単に日付の自動入力ができるエクセルを作りたい場合は、CELL関数かSHEET関数を使った方法を使ってください。, エクセル2010を使っている場合はCELL関数を、エクセル2013以降を使っている場合はSHEET関数を使った方法をおすすめします。, なので、日付を求める時に何をやっているのかが一目瞭然でわかりやすいのが今回紹介した式のメリットです。, 全シートの式の修正は確かに手間がかかりますが、一度作ってしまえばずっと使える自動入力なので、おすすめですよ^^, 新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。. エクセルの表では連番を作成することは非常に多いです。 表が長くなればなるほど連番がないと件数などが把握しずらくなる... エクセルで作った日報や週報で、シート毎に自動で日付が入力されているとすごく便利に思います。 自動で日付を入力する方... IT関連の仕事をしていて、エクセルは設計書やテスト仕様書作成などで毎日使っています。, エクセルを使いこなすために、これだけは習得しておきたい基本的な機能、操作を紹介します。, CELL関数を使った日付の自動入力は、各シートのシート名を固定(1~31)にする必要がある。. 1.誤字脱字をしやすいタイプなので気を付けます(><) エクセルの日付に関する基本情報をまとめました。表示形式とは?シリアル値とは?そして、文字列の日付を関数で日付の表示形式に変更する方法をご説明しております。最後に日付に関する様々な計算方法をリストアップしております。 シートの移動や自動日付の変更をさせたくない場合は保護をかける. エクセルでセルの範囲を選択するショートカットキー!時間短縮 セル操作 2018.8.3 エクセルで同じファイル内の複数シートを並べて表示させる! セル操作 2018.7.28 エクセル2010でリボンを表示、非表示する! セル操作 2018.2.18 エクセル シートの保護と解除! こんな私ですがよろしくお願いします。, 【Windows10】起動時にプログラム(アプリ)を自動的に起動するスタートアップの設定方法, 【Excel】住宅ローン、元利均等返済における元金部分と利息部分を求める|PPMT関数とIPMT関数. シートの移動や自動日付の変更をさせたくない場合は保護をかける. 2.ブログについて勉強中です。(試行錯誤してると、デザインがガタガタになっていることがあります。)(><) はじめまして。Tomといいます。私の日常、個人的に興味を持った分野、調べたこと、思ったことを投稿します。難しいことは苦手なので、わかりやすいBLOGにすることが目標です。よろしくお願いします。, Excelでたくさん日付(11/11や11月11日のように)を入力した後に、年の部分だけ違う年に一括して変更したい場合はどうすればいいのでしょうか。, 11/11のようにExcelに日付を入力すると、自動的に11月11日と入力されると思います。, この自動で入力された11月11日の内容を見てみると、数式バーには2017/11/11と表示されているはずです。, Excelでは、年を省略して日付を入力したとき、現在の西暦が補完されるようなシステムになっています。今は2017年なので、11/11と入力すると数式バーには2017/11/11、2018年に11/11と入力すると2018/11/11と数式バーに入力されます。, 年を省略して日付をたくさん入力してしまった後に、年を換えたいときはどうすればいいのでしょうか。, 実は置換を使用して、年を置き換えることで日付の年の部分のみを一括で変更することができます。, なぜ、置換で置き換えができるかというと、先ほども少し触れましたが、Excelでは6/30と入力をすると、画面では6月30日と表示されます。しかし、数式バーには2017/6/30と入力されています。, ですので、見かけ上は年数が表示されていないとうことになりますが、実は西暦も入力されてるため、置換が利用できるということになります。置換を利用して2017年を変更したい年数に換えてしまうことができるというわけです。, 置換したい日付を選択して、タブ「ホーム」→「置換」をクリックします。(置換のショートカットカーはCtrl+Hなので、こちらで開いても大丈夫です。ちなみに、検索はCtrl+Fになります。覚えておくと便利だと思います。), 検索する文字列には変更前の年、置換後の文字列には変更後の年を入力します。ここでは、検索する文字列には2017、置換後の文字列には2016を入力しました。, 今回は日付の年の部分を置換を使用して一括で変更する方法をご紹介しました。知っていると意外と便利なので、もし使う機会があれば使ってみてください。, はじめまして。Tomといいます。 エクセルでは西暦はもちろん和暦も扱うことができます。 そして、和暦を表示する場合でも、令和1年5月1日とか、R1.05.01などのようによく使われる表示形式を指定することも可能です。 でも、和暦の表示形式を指定する場合には、『ユ... 作ったエクセルの資料を社内に配布したり回覧する場合とかありますよね。 例えば、アンケートを作って入力してもらうとか、日報を毎日書いてもらうとか。 当然フォーマットをきちんと作って配布するわけですが、どうしても一部のセルの内容の変... 1シートが1日分になっている業務日報などは、最初から日付が一か月分全て入力されていると使う側もいちいち入力しなくていいの... エクセルで数字(数値)を入力する場合に、自動で後ろに『円』をつけたい場合があります。今回は数字を入力したら自動で『円』をつける方法を紹介します。この方法だと自分で『円』を入力しないで済むので楽ができますよ。. 難しいことは苦手なので、わかりやすいBLOGにすることが目標です。 1シートが1日分になっている業務日報などは、最初から日付が一か月分全て入力されていると使う側もいちいち入力しなくていいので便利ですよね。今回は、一か月分の日付をそれぞれのシートにあわせて自動で入力する方法(sheet関数利用)を紹介します。 ここまで、自動で日付が入力できる方法を紹介しました。 でも、このままだと『Sheet1』の開始日付を誤って変更されたりすると、せっかく自動で入力できた日付がおかしくなります。 Excelで月間予定表や年間スケジュールを作成するときは、日付と曜日を自動で表示するように設定します。そして、月が替わったら自動的に日付と曜日が変わるようにしたほうが良いです。曜日によって色をつける場合も、Excelの条件付き書式を使えば自動的に色を変えることができます。 エクセルで特定の文字を含むセルをカウント!COUNTIF関数で条件一致のセルを数える, エクセルINDEX関数とMATCH関数で複数条件AND(かつ)で値を抽出!複数列もOK. 一つのブック(ファイル)に見た目は同じシートが複数存在するようになることがよくあります。表のデザインを変更する時など、1枚1枚設定していたのでは大変です。同じ形式で作られた複数のシートを一度にまとめて操作します。 エクセルの文字列を日付に変換する方法を紹介します。2000年01月02日 のような日付の文字列、2000ねん01がつ02にちのような年月日の位置と桁数が決まっているもの、20000102 のような yyyymmdd 形式の数字などを日付に変換できます。 業務日報や営業日報などのように1シートが1日分になっているようなエクセルの場合、シートに自動で日付が入力されるようになったら便利ですよね。, 例えば、2019年5月分の日報の場合、1シート目には「2019/05/01」、2シート目には「2019/05/02」というように、シートごとに日付も自動で変わっていくようなもの。, 一か月分のシートにいちいち手で日付を入力するのは非効率的であり、間違う可能性もあるので、できれば自動で確実に入力させたい。, 今回は、マクロ(VBA)を使わず関数だけで全シートに日付を自動入力させる方法を紹介します。, シート名を決められた名前に固定する前提条件はありますが、簡単に日付を入力することができるので、日報を作成する時などにはぜひ参考にしてください。, これから紹介する方法は、日報の開始日付を決めればそれにあわせて一か月分の日付が全シートに入力されます。, 固定の『Sheet1』のA1セルに開始日付を入力。(例として2019/5/1を入力), どのシートでもいいので、選択したら見出しのところで右クリックして『すべてのシートを選択』を選択。, 『Sheet1』も含めて全シート選択されるので、『CTRL』を押しながら『Sheet1』シートをクリック。, これで、『Sheet1』は選択から外れるので、日報シートだけが選択された状態になります。, 日報シートの日付を自動入力させたいセルでダブルクリックし、関数が入力できる状態にします。, 日付だけじゃなくて、下のエクセルのように曜日まで表示させたい場合は、セルの書式設定を変更すれば簡単に表示させることができます。, しかも、全シートを選択した状態で一発で書式変更できるので、ここでその手順を紹介したいと思います。, 続いて、『セルの書式設定』ダイアログを表示させるショートカットキー『CTRL』+『1』(テンキーは不可)を押します。, 書式を変更すると、下のエクセルのようにセルに『####』が表示されることがあります。, これは曜日を追加したことで、曜日込みの日付がセルに入り切らなくなったことを示しているので、日付のセル幅を広げてあげます。, 日付には西暦や和暦などがあり、和暦だと『令和元年6月30日』のように元年で表示させる形式もあります。, 次の記事では、いろんな種類の日付形式を紹介しているので、日付の形式を変更したい場合はぜひ参考にしてください。, でも、このままだと『Sheet1』の開始日付を誤って変更されたりすると、せっかく自動で入力できた日付がおかしくなります。, セルやシートに保護をかける方法を次の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。, 手順は、『Sheet1』を選択し、右クリックメニューから『非表示』を選択するだけです。, このように、シートの見出しから『Sheet1』がなくなるので、間違っても開始日付が変更されることはありません。, 隠していたシートを復活させる場合は、適当なシートを選択して、右クリックメニュから『再表示』を選択します。, DATE関数は、3つの引数(年、月、日)を受け取って、日付の数値であるシリアル値を返します。(日付が返されると思ってください), 今回使っているDATE関数の『年』、『月』の引数は、YEAR関数とMONTH関数を使っているので、『年と月を求めているんだな』というのがなんとなくわかります。, でも、最後の『日』の引数(日報のシート名を求めている)は、3つの関数(MID、CELL、FIND)を使っていて何やっているのかよくわかりませんよね^^, MID関数は、第一引数の文字列の、第二引数で指定する開始位置から、第三引数で指定する文字の数だけ、文字を取り出します。, MID(“ABCD”, 3, 2)と書いたら、”ABCD”(第一引数)の3番目(第二引数)から2文字分(第三引数)を取り出すので、答えは”CD”となります。, CELL関数は、第一引数に”filename”を指定すると、エクセルファイルのフルパス名(シート名まで)を返してくれます。(第二引数はA1などの任意のセルの位置でよい), 例えば、エクセルファイル(”CELL.xlsx”)がCドライブのtempフォルダにあった場合、CELL(“filename”, A1)は『C:\temp\[CELL.xlsx]1』が返ってきます。, 次に、FIND関数は第二引数の文字列の中から第一引数の文字を検索し、見つかった位置を返します。, FIND(“]”, CELL(“filename”, A1))では、CELL関数が先程の『C:\temp\[CELL.xlsx]1』を返すとして、[CELL.xls]の『]』の位置を返します。, そして、ここで使ったFIND関数にさらに1を加えている(+ 1)ので、シート名の位置になるように調整しています。, 『C:\temp\[CELL.xlsx]1』の部分の最後のシート名を取り出そうとしているわけです。, シート名はシートごとに変わるので、シート名が『1』だと1が、シート名が『10』だと10が取り出されます。, DATE(『Sheet1』のA1セルにある年、『Sheet1』のA1セルにある月、そのシートのシート名=日), この引数をもらうことで、DATE関数はシートにあわせた日付を自動入力してくれるわけです。, 日報のように日付ごとにシートが分かれるような資料は、最初に日報の定型文(テンプレート)を作る時に一括で日付も入力したくなるものです。, 今回紹介した方法を使えばシートにあわせて日付を自動入力できるので、かなり便利だと思いますよ。, 新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。, エクセル2013、エクセル2016(Office365含む)のバージョンを使っている場合は、SHEET関数を使った方法をおすすめします(シート名を固定にする必要がありません). ©Copyright2020 ホワイトレイア.All Rights Reserved. エクセルで日付の表示形式になっている文字列を、一括で日付に変換、抽出したい場合、エクセル関数を使わずに変換できる方法があります。それには、エクセル「区切り位置」を使います。ここで紹介しているのは、西暦、和暦形式の文字列を、西暦、和暦の日付に変換する方法です。例えば、yy/mm/dd、平成A年B月C日など、文字列となっている日付データを、西暦、和暦の日付に変換します。「区切り位置」を使うと、列のデータ形式で、簡単に日付に一括で変換できます。エクセル関数を使って文字列を日付に変換させる方法は、よく知られていますが、「区切り位置」で日付に変換させる方法はどうでしょうか。ここでは、和暦形式と西暦形式の、文字列となっている日付データを、一括で西暦、和暦の日付に変換する方法を紹介しています。, 西暦になっている文字列や、和暦になっている文字列を、エクセル「区切り位置」で日付に変換しましょう。, エクセルの「区切り位置」機能は、セル内の文字列を、記号やある文字、空白で区切って、複数のセルに分割して抽出することができます。, 日付が西暦で入力されていますが、文字列になっています。文字が左寄りになっていることで、文字列とわかります。, 2.「区切り位置指定ウィザード-1/3」ダイアログボックスが開きます。「データのファイル形式を選択してください」で、次のように選択しましょう。, 「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。, 4.「区切り位置指定ウィザード-2/3」ダイアログボックスが開きます。そのまま「次へ(N)>」をクリックしましょう。, 5.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスで、設定していきます。入力が終わったら「完了(E)」をクリックしましょう。, 文字列になっている西暦には、色々な表示があります。次のような文字列も、日付けに変換できます。, 1.「A2:A3」を選択して「区切り位置」をクリックします。「次へ(N)>」をクリックしていき、「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスまで進みます。, 2.「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスに、「列のデータ形式」を「日付(D)」にして、「日付(D):▼」に「YMD」、「表示先」に「$B$2」と設定します。, 日付が和暦で入力されていますが、文字列になっています。文字が左寄りになっていることで、文字列とわかります。, 「データのファイル形式を選択してください」→「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選択。, 文字列になっている和暦には、色々な表示があります。次のような文字列も、日付けに変換できます。, 1.A2を選択して「区切り位置」をクリックします。「次へ(N)>」をクリックしていき、「区切り位置指定ウィザード-3/3」ダイアログボックスまで進みます。, エクセルの「区切り位置」で、西暦や和暦の文字列を日付に変換する方法を紹介しましたが、このように「区切り位置」には色々な機能があります。記号やスペースで区切られた文字を、縦に分割するのが基本的な機能ですが、エクセル「区切り位置」には文字列から特定の文字を抽出したり、使い方によって色々な可能性を持っています。.

.

アメーバ 問い合わせ メール, 英文 引用 斜体, 宅急便 品名 衣類, 朝食 おかず 作り置き, 羅臼 夜 観光, 紙パック コーンスープ 冷凍, Outlook タスク管理 ガントチャート, ゴーザディスタンス 歌詞 和訳,