・K.K.K. ブログを報告する. ※後半にネタバレあり(注釈後)※ 映画感想語り、今回は『キャビン』(2012年)です。 r15ホラー。監督はドリュー・ゴダード。 ホラー映画ファンへ贈る作品という感じ。 色んなところでオマージュが出てきます。 ちょっと変わった目線で見る、お祭り感高めなパニックホラーです。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]","b":"ハピネット ピーエム","t":"","d":"https://images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["/images/I/51CJu9yjVDL.jpg"],"u":{"u":"https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-Blu-ray-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B00TK3TPOU","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1399086","rakuten":"1399084"}}); この作品は全てのホラーファンへ贈る作品なので、ホラージャンルで欠かせない存在の日本の話が結構出てきます。, そのためには、淫乱、勇者、学者、愚か者、処女という最低5人の若き血を定期的に捧げないといけないようです。, そんな注文の多い神々の為に、各国の支部で上記の5人に当てはまる人物をメインとした生贄獲得作戦が行われているようです。, どこかの支部1つでも成功すればいいらしく、日本支部は過去失敗したことがない(霊が強くて大体みんな死ぬ作品が多いから?)優秀な支部として出てきます。, 今回チラッと映る日本支部の映像では、小学生の一団が白い女の子の幽霊に襲われています。, というかさっきの生贄の条件だと、日本支部は小学生に淫乱とか定義してるということに…?, 淫乱担当ジュールズのカラーリング剤にあらかじめ淫乱度が上がる薬を混ぜる、全員に認知能力を下げる薬を密かに投与してバレにくくするなど、小屋に集める前から入念に下準備がされています。, 謎のバリアを張ったり、遠隔操作で周囲の気温を変えたり光源を作り出したりと、相当ハイテクです。, 準備が整うと組織のメンバー達はあえて大盛り上がりし、5人がどの怪物を呼び出すか賭けをして楽しみます。, 組織は5人を地下室に呼び込んで、いかにもいわくつきだったり呪われてたりしそうな品々を発見させます。, 娘の日記がそれらしい物語を演出するために組織が作ったものなのか、実際あったのかは分かりません。, ゾンビを呼び起こしてしまったことなど知らない5人は、また各々の時間を過ごし始めます。, 1人だけ冷静なマーティは、みんな何だかおかしい、声が聞こえるとデイナに訴えますが、日頃から大麻を吸っていることから「ラリってるんでしょ」で片付けられます。, 皮肉にも大麻のおかげで認知能力低下薬の効きが悪く、1人だけ違和感に気づいていました。, 薬や雰囲気作りの効果もありまんまと組織の思惑にハマったカートとジュールズは、外で体を重ねている最中ゾンビ達に襲われます。, トンネルを抜けたら逃げられてしまうのですが、電気系統の不調でトンネルが閉じません。, 反対側の道までバイクで飛べそうだと思ったカートは「必ず助けを呼んでくる!」と全速力で飛びますが、見えない壁にぶつかって無残に落下していきます。, 残った2人は車で小屋に引き返しますが、車内に隠れていたゾンビに学者役ホールデンが殺されます。, その後ろのモニターでは、デイナが残った巨体ゾンビに襲われながら必死で抵抗していましたが、誰も見向きもしません。, 追い詰められ殺されそうになっていたデイナを助けたのは、死んだはずのマーティでした。, そこには墓の中とは思えないような地下空間になっており、バラバラにされたゾンビの腕がまだ動いていました。, 引きずり込まれた後なんとかゾンビを倒したマーティは、壁に謎の配線を見つけて、なんとかそれを使えないかと弄っていました。, 地下へ向かうエレベーターを起動させ、マーティとデイナは辿り着く先も分からないまま乗り込みます。, 何者かが自分達をゾンビに襲わせていたと気づいたデイナは「何でこんなことするの!」と泣き叫びます。, 最下層に到着したエレベーターを降りると、そこはエレベーターのドアが並ぶ真っ白な部屋でした。, すると両サイドに並んだエレベーターの扉が一斉に開き、怪物達が飛び出して部隊をあっという間に壊滅させました。, やがて銃声や悲鳴は止み、静寂の中真っ白だったフロアは一面真っ赤に染まっていました。, そこに最後のエレベーターが到着し、デイナ達を襲っていたゾンビ一家の生き残りペイシェンスが降りてきます。, パニックになった施設では、どこかで見たような怪物達(ITのピエロや貞子っぽいのは分かった)が所狭しと暴れまわり、職員は皆殺されていきます。, 半魚人に賭けて悔しがっていた職員は、煙の中からゆっくりと近寄ってくる影を見て「半魚人かよ…」と呟き食われます。, そこに1人の女性が現れ、世界を滅ぼす太古の神々を鎮め続けるために5人の生贄を捧げなければならないと説明します。, 銃を拾ったマーティが狼男を撃つと逃げていきますが、銃を奪おうとした女性ともみ合いになります。, 銃を向けてゴメンと謝るデイナに、もういいんだよと優しく手を握り、2人は世界の終末を待つことを選択しました。, 施設内でなく、街中に解き放たれたら面白かったかも…と黒いことを思ってしまいました(;-ω-)ゞ, 最後に出てきたタイタン的な神々と和洋折衷な怪物達が暴れまわる、終末へ向かう世界の続編とか出ないかな!, mikotoharutoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog この映画の特徴として、導入や登場人物の行動が著しく「定番通り」なことが挙げられる。, 球体のパズル、バレリーナのオルゴール、ほら貝、フィルム、ドレス、殺人一家の日記…雑多なモチーフの理由とは?, フェロモンや明かりを調節されることで若者たちはまさに「ホラー映画の定番」通りに行動してしまう。, 本作はホラー映画好きにはたまらないパロディが数多くちりばめられており、例を挙げると, など、とにかくホラー映画を知っていれば知っているほど楽しめるが、元ネタがわからない人やホラー自体に慣れていない人には, とにかくラストのネタばらしが全ての映画ですが、そこも項目に書くべきでしょうか? -- 名無しさん (2013-09-19 00:10:29), この映画マジで面白かった。 ↑むずかしいなぁ。ネタバレ注意の配慮はしたほうがいいね。日本語版の予告はばらしすぎ煽りすぎててちょっと…と感じた。 -- 名無しさん (2013-09-20 11:03:17), ラストは本当に必見。 -- 名無しさん (2014-09-28 07:55:35), オチはクトゥルフ? ・ブロブのテレスコープ ・ドールズ:『ストレンジャーズ 戦慄の訪問者』のドールズ ・ミュータント:『ヒルズ・ハブ・アイズ』のミュータント 2012年4月13 日 2013年3月9日 ... 日本では2012年9月26日に第5回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」で『キャビン ・イン・ザ・ウッズ』の題でプレミア上映された 。2013年3月9日よりクロックワークス配給で一般公開される 。 評価 興行収入. ・ジャックランタン MGM To Morph Into A Pure Production Play? 『キャビン』(The Cabin in the Woods)は、ドリュー・ゴダード監督・脚本、ジョス・ウィードン脚本・製作による2012年のアメリカ合衆国のホラー映画である[5]。, 大学生のデイナ、ホールデン、マーティ、ジュールズ、カートは週末を近郊の森にある小屋(Cabin)で過ごそうと計画していた。道中、行き先を尋ねたガソリンスタンドの男から小屋にまつわる不吉な話を聞きつつも、彼らは到着。週末を楽しむ彼らであったが、その夜、突如として地下室の扉が開く。薄暗い室内には物が散乱していたが、デイナはその中からある日記を発見する。それはペイシェンス・バックナーという少女の日記で、バックナー一家が犯してきた恐ろしい罪の数々が記されていた。そして、日記の最後には、謎のラテン語文が書かれていた。デイナがラテン語を読み上げると、森の中に埋まっていたバックナー一家の死体が起き上がり、小屋を目指し始めた。呪文によって復活したバックナー一家は性交中のカートとジュールズを襲い、ジュールズを殺害。残りの若者を皆殺しにしようと小屋を襲撃する。, 一方、ハイテク機器に囲まれた管制室でこの惨状を監視する人々がいた。彼らは小屋や森中に設置されたカメラで若者の動きを監視し、また薬物を散布したり、照明を調整するなどして若者たちの行動を誘導し、「怪物が彼らを殺しやすい状況」をセッティングしていたのだ。怪物はバックナー一家から殺人ロボットまであらゆる種類が用意されており、小屋に入った者の行動によって選択される仕組み。職員たちは惨劇の内容で賭けを行うなど、不謹慎な雰囲気を漂わせていたが、その目的は生贄の儀式で地下にいる「古き神々」を封印することであり、人類の存亡が懸かっていた。儀式の内容は、大学生が一人殺されるごとに対応した石版に血が垂らされていくという物で、石版は「淫婦」「戦士」「学者」「愚者」「処女」の五枚。「処女」以外の石版に血が満ちることで儀式が完成し、地下の神々は鎮められるという。世界中で同様の儀式が行われていたが、アメリカ以外はどの国も生贄が逃げ切ったり怪物を撃退したりと失敗しており、アメリカの儀式が人類最後の希望であった。, やがて処女と思しきディナを除いて一同が皆殺しになり、喜びに沸き返る管制室だったが、突如上層部から叱責の電話が飛び込む。早々に死んだと思われていたマーティがカメラ外で存命しており、怪物を送り込むエレベーターを使ってディナと共に管制室に侵入してきたのである。仰天した管制室は武装警備隊を送り込んで粛清を試みるが、ディナとマーティが破れかぶれで怪物の檻を全て開け放ったため、職員も警備員も皆殺しに遭う。, やがて逃げるうちに石版の間にたどり着いた二人に、館長が全ての真実を告げる。マーティが予定通り死ななければ地下から巨大な邪神が復活し、人類が滅亡するのだと。ディナは説得されかけてマーティに銃を向けるが、マーティは殺されるのを拒否し、乱入してきた怪物たちの起こした混乱に乗じて生き延びる。館長も怪物もろとも地下に転落し、全てを諦観したディナとマーティが座り込む中、儀式の失敗により地下から巨大な邪神が復活し、人類の滅亡を予感させて劇は幕を閉じる。, 約3000万ドルの製作費で、2009年3月9日にバンクーバーで撮影が始まった[11]。, 当初、2010年2月5日に拡大公開が予定されていたが[7][12]、3Dに変換するために2011年1月14日に延期された[13][14]。しかしながら2010年6月17日、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーが財政難の問題のため、公開は無期限延期となることが発表された[15][16]。, 2011年3月16日、『ロサンゼルス・タイムズ』は「新たな(MGMの)チーフ・エグゼクティブであるゲイリー・バーバーとロジャー・バーンボームがMGMの最後の2本である『キャビン』と『レッド・ドーン』を売ろうとしている」ことを報じた[17]。2011年4月28日、配給権がライオンズゲートに売られ[18]、同年のハロウィンに公開を予定していることが報じられた[19]。2011年7月20日、ライオンズゲートは配給権を獲得し、2012年4月13日に公開することを発表した[1]。, プレミア上映は2012年3月9日にテキサス州オースティンのサウス・バイ・サウスウェスト映画祭で行われた[20]。, 日本では2012年9月26日に第5回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」で『キャビン・イン・ザ・ウッズ』の題でプレミア上映された[21]。2013年3月9日よりクロックワークス配給で一般公開される[22]。, 北アメリカでは4207万3277ドル、そのほかの国々で2382万9690ドル、全世界で6590万2967ドルを売り上げている[4]。2012年の映画では68番目に高い興行収入である[23], 北アメリカでは2012年4月13日に2811劇場で公開され、初日に550万ドル、初週末で1470万ドルを売り上げ、週末興行で3位となった[24][25]。2012年7月12日に公開が終了し、累計で約4200万ドルを売り上げた。これは2012年のアメリカ市場では66位の成績である[26]。イギリスでは850万ドル、フランスでは240万ドル、ロシアでは230万ドルを売り上げている[27]。, Rotten Tomatoesでの支持率は204件のレビューで支持率は91%の「フレッシュ(新鮮)」作品となった[28]。またMetacriticでは40媒体のレビューをベースに72/100となった[29]。, Lionsgate Schedules THE CABIN IN THE WOODS for April 13, 2012, Box office preview: 'Cabin in the Woods' and 'Three Stooges' take on 'The Hunger Games'. ・『妖怪巨大女』の巨大女 ・セラーのドアが開く:『死霊のはらわた』 ・ピエロ:『IT』のペニーワイズ ・『Xファイル』のシーズン1 エピソードタイトル「氷」のセリフが登場, また、同作にはホラー映画のクリシェが多数登場しますが、中でも特筆すべきなのが霧。『キャビン』に出てくる霧らしき物体はフェロモンで、キャラクターに別行動をはじめとする危険でバカバカしい行動を促す効果を持っていると説明されています。, 同じく、ホラー映画には武器で攻撃した後に何故かその武器を落とすというパターンが多く見られますが、それは外部から微力の電気ショックが加えられるからだということも明かされています。, 冒頭でゲイリー・シッターソンとスティーヴ・ハドリーが女性職員に1998年の儀式は科学部が原因で失敗したことを伝えますが、これは『パラサイト』をが元になっています。, モンスターを解放する「System Purge(一掃)」ボタンは、ホラージャンルによく使われれる「デウス・エクス・マキナ」が元になっています。「機械仕掛けの神」という意味を持つデウス・エクス・マキナは、ストーリーを都合のいいように展開させてくれるのです。, モニターに写っている女性がこめかみに銃口を向けて自殺するシーンに酷似したものが、ジョス・ウィードン監督作『セレニティ』にも登場します。, マーティが殺された時に画面が揺れますが、それは殺された瞬間がスクリーンに映し出されなかったため。通常、ホラー映画で殺害された場面が映されていなかった場合、後になって「間一髪命拾いした」と戻ってくるのがお決まりのパターンです。そして、それが神の怒りを買い「古代の神」の復活につながっています。, 古代の神とは、映画を見ている私たちに他なりません。何年も何年も同じようなキャスティングで同じような構成のホラー映画を見て喜んでいる私たちです。, 私たちは、血やヌードやおバカギャグ、生き残った女の子を求めています。それが出て来れば私たち観客は喜び、そうでなければ「駄作」と吐き捨てます。『ハロウィン3』がいい例でしょう。キャラの方向転換を測りましたが見事に失敗。結局『ハロウィン4』でマイケル・マイヤーズを復活させたのでした。, 『キャビン』はそういったホラー映画のクリシェを全て含めた上で、破壊し、新しい道を開こうとしています。お決まりの流れが悪いわけではありません。, 『13日の金曜日』や『エルム街の悪夢』は伝統を守り続けるべきで、観客もそれを求めています。しかし、そろそろ新しい展開を見せて欲しいものです。, 『ヒア・カムズ・ザ・デヴィル』、『屋敷女』、『+1』、『ON AIR オンエア 脳・内・感・染』、『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』、『トロールハンター』、『ビハインド・ザ・マスク』といった今までのルールを取り入れつつもひねりの効いた作品は存在します。ところが、残念なことにこれらの優秀な作品はあまり知られていません。, ちなみに、io9のメレディス・ウォーナー記者は、「この動画で言われているホラーネタは90パーセント正解だが、セクシー魔女に関しては『奥様は魔女』に出てくる義母のエドナでは?」とコメントしています。エドナがホラーとして扱われるかについては疑問が残りますが、そういう考えもあるということで紹介しておきます。, そしてこれは訳者の個人的な感想ですが、動画で紹介されている『屋敷女』は異色で斬新ではありますが、妊婦に対する過激な暴力があるスプラッターホラーなので見る人を選ぶかもしれません。訳者のオススメは以前「夏休みが恐ろしく楽しくなるホラー映画13選+α」という記事でも触れた『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』。, 本作はタイトルがダサさが原因でB級臭がプンプンしてきますが、掛け値なしに面白いですよ。, アクション系エンタメサイト「コタク・ジャパン」のニコニコチャンネルです。明るく楽しく激しい映画、ゲーム、音楽、アニメ、スポーツ、フード/ドリンクなどの情報を配ッ信ッ!, RSSブログ情報:http://www.kotaku.jp/2014/11/every-horror-reference-from-the-cabin-in-the-woods.html, 古代の神は確かに視聴者のことを指してるけれど「古き邪神」「旧支配者」「どんな姿か見てみたい」「封印が解けて世界を滅ぼす」等々の設定からクトゥルフ神話が元ネタでしょうね。, 詳細な解説ありがとうございます。自分はそこまでホラー映画を見ていないので元ネタがあるんだろうなぁぐらいにしか思っていませんでした。古代の神が視聴者とは思っていませんでした。確かに最後、人間の手が出てきたのでなんでだろうとは思いましたが。, 明るく楽しく激しいアクション系エンタメサイト「コタク・ジャパン」のブロマガです。映画、ゲーム、音楽、アニメ、スポーツ、フード/ドリンクなどの情報を配ッ信ッ! B級サメ映画からゴアゲーム、ゾンビ退治、パルクール、プリキュア、ベーコンカクテルまで、エクストリームなことはおまかせあれッッ!.

.

K6a Ecu 書き換え 13, 過敏性腸症候群 絶対 治る 4, 長嶋茂雄 なんj 成績 9, エクセル 出勤 簿 曜日 色 5, Ts3130 コピー 濃度 16, Iphone 低電力モード Line 5, Toeic 1週間 600点 4, 平ゴム 輪っか 作り方 5,