日本コカ・コーラ株式会社(にほんコカコーラ)は、アメリカ合衆国に本拠を置くザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人である。, 主力事業は「コカ・コーラ」を含む清涼飲料水。日本のコカ・コーラグループの出荷量は、2位のサントリーフーズ(サントリー食品インターナショナル)の約2倍で、日本国内の清涼飲料業界ではシェア1位である[1]。2019年10月時点、酒類(缶チューハイ)を沖縄県を除く地域で販売している(製造は日本果実工業に委託)[2]。, 日本コカ・コーラは、製品開発や宣伝・マーケティング、原液の製造などを担い、製品の製造販売はフランチャイズ契約をしたボトラー各社が行う。日本市場は商品構成が多様かつユニークであるという特徴を有し、茶やコーヒーといった非炭酸飲料の販売比率が高い。このため、健康志向などで炭酸飲料の販売量が低下傾向にあるコカ・コーラ社の重要拠点のひとつと目され、日本から多くのことを学ぶ必要があるとしている。, 従業員500人程度の企業でありながら、数ある日本企業の中で、法人所得金額で毎年30位以内(5年連続首位の実績もあり[3])に位置する高利益企業でもある[4]。, コカ・コーラグループは、世界各地のボトラーとフランチャイズ契約し、エリアで独占的にボトリング(原液や飲料原料等を購入し、飲料を製造し缶やPETボトルなどに充填する事業)と販売をさせている。ボトラーとコカ・コーラグループとの関係はフランチャイズであり、原則として資本関係はない(10%から30%程度出資していることはあるが、ザ コカ・コーラ カンパニーの連結対象ではない)。, 日本のコカ・コーラシステムは、原液の供給と製品の企画開発や広告などのマーケティング活動を行う日本コカ・コーラと、製品の製造販売を担うコカ・コーラボトラーから構成されている。また、日本コカ・コーラとは別に、日本国内向けの製品開発や研究を担う、ザ コカ・コーラ カンパニーの100%子会社の株式会社コカ・コーラ東京研究開発センターがある。, ボトラーズジャパンホールディングス(ボトラーズジャパン) - 北海道 - みちのく - 北陸 - 沖縄, イースト(利根 - 三国 - 東京 - セントラル(富士 - 中京)) - 近畿 - 三笠 - ウエストジャパン(山陽 - 北九州)- ボトラーズジャパン(ウエスト - 四国)- 南九州 - 長野 - サツキ - 仙台 - 四国CCP - CCEJP- ナショナルセールス - ビジネスソーシング(CCBSC) - アイ・ビー・エス(CCIBS), コカ・コーラの自動販売機は1962年に日本で初めて導入された。当初は小銭を投入後に瓶を固定していたロックが外れ、購入者がそれを引き抜いて商品を取り出す半自動式であった[6]。2006年12月時点で日本全国に98万台ある。, マルチマネー対応自販機であれば飲料の決済方法も現金のほか、各種電子マネーが使用できる。対応している電子マネーは自動販売機の対応状況によって異なるが、交通系電子マネー(Suica・PASMO・PiTaPa・Kitaca・TOICA・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、楽天Edy、iD、WAON、nanacoが利用可能である。交通系電子マネーに関しては、2013年3月23日からの全国相互利用サービス開始に合わせ、PiTaPaを除くすべての交通系電子マネーが全国どこからでも利用できるようになった。もともとは2002年にCmode(シーモ)という日本コカ・コーラ独自の電子マネーで展開が始まったが、2008年までに汎用している前出の電子マネーに対応したことにともない、2011年3月末で全サービスを終了した。, また、地震などの影響で緊急避難を余儀なくされた場合、コンピュータの遠隔操作によって利用者に無償で飲料を提供できる災害対策用自販機や、自動体外式除細動器(AED)を備えた自販機もある。街の至るところにあるというメリットを活かし、利用者、地域住民に貢献する形である。, 2011年からはコンツアーボトルをイメージしてデザインされた、これまでの自動販売機とは異なる立体的で曲線を用いた新型標準機「3D VIS」を開発(新規や旧型からの入れ替えのほかに、既存機に後付パーツを装着して新型式にする「レトロフィット」という方法もある)。「3D VIS」では基準となるドア寸法やレイアウトを統一しているため、前述の電子マネーを利用できるようするためのキャッシュレスユニットの装着や上部のトッパーを地域貢献機能の電光掲示板に差し替えることができるなどオプションパーツを設定し、カスタマーや消費者ニーズによりきめ細かく対応できるようになった[9]。2013年1月からは富士電機との共同開発で「3D VIS」のデザインをベースに、冷却用の電力を止めた状態で最長16時間の長時間冷却を実現し、消費電力量を大幅に削減できる「ピークシフト自販機」を開発。この自動販売機は世界初となるARマーカーが組み込まれており、事前にスマートフォンに専用のアプリ「自販機AR」をダウンロードし、認識対象箇所(ポーラーベアや製品サンプルなど)にかざすことでそれぞれの認識対象箇所に応じたコンテンツが現れる仕組みであるが、2016年3月31日にサービスを終了した。, 2016年4月8日に専用スマートフォンアプリと連動したサービス「Coke ON(コークオン)」を開始。これは専用アプリを開いた状態で対象の自動販売機にスマートフォンをかざすと接続されるサービスで、自動販売機で製品を購入するとアプリ内でスタンプが1個貯まり、15個貯まると自販機内の好きな製品ひとつと交換できるドリンクチケットを入手できる。スタンプのデザインは購入した製品によって異なる。また、特定の製品購入時にスタンプが2倍になったり、ドリンクチケットが先着もしくは抽選で獲得できるキャンペーンが開催される場合もある。また現金やチケット以外の購入方法として、「Coke ON Pay」にも対応している。これはCoke ONアカウントにPayPay、LINE Pay、楽天ペイなどのコード決済やキャッシュレスサービス、国際ブランドのクレジットカードを紐付けることで、ドリンクを購入する機能である。また「Coke ON IC」という機能もあり、アカウントにsuicaやnanaco、WAONなど日本の電子マネーを紐付けてその電子マネーで支払うと、後日専用のスタンプが付与されるサービスである(電子マネーのNFCリーダー・ライター端末が付いた自販機が対象で、スタンプ2倍キャンペーンの対象にはならない)。, コカ・コーラ以外のメーカー系ベンダーや独立系自販機オペレータでは、おもに就労者などを対象としたオフィスや学校・店舗敷地内などに設置される一部の自販機で最低価格100円(缶飲料)から140円(500mlペットボトル)と廉価で販売するところがあるが、コカ・コーラ自販機は関係なく、自販機小売り価格の120円から150円で固定されている。しかし近年における競合他社の低価格販売や値下げによる影響で、他社自販機が隣接する場所では一部商品を期間限定という形で値下げして販売を行っている。また高値定価販売を逆手に取り、原料などにこだわった高コスト商品を自動販売機専用商品として投入している。, 地域によって取扱が異なるが、おおむね次の商品が販売される。なお、これまでパッケージに記載されていた販売者表記(1990年代中期までは各地域のボトリング会社を製造元として明記していた[10])は1990年代半ばより2000年代初期までは「コカ・コーラナショナルセールス(株)[11]」、2000年代初期より2008年11月製造分までは「コカ・コーラナショナルビバレッジ(株)[12]」となっていたが、事業再編にともない、2008年12月以降に発売された製品(改良品を含む)の販売者は「コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)[13]」に変更されている。初期の缶製品(地域会社製造分は除く)および、特定保健用食品については、当社が販売者として表記されている[14]。, 日本の消費者は品質に厳しく多種多様な商品を好む傾向があることから[6]、日本コカ・コーラ社製品はその需要に応えるため多彩なラインナップとなっている。2004年、今までにはなかった形状の1,000mlボトル(ミディペット)を販売、また2007年にはコンビニエンスストア専用として450mlのスリムペットボトル商品を開発。2009年2月には楽に持てる形状と軽量化を両立した新大型ペットボトル「ecoるボトル ラク持ち」を導入。特に「森の水だより」用は38gを実現した[18]。さらに、2009年5月発売のミネラルウォーター「い・ろ・は・す」では、500mlペットボトルでは国内最軽量(当時)となる12gを実現した「ecoるボトル しぼる」を新たに開発した。, 競争の激しい飲料業界だけに、短命で消えていった製品や、発売時は非常に人気があっても、その後終了してしまった製品も数多い。「メロー・イエロー (Mello Yello)」、「メロー・レッド」、「ハイシー (HI-C)」(オレンジ、アップル等の果汁飲料)、「HI-Cサンフィル」(HI-Cをより口当たりよくした製品でオレンジ、グレープ等)、「モネ」(はちみつレモン、はちみつ梅)、「タブクリア」など。発売範囲縮小となった商品もあり、「HI-C」シリーズは紙コップの自販機・飲食店向け200ml瓶のみ販売継続している。, 「チェリー・コーク」などは、アメリカでの新発売を受け、日本でも1985年に製造・販売が開始されたが、日本人には受け容れ難い味であることが分かり、すぐに製造中止になった。本国では製造が続いている。2006年には500mlボトル缶で再発売された。, コカ・コーラC2は「世界にさきがけて日本で新発売」という触れ込みで、発売前より大掛かりなプロモーションが実施されたものの、通常のコカ・コーラとダイエット・コカ・コーラの中間というセグメントが受け入れられなかったためかこれも短命に終わってしまった(ただし、そのコンセプトは現在のコカ・コーラ ゼロに受け継がれている)。, 同社のお茶商品の歴史を振り返ると、1980年代半ばに産声を上げた「ジョージア烏龍茶」(190g缶)が第一歩である。その後、紅茶飲料にもマーケットを広げ、ジョージア名から「神葉(シンバ)」と言うブランド名に変更し、「茶流彩彩」へと続き、そこから、「日本のコンビニで取り扱っていない店がない」とまで言われるヒット商品「爽健美茶」が生まれた。コカ・コーラで若年層、ジョージアでサラリーマン層を取り込んだが、爽健美茶で最後の女性層や中・高年層を取り込んだ。, コーヒーについても、ジョージアは古くからのブランドだが、テイスト自体は1980年代後半までは、非常に甘い“コーヒー飲料”で現在も販売されている250mlのオリジナル缶と、当時は斬新であった190ml缶の「ブレンドコーヒー」のたった2種類と非常にシンプルであった。その後、様々なニーズに対応したテイストが発売されては販売終了を繰り返している。, 2007年に入り、成熟しきった感の否めない状況となりつつある缶コーヒーとは対照的に、右肩上がりにあるチルドコーヒー部門にパティシオーレ(PATISSIOLLE)という新商品で参入した(製造はトモヱ乳業。また、森永乳業(カフェラッテ)、サントリー(スターバックス ディスカバリーズ)、伊藤園(タリーズ)等のライバルメーカーも相次いでチルドコーヒーのカテゴリーに参入)[19]。 12月14日(月)から、ラベルにグループ名とメンバー名のデザインされた10種類の「コカ・コーラ」“NiziU限定デザインボトル”が全国で発売開始。 『恋セワ』推しメンZiNEZの会話に指原「やめてよ好きになっちゃうから」と勝手にドキドキ?, 「NiziU」のAYAKA、デビューまで1か月を迎え「会いたいです」…11/6には「バズリズム02」に出演へ, 「NiziU」のRIO、季節の変わり目にファンたちの心を温めるメッセージを伝える…今週末には「シブヤノオト」に出演確定, 【公式】米「Forbes」など海外メディア、「GFRIEND」の新譜を絶賛…「6人のメンバーが一丸となり進化を遂げた」, 【公式】「BTS(防弾少年団)」ら輩出のBigHit、10代のためのヒップホップコンテスト「HIT IT 8」開催…賞金総額1000万ウォン, ≪韓国ドラマREVIEW≫「梨泰院クラス」8話あらすじと撮影秘話…撮影前の台本読み合わせ、キャスト大集合, 「NiziU」、コカ・コーラとの大型コラボレーション決定!限定デザインボトル発売&豪華キャンペーン, NiziUの韓国歌手・K-POPニュースのワウコリア| NiziUの韓国歌手・K-POPニュースの詳細ページです。.

.

幼児 おにぎり 簡単, 納品書 テンプレート おしゃれ 無料, 2014 センター 国語 問題, 洗顔 保湿 プチプラ, 節約 投資 主婦 ブログ, ビッグマック ダブルチーズバーガー どっち, 世界を生成中 止まる スイッチ, 小学5年生 クイズ 問題集,