サッカーの基本戦術は大きく分けて4種類?最近のトレンド戦術とは? 戦術によって攻めと守りの比率が変わる! サッカーは流れのスポーツであり、バスケットボールと同じように攻めと守りが早い展開で切り替わっていきます。 4.次に後方の選手の役割ですが、自分の前の選手のみをマークするのではなく、相手選手の間(この場合は、相手8番と10番の間)にポジションを取ります。そうすることで、1人の相手選手だけではなく、近くの相手選手も牽制し、場合によってはプレッシャーを掛けることが可能です。 ジュニア・ジュニアユース年代の指導歴25年。 ※ドイツ代表のようにアスリート能力が必要。, ・ゾーン:エントレリネアスに弱い。ローテーションに強い。 ・対角線フィードで裏を取られ6バック化⇒回収しても戦況が悪く手詰まり ・アヤックスの9番がフィールド中央から動く必要がないので、相手に有利なスペースを与えることが無くなります。 ・足元に飛び込んだり身体をぶつけたりして、ボールロストを誘う。, ・パスコースを切り、相手のボール出しを妨害したり、プレーを遅らせたりする。 ②ミドルサード:ブロックを形成して待つ守備。相手ボランチを狙い、スムーズな攻撃を阻害。 ⑤個, ※戦術的ピリオダイゼーションから5つに分類。 3.相手4番へはアヤックス7番の選手がプレッシャーを掛けに行くのではなく、攻撃的なMFの10番が行きます。何故なら、7番が行ってしますと相手チームの4,5と8番との3対1、もしくはアヤックスの10番が図の様に相手8番をマークした場合でも3対2の数的不利な状況になってしまいます。 日本の選手におこりがちな「守備の個人戦術」のミス これは私の印象ですが、日本の選手は「守備の個人戦術」について、向上の余地があると感じています。それはjリーグや日本代表の試合を見ると、明らかになります。 例を挙げましょう。 ・守備ブロック8人だとやや攻撃的。 ・守備(ボール被保持時)(対遅攻) ④グループ:局面での2対2や3対3など ③セクトリアル:役割別 ・数的同数以上の場合が原則。 ・ボールへのプレッシャーが中から外へ掛けることが可能になり、自陣ゴールへの最短距離での相手の攻撃を防ぐことが可能になります。 ある程度、選手同士のひらめきで成立する攻撃とは違い、守備はセオリーがあります。 両者の違いが分かれば選手へのアプローチが変わり、少年サッカーの指導が改善されることについて解説します。, 少年サッカーの試合中、コーチどうしの意見が合わなくて指導が難しくなる、選手が混乱するという問題。 Copyright 2020 @FØØT All Rights Reserved. Copyright © 2020 E-3 Inc. all rights reserved. 世界中で指導を行ってきた彼らだからこそ語れる、日本サッカーの課題である「守備」の指導法についての連載です。第2回目は「守備の個人戦術」について。サッカーサービスの分析担当であるフランコーチに語ってもらいました。 最近よく耳にするようになった「個人戦術」という言葉。日本では人それぞれ理解が違うようです。そもそも個人戦術・グループ戦術・チーム戦術の境目が、よくわからない人も多くいるのではないでしょうか?, こんな悩みが出てしまうのは、サッカーの言語化が進んでいないことが原因かもしれません。スペインでは個人戦術は理論的に明確に分けられており、現地のサッカー監督に「個人戦術のアクションとは?」と聞けば、すぐに【6つの攻守のアクション】が答えとして返ってきます。, そこで、今回はスペインサッカー攻撃の個人戦術アクションの1つ【マークを外す動き(デスマルケ)】について言語化していきます。, 定義:試合中にボールを持っていない選手(オフェンス、またはディフェンス)が、直接的に関係する相手・味方、ボールとの関係性の中で生まれる判断だけにフォーカスした戦術である。, 【周りの味方の動き・状況には関係なく】自分のマークを外し・サポートをしてボールを受けるアクション。これだけにフォーカスします。基本的な状況は以下の3つのシチュエーションとなります。, 【1vs1】ボール保持者の1vs1ではなく、ボール保持者でない選手たちの1vs1でのアクション。(ボールに対するサポートの動き、ボールを受けさせないマークの動き)攻撃と守備の個人戦術が含まれる。数的同数の状況で必要となる戦術アクション。, 【2vs1】ボール保持者のアクションではなく、ボール保持者ではない選手たちのアクション。(ボールに対するサポートの動き、相手に突破されないマーク・カバーの動き)攻撃と守備の個人戦術が含まれる。数的優位の状況で必要となる戦術アクション。, 【1vs2】ボール保持者のアクションは技術アクションに含まれるので、ここではディフェンスの選手たちの個人戦術アクションのみ存在する。(ボールを奪うマーク・カバーの動き)数的不利の状況で必要となる戦術アクション。, デスマルケのアクションは、スペースの無い中で一瞬の瞬発的な動きによってマークを外し、時間とスペースのアドバンテージを生み出してボールを受けるアクションである。, つまり、横距離と縦距離が良いポジショニングを取るための攻撃の個人戦術なら、デスマルケは横距離と縦距離では解決できないスペースと時間のない状況で行うアクションだと理解することができます。, ★ヒント→ピッチを横に3分割したときの各ゾーンのスペースと基本的な数的優位・数的同数・数的不利の関係を考えましょう。, サッカーには『ディフェンスを一人余らせる』という大原則があります。その原則に従うと各ゾーンにおける選手の数的関係性は以下のようになります。, 【ゾーン1】攻撃チーム→基本的に数的優位の状況/守備チーム→基本的に数的不利の状況, 【ゾーン3】攻撃チーム→基本的に数的不利の状況/守備チーム→基本的に数的優位の状況, 【ゾーン3】幅に制限あり(ゴールへ向かう必要がある)・奥行きに制限あり(オフサイドラインが存在する)/数的不利=スペース・時間が(小→極小), スペースの無い状況下で、瞬発的なアクションによってマークを外す動きがデスマルケです。つまり、スペースがない中で効果的に発揮されるアクションだということです。ですので、正解は③番の「フォワード」となります。, センターバックやボランチは、ボールが動いている間に、横距離と縦距離の個人戦術を使って、良いポジションをとれば十分です。瞬間的にマークを外す動きは、フォワードに比べて必要性が低いアクションです。※もちろん必要な状況もあります, 突破のデスマルケは、相手の背後への瞬間的な抜け出しでマークを外すアクションを指します。突破のデスマルケには「斜め(ディアゴナル・ラン)」と、「直線(ベルティカル・ラン)」が存在しています。下の図では、FWの選手が斜めの突破のデスマルケ、ウイングの選手が直線の突破のデスマルケをしています。, サポートのデスマルケは、ボール保持者をサポートするために瞬発的な動きで近づいてマークを外すアクションを指します。, サポートのデスマルケは使うタイミングが重要で、全員がサポートのデスマルケをすると逆にスペースが無くなってしまいます。全員が近づくことがないようにしましょう!, 突破のデスマルケが相手ゴール方向へマークを外す動きとするなら、サポートのデスマルケは自ゴール方向へのマークを外す動きとなります。, サッカーには、「チームの幅・奥行きと深さ」と「個人の幅・奥行きと深さ」がありました。, 個人の幅を横距離・個人の奥行きと深さを縦距離と呼びます。この2つの個人戦術を用いることでボールの位置に対して「良いポジショニング」を継続的に取ることが可能です。, 正解は図②のFWのデスマルケです。なぜなら良い横距離と縦距離を取ることによってマーカーの視界から消えているからです。, 図①のポジションからのデスマルケでは、相手のセンターバックは「ボール・FWの動き・ボール保持者」全ての情報を同時に見ることができます。つまり、デスマルケの動きに最も対応しやすい状況となります。, つまり、「良いポジショニング」が前提にあることによって、そのポジションから瞬間的に現れることが可能になります。デスマルケを開始するポジショニングが、デスマルケの効果を最大限に引き出すと言っても過言ではありません。, キーファクターがプレー状況の解決方法と関係ない場合、それをキーファクターとは呼ばない。, 例えば、ドリブルのキーファクターは、ドリブルを成功させるための「コツ」をまとめたものです。[2VS1の状況では、ドリブルで相手を引きつける]など。, 【オススメ記事】スペインサッカー守備の個人戦術【ペルムータとカバーリング】を覚えよう, 個人戦術が理解できている選手は、サッカーの基礎が理解できている選手です。個人戦術をトレーニングすることで、監督やサッカーのプレーモデル・チーム戦術が変わっても、適応できる戦術理解力が身につきます。サッカーの原理原則の浸透度で、その後の選手の飛躍に大きく影響します。将来ある選手たちのために、「サッカーの基礎を知る」努力をすることは大切ですね。, スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。, ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。, ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。, カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。, グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。, グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。, スペインサッカー攻撃の個人戦術アクションの1つ【マークを外す動き(デスマルケ)】について言語化, センターバックやボランチは、ボールが動いている間に、横距離と縦距離の個人戦術を使って、良いポジションをとれば十分です。, 突破のデスマルケは、相手の背後への瞬間的な抜け出しでマークを外すアクションを指します。, 適切なタイミングでデスマルケするために、マーカーとボール保持者のアクションに注意を払う。, 状況に応じてスピードを調節する。(常に100%でダッシュすれば、相手は注意を向けるので、逆にボールを受けづらくなる。消えて現れるイメージ), オフサイドラインに注意する。時にはプルアウェイで、幅を作ってから前に行く(突破のデスマルケ), ボール保持者にプレッシャーが掛かっている状況では、サポートのデスマルケを行う。無意味に近づかない。, 【解説】サッカーフォーメーションダイヤモンド型4-4-2の長所・短所とシステム変化. ※多少諦めざるをえないが、あらかじめリスク管理は整理しておくべき。, 自陣中盤に人員を多数配置し、相手CBを放置する戦術は、相手CBにビルドアップ能力がなければ有効。入ってきた縦パスを奪いショートカウンターが仕掛けられる。 こうしたクラブは「戦術的優位性で勝つ」タイプに強く、「勢いに乗って勝つ」タイプに弱い。, 3度以上同じサイドで短いパスを繋げるべきではない。プレッシングにかかり抜け出せなくなる。, 両サイドバックを高い位置に上げず、「片方が上がれば逆が下がる」という考え方。イタリア式。 →ゾーンディフェンスの隙間を狙うエントレリネアス 次回>>「チームの守備コンセプトをしっかり選手に伝える」それが指導者の仕事, チームとして守備をするためには、守備の組織がオーガナイズされていることが重要です。これはジュニア年代の指導者であっても、Jリーグの監督であっても「サッカーというスポーツ」を指導する上で、ベースになる考え方です。, 監督である指導者は「うちのチームはこういう守備の仕方をする」というプランを提示することが必要です。 →スペースを潰すゾーンディフェンス ・奪った後の展開に期待できる。ピッチ中央から一気に攻撃を仕掛けられる。 ・サイドはピッチ中央と違いパスコースを限定しやすい。プレスがハマりやすい。 自分でメニューを作成できるようになると、チームに適した練習が行えるので効果的です。, 小学2,3年生を対象とした壁パス(ワンツー)とドリブルを使い分ける3人組でのサッカー・練習メニューです。 ・ザッケローニジャパンが好例。, ・セントラルMFのボール奪取能力が高い、または相手ボランチの能力が低い場合は、外の縦パスを遮断しピッチ中央へボールを誘導し、そこで奪う方法も有効。 ・守備ブロック7人ならだいぶ攻撃的。, 選手のミスに起因する失点。シーズンにおいて一定数ある。 前回の話 Part.2ではサッカーの原理原則の解釈について書きました。特に局面構造が4つあること(基本構造・時間構造・スペース構造・力動構造)。さらに、原理原則が下の図のような階層構造になっている旨も説明しました。 詳しくは下記のリンクを見ていただけたら幸いです。 となる。, 【最新版】2018-2019シーズンの欧州5大リーグ移籍市場 開幕期間(閉幕時間)まとめ. 3.そこでの相手チームの選択は、ロングボールを前線へ送るか、フリーになっているサイドバックへの二つになります。ロングボールの場合、アヤックス最終ラインは4対3の数的有利な状況を維持していますので問題なく対処が可能です。フリーになっているサイドバックへのパスの状況では、「1/2ポジション」を取っている10番の選手によって、図の様にボールがサイドバックへの移動中にプレーシャーが掛けられます。, 利点: ・ボールへプレッシャーを掛ける為の各選手の走行距離が短くなります。, 相手チームの対処策として、図の様に11番のポジションを内側へ、また5番のポジションを高くして、アヤックスDFのマークのズレや、アヤックス10番がプレッシャーに行けないように距離を長くしてくることも考えられます。, その場合は、 ・スイッチ役のサイドハーフがプレッシングに出たら、SBやボランチが連動し前に出る。, ・FWが中央を閉じ、相手ボールをサイドへと追い込んで奪う。「狭い方へ追い込む」のセオリー通り。 ・ボールへの継続的なプレッシングがかからず、ボール奪取しにくい。 ・アヤックスの守備戦術「1/2ポジション」とは ・足を止めて相手に立ちはだかる。 2)自分の前にいる相手選手だけではなく、前方へ同時に一人以上の複数の相手選手をマーク、牽制することで、ディフェンスにおいてもイニシアチブを取ること。 2.この7番、9番、11番の3人のポジションによってフィールド中央で相手チームは数的有利な状況を作り出すことができなくなります。 ここではゲーム分析に関する情報発信をはじめ、白井氏による分析レポートなどもアップしていく予定です。ぜひ「いいね」してください。, 白井裕之(しらい・ひろゆき) ・戦術的優位性で勝つ ・勢いに乗って勝つ ※逆サイドSBの背後のスペースが空きやすい。DFライン背後にも広大なスペースを与える。, ・プレッシングに行かずに後退し、守備ブロックを形成する。 3.3 現在サッカーの守備戦術; 3.4 攻→守の切替時のコンセプトの代表例. ・ハリルジャパンのW杯アジア最終予選ホーム豪州戦の例。, ・現代サッカーでは9人で守備ブロックを作り、1人をカウンター要員として残す位がスタンダード。 ※だが日本ではまだミドルサード、ディフェンディングサードの守備が多い。, ・ボールを失った瞬間からプレッシングを発動し即時奪回を目指す。 の4つの勝ち方がある。, ※例えばレアル・マドリードは「保持戦力を活かして勝つ」クラブ。 ・保持戦力を活かして勝つ 3)前方へこのポジションを取ることで、チーム全体をよりコンパクトにする、またコンパクトを維持することが可能になります。, *相手チーム(青色)のフォーメーションは1:4:3:3のトップ下10番がいる三角形の形。アヤックス(赤色)のフォーメーションは1:4:3:3で攻撃的MFは8番と10番の2人からなる逆三角形の形。分かりやすくする為に、今回は相手チームのゴールキックからのシチュエーションに絞って説明します。オランダでは、ゴールキックの際またはDFラインでスペースがある場合は、後方からボールを回しながらビルドアップを進めるのが一般的になっていますし、ここがオランダサッカーの長所になっています。, 方法:相手DFラインに対して、アヤックスは3人のFWと1人の攻撃的MFでプレッシャーを掛ける( 1対1の状況 )。 ・「サッカーの構造について」フィールドでは、何が起こっているのか? 前回は、攻撃時のビルドアップについて、アヤックスの「ロクン・誘き出す」という代表的な考え方についてご紹介をしました。今回は、トータルフットボールの時代から革新的な戦術を実践している「アヤックスの守備についてのフィロソフィー」をご紹介します。, ・「アグレッシブに、できるだけ速くボールを奪い返すこと」 →オフ・ザ・ボールでマンマークを振り切るローテーション, ・中長期的戦略によって勝つ ・アヤックスが改革するジュニア年代の指導法とは? ・ボールに近いエリアの選手は、プレッシングに行くべき。 ・「ゲーム分析と確認事項」メモを記し事象を解析する, 取材・文 文・写真:白井裕之(アヤックスU-19チーム ゲーム・ビデオ分析アナリスト), 11.09.2020 「怒り」は絶対悪ではない?自身の感情と正しく向き合う方法/選手が伸び伸びとプレーできる環境作り, 07.24.2017 足が速くなるための計算式は「ストライド×ピッチ」/サッカー日本代表やプロ野球選手も取り入れる正しい走り方. 「怒り」は絶対悪ではない?自身の感情と正しく向き合う方法/選手が伸び伸びとプレーできる環境作り, 足が速くなるための計算式は「ストライド×ピッチ」/サッカー日本代表やプロ野球選手も取り入れる正しい走り方. →ヒトを潰すマンマークディフェンス 1.相手5番にはアヤックスの2番がプレッシャーを掛け、内側へ入ってきた相手11番にはアヤックス3番がマークすることで対処します。 ・放置したCBにボールを運ばれる サッカーとは、「敵」「味方」「ボール」の相関関係を意識し、どこにポジションをとるべきかを突き詰めるスポーツである。, チームのベースとなる戦術。これを通じて1シーズンリーグを戦う(微調整や大幅変更も)。, ※個人戦術とは「チームのゲームモデルに沿った個人の戦術的判断」。 5.アヤックスの最終ラインは3番が前へ行く関係で、最終ラインが1対1の状況になるので、サイドバックは内側へ絞ってゴールへの最短での攻撃を防ぎます。, 相手チームの対処策として、図の様に相手のDFラインとMFの距離をできるだけ長く取って、アヤックスのMFのプレッシャーを回避することが実践では考えられます。この場合、相手フィールド上で5対3になり、ボールを奪うのは難しくなります。またアヤックスの9番が相手3番へプレッシャーに行くことにより、フィールド中央にスペースを与えてしまいます。, 方法:相手DFラインに対して、アヤックスはFW3人でプレッシャーを掛ける。 3.4.1 パターン1:ボールを失った瞬間のプレッシング; 3.4.2 パターン2:やや後退; 3.4.3 パターン3:完全に後退; 3.5 プレッシングの種類. それでは、解説図を用いて守備の戦術についてご説明致します。 *相手チーム(青色)のフォーメーションは1:4:3:3のトップ下10番がいる三角形の形。アヤックス(赤色)のフォーメーションは1:4:3:3で攻撃的mfは8番と10番の2人からなる逆三角形の形。 ・リード時、ゲームを落ち着かせたい時、プレッシングが機能しない時などに有効。, ・ボールを奪いに行くための(インターセプションを目的とする)激しい寄せ。 \\\\詳しくはこちら////, 「The Soccer Analytics」のFacebookページをスタートしました! ・アヤックスが育成年代から実践する「Lokken(ロクン)」とは ・カウンターでの失点リスクを抑えられる。 2.その他のアヤックスの選手は、フィールド中央へカバーリングまたは「1/2ポジション」を取って自陣ゴールへの最短距離での相手の攻撃を防ぎます。, トップチームが導入しているこの2つの方法は、U-16からU-19のアカデミーの選手にも高いレベルで実践できることが求められています。なぜなら、アカデミーの目的は一人でも多く質の高いアヤックスのサッカーを実践できる選手の育成だからです。また、この守備の戦術についてもアヤックスの新しいメソッド「Skill Box」中で、選手が身に付ける1つ1つのハンドリングが状況ごとに細かく決められています。, ここで注目したいのが相手チームのビルドアップの方法です。現在、ヨーロッパでも主流になってきている方法ですが、解説図⑤または⑥の様に守備的ミッドフィルダーがセンターバックのポジションまで下がって2対2の状況から3対2の数的優位を作り出します。コートジボアールとコロンビアの両チームとも常にDFラインで数的優位をつくり、大久保選手と本田選手の2人がプレッシャーを掛けに行きますが、3対2では走る距離も長くなり、ズルズルと下がらざるえないシーンや本田選手が空けたフィールド中央を使われるシーンが何度となくありました。日本の選手のコメントにも「プレスがはまらなかった」「ズルズルと下がってしまった」とありましたが、この相手チームのビルドアップに対する答えを日本代表は持っていなかったように思います。そこでは、解説図③の方法を取ることで、フィールド中央を空けることなく、また攻撃の選手に守備の負担を掛ける事無く、相手チームのヴぃるどあっぷビルドアップの阻止とボール奪取、またはフリーでいる大久保選手を経由したカウンターなどが可能だったと考えられます。, 以上、今回はアヤックスで実践されている守備についてご紹介をさせて頂きました。皆さんのチームで守備のチーム戦術導入の際の1つの方法として活用して頂けますと幸いです。, 【告知】あなたはチームや選手の「課題」や「成長度」を正しく分析・評価できていますか? 白井裕之氏が監修した「サッカーの観方」「ゲーム分析」を習得するための教材ができました。

.

マイン クラフト 小説 試し 読み, ミルボン ヘアオイル ピンク, 朝顔 肥料 リン酸, アメリカ 結婚 苗字, Dボタン 音 消す ソニー, 松原タニシ 事故物件 まとめ, Rds 暗号化 必要性, サクラエディタ マクロ 一覧,