うわーと思い、検索してみましたが 躰を貫きそうになる激しい波. 芸能人ブログ 人気ブログ. 俺の心の臓がいくつあっても足りない・・・ うう、本当にご迷惑をおかけします・・・ こちらにも、ありがとうございますっ❤ 貴女は、どこか悪いのですか・・・?』 PASS: 「あの方は生を生きている、誰よりも輝いて」 笑った顔で天界に帰して差し上げたい。 PASS: 「ねえ、あなたこれぜ〜んぶその袷から出した、とか? 」「それが何か?」「ちょっとっ、どういう仕組みになってるのよ…いいわ、この目で確かめる。チェ・ヨンさん脱いで」「ぬげ、とは?…」「着物よ。ほら早くぅ」「…何故です」「四次元ポケットみたいじゃない! どうなってるのか詳しく調べなきゃいいこと、上衣だけじゃなくて、しまう部分がついてるものぜ〜んぶお願いね」☆☆☆古装劇(時代劇)見てると、これどこにしまってたの? という疑問が湧き起こるシーンが多々ありまして、『シンイ』でも…ヨンは何を懐奥深くにしまったのでしょうか?なんと解毒薬。最初の毒に倒れたウンスの解毒薬を、かっぱらった玉璽と交換するシーンです。もしかしてヨンたら、玉璽持ち出したときも、袷にしまっていたのでしょうか?于達赤をバッタバッタと倒してるとき、よくポロッといかなかったな、なんて。玉璽も解毒薬も、どちらも袷に入れて走ったりしたら…今視聴中の『聽雪樓』でも…最初は袖口。結構指つっこんでます。取りだしたのは丸薬で…ヒィ〜〜じ、直に入れてたんかい?!今度は袂から。現れたのは…灯籠のシートでございました。これ、歩く度にガサガサしそうなんですけど☆☆☆あれよあれよという間にチェ・ヨンは着物を脱いでゆく。そのいずれにも、重ならないよう位置をずらして袋が縫い付けてあった。「どれもこれも、襟の裏側にポケットみたいなものがついてるだけなのね」「ぽけっととは、ピンイン(内袋)のことでしょうか?」「(ぴんいんってなによ?)そ、そんなようなモノかな。ね、重ね着してるから、どの袋になにをしまったか、ちゃんと覚えてないと間違えちゃいそう」「たかが数個だ」「そうだ! “四次元ポケット(※)” っていうのが出てくるアニメがあるんだけど、驚くほど便利なのよ。スペアポケットっていうのに繋がっててね、ポケットよりずっと大きなものまでしまえるし、簡単に取り出すことも出来ちゃうんだから」貴女という女人(ひと)は…人の衣を脱がせておいて、天界におけるピンインの説明ですかしかし、よじげんとは、どういう…「そこには重力ってもんがないから、モノがぷかぷか浮いててね…」すべてにおいて想像もつかないが、天界ではそのようなことが可能なのかもしれない。楽しそうに語るウンスを見つめながら、チェ・ヨンは知らぬ間に笑みを浮かべていた。ついつい書いちゃいましたm(__)m内袋という言葉が正しいのかどうか、検証ナッシング状態ですが、中国語ではピンインという言い方をしているドラマを、見たことがあるようなないような…何はともあれ古の方々、飾り帯の裏側に挟むとか、巾着を帯びに吊すとか、いろいろと収納アイテムを身に纏っている感じですよね。※四次元ポケット:はい、青いネコ型ロボットがたびたび使うアレでございます❤︎, 夜も深まった頃、于達赤の練兵場に怪しい人影が現れる。その者は、キョロキョロと辺りを見回しながら小走りに厩舎に近づくと、今一度月光に照らされた庭を振り返り誰もいないことを確かめてから、わずかに扉を開けて中に忍び込んだ。☆「ん〜お馬さんの匂いにも、そこそこ慣れてきたかな」ようし!懐から着火道具を取りだして小さな火を灯す。何かを探しているようだ。抜き足差し足忍び足、と「チュホンは…いる? いないのかな」一頭がヒン、と小さく啼いてウンスの方を振り返る。「おっ、チュホン?」「ブルルル」近寄ってくる相手が誰なのか、于達赤テジャンの愛馬はわかっているらしい。そして、好物が近くにあることも。「チュホンっ! ここにいたんだ」よかった、と鼻筋を撫でてやると、ぬーっと鼻先を近づけてくる。「リンゴが食べたいの? えへへぇ、わたしって気がきくでしょう。今あげるわね」済州島への旅がきっかけで、一人と一頭はちょっとした意思の疎通が図れるようになっている(…と、少なくともウンスは思っている)「ねえ、あなたがいるってことはよ、あの男(ひと)はさ…」その時、バタンという戸が開く音がした。ウンスはとっさに灯りを吹き消すが…「ありゃりゃ? 灯り、消えてる…林檎とソジュ(焼酎)とあと…クンクン、い、医仙さまぁ?!」「だ、誰?!」「お、オイラ、その…」ウンスは、一頭の馬を引いたテマンと鉢合わせをしてしまった。☆☆☆一方こちらは閉店後のマンボの店。二階の隠し部屋で頭をつきあわせているのは、名無し、ジホ、シウル、そしてスリバンの元締めでもあるマンボといった男四人の面々。「なんでアタシなわけぇ? あそこの女将とは反りがあわないの」名無しがさかんに異議をとなえがら、拳を握って円卓を叩く。「落ち着けって、酒がこぼれちまうだろうが」「あの声聞くだけで虫唾が走るわよ」「名無しぃ、そこまで嫌わなくてもさ」楼閣への使いの度、駄賃をもらっていたシウルが取りなすが、女将と名無しの間には、余程の確執があったに違いない。「お子ちゃまにはわからないわね」「わかるさ。いくら煙に巻くためだって、ヨンの名を出すなんてさ」  「ケドさ、そのおかげで縁談話で煩わなくてすむ、とか余裕かましてた」「ジホ、それ、チェ尚宮だから」「あ”〜そうだった。ヨンの奴は鼻にもかけてなかったよな」紗月が自ら流した“于達赤テジャンの女” という流言を、チェ・ヨンは気にかけていなかったはずなのだ。「何年もそのままにしといてよ、今更何を気にするんだか」マンボのひと言に、名無しははぁ〜っとため息混じりの息を吐く。み〜んなわかっちゃないんだからァ(by 名無し)「ちょっとォ、なんでヨンは自分で妓楼に足を運んでたわけェ?」「「「「はて…」」」」」「女将をこれっぽっちも信用してなかったからよォ」「「「「なるほど。で?」」」」「でって…」流言などものともしなかったチェ・ヨンが、今になって役目を押しつけてくるのは、ユ・ウンスという存在が気になっているからに相違ない。今、この場であの女のことを口にすれば、今度は別の流言が…(by 名無し)「なあ名無しよ、ヨンの奴が無理ならよう、昔取った杵柄っていうだろ? おめえしかいねえンだ」“お前しかいない” その一言に名無しは滅法弱い。「まあ、この二人は場違いよねェ、元締めは薪を割るくらいしか…」「だろう? だからよ、ここは特技を生かしてだな」「よくってよ。この名無し、一石二鳥を狙おうじゃないのォ」こうなったら、ヨンの流言も止めてみせようじゃないッ(by 名無し)続くJったら、酷いですっ某の出番が、チュホンに取って代わられるとは画像付きだし林檎まで…(ノД`)これが贔屓というものでしょうか?!?!は? 主人も出てきてないから、何一つ語れぬだろうと?!くっ…千里眼がすこぶる欲しい今日この頃であります(by 鬼剣), 夢幻琅は、居住地からいっそう奥まった川沿いに建つ。その日の夕暮れ時、楼を囲むように流れる水面には、背の高い男の姿がくっきりと映し出されていた。「ナウリぃ〜、いらっしゃるなら前もって教えてくださいな。女にはそれなりの準備ってもんが…」内着だろうか。豊かな胸元をあらわにした妓生が腕を絡めようとすると、それを振り払うように男が云う。「何がわかった」「ちょうど、ナウリのお好きなソジュが手に入ったばかりなんですよ」「どうなんだっ」明らかに苛立っている。「相変わらずイラチですねぇナウリ。今すぐに部屋を用意させますから」「話せ」「あら、誰かに聞かれたら拙い話しなのに?」「今、ここで」おお怖い、と手を前に組んで胸の谷間を惜しげなく曝しても、眉一つ動かさぬ男。手練手管に長けた紗月をもってしてもなす術がない。「話します、お望み通りに。その代わり、テマンさんに相応の額を届けさせてくださいよ。于達赤テジャン」夢幻楼の女将、紗月は思い切り鼻を膨らませ、話しをし始めた。☆☆☆「ふぅ〜いいお風呂だった。さてと、今夜の寝酒…どれにしようかな」洗い髪を手拭いで乾かし終えると、ウンスはソジュ(焼酎)の入った瓶を、いそいそと棚から取りだした。「一日中よ〜く働いたし…う〜んいい香り。そうだ、リンゴがあるんだ。ニッキをシナモン代わりにしてホットカクテルぅー♪」一杯目を生(き)のままクイッと呑みほすと、「駆けつけ三杯っていうし」などと嘯いたりして、ずいぶんとご機嫌に見えたのだが…妻帯もまだでしょう? チェ尚宮も頭の痛いことでしょうにね。あの方はノンケですわよ。本当に隠し子がいたりしてね。うっふっふ。他にも、テジャンは以外と髪型にこだわってる、とか、結構貯め込んでいるらしい、だの、いくら呑もうと酒に酔ったことがない、等々、流言の8割以上がチェ・ヨンに関して。残りはチャン・ビンの私生活と于達赤の面々(主に若手トクマン)の家柄などで、ウンスはおもしろおかしく聞いていたのだが、その中に、昨晩テマンが妓楼に入ってすぐ出てくるのを見かけた、という報告が混ざっており…医仙さまが来られるちょっと前まで、テジャンの女だって公言していた妓生がいたんですよ。確かにお見えの際は必ず一晩か二晩は泊まられていらしたし…アレよ、ノンケでよかったじゃない三十にもなろうって男の人に、女のひとりやふたりいたって…「ぜ〜んぜん、おかしくなんて……ハア〜」シネが語った流言が、ジワジワとウンスの胸を締め付け始めたのである。☆今から七年前…忠宣王の甥である瀋陽王ワンゴ、クビライの玄孫にあたる世子の生母、徳寧公主、奇皇后の後ろ盾で勢力を増しつつあるキ・チョルが、水面下で覇権争いを繰り広げていた。そして、その舞台になったのが夢幻琅(※)という妓楼だ。『テジャンになったばかりのあの方が、槍使いのトルベさんとヒョロッとしたトクマンさんを連れて、夜な夜な通って来てたんです。実は当時、アタシもそこで芸妓をね。で、紗月っていう例の妓女ですけど、ちょっとした事件の後、あれよあれよという間に若女将になって、それからですよ、アタシはテジャンの女だからって人払いなんかしちゃって。いえね、信じたわけじゃあありませんよ。殿方との睦ごとに関しては、これでもちょっとは存じておりますもの』芸妓とはいえシネさんはプロよあの男(ひと)と紗月っていう妓生、どういう関係?それにしてもよ、テマンさんを見かけたっていう妓楼が夢幻琅だったりしたら…近いうちに行くっていう知らせなのかしら?もしかして、今夜あたり…「あ”〜もうっヤメヤメ。お酒がマズくなる!」いそいそと用意した林檎も肉桂もそのままに、ウンスは残ったソジュをグビグビッと喉に流し込んだ。続く医仙さまは笑い飛ばすことが出来たのでしょうか?!?!次話は、及ばずながら某鬼剣参上で…むぐむぐぐ、ぐるじいJ、ひどいじゃないですか!!!へ? 口に絆創膏でも貼っておけ?あ〜あ、喋るな鬼剣…なんちってどうやらお後がよろしいようでε=ε=ε=ε=ε=ε=※鬼剣の登場で書くの忘れちゃいましたm(__)m夢幻琅ですが、『于達赤! (悔恨の情1/2)』に初登場した妓楼です。まだヨンがテジャンになって間もない頃、ある事件が…って未だ終わってません。m(__)m×10個状態。ちなみに、紗月という女将は『医仙さまの媚薬 ②』『⑥』にも登場しています。, ここは典医寺の待合室。今日は、掌楽院に名を連ねる、官妓を対象とした健康診断の日である。ウンスの診察を待つ歌舞や妓楽を特技とする女人が集い、ピーチクパーチクとお喋りの花が咲く。「急に寒くなったと思ったら、お肌が乾燥しちゃって。医仙さまのくりいむ、数をまとめたら安くなるかしら?」「香りもいいし、スッとお肌になじんでくれるからみんなも欲しがるわ。なんならアタシがまとめようか?」「お願いしてもいいかしら。ついでに歯磨き粉も数を募ったらどう?」「いいわね、賛成。ところで、見た?」「見たって…なになに?」「この間の秋夕(チュソク)だけど…」「うんうん」「于達赤テジャンの舞剣、ものスゴ〜く素敵じゃなかった?」「一人だけ群を抜いて光ってたものね」「たしかに云えてるわ」「でもなんであのような貴人が、ず〜〜〜〜っとお一人なのでしょう?」官妓になって間もないソビという舞姫は、チェ・ヨンが独り身であることが不思議でならなかった。「やだ、まだあの流言を聞いたことがないのね。実は………」年嵩の官妓が耳打ちをしようとしたちょうどその時…「次の人、入って検査着に着替えてくださいね」勢いよく扉が開き、ウンスの声が聞こえてくる。「はぁい!ソビ、じゃあ後でね」ソビは、テジャンの噂話しが気になったが…「ねえ、あなたはくりいむ何個必要? 歯磨き粉はいる?」「ええと…」テジャンのワケあり話しより、お肌の必需品ともいえる“医仙さまのくりいむ” の方がずっと大事である。そんなこんなで、彼女がその続きを聞いたのは、かなり後になってからのことであった。☆☆☆「ふぅ〜終わった」官妓達の診察を終え、ウンスは肩をグリグリとまわしながら凝りをほぐす。二十数名いる女官、それも官妓達相手の問診は、予想以上に大変だった。何故なら…いつの時代も女は噂話が大好きだ。診察が終わりそうになると決まって「医仙さま、ご存じですか? 今宮中では…彼是云々」といった流言が披露される。女官同士でヒソヒソと語り合うのとは違って、典医寺で天の医員に話してきかせる噂話は、なんとも新鮮で後腐れがない、そう思われているのだ。☆官妓A:『侍医は市中に家を構えていらっしゃるのに、敢えて官舎でお過ごしとか。なんでも、お父上が天竺で巨万の富を築かれたんだとか。そういえば医仙さま、侍医と同じ歳でいらっしゃるって本当ですか? 』ウンス:『侍医より年上じゃないってことだけは確かね』へぇ〜侍医って資産家のボンなんだでもタメって…落ち着いてるから年上かと思ってた官妓B:『于達赤テジャンって、高麗で五本の指に入る家柄なんですって。なのに跡継ぎどころか妻帯もまだでしょう? チェ尚宮も頭の痛いことでしょうにね。養子でも取るおつもりなのかしら』ウンス:『心配はいらないと思うケド』うろ覚えだけど、妻子はいたみたいだし…それにしても五本の指って…スゴい家柄そうは見えないギャップが女人ウケするのかしら官妓C:『于達赤テジャン、女人に興味が無いとか、隠し子がいるとか、様々な流言が飛び交いましたけど、あたくしの目は誤魔化せません。あの方はノンケですわよ。本当に隠し子がいたりしてね。うっふっふ』ウンス:『隠し子がいたとしたら、その子の顔見てみたくない?』弁解の一つもしようとしないから、噂が一人歩き?BLとか隠し子とか、あり得ないのに嘘をつけない男(ひと)だもの官妓D:『鷹揚軍のアン・リさまと于達赤のチェ・ヨンさまって、竹馬の友なんですって。なんでも家族ぐるみのお付き合いだったとか。よく一緒に釣りをしたってアン・リさまが自慢げに』ウンス:『へぇ〜釣りって楽しいんだ』あの男(ひと)の釣り好き、子供の頃からだったんだそして、顔見知りでもあるシネという官妓がもたらした流言とは…『医仙さまが来られるちょっと前まで、テジャンの女だって公言していた妓生がいたんですよ。確かにお見えの際は必ず一晩か二晩は泊まられていらしたし…』と、と、泊まった?! あの男(ひと)が?! 妓楼に?! 妓生と一緒って?!『シネさん、それで?』『それがね…』前のめりな催促をするウンスに向かって、シネは小声で話し始めたのだが…☆「シネさんの話がジワジワときいてきちゃったかな…」ウンスは壁に貼った紙を見つめながらポツリと呟いた。続く文化の日なのに文化の香りがしない話を書いちゃったという…実は日曜日、シンイのお仲間三人で食事をしたところ、四方山話に花が咲きまくり、カッコいいヨン(一枝梅のヨンではありません)へと話題が移行。はたしてどこに魅入られたのか…「無口なところ❤︎」「あのキャラがステキ❤︎」「チルサルとの戦闘シーン❤︎」という共通項が見つかっちゃった!☝これだけアップするとわ〜女子会,゜.

.

折り紙 薔薇 種類, ハイエース ルームランプスイッチ 配線加工, 伊丹空港 バス 伊丹駅, カメラバッグ おすすめ プロ, 西鉄バス 福岡空港 時刻表, Nv350 アイドリング 回転数, デザイン カンプ 模写, 品川駅高輪口 バス 目黒駅行き, Onedrive ドキュメントフォルダ 削除,