日産 日産 次期スカイラインV38型へのフルモデルチェンジ最新情報!2021年以降に予想される変更点とは(プロパイロット3、MRA) motor 2020年9月25日 … 現在は13代目となるV37型スカイラインが発売されていますが、現時点では次期型の発売時期は、2021年以降が有力視されています。, 次期スカイラインは、プロパイロット3.0やメルセデスのMRAプラットフォーム等々、注目部分は多い所。, そこで、14代目となるV38型新型スカイラインについて最新情報と予想をご覧ください。, その次期スカイラインは、どのようなフルモデルチェンジを遂げるのか、現時点での最新情報は以下の通りとなります。, 2020年5月に発表された事業構造改革プラン「NISSAN NEXT」では、今後日産はCセグ、Dセグ、電気自動車、スポーツカーの4つのカテゴリーに集中していくと発表されました。, この中で、スカイラインはGT-RやフェアレディZと同じスポーツカーのカテゴリーに入っています。, ここから想定できるのは、今後のスカイラインは現行のような高級セダンというよりもスポーツカーのイメージを前面に出した内容になる可能性を推測できます。, そこで予想できるフルモデルチェンジ後のV38型スカイラインについて次の通りとなります。, 日産は電動化率向上を目指して2023年度までに日本で電動か率60%を目指すなど、今後の新型車の大半はハイブリッドのe-POWERかEVといった電動化モデルになっていく見通し。, 実際に、2020年発売のキックスと新型ノートはガソリンモデルはなくe-POWERモデルのみとなっています。, それゆえ、次期スカイラインにもe-POWERかEVのどちらかが搭載される可能性は高いと推測できます。, なぜならば、次期フーガがターボエンジンを組み合わせたe-POWERを採用する可能性が有力視されているからです。, 実際、新型EVのSUVアリアは、約400馬力、最大トルク600ニュートン、0-100km/h加速のタイムは5.1秒とスポーツカー顔負けの性能を実現しています。, アリアの例を見る限り、次期スカイラインにEVを搭載させれば、GT-Rに次ぐスポーツ性能を実現できる可能性も期待できます。, 実は、すでに日産のEVセダンのコンセプトカーIMsがデトロイトショー2019で公開されています。, デザインとしては、単なるセダンスタイルではなく、今の時代に合ったクロスオーバーのデザインを取り入れている所がポイントとなっています。, このIMsは、電動化とスポーツを両立したコンセプトとなっており、スペックは「115kWhの大容量バッテリーを搭載、パワートレインは360kWの出力と800Nmのトルク」プレミアムスポーツカー並みのコンセプトを誇っています。, さらに、自動運転技術搭載も想定した内容となっており、これまで率先して先進装備を取り入れてきたスカイラインのコンセプトにも合います。, 以上の理由より、このIMsのコンセプトこそ次期スカイラインの可能性があると当サイトは予想しています。, 日産は、日本では2023年度末までに新規のEV2車種を発売する予定であることを明らかにしています。, このことから、次期スカイラインがEV化されるならば、その2023年度末より先、つまり2024年以降の登場の可能性が高いです。, スカイラインの歴史をさかのぼると、今から60年前となる1957年まで戻ることとなります。, トヨタのクラウンは1955年にデビューしているので、まさにスカイラインはクラウンと同年代の日本の伝統的なブランドになります。, スカイラインは、その60年の歴史の中でこれまで13代にわたって販売されてきたわけですが、ここで歴代スカイラインの一部を振り返ってみましょう。, プリンス自動車(発売時は富士精密工業)から欧州車並みの高級スポーツGTセダンとして発売スカイラインの歴史はここから始まりました。, グロリアと差別化のため、小型ファミリーセダンとして発売。G1型直列4気筒OHV1484ccエンジンを搭載し、スカイラインGTこと”スカG”の歴史はこの2代目から始まった。ちなみに丸型テールランプもこのモデルから採用。, 通称「ハコスカ」と呼ばれる3代目スカイライン。プリンスと日産の合併後に初めて新規発売されたモデル。GT-Rはこの3代目から登場。, 通称「ケンメリ」で親しまれる4代目スカイライン。累計販売台数が66万台と大ヒットし、CM効果もあって社会現象となったモデルでもあります。, ターボモデルが初ラインナップしたモデル。5代目スカイラインは、日産の中でセドリック・グロリア、ブルーバードに続く3車種目のターボ車となっています。, R32系の8代目スカイラインは、先代のR31系よりも50kg以上の軽量化に成功し、サスペンションに新開発のマルチリンクを採用するなど、走りと運動性能が飛躍的に向上したスポーツセダンとしてなお歴代の中でも評価の高いモデルです。歴代最高傑作との呼び声も高い存在です。, 海外ではこの11代目からインフィニティG35として発売。これまでの直列6気筒エンジンからV型6気筒直噴ガソリンエンジンへと変化し、初期モデルはスカイライン特有の丸型テールランプデザインが採用されないなど、11代目はスカイライン新時代の幕開けの 転換期と言えるモデル。, 日本仕様でもインフィニティのエンブレムを採用し、ハイブリッド仕様やダイレクトアダプティブステアリング等の最先端機能を売りとしたプレミアムセダンに変貌。今後スカイラインが日本でのインフィニティブランド導入のキーとなる可能性を感じさせられます。, クルマの情報を入力すると概算価格がスグに分かるので今スグ結果を知りたい人にオススメです。, 新型車をお得に安く買いたいという人は、未使用車、展示車、ディーラー試乗車を狙うのがオススメです。, そんな未使用車等の販売情報を探すならば希望の車を探せるこちらの無料サービスを使うのがおすすめです。. 新型スカイラインの納車情報が各ブログで公開されています。 こちらでは新型スカイラインの納車に関するブログのデータをまとめています。 v37 スカイラインがmcデビュー、ファンの間で注目が集まっています。この記事作成中はまだ納車されたクルマはないため、3.5l 日産の2020年新車発売スケジュ... https://motor.xbiz.jp/wp-content/uploads/2020/10/logo-1.png, 日産 次期スカイラインV38型へのフルモデルチェンジ最新情報!予想する発売時期とEVとの関係性. 日本初のターボ付4バルブdohcエンジンを搭載したスカイライン2000ターボrsは、最高出力205馬力(最終型)を発揮しました。2代目スカイラインgt-r(kpg-c110)よりもハイパワーなエンジンを搭載し、"史上最強のスカイライン"とうたわれた「ターボrs」とはどんな車だったのでしょう? トヨタ 2代目ウィッシュの5つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! Ameba新規登録(無料) ログイン. 日産のスカイラインのフルモデルチェンジ最新情報を本記事ではお伝えします。 現在は13代目となるV37型スカイラインが発売 . 日産 日産 次期スカイラインV38型へのフルモデルチェンジ最新情報!2021年以降に予想される変更点とは(プロパイロット3、MRA) motor 2020年9月25日 … その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介, "史上最強のスカイライン"と言われた2000ターボRSが"GT"の名をつけられなかった理由, スカイラインの名を背負った、SUVスカイラインクロスオーバーとはいったいどんな車?燃費・維持費、中古価格は?. 国産車から輸入車までのクルマの新型車情報サイト。最新グレードから 過去モデルまで口コミ、燃費、グレードなどを公開中!, V37 スカイラインがMCデビュー、ファンの間で注目が集まっています。この記事作成中はまだ納車されたクルマはないため、3.5L ハイブリッド(MC前・MC後ともラインナップされているグレード)のブログを集めてご紹介します。. 日産 3代目エルグランドの12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!! やましたのブログ 趣味や仕事など、 日々の出来事についてのblogです。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; スカイライン 400R ! All rights reserved. トヨタ アルファードハイブリッドの9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!! 今後、スカイラインGT-Rの「資産価値」がどんどん上がっていく?, 日産の名エンジン、RB26DETTをレゴで完全再現!そもそもなぜ名エンジンと言われるの?, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】. ©Copyright2020 AUTO MOVE WEB.All Rights Reserved. 芸能人ブログ 人気ブログ. マツダ MAZDA2の14のグレードを徹底比較!おすすめのPROACTIVEグレードはこれだ!! 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, 日産スカイラインを徹底解説!エクステリア、インテリア、荷室(ラゲッジスペース)、プロパイロット2.0...これを見ればスカイラインの全てがわかる!, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. 「日本ではセダンの人気が低い」。そんなフレーズを随分と長く耳にしてきたが、いま日本で売れている乗用車をみると、ハッチバックやミニバン、SUVに軽のスーパーハイトワゴンなど、カジュアルなボディタイプが圧倒的な人気を得ている。対して、セダンは折り目正しい正統派のイメージで、品格を纏う上では、この上なく魅力的に映るポテンシャルを備えていることは間違いない。, 品格のあるセダンなのだが、購入層の平均年齢が高い。それゆえに、オジサンのクルマとして見られがちだ。そんなオジサンに向けたクルマづくりであれば、少ないなりにある程度の販売台数は見込める。だが、それだけでは胸のすく走りとともに、カッコ良くクルマを乗りこなしたいというコダワリ層の気持ちを捉えるのは難しい。, ところが、ここに来て興味をそそられる国産セダンが登場したのだ。そのクルマこそ、今回ご紹介する「日産スカイライン 400R」だ。, 自動車ジャーナリストの藤島知子。レース活動も積極的に行っていて、走行性能にもこだわる数少ない女性ジャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員でもある。2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、スカイラインハイブリッドのプロパイロット2.0も高く評価した。, スカイラインといえば、13代目となる現行型が2014年に登場して、はや5年が経過している。そんなスカイラインが、2019年9月にビッグマイナーチェンジを実施。, マイナーチェンジの大きなトピックは3つ。1つめは、外観の変更。2つめは、ハイブリッド車のみに設定されている「プロパイロット2.0」の初採用。3つめは、ガソリンエンジンが刷新されたことだ。, まずは、1つめのデザインから。2014年にデビューした際、スカイラインがインフィニティバッヂを付けて登場したことに驚かされた。低く構えたフロントグリル、精緻に組み上げられたボディのディテールが全体を美しく仕立ていて、大人のスポーツセダンを思わせる風貌だった。, 多くの最新技術をいち早く採り入れる点では、スカイラインらしかったが、デザインの面では、ハイテクでカッコいいセダンではあるが、どこか冷たい印象を受けた。, ところが、今回ビッグマイナーチェンジされたスカイラインは「日産らしさ」と「スカイラインらしさ」を同時に手にして戻ってきたのだ。フロントフェイスは、Vモーショングリルを中心とした日産車共通イメージの顔に変更。グリル中央には、インフィニティではなく、日産エンブレムが誇らしげに輝いている。低く構えたグリルは、全体を低重心に見せている。インテリな大人のイメージを備えながら、どこかワルなイメージも残されている。, リヤ周りを見てみると、テールランプは丸目4灯が浮かび上がっているではないか。「これぞ、スカイライン!」ともいえる変貌ぶりは、ファンにとっては待ち望んでいたスカイラインの姿といえるだろう。しみじみと眺めていたら、作り手である開発陣の“スカイライン愛”が滲み出ているように思えてきた。, プロパイロット2.0には、フロント3つのカメラを含めカメラが7個、レーダーは5個、音波ソナーは12個も装備。こうしたセンサーが、周囲の車両、白線、道路標識などを検知。3D高精度地図データなども加わり、ハンズオフでの走行が可能となっている。, 2つめのプロパイロットは、高速道路を走行中、全車速で前走車に追従走行。車線の中央付近を維持して走る操舵支援も行う。渋滞時での発進・停止も繰り返すことが可能で、ドライバーの疲労を大幅に軽減してくれる非常に便利な機能だ。, プロパイロット2.0として進化したポイントは、まずはカーナビで目的を地設定。高速道路上に入り、プロパイロットを設定すると、一定の条件を満たした時にドライバーがハンドルから完全に手を離した状態で操舵支援を行う「ハンズオフ」機能が国産車として初めて搭載された。ハンズオフできるからといって、よそ見などをしていいというわけではない。ドライバーは前方を注視して、すぐに自ら運転できる状況にしていなければならない。, これは、現段階ではあくまでも事故の責任はドライバーにあるもので、完全な自動運転ではなく、運転をサポートする機能だからだ。従来のプロパイロットでも十分にドライブのストレスを減らしてくれたが、プロパイロット2.0はさらにその上を行き、ストレスフリーに近い高速移動を提供してくれる。, また、前方の遅いクルマに追いついた場合、クルマ側から車線変更の提案がある。車線変更する場合、ステアリングに手を添えて承認スイッチを押せば、自動でウインカーが点滅し、後方の安全を確認後車線変更を行う。追い抜き完了後は、同様の操作で走行車線に戻ることができるのだ。クルマの動きも非常に安定していて、想像以上に安定感があった。今のところ、このプロパイロット2.0はスカイライン ハイブリッド車のみの装備。順次、多くの車種に展開されていくとのことだ。, こうした優れた技術が高く評価され、スカイラインは2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー イノベーション賞を受賞した。, スカイライン史上最強と呼ばれる400R用VR30DDTT型V6 3.0Lツインターボエンジンは、405ps&475N・mを発揮する。400R用のエンジンには、専用のターボ回転センサーが装着され、より緻密な制御を行う。これにより、ベースエンジンよりプラス100ps以上ものパワーを得た。, そして、個人的に最も注目しているのは、3つめのガソリンエンジン車に搭載されるパワーユニットが刷新されたことだ。スカイラインには、以前はダイムラー製の2.0L直4 ターボが搭載されていた。マイナーチェンジでは、そのエンジンと差し替える形で、新たに3.0L V6ターボエンジン(VR30DDTT)を搭載してきた。V6ターボは2タイプの設定があり、通常モデルは304ps&400Nmの出力を発揮する。, その3.0L V6エンジンをさらに405ps&475Nmまでパワーアップしたエンジンを搭載したモデルが、その名も「400R」だ。, 未来は、環境問題を考慮して電動化することを免れない状況になっていく。そんな中、100%ピュアエンジンの走りを楽しむ上で、これが最後のチャンスなのかもしれない。, また、時代が小気筒数化、小排気量化しているのを横目に、従来の2.0Lターボよりもパワフルなエンジンを搭載してみせたというのも、根底には赤い血が流れるスカイラインらしさなのだろう。400Rは、あえてこうした時代に対するアンチテーゼを唱えてきたのかもしれない。, また、GT-Rが雲の上の存在としてスーパースポーツ化してしまった今、スカイラインにハイスペックな仕様を熱望するファンは少なくなかったハズだ。そんな路頭に迷っていた日産ファンの心を掴むモデルとして、400Rは大注目の存在。まさに、今回のスカイラインが単なるマイチェンの領域を超えて話題となっているのも、このモデルの復活にあるといっても過言ではない。, 実際、初期のスカイラインの販売状況は400Rが約36%も占め、通常のターボモデルを合わせると、全体の約63%がターボモデルだという。スカイラインのマイナーチェンジは、プロパイロット2.0で先進技術を求める日産ファン、400Rはスカイラインに速さを求める日産ファン、それぞれのハートをガッチリと掴んだ。, さて、肝心な400Rの走りだが、今回は高速道路とワインディングで走行する機会を得た。優しく流す段階では、堂々とした振る舞いでゆったりと静かにクルージングしていくことができる。そのあたりは知的な大人のセダンとしての一面が顔を覗かせる。, ところが、アクセルペダルを深く踏み込んでいくと、エンジン回転の高まりとともにターボの過給が始まり、後輪がホイールスピンを起こすギリギリ手前のところまで力強いトラクションを掛けながら車体を前に押し出していこうとするのだ。, 無論、現代のクルマだけに、電子制御で挙動の乱れが起こったとしても、コントロールしてみせるが、いつの間にか平穏無事なクルマが増えたこの時代に、ちょっと背中がヒリヒリするような刺激性を与えるあたりは確信犯ともいえる部分。ジェントルマンが、突然、スポーツマンに変身したようなイメージだ。, この強烈な加速力は、スカイライン史上最強の400馬力超というその数字に相応しいインパクトを受けた。ハイブリッド車の走りは安定性を得てクルージングしていくイメージだが、400Rは軽快さという魅力も感じる。最近、こうした国産セダンがないこともあり、とても新鮮で刺激的な感覚になる。, スカイライン400Rのシートは、ダイヤキルティング/レッドステッチの本革スポーツシートが装着されている。高級車らしい質感と体をしっかりと支えてくれる機能性を両立。, カーブを駆け抜けるシーンでは、車体の挙動変化を感じながら、クルマが求める操作を行い、自らの意思を伝えていく。クルマと心を一つにして走る感覚は、まさにスポーツセダンを操る醍醐味だと思えた。, スカイラインに装備されたユニークな技術であるDAS(ダイレクト・アダプティブ・ステアリング)も、随分洗練された。DASは、ステアリングと前輪が物理的につながっていないバイワイヤ技術。, デビュー時は、ややクセのある感覚だったが、マイナーチェンジ後のモデルでは、かなり洗練されて自然なフィーリングになった。DASのメリットは、わだちなどで、ステアリングが取られるようなこともなく、直進性が強くクルマが安定していること。そして、V6 ターボ車のDASは、専用チューニングが施され、レスポンスの良いハンドリングが楽しめた。, 一般的に、ステアリング操作に対するレスポンスを高めると、直進安定性が悪くなりフラフラする傾向になるのだが、スカイラインはビシっとした優れた直進安定性をもっている。これが、DASの効果でもある。, また、400Rにはインテリジェント ダイナミックサスペンションが標準装備されている。車両挙動データを瞬時に解析して、4輪それぞれの減衰力を最適制御を行うサスペンションだ。, 走りを楽しむときには、フラットな車体姿勢を積極的に確保。少し大きなボディのスカイラインだけど、意外なほどスイスイと右へ左へと自在に向きを変えてくれるので、とても気持ちよい走りが楽しめた。また、ドライブモードセレクターで減衰力特性を自ら選択することもできる。新技術と優れた走りへのあくなき挑戦を続けていたスカイラインのDNAを感じるモデルだった。, 先日、スカイラインの開発者と立ち話をしていたところ、嬉しいことに今回のモデルは400Rの人気も高く、20代や30代の若者も購入している傾向が見られるという。, スカイラインの輝かしいストーリーを人づてに聞いて育った若い世代にも、このクルマの魅力が伝承されていると考えれば、「日本のセダンも、まだまだ捨てたものじゃない」と、何だか嬉しい気持ちになった。, 最大トルク N・m [kgf・m] /rpm 475 [48.4] /1600-5200, 日産車の中でも、常に新しい技術を取り入れてきた「スカイライン」。脈々と受け継がれていくスカイラインのスピリットは何か?, マイナーチェンジでは、ハイブリッド車に高速道路上でハンズオフを可能とした運転支援機能「プロパイロット2.0」を搭載。自動運転時代の幕開けを感じさせる最先端の技術が装備されている。, また、ガソリン車は直4 2.0Lターボから、V6 3.0Lターボに変更。ターボ車には、405psという高出力を誇る400Rを設定。スポーツセダンとしてのキャラクターをより明確にしている。, さらに、評論家を中心としたレポートだけでなく、一般ユーザーのレビューも掲載。プロならではの視点と一般ユーザーの視点を合わせ、良い所、気になる所など、あますこと無くレポートします。, 「プロと一般ユーザーの評価」というクロスレビューで、本当の日産スカイラインの実力をあぶり出します!, 色々な切り口から、日産スカイライン真価とは何か? リアリティあるレポートにご期待ください!. おはようございます . 昨日、我が家に真っ黒のスカイラインがやってきました。ディーラーに行って、説明もそこそこにすぐに乗車。結局最初に乗ったのは僕でした。 腹が減っているだろうと思い、すぐにガソリンスタンドへ。他のお客さんや店員さんの視線を浴びながら、なんと60リットルも一気に飲み込みました。 昨日、我が家に真っ黒のスカイラインがやってきました。ディーラーに行って、説明もそこそこにすぐに乗車。結局最初に乗ったのは僕でした。 腹が減っているだろうと思い、すぐにガソリンスタンドへ。他のお客さんや店員さんの視線を浴びながら、なんと60リットルも一気に飲み込みました。 評論家ブログ [CORISM] – 最新新車情報、新車評価サイト「CORISM(コリズム)」。新車比較評価、新車試乗記や燃費、価格、新車値引き術など新車購入に役立つ情報が満載!マイナーチェンジ車、特別仕様車なども詳細レポート! 「SSCT30周年&第8回35GT-R club全国ミーティング」 [CORISM], 日産スカイライン長期評価レポート Vol.9 日産スカイライン・ハイブリッドで低燃費走行にチャレンジ!「世界最速のハイブリッド」を標榜する車の燃費はどこまでのびる!? [CORISM], 三菱エクリプスクロスPHEV試乗記・評価 超低重心! やっぱり三菱のAWDはおもしろい!!, 日産エルグランド新車情報・購入ガイド 高級ミニバンらしさを追求したマイナーチェンジ, 2020‐2021日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカー決定! 入ったクルマ、入らなかったクルマは?, スバル レヴォーグ プロトタイプ試乗記・評価 大切な人を乗せて、安全に運転が楽しめるスポーツワゴン, トヨタ GRヤリス新車情報・購入ガイド トヨタにとって、非常識だが特別なスポーツカー, プジョーSUV 2008/SUV e-2008新車情報・購入ガイド EVの航続距離は385㎞! BセグSUVの大本命!?, マツダMX-30新車情報・購入ガイド 奇策? カニバリ上等!? スカイライン 400R ! ショックのみ”インパル”に変更、街中の乗り心地は固めなので路面の凹凸に気をつけて運転してます。, 引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/performance_safety/ads.html, ハイブリッドなので高速道路が最適ですが下道はやはり信号機があるので燃費は伸ばせませんね….

.

Office 2台 別アカウント 5, スタンス ミス お手入れ 100 均 5, Pdf 両面 プリント 4, 子犬 先住犬 噛む 10, 截 頭 錐 体 体積 21, Vbs Vbs 引数 6, Fgo シナリオ 評価 8, ライブ 掛け声 バンド 9,