今やハイブリッドカー、ミニバンと並び、人気の軽自動車ですが、2010年に生産を終了したスバルr2には、スバルが考える軽自動車への新しい価値観が詰まっていました。今回は改めてスバルr2の魅力についてユーザーの話も交えながら調べてみたいと思います。 Copyright© HACK Media Solution, Co., Ltd. R-2(アールツー)は、富士重工業(現・SUBARU)がかつて生産・販売していた軽自動車である。, スバル・R-2は、1969年8月15日に富士重工業がスバル・360の後継車種として発売した車である。キャッチコピーは「ハードミニ」。, 1958年に発売されたスバル・360(以後360)は、高い合理性とメカニズムで、当時の通産省の「国民車構想」を具現化した軽自動車として成功した。発売開始後も改良とコストダウンが続けられ、庶民に自動車を身近なものにしたロングセラーとなったが、1967年発売のホンダ・N360(前輪駆動)が高出力・低価格で大ヒットとなった以降、スズキ・フロンテのモデルチェンジやダイハツ・フェローの登場で、次第に商品力を失っていく。その中で発売された本車種は、360の基本メカニズムを踏襲しつつ、それを熟成、発展させたモデルとなっている。, 360より120mm延長されたホイールベースで室内スペースが確保されたことと、トランクスペースの創設、アルミ合金製シリンダーブロック、リードバルブの採用が主な特徴として挙げられる。R-2は発売当初は順調な販売を記録するものの、他社の競合車種も強力であったため、発売後1年余りで販売台数が落ち込んだ。1970年2月に、R-2ライトバン、同年4月にSSおよびスポーティーデラックスのスポーツバージョン、10月にGLの豪華バージョン、1971年2月のマイナーチェンジにより標準エンジンが32馬力にパワーアップ、さらに同年10月のマイナーチェンジでは水冷エンジン搭載モデルおよびスポーツモデルGSS投入と、矢継ぎ早なマイナーチェンジで対応したものの、販売台数の回復には至らず、1972年7月に水冷2ストロークエンジンのみのレックス2ドアセダン・シリーズを発売し、主力車種を移行したことで同年7月に水冷シリーズがカタログ落ちして空冷のみ存続したものの、1973年2月のレックス4ドア発売と同時にR-2はそのまま販売終了となった。, ボディー・デザインは富士重社内によるもので、Aピラー以降のデザインには1960年代初頭から数々試作されていたスバル・360ベースの研究車の影響が見られる。「家族旅行も可能なトランクスペース」の確保が絶対条件であり、一般的にボンネットと呼ばれる場所に210L容量のトランクルームを確保(『360cc軽自動車のすべて』三栄書房71頁参照)。フロントセクションはシンプルなラインで構成され、三角窓を排除したモノコック構造を採用(『360cc軽自動車のすべて』三栄書房 71頁参照)。360より広くなったグラスエリア等と延長されたホイールベースを生かし、360に比べ室内は大幅に拡大、改良されている。スバル・ff-12ドアセダンとほぼ同じ寸法のドアの採用もあり、大人4人が無理なく乗車することが可能となった。, 標準車におけるボディ外寸は、全長×全幅×全高=2,995×1,295×1,345mmと、360の標準車と比較してほぼ据え置きのサイズとなっている。, エンジンは、360の「EK32型」エンジンに、アルミ合金製シリンダーブロック、リードバルブを採用した「EK33型」が搭載されている。, 360の最高出力25PS/5,500rpm、3.5kg-m/4,500rpm[2]から、最大トルク発生回転数が1,000rpm上がったものの、最高出力30PS/6500rpm、3.7kg-m/5500rpm[3]を発生した。1970年4月には、スポーティーモデルの「SS」と「スポーティーデラックス」を追加。「SS」は三国工業製36PHHツインチョーク・キャブレターの装着、専用エキゾーストパイプ、チャンバーの採用により、圧縮比7.5から36PS7,000rpm、3.8kg-m/6,400rpmを発生。「スポーティーデラックス」はパワージェット付キャブレターの採用により32PS/6,500rpm、3.8kg-m/5,500rpmを発生した。なお、1971年2月のマイナーチェンジを機に、標準モデルにもパワージェット付キャブレターが拡大設定された。, トランスミッションは、360の前進3速+後退1速、2,3速のみシンクロメッシュから、フルシンクロメッシュの前進4速+後退1速へと改良され、360後期から採用された「オートクラッチ」も引き続き用意された。360の副変速機構「オーバートップ」はトランスミッションの4速化を機に廃止された。, 1971年10月、「EK34型」水冷エンジン搭載の「L」シリーズが追加された。グレード名にも用いられる「L」は「Liquid Cooling」と「Luxury」の頭文字である。ウォータージャケットを装備した新設計のシリンダーブロックを採用。水冷エンジン搭載車はフロントグリル右側にラジエター冷却用のエアインテークが新設され、引き続き設定された空冷エンジン搭載車との外観上の識別点になっている。最高出力・最大トルクは32PS/6,000rpm、4.1kg-m/5,000rpmと、最高出力・最大トルク発生回転数が500rpm引き下げられ、扱いやすくなっている。同時にエンジンの近代化も図られ、温水予熱キャブレター、さらに空冷でのセルダイナモからオルタネーター+スターターモーターに変化した。また、水冷化に伴って温水ヒーターを装備することになり、空冷モデルよりも暖房・換気性能が向上している。, グレードはスーパーLとカスタムLの2種類で展開され、スーパーLは空冷スーパーデラックスに、カスタムLは空冷GLに相当する装備品を採用していた。特筆すべきは、カスタムLのみにドライブシャフトに等速ジョイントを用いていた点で、後輪駆動車で等速ジョイントを採用した例はR-2が初めてであった。, 「自信の水冷」のキャッチフレーズで販売を開始した水冷シリーズではあったが、元々水冷化を想定していないR-2に水冷エンジンを搭載したため、冷却配管を室内に通すことができず、苦肉の策としてサイドシル下(車外)に通したことで、配管の腐食や損傷のトラブルが多発した。このため、販売開始から販売終了まで僅か9か月間という販売期間の短さとあいまって残存台数は極めて少ない。なお、後継モデルであるレックスでは、水冷エンジン搭載を前提にした設計がされていたため、冷却配管は室内に通されていた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スバル・R-2&oldid=78488136, この項目では、富士重工業が1969年から1972年まで生産していた軽自動車について説明しています。同社が2003年から2010年まで生産していた軽自動車の, 1971年2月8日 - New スバルR-2シリーズ発売。ダミーグリルを装着。ツインバレルキャブ装着エンジン搭載のスポーティモデル R-2SS はカタログ落ち。, 10月7日 - マイナーチェンジ。「ゼブラマスク」と呼ばれるフロントグリルを採用。併せて、内外装に大幅な変更を行う。水冷エンジン搭載「L」シリーズ発売とともに、空冷のツインバレルキャブ装着スポーツモデルを GSS として再設定。, 7月15日 - 事実上の後継車種となるレックスの発売に伴い、水冷「L」シリーズは販売終了となり、空冷シリーズのみに整理される。, 1973年2月 - レックスに4ドアセダンが追加されたのに伴い継続販売されていた空冷シリーズが販売終了、R-2は名実ともにブランド終了となった。生産台数は28万9555台. 【DIY】 ボロボロのスバルR2をレストアしてみよう Episode 6 TatChannel DIY and Review. また、久しぶりに自分のスバル360の事について書こうと思います。前回、真の試練の始まりはボディレストアが終わってからだったと締めましたが、納車当日、当時筆者の職場はガレージプレアデスの近所 … 今やハイブリッドカー、ミニバンと並び、人気の軽自動車ですが、2010年に生産を終了したスバルr2には、スバルが考える軽自動車への新しい価値観が詰まっていました。今回は改めてスバルr2の魅力についてユーザーの話も交えながら調べてみたいと思います。, スバルr2は、スバルが1969年から1972年、2003年から2010年までの間に生産販売した軽乗用車です。, スバルr2の初代は、それまでのスバル360の後継車種として発売された車でした。スバル360よりホイールベースを120mm延長することで、室内のスペースを拡大、トランクルームも新設、エンジンには、アルミ合金製シリンダーブロック、リードバルブを採用採用し、発売当初は順調な販売を記録しました。, しかし、発売後1年余りで販売台数が落ち込んだ為、様々なバージョンやマイナーチェンジを繰り返したものの、なかなかその販売台数を回復できず、1972年に生産を終了しました。, 初代の生産終了から、約31年後の2003年から2代目のr2が生産販売されました。名前は引き継いでいるものの、そのレイアウトやコンセプトは一新されました。, それでは早速、スバルr2を性能・デザイン・価格など、レビューも交えながら、様々な面から見ていきましょう!, ここからは、2003年から2010年まで生産販売された2代目スバルr2について見ていきたいと思います。, 2代目スバルr2は、軽自動車では珍しい全車4気筒エンジンを採用し、グレードにより使用の異なる3種類のエンジンが搭載されていました。, 【最高出力】 46ps/6000rpm【最大トルク】 5.9kg・m/5200rpm【燃費】22.0km/L(5MT)    22.5km/L(CVT), 【最高出力】 54ps/6400rpm【最大トルク】 6.4kg・m/4400rpm【燃費】22.5km/L(5MT)    24.0km/L(CVT), 【最高出力】 64ps/6000rpm【最大トルク】 10.5kg・m/3200rpm【燃費】18.8km/L(CVT), これらのエンジンに組み合わせられるのは、ダイレクトでキビキビとした走り味と、なめらかな変速感を実現するi-CVTと5MT(スーパーチャージャー付車は設定なし)また、スーパーチャージャーエンジン搭載車には、マニュアルモードを備えた7速スポーツシフト機能を装備したCVTでより走行性能を高めていました。, サスペンションには、4輪独立懸架式を採用し、剛性の高い安心感としなやかな走りを実現していました。, 『流石4気筒、アイドリングの振動は極少、吹け上がりも軽快で充分です。乗り心地も軽にしてはシットリ感も有りますし上々です。燃費は、一般道主体で約15キロくらい、バイパス、高速主体で20キロくらいです。』, 『4気筒DOHCエンジンは、アイドリングは静かで、NAでも良く回り、加速性能も十分満足レベル。走行性能も機敏かつ挙動は安定しており、振り回して乗っても楽しい。車体の小さい事自体が大きな武器、どんな路地でも入って行ける安心感がある。街乗り18km、田舎道20km超えの実燃費は嬉しい。』, 軽自動車にしては珍しい4気筒エンジンと4輪独立のサスペンションの足廻り、そして実燃費の良さにユーザーは高い評価をしているようです。, r2の魅力は、なんといってもこのエクステリアデザインでしょう!発表から13年、販売終了から6年が経過しようとしていますが、未だに古さを感じません。発売当時、軽トールワゴンの中で、あえて居住性よりもデザイン性を重視していた1台でした。, ドアミラーもr2専用品としてデザインされたもので、丸みを帯びたボディ同様、曲線でデザインされています。, スバルr2のインテリアは、インパネシフトをはじめ、各スイッチ類にも手が届きやすく、小物を種類別に整理できる豊富な収納スペースも豊富にあるのが魅力的ですよね。, 『後期型でフロントがやや大人しくなったが、こちらの方が好み。個性あるスタイルは健在で長年乗ってもますます愛着が持てるデザイン。インテリアはまとまりはあるが、チープなデザイン。チープさを良しとするならお勧め。』, 『フロントマスクの個性は、おとなし目に変わったが、広さを求めた今の軽とは異なり、見た目の小ささもデザインも個性は健在で好感を持てる。インテリアは 如何にも軽って感じで、プラスチッキーだか視点を変えれば、軽らしさが好き!まとまり感もあり、ある意味おしゃれともとれる。見た目より室内も以外に広く、4ドアは使いかっても良い。』, 『R2は独立懸架サスが奢られており衝撃吸収に優れる、軽自動車で現在この形式を採用する車はなく、コストを度外視し、走りにこだわった結果だと素直に評価したい。私感としてホンダのWウィッシュボーンと似た乗り心地。』, スバルr2のユーザーは、やはりそのデザインを高評価している方が多いようですね。また乗り心地についてはしっかりしている足廻りに高評価がつけられている反面、硬さ、突き上げを感じるユーザーも少なからずいるようです。インテリアでは、ベージュ系のシートにシミがつきやすいとの意見もありました。, スバルr2は、基本的に国内専用車として販売されていましたが、一時期、香港とマカオへも輸出されていました。, スバルr2の価格は以下の通りです。F 2WD(5MT)770,000円〜S AWD(CVT)1,530,000円, スバルr2は2013年3月、スバルの軽自動車部門撤退の決定を受け、生産を終了しました。, さていかがでしたか?今回はスバルr2の性能面を含め、様々な角度から見てきました。スバルr2は、当時の軽自動車の中でも、個性的で美しいデザインと合理的なパッケージング、そして優れた燃費性能と衝突安全性能、さらに稀有な4気筒エンジンを搭載したモデルで、新しいミニカーの価値を追求したスバルらしい1台でした。, これをきっかけに、改めてスバルが生産していた軽自動車ついて見直してみるのもいいですね。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。.

.

既読スルー いつまで待つ 彼女 15, ドラム式洗濯機 毛布 容量 8, ジムニー キャリパー 流用 5, Wordpress 管理画面 Db 7, 障害者手帳 5級 デメリット 6, リビング ダウンライト 失敗 4, Maya マテリアル 割り当て できない 4, 都立高校 野球 ランキング 11, グラインダー 火花 温度 27, セレナ エアコン 弱い 5,