また万一日本到着荷に不良品や破損等があった場合も弊社では一切の責任は負えません事をご了承下さい。 大手の使う商品戦略の考え方 メールアドレスを登録して無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る! 1.お客様ご自身で「LAZADA」でご購入頂きます。, 2.ご購入手続きの際、納品先の住所の記入が必要になりますので、バンコク市内の弊社契約会社の住所をお知らせ致します。, 3.バンコク事務所に商品が届き次第、パッキングし日本国内への送料をお知らせさせて頂きます。, ※只今新型コロナウィルスの関係で航空便が大幅に減っており、日々送料に変動があります。, 【手数料】 バンコクではMRTやBTSの路線が少しずつ延長されたり新設されたりしてきていますが、まだまだ都内全域をカバーするには程遠く、また私のように郊外に住んでいると、暑い中時刻表がなくていつ来るかわからないバスを待ったり、客席が埋まらないと出発しないロットゥー(乗り合いミニバス)を使うなど不便の極みです。, また、子供が幼い頃は、運転が荒いタクシー、凍え死にするくらい寒く満員でも爆走するバス、時速100㎞以上のスピードを出しているのにもかかわらず前の車に磁石のようにピタッとくっつきながら走るロットゥーなどに乗ると、, 「バンコクの○○通りで多重事故、邦人が巻き込まれ○○名が重体、日本大使館が身元確認を急いでいます。」, なんていうニュースの映像が脳裏に浮かんできて、世界のあらゆる神々に無事に帰宅できるよう祈ったものです。, 外国人のみならず、タイ人も少し経済的に余裕ができると車を買うのは、そういった理由からです。, 私も子供が小学校に上がったタイミングで車を購入しましたが、車を所有するということは確実に生活の質に大きな違いをもたらしてくれます。, 今回はタイで新車を購入する際に知っておきたい事柄をまとめてみましたので、今後タイで車を買って運転する予定の方にはぜひ読んでいただければと思います。, 毎日運転しているとある程度トレンドが把握できるのですが、タイで人気な車には2通りがあります。, ピックアップトラックが人気なのは農産物だけでなく人を運ぶのにも(荷台によく人が乗ってますね)便利だからです。, また、日本車がタイの自動車市場を独占しているのは、タイ国内に生産拠点を持っており、低コストで効率的に生産し、輸入車と比べると物品税も安いからです。, これらの自動車メーカーは、ほとんどの部品を現地調達しているので、故障したときもタイ各地にこれらの車を修理するための修理工場があり、部品をすぐ取り寄せてもらえますし、個人営業の整備工場でもトヨタやホンダの車に精通している整備士は多いです。, このほかに現地生産を行っている自動車メーカーは、いすゞ、三菱、マツダ、日産、スズキ、フォード、シボレー、そしてMGで、他のメーカーと比べると低価格です。, BMWとメルセデスは、組み立てはタイで行っていますが部品は輸入しているため、ヨーロッパでの価格より割高です。, ちなみに、海外で生産された自動車や車をタイに輸入する場合は300%の関税がかかります。, 購入して数年後に売りに出すことを予定している人は、以上のことを参考にしてみてください。, 新しい車を買うときに、ディーラーとの交渉次第でオプションをいくつか付けることができます。, ここタイではほとんどのディーラーがメーカーの希望小売値段で販売しているようですが、最低でも新車購入特典として最初の年の自動車保険料をタダにしてもらうことと、ウィンドーにカーフィルム(スモーク)を無料で貼ってもらうことができると思います。, 新車を購入するということは、自分がその車の最初の所有者なので基本的に安心して運転することができますし(リコールなどが起こる可能性もないことはないですが)、最低○年間、走行距離○㎞までという保証があります。, 燃費もいいこと、自分でカスタマイズやオプションが選べること、7年まで車検が免除ということなどもメリットとして挙げられると思います。, 新車を購入するのは、ディーラー(各メーカーの特約小売業者)になりまして、ここでは販売からメンテナンスまでを担当してくれますし、正規取引店のためアフターサービスも万全です。, 私もディーラーに半年ごとの点検に車を持ち込んでいますが、マネージャーは流暢な英語を話すので、スタッフとのタイ語でのやり取りでわからないことがあれば質問できますし、日本式にモットーやチェックリストが掲げられており、メーカーからのチェックもあるようで、ショールーム、工場、従業員もしっかり管理されているという印象を受けます。, お近くのショールームへ足を運ぶか、特に希望のメーカーや車種がない場合は、バンコク郊外で毎年ソンクラーン(タイ正月)前に行われる大規模なバンコク国際モーターショーや、デパートで時々見かける展示会で試乗体験してみるのもいいと思います。, ショールームでも試乗展示会でもそうでしたが、販売員は顧客の外観に応じて接客態度が違うような気がします。, 私がラフなTシャツと短パンで店内に行ったときはぜんぜん気にかけてもらえませんでしたが、仕事帰りに襟のシャツを着て行ったときはセールスマンがササっと私のところに来てくれました。, やはり販売員も人間なので、ちょっとこちらの印象がいいといろいろと相談に乗ってくれ、いざ購入となったときもアフターケアをちゃんとやってもらえるのではないでしょうか。, 他の注意点ですが、ディーラーから新しい車を購入すると、一定期間(通常は1年)の修理とサービスの対象となります。, この期間中に別の整備工場で修理やメンテナンスをした場合、それ以降は無料点検保証が無効になってしまいますのでご注意ください。, 新車を買うときには、ディーラーがすべての書類を揃えて手続きを代行してくれますので楽チンです。, を持参し、5,000〜10,000バーツほどの手付金を支払うことによって車を予約します。, 手付金を払って領収書を受け取り、新車のモデル、色、納期、ディーラーとの話し合いで決めたすべての割引、オプションなど、あなたの新車に関するすべてをここでもう一度確認してください。, 実際に車に乗り、すべてのアクセサリー等が装備されていること、製造日、検査日、その他の詳細について保証内容を確認してください。, 納車日には、自動車強制保険、任意保険、マニュアル、仮の車両登録証(赤い冊子)、車両税納入済みステッカーを含むすべての書類を受け取る必要があります。, 新車には、最初はป้ายแดง(パイデーン)という赤いナンバープレートがついています。, などルールがあるのですが有名無実化しており、これをしなかったからといって処罰を受けたという人をいまだに知りません。, 正規の白いナンバープレートは、私の場合はディーラーから郵送で届き(購入から1ヶ月以上待ちました)、自分で付け替え、赤いのをディーラに返送しました。, タイの乗用車のナンバープレートは現在、「5กร 3852」というように数字一桁、タイ文字が2つ、そして数字4桁となっていますが、右の4桁は空きがあれば希望する数字をリクエストすることができます。, これもディーラに手配してもらうことができるのですが、時間がかかるので車の購入予約をするときに忘れずに伝えるといいでしょう。, 車を購入するということはまとまったお金を用意するということなので、ローンを組むことを考える人もいるかと思います。, タイに滞在している年数や、タイ人の配偶者の有無、預金残高、勤務年数などによりますし、保証人が必要になったりする場合もありますが、外国人でもローンを組むことが可能です。, 頭金は最低購入額の約20%が必要になり、タイ滞在年数が少ない場合、または預金残高が少ない場合はこれ以上の頭金を求められることもあります。, 例えば私のメインバンクであるサイアム商業銀行(SCB)の場合、購入する車が新車でも中古車でもローンを利用することができます。, 新車は購入額の95%まで、中古車は90%まで、最長84ヵ月、資産を融資の担保にする必要もなく、支払い中に車を第3者の名義に変更することもできます。, 一方で、ディーラーを通してローンを組む方時は、ディーラーと提携しているローン会社から融資を受けることになり、外国人にとっては車の購入とローンの手続きを同じところで行えるため、こちらの方が便利かも知れません。, ただし、大手自動車メーカーのディーラーでしたら大丈夫ですが、個人経営の販売店でしたらローンの取り扱いを認可されているか確認すべきです。, 日本に帰国する、車が必要になくなったなどの理由で、何年か乗った後に車を売る必要が出てくるかも知れません。, もし友人、知人、同僚であなたが乗っていた車を買ってもいいという人がいたら、それが早く簡単に済む方法です。, 仕事場で口コミで、またはフェースブックなどSNSで広めてもいいですが、このやり方だとやり取りを終えるまでに時間がかかるので、もしタイを離れる日が決まっている場合はかなりのストレスです。, 車を売るには所有者の名義を変更する必要があり、書類をそろえるのは難しくありませんが陸運局に赴いて手続きをする必要があります。, タイ人の中には車を買ってくれた人に手続きを一任してしまう人もいますが、パスポートや住所登録証(ทะเบียนบ้าน タビアンバーン)のコピーなど、個人情報満載の書類を他人に渡さないといけないこと、買い手がこの名義変更手続きを怠り車がずっとあなたの名義のままだと、もし買い手が事故を起こしてもあなたの責任になったり、またその車が犯罪に使われる恐れもあるので注意が必要です。, もし車の買い替えを検討していて、同じメーカーの車を購入するつもりであれば、購入したディーラーに下取りしてもらうことがベストです。, 急な完全帰国など、すぐに車を売って現金に換えたいのなら、テントと呼ばれる中古車販売店に車を持ち込むのが一番です。, ベストな値段ではないかもしれませんが、どの方法よりも早く手続きを終わらせることができます。, 最後に、私が指摘するまでもなく、タイは日本に比べると運転が荒く事故も多いので、保険を万全にして、くれぐれも安全運転で、タイでのカーライフを楽しんでください。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 【タイで節約生活】バンコク郊外、家賃がひと月5,000バーツのアパートの様子を公開します, クラビのアイランドホッピング初心者は【4 Islands(4島めぐり)】がおすすめ!, 【Baan Somtum バーンソムタム】29種類の個性豊かなソムタムを味わえる店, 最新カフェ【NANA Hunter Coffee Roasters】が新たなコーヒーブームを呼びおこす, タイの大学に現地採用講師として着任し、この国の歴史、文化、食事と人々に魅了され続けている教員ブロガー。 ※場合によっては、お客様にサンプルの提供をしていただく場合もございます。, タイの卸市場の店舗に商品がある場合、即日買い付け&発送いたします。 先日、タイで新車を購入することをお考えの方向けに記事を書いてみました。 しかし、どのくらいタイに滞在するか未定、または新車を買うほど金銭的... ここ何週間か、車がなくて不便な生活を強いられているのですが、5年ぶりにバスや乗り合いバン(ミニバス)、タクシーなどを使ってみるといろいろと普... 乾季も終わりに近づき、バンコクでは少しずつ気温の上昇が感じられますね。 今日は、アソークにあるシーナカリンウィロート大学(通称プラサーンミ... タイでもっとも人気のあるフルーツのひとつで、そのプルプルの食感と濃厚な甘みが世界各国からの旅行者を虜にしてしまう、マンゴー! 日本へのおみや... 走行性能ならAltis(アルティス)かVios(ヴィオス)、燃費ならYaris(ヤリス)ですよ!, 最初の年の自動車保険料をタダにしてもらうことと、ウィンドーにカーフィルム(スモーク)を無料で貼ってもらうことができる, ローンは外国人でも組むことができ、融資は銀行からもディーラーと提携しているローン会社からも受けることができる, 車を売るときは、買い替えで下取りに出すのが一番高く買い取ってもらえるが、個人で売ったり中古車販売店に買い取ってもらう方法もある. なおバンコク郊外や遠方の工場に出向きサンプル作成する場合は別途手数料がかかります。ご相談ください。, ◯当買い付け代行サービスをご利用にあたり、弊社提携カーゴをご利用して頂きます。商品を発送するにあたり、, カーゴ会社任せの曖昧なインボイス、雑な梱包を避ける為必ず弊社がチェックし、安心確実に発送致します。 アメリカから車を個人輸入する場合にどのような費用がかかるのかというと、大きく分けると次の4種類です。 ・車そのものにかかる費用 ・輸送費用 ・消費税や通関印紙代 ・輸入代行業者などへ支払う手数料. ※仕入れ金額が20,000バーツに満たない場合は、最低手数料の1,000バーツを頂きます。, ※お客様が仕入れた商品に関しまして、法的に輸入が出来ない商品に関しましては破棄させて頂くことがあります。 100%全数検査サービスを行っております。ですが、本サービスは品質を保証するものではなく、あくまでも一般的な検品(数量チェックと外観検査)になります。 ・ご依頼1件につき1,000バーツ~となっております。案件によりお見積もを作成させて頂きますのでお問い合わせくださいませ。, 【手数料】 タイに自動車を輸入する際は3つのタイプ(乗用車・オフロード車・ピックアップ車)ごとに4種類の税金がかかります。 また、乗用車でも排気量によって更に3つに分類(2,400cc未満・2,400〜3,000cc・3,000cc以上または220馬力以上)されそれぞれに税率が変わってきます。 Copyright ©  中国輸入・物販コンサルティング・集客コンサルティング・中国ガイド・中国買付代行|コチャー株式会社 All rights reserved. 現在は日本からでも海外のecサイトを容易に利用できるため、個人輸入がしやすくなっています。 今回は、個人輸入の特徴と、仕入れ先となるおすすめのサイトを紹介します。 個人輸入の特徴 個人輸入には他のビジネスにはない特 本当の成長戦略詳しく知りたい人は下記から 逆輸入車を調べ始めたら、いろいろなバイクが出てきた。 125ccクラスも国内とは比べものにならない程ラインナップが豊富だ。そんな中、日本での情報量が多く、検索して直ちにヒットしたのが、このタイ・ホンダの "CBR125"だった。 マーケティングを手放したとき真の成長戦略が始まる。 新車、中古車、中古車情報、中古車検索、中古車販売の事なら中古車ディーラーの株式会社フレックス・ドリーム、ランドクルーザー、ハイエースを中心に取扱、パーツ販売や中古車探しはお任せ!株式会社フレックス・ドリーム 並行輸入車の専門店展開!

.

Net Framework バージョン 確認 アプリケーション 8, 約束のネバーランド 夢小説 ランキング 6, 入力信号がありません テレビ Hdmi 5, Switch スマホ 画面共有 16, うつ病 婚 活 4, 転職 辞めたい 半年 5, Ue4 Umg マスク 10, 自作pc Ryzen7 3700x 31, トゥモローランド メンズ 年齢層 8,