横浜f・マリノス プライマリー追浜 Jリーグ横浜F・マリノスをトップチームに持つ小学生年代のチームです。 将来、日本を代表し世界で活躍できる選手を目標に日々トレーニングに励んでいます。 2011、 長男と次男は、昨日マリノススクールがあった。そこで、長男がもらってきた資料は、マリノススクール生の1次セレクション(11月13日)に関するもの。これは、あくま… 2007、 シーズン終了後に、天野貴史(千葉へ期限付き移籍)、田代真一(千葉へ移籍)、比嘉祐介(京都へ期限付き移籍)、金井貢史(期限付き移籍先の鳥栖へ完全移籍)、鳥取へ期限付き移籍中の武田英二郎(福岡へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍した。 2014、 2005、 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. チーム情報|お知らせ|スケジュール|試合速報|試合結果|ギャラリー|連絡網|メンバー一覧|プロフィール. 2011、 2009、 アンバサダーの波戸康広さんも皆様と一緒にツアーに参加して、この旅を盛り上げます。是非、このツアーに参加して現地で戦う選手に熱い声援を送って頂き、アジアの頂点を目指して、F・マリノスファミリーが一丸となって、共に戦いましょう!, 11月23日(月)、11月26日(木)、11月29日(日)、12月2日(水) ※当オンラインツアーには試合観戦が含まれません。, 通信環境が安定している場所よりご参加お願いいたします。また当日は、Zoomを利用いたしますので、Zoomアプリをお持ちでない方は、事前にダウンロードをお願いいたします。, ◆ANAセールス株式会社 広報・ブランド推進室 東京都中央区日本橋2-14-1 フロントプレイス日本橋2F マスコットキャラクター「マリノスケ」は大半のイベントに登場してくる。, ホームタウン活動の一環として、関東学院大学、横浜国立大学、神奈川大学の3大学および日本工学院専門学校と提携し、サッカーチームのコーチ派遣や、地域コミュニティー活動、人材育成などの連携を実施している。関東社会人サッカーリーグ所属の日本工学院サッカー部のトップチームは横浜F・マリノスとチーム名を共有しており、「日本工学院F・マリノス」と呼称している。, 応援の必須アイテムの一つとして、トリコロールの傘、通称「トリパラ」があり、試合に勝つとトリパラをコーヒールンバをベースにした応援に合わせて回す(コーヒールンバを基調にした応援はボカ・ジュニアーズ、ヴァンフォーレ甲府なども行っている)。 2012、 是非、このツアーに参加して現地で戦う選手に熱い声援を送って頂き、アジアの頂点を目指して、f・マリノスファミリーが一丸となって、共に戦いましょう! 商品名称. 2009、 2016, 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | 横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜) | S.C.相模原, 日体大 FIELDS 横浜 | ニッパツ横浜FCシーガルズ | ノジマステラ神奈川相模原 | 大和シルフィード | 横浜FCシーガルズ, 神奈川県教員SC | TEL 050-3815-5051〈受付時間 09:00〜18:00/土日祝日除く〉. 2007、 品川CC横浜 | 厚木マーカス | 日本工学院F・マリノス | 横浜GSFCコブラ | かながわクラブ | イトゥアーノFC横浜 | Y.S.C.C.セカンド | Develoop YAMATO FC, 桐蔭横浜大学FC | 横浜猛蹴フットボールクラブ | 東邦チタニウム | エスペランサSC, 「Jクラブは、直接たると間接たるとを問わず、他のJクラブまたは当該他のJクラブの重大な影響下にある法人の経営を支配しうるだけの株式(, 横浜マリノスと名前が変わってからは初優勝。しかもJリーグ発足以来では8チーム目の国内3大タイトル(J/J1・ナビスコ杯・天皇杯)全獲得となった。, 当初は3の予定が2回戦不戦勝のため。また準決勝は日程が過密になりスケジュール調整ができなかったため出場辞退, http://www.jleague.jp/release/article-00000509/, https://www.jleague.jp/release/post-48752/, https://newsroom.nissan-global.com/releases/140717-02-j, http://マンチェスターシティ.jp/News/Club-news/2015/March/City-Football-Japan-3001, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detail5021.html, https://web.archive.org/web/20080115122957/http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiijan0801157, “【第94回天皇杯 3回戦 横浜FM vs 北九州】レポート:ディフェンディングチャンピオンが3回戦で散る。北九州は“普段仕様”のスタイルで金星奪取!”, http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00177443.html, http://www.footballchannel.jp/2014/08/21/post47981/, http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/08/24/0007267100.shtml, http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-08-29/180000/172124, http://www.f-marinos.com/news/detail/2016-11-11/144500/145948, http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-01-08/150000/121642, http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-04-27/170000/170745, http://www.f-marinos.com/match/data/2017-05-31, “フレンドリーマッチ 「横浜F・マリノスvsマンチェスター・シティ」開催のお知らせ”, https://www.f-marinos.com/news/category=0_id=5741, https://www.f-marinos.com/match/match-data20190727, https://www.f-marinos.com/news/category=6_id=7328, https://corp.moneyforward.com/news/release/corp/20201020-mfpress/, “日産自動車、横浜マリノス 「みなとみらい21地区」61街区に横浜マリノス株式会社の本社移転を発表”, http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2004/_STORY/041129-01.html, http://www.f-marinos.com/news/detail/2015-05-21/100000/195538, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26149000V20C18A1L82000/, http://www.f-marinos.com/news/detail/2018-01-25/100000/080206, https://www.f-marinos.com/news/category=4_id=6124, https://www.sankei.com/region/news/190606/rgn1906060004-n1.html, 横浜F消滅で人生を狂わされた男。天皇杯優勝を喜びきれなかったJrユース指導者【フリューゲルスの悲劇:20年目の真実】, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=横浜F・マリノス&oldid=80417098, (Jリーグ杯)日産SはプライムS(決勝T)のみ、ニッパツはプレーオフ1、プライムS1をそれぞれ含む。, 左胸のエンブレム上の星4つ(★)は、1995年・2003年・2004年・2019年のJ1リーグ優勝を表す, 2001年は3rdユニフォームを制作(配色は黒)したが、2002年までで3rdユニフォームの採用を取り止めた。, 2002年は上衣が青と紺のツートンのユニフォームを採用した(上:青/紺、下:白、靴下:赤) これは, 2003年は上下靴下全て紺、副は上:白/シルバー、下:黒(チェンジショーツはシルバー)、靴下:シルバー。, 新設または大幅改修後のスタジアムのこけら落とし試合をアウェイチームとして迎えた試合は以下の通り。, 1シーズン制に移行した2005年以降、J1へ初昇格したクラブとのリーグ戦初対戦において5クラブ連続で敗れていたが, Shunsuke Park校 (※使用する施設が「Shunsuke Park FUTSAL COURT」である為), 1988年 - ジュニアユース追浜立ち上げ。ジュニアユース、日本クラブユース選手権3位, 1989年 - プライマリー追浜立ち上げ。プライマリー、神奈川県少年サッカー選手権優勝, 1992年 - 横浜マリノスサッカースクール、横浜マリノス追浜サッカースクールへ名称変更, 1999年 - 横浜F・マリノスサッカースクールへ名称変更。横浜F・マリノス菅田サッカースクール開校, 2007年 - マリノスタウンオープン。新子安校、みなとみらい校へ移転。港北校開校, 横浜F・マリノス オフィシャルTV TRICOLORE PARADISE -トリパラ-, Jリーグ発足時、同じ横浜市をホームタウンとしていた横浜マリノスと横浜フリューゲルスが同じ日にホームゲームを組むことがあった。しかし、Jリーグではスタジアムの芝生保護や観客入れ替えなどの観点上、, マリノスクイーンと呼ばれる広報や試合運営補助を仕事とする女性がいる。なお、マリノスクイーンは神奈川県在住・通勤・通学者から選ばれている。, 日産スタジアムで行われるホーム試合開催日ではトリコロールランドで行われるステージにおいて横浜出身のバンド「. 日産追浜総合グラウンドa 9:20 川崎フロンターレ – 藤沢fc 10:10 バディーsc中和田 – fc小坂 11:00 sch.fc – fcアルファジュニア 11:50 相模台少年sc – 横浜f・マリノス追浜 綾瀬スポーツ公園多目的広場 9:20 sfat isehara – 緑野fc 10:10 川中島sc – pstc lodrina 更に、中村俊輔がMVPを史上最年長で受賞した。, 樋口体制3年目。新潟から三門雄大、大宮から下平匠、名古屋から藤本淳吾、清水から伊藤翔、川崎から矢島卓郎を獲得。愛媛FCへ期限付き移籍していた松本翔が復帰。, FUJI XEROX SUPER CUPでは2013年シーズンの公式戦は3戦全勝していた広島に0-2で敗れ、初優勝を逃す。, 9年ぶりに出場したAFCチャンピオンズリーグ2014では、第5節まで全チーム勝ち点7にひしめく大混戦、最終節で前年王者の広州恒大に敗れ、決勝トーナメント進出を逃す。, リーグ戦、マルキーニョス退団の穴を埋められず得点力不足に陥り、W杯中断中まで12と低迷。得点力不足打破のため、群馬・G大阪にも在籍したラフィーニャをKリーグ・蔚山現代FCから完全移籍で獲得。, 天皇杯3回戦では、J2北九州に延長戦を含めシュート30本を浴びせ(北九州は9本)圧倒しながら、延長後半アディショナルタイムに渡大生に逆転ゴールを許し2-3で敗退[19]、また4月から、天皇杯優勝マークをつけた2014年度版の特別ユニフォームをサポーター向けに販売していたが、生産上の理由から発送は9月上旬となっており、サポーターが着用する機会がないまま大会を終えることとなった[20]。, 8月23日に三ツ沢で行われた神奈川ダービー、川崎戦では、横浜FMゴール裏で観戦していたサポーターが川崎の選手の前でバナナを振り回す差別的行為を行う事件が起きた。クラブ側は当該サポーターに対し、無期限入場禁止処分を下し[21]、Jリーグからはけん責及び制裁金500万円の処分が下された[22]。最終順位7位。, シーズン終了後、樋口が退任。小椋祥平(G大阪)、藤田祥史、鳥取へ期限付き移籍中の武田英二郎(湘南)、六反勇治(仙台)、松本怜(期限付き移籍先の大分に完全移籍)、松本翔(山口へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍。, 期限付き移籍していた熊谷アンドリュー、比嘉祐介、天野貴史が復帰、田口潤人がユースから昇格、中島賢星、仲川輝人、サンパウロFCからアデミウソンが期限付き移籍で新加入。, 4月4日に日立柏サッカー場で、J1 1stステージ第4節が行われ、柏レイソルと対戦し勝利を収めた、柏と対戦し勝利したのは2008年10月25日以来約6年半振り。, 5月27日にヤマザキナビスコカップグループB第6節がニッパツ三ツ沢球技場で行われた。結果は川崎フロンターレに1-2で敗戦、決勝トーナメント進出を逃した。シーズンも7位で終えることになった。, シーズン終了後、端戸仁、奈良輪雄太(湘南)、比嘉祐介(千葉)、天野貴史(長野)、シーズン途中に新潟へ期限付き移籍していた佐藤優平(山形)、藤本淳吾(G大阪)、鈴木椋大(東京Vへ期限付き移籍)、熊谷アンドリュー(金沢へ期限付き移籍)、アデミウソン(期限付き移籍期間満了→G大阪)がそれぞれ移籍した。, モンバエルツ体制2年目。東京Vから前田直輝、千葉から金井貢史、Y.S.C.C.横浜から高橋拓也が新加入。開幕後、ラフィーニャの登録を抹消し、代わりにブラジル・フラメンゴからカイケ、ルーマニア・FCボトシャニからキュラソー島代表のマルティノスが加入。, ヤマザキナビスコカップから名称が変わったルヴァンカップではBグループ1位で準々決勝進出を果たすと準々決勝では大宮アルディージャと対戦、アウェイ1-2、ホーム1-0とアウェイゴール差で勝り、2013シーズン以来のベスト4進出を果たした。準決勝ではガンバ大阪と対戦した、結果はアウェイ0-0、ホーム1-1と引き分けにもつれ込んだが、アウェイゴールの差で準決勝で敗退となった。, 天皇杯では2回戦で福島ユナイテッドに延長までいかれたが2-0で勝利して3回戦進出、3回戦ではJリーグ創設期にしのぎを削りあった東京ヴェルディと対戦、結果は4-0で圧勝し昨季と同じく4回戦(ベスト16)進出となった。4回戦ではアルビレックス新潟と対戦、後半ATに天野純の直接フリーキックが決まり勝利した、準々決勝ではガンバ大阪と対戦、今季5度目の顔合わせとなった。準決勝では鹿島アントラーズに0-2で敗戦し、2016年のシーズンは終わった。, シーズン後、中村俊輔が磐田へ移籍、ラフィーニャ、小林祐三(鳥栖へ移籍)、山口へ期限付き移籍していた北谷史孝(長崎へ移籍)が契約満了で退団。榎本哲也が浦和へ、9年間在籍していた兵藤慎剛が札幌へ、ファビオと東京Vへ期限付き移籍していた鈴木椋大がG大阪へ、高橋拓也が北九州へそれぞれ完全移籍。金沢に期限付き移籍していた熊谷アンドリューが千葉へ、和田昌士が山口へ、田口潤人が藤枝へそれぞれ期限付き移籍した。, また、小林の契約満了に伴う退団、3年連続でフルタイム出場した中澤佑二やベテラン栗原勇蔵に対して来季年俸の大幅ダウン提示[24]、モンバエルツの去就などの報道を受けサポーターが反発、チームはホームページ上にお詫びを掲載する[25] 異例の事態に追われた。また、中村の移籍に関して移籍までの経緯をホームページ上に掲載した[26]。, モンバエルツ体制3年目。新たにCFGの情報網から選ばれ就任したアイザック・ドルが早くから補強に向けて動き、柏から山中亮輔、新潟から松原健、名古屋から扇原貴宏、京都から杉本大地、北九州から鈴木彩貴、レッドスターからセルビアリーグで20得点を挙げMVPを獲得したウーゴ・ヴィエイラ、名門バルセロナのカンテラで育ちイニエスタの後継者と呼ばれたマケドニア代表ダビド・バブンスキー、1860ミュンヘンからオーストラリア代表のミロシュ・デゲネクが加入。ウーゴ・ヴィエイラ獲得の際に彼の市場価値からすると格安の移籍金を払った以外、新加入選手はフリーでの移籍となった。齋藤学が10番を自ら志願、モンバエルツからキャプテンに任命され、新生マリノスのリーダーとなった。, 4月27日にホームタウンを横浜市と横須賀市に加え、新たに大和市も追加された事がJリーグ理事会から承認され、同時にクラブ公式ホームページより発表された[27]。, ルヴァンカップは予選Bグループに入り、第1節でC大阪戦、第2節神戸戦で2連敗した後、新潟、甲府、鳥栖に3連勝し、5月31日に広島と対戦した。引き分けでもプレーオフに進出出来る状況であったが逆転負けを喫し敗退となった[28]。, 中断期間中に新井一耀が名古屋、中島賢星がFC岐阜に、仲川輝人が福岡に期限付き移籍した。, 中断期間に新潟で行われた短期キャンプにサイ・ゴダード、イッペイ・シノヅカが練習生として参加。良いパフォーマンスを発揮したシノヅカが加入した。ペルーのアンダー世代の代表キャプテンの経験のある日系ペルー人のアントニー・アオキが練習に参加した。, 天皇杯は2回戦でFC大阪を、3回戦でアスルクラロ沼津を下し、4回戦で広島と対戦した。広島に前半で2失点し、敗退の危機にさらされたが、後半にウーゴ・ヴィエイラが2得点し、延長後半終了間際にウーゴ・ヴィエイラがコーナー付近の角度のないところからハットトリックとなるゴールを決めて3対2で劇的に勝利した。準々決勝では元マリノスの中村俊輔が所属する磐田と対戦し、後半ダビド・バブンスキ―のパスを受けた遠藤渓太のクロスが磐田のオウンゴールを誘い、1対0で勝利した。等々力で行われた準決勝では柏と対戦した。前半にハモン・ロペスのロングシュートで失点したが、後半に伊藤翔の得点により試合を振り出しに戻し、試合は延長戦にもつれ込んだ。一進一退の攻防が続いた後、延長後半終了直前に松原健、遠藤渓太と繋ぎ、最後はウーゴ・ヴィエイラが遠藤のパスを右足で決め、またしても延長戦を制し、決勝へ、C大阪と対戦した。前半8分に伊藤翔が先制点を決めるも、後半に山村、延長前半に水沼宏太にゴールを決められて敗北し、準優勝に終わった。, シーズン後、キャプテンであった齋藤学が川崎、攻撃の核であったマルティノスが浦和、パク・ジョンスが柏、前田直輝が松本にそれぞれ完全移籍した。また、期限付き移籍中であった新井一耀が名古屋、熊谷アンドリューが千葉、中島賢星が岐阜、田口潤人が新潟に完全移籍した。, 柏から大津祐樹、FCソウルからユン・イルロク、鹿児島城西高校から生駒仁、履正社高校から町野修斗を獲得。ユースから西山大雅、堀研太、山田康太が昇格。また、期限付き移籍していた仲川輝人と和田昌士が復帰した。遠藤渓太の背番号が11番に変更された。キャプテンには07年以来三度目、中澤佑二が就任した。3月4日に遼寧宏運からオリヴィエ・ブマルを獲得した。5月12日に行われたG大阪戦において飯倉大樹がJ1通算200試合出場を達成した。リーグ戦では爆発的な得点力を見せる一方で守備の安定を欠き残留争いに巻き込まれた。得点では、リーグ2位の56であったが、失点では、リーグワースト3位の56で最終成績は、12勝5分17敗の勝点41の12位。2006年以来12年ぶりに負け越しとなった。ルヴァンカップでは、2001年以来17年ぶりに2度目の決勝進出を果たしたが、湘南に0-1で敗れて準優勝に終わった。天皇杯は、4回戦で仙台に2-3で敗れた。, 中澤佑二が引退。久保建英が期限付き移籍終了により、FC東京へ復帰。伊藤翔が鹿島アントラーズ、山中亮輔が浦和レッズに完全移籍。ムアントン・ユナイテッドFCからティーラトンが期限付き移籍、徳島ヴォルティスから広瀬陸斗、FC琉球から朴一圭、浦和レッズから李忠成が完全移籍、川崎フロンターレから三好康児が期限付き移籍、フルミネンセからマルコス・ジュニオールが完全移籍、バイーアからエジガル・ジュニオが期限付き移籍で加入。, 7月27日に「EUROJAPAN CUP 2019」にて、マンチェスター・シティFCと親善試合を行った[29] [30]。, 2019年夏の移籍市場では天野純がベルギー2部スポルディング・ロケレンへ期限付き移籍、三好康児がベルギー1部アントワープFCへの期限付き移籍に伴う契約終了、イッペイ・シノヅカが大宮アルディージャへ、飯倉大樹がヴィッセル神戸へ完全移籍した一方で、ポゴニ・シュチェチンから泉澤仁、水戸ホーリーホックから伊藤槙人が完全移籍で加入、飯倉大樹の移籍に伴いサンフレッチェ広島から中林洋次を期限付き移籍で獲得。また、名古屋グランパスからマテウスが期限付き移籍、エジガル・ジュニオの長期離脱のためパルメイラスからエリキを期限付き移籍で獲得した。, ルヴァンカップはグループリーグ敗退、天皇杯は4回戦で姿を消したが、リーグ戦は8月に3連敗を喫した後の11戦を7連勝を含む10勝1分で乗り切り、15年ぶりのリーグ優勝を達成した。, 栗原勇蔵が現役引退。マテウスが名古屋へ復帰。広瀬陸斗が鹿島に、李忠成、中川風希が京都に、杉本大地が磐田に完全移籍、泉澤仁が甲府へ期限付き移籍で退団した。一方でC大阪から水沼宏太、浦和(前年大分に期限付き移籍)からオナイウ阿道、京都から仙頭啓矢、金沢から山本義道、徳島から梶川裕嗣と杉本竜士、山口から前貴之が完全移籍で加入。昨季広島から期限付き移籍で加入していた和田拓也、中林洋次、2018年の夏からパルメイラスから期限付き移籍で加入していたチアゴ・マルチンス、ムアントン・ユナイテッドから期限付き移籍となっていたティーラトンは完全移籍となった。エジガル・ジュニオとエリキは期限付き移籍期間を延長し残留した。, 通算で5回目の出場となったFUJI XEROX SUPER CUPは天皇杯王者の神戸と対戦。3度のビハインドを追いつく執念を見せPK戦に突入。マルチンスとキャプテンの扇原は成功したが、3番手以降はエジガル、水沼、松原、和田、遠藤が全員失敗し敗戦。これで横浜マリノス時代も合わせて富士ゼロックススーパーカップは5連敗となってしまった。, シーズン開始後にはスポルティング・ロケレンより天野純が復帰、小池龍太が完全移籍加入した他、アビスパ福岡から實藤友紀が完全移籍加入、遠藤渓太がウニオン・ベルリンへ1年の期限付き移籍。松本山雅からCSマリティモに期限付き移籍していた前田大然を期限満了とともに期限付き移籍加入。柏レイソルからジュニオール・サントスが期限付き移籍加入。津久井匠海、植田啓太、寺門陸がユースからトップ昇格した。サガン鳥栖から高丘陽平を完全移籍で獲得した。, ホームスタジアムは横浜国際総合競技場(日産スタジアム、横浜市港北区)。Jリーグ発足当初より三ツ沢公園球技場(横浜市神奈川区)をホームスタジアムとして使用していたが、1999年に横浜国際総合競技場が完成すると主催試合の大半をそちらに移している。以後、両スタジアムを本拠地として併用する形としていたが、Jリーグクラブライセンス制度の兼ね合い[37] もあり、2016年よりJリーグへの届け出上の本拠地を日産スタジアムに一本化している(ただし同年以降も三ツ沢での開催も継続)。, 練習場は日産スタジアムと同じ新横浜公園内にある小机競技場(日産フィールド小机)および新横浜公園球技場を使用する[40]。, F・マリノスになってからの練習場は戸塚トレーニングセンター(戸塚区、元々はフリューゲルスの練習施設、現在は横浜FCが練習施設として使用)、クラブオフィスは神奈川区新子安にあったが、2005年に両者を横浜市西区のみなとみらい地区61街区に移転集約[41]、「マリノスタウン」(横浜F・マリノスMM21トレーニングセンター)として運用してきたが、2016年5月にみなとみらい地区の定期借地契約が満了となることを受け、2015年12月末をもってマリノスタウンにおけるクラブの活動を終了することが発表され[42]、本社も新横浜に移転した[1]。, 2018年1月25日、クラブは練習場の新設・拡充方針を発表。JR久里浜駅(神奈川県横須賀市)近くの公園に観客席やクラブハウスを備えた練習施設を新設。本拠地の日産スタジアムがある、新横浜公園でも練習用グラウンドを整備する。一部は地元住民に開放し、地域への浸透を深める。, 計画では、横須賀市所有で約2.2ヘクタールの規模である、くりはまみんなの公園とその周辺を再整備。コート2面とハーフコート1面に加え、1,000席程度の観客席、トレーニングルームなどを備えたクラブハウスも新設する。この施設は、一部を周辺住民も使えるように貸し出し、周辺商店街などとの賑わい活性化につなげていく。一方、新横浜公園では、現在は土のグラウンドとして活用している部分に、コートを2面整備する予定。横須賀市の上地克明市長は、同日の記者会見で「2022年を施設稼働の目標にしていきたい」と表明。横浜市の林文子市長も「チームの一層の強化につながることを願っている」とコメント。古川宏一郎社長は、記者団の取材に「総投資額は現時点で未定。できるだけ早く(両市と)基本協定を結び、具体化を進めたい」と語った[43][44]。, 2019年5月31日、横須賀市と久里浜1丁目公園整備に関する基本協定を締結。JR久里浜駅西側の3.6ヘクタールの敷地に、天然芝のピッチ2面、人工芝のフットサルコート2面、ジム、管理棟、駐車場、芝生広場、周遊路などを備えるクラブハウスが整備される。横須賀市の総事業費は64億円で、クラブ側は年間1億7,000万円の施設使用料を支払う。2020年から整備を開始し、2022年1月に一部施設利用開始、2022年9月で全施設利用開始を予定。契約期間は20年間となる[45][46]。, 横浜F・マリノスの育成組織はトップチームを頂点としたピラミッド型となっており、第2種(高校生世代)のユース、第3種(中学生世代)のジュニアユースとジュニアユース追浜、第4種(小学生世代)の選抜クラスであるプライマリー、プライマリー追浜がある。, また、日産自動車サッカー部時代の1985年に発足したサッカースクールは、対象の年代は幼児から中学生で、女子は小学生から中学生以上までとなっている。2015年時点で、3500人を超えるスクール生がいた[47]。2017年現在では、次の8校で活動している。, 1985年4月に横浜の新子安にて、日産サッカースクールが開校した。スクールを立ち上げたのは、日産自動車サッカー部監督の加茂周であった。加茂は、ドイツを何度も訪問して地域に密着したドイツサッカークラブの組織の姿にすばらしさを感じており、これを日本でも展開しようとした[48]。新子安のスクールの指導は、日産自動車OBの下条佳明、樋口靖洋らが担当した。スクールには予想を超える多く入校希望者が集まり、翌1986年には早野宏史が担当した追浜スクール、1987年には坂木嘉和が担当した左近山スクールが開校した。また、ジュニアユースは1985年、ユースは1986年に立ち上がった。ユースとジュニアユースの立ち上げは、かながわクラブにいた永井洋一が加茂に話を持ちかけることで実現した[49]。なお、左近山スクールは1990年に閉校した。, 1993年にJリーグが開始すると、横浜マリノスサッカースクールへ名称を変更。マリノススクールの知名度は一気に上がり、会員数も激増した[50]。1997年にはマリノスジュニアユース出身の中村俊輔がトップチームに入団し、1年目から主力選手となった。, 1999年に横浜マリノスが横浜フリューゲルスと合併すると、フリューゲルスのスクールは横浜F・マリノス菅田サッカースクールとなった。フリューゲルスジュニアユースは、監督の前田治ら6名の指導者を引き継ぐ形で横浜F・マリノス菅田ジュニアユースとなった[51]。菅田スクールと菅田ジュニアユースの活動は2000年までで終了してスクールは閉校となり、元フリューゲルスのスタッフは横浜F・マリノスの他のスクールに異動したり、クラブ内の別の業務に就いたりした。ジュニアユースの監督だった前田治は2000年までで横浜F・マリノスから離れた。フリューゲルスユースの選手は合併時に横浜F・マリノスユースに移籍し、その中の坂田大輔や田中隼磨はのちにトップチームの主力選手となった。また、フリューゲルスが行っていた地元の小学校を巡回指導する「サッカーキャラバン」事業も横浜F・マリノスへ引き継がれた[52]。, 2007年にマリノスタウンがオープンすると、新子安の横浜マリノスサッカースクールはみなとみらい校へ移転した。また、2004年から2014年にかけて、NAS二俣川校(のちの二俣川校)、大和校、港北校(のちの東山田校)、リーフスタジアム校が開校した。2015年、マリノスタウン閉鎖にともない、みなとみらい校は閉校となった。その後、2016年に中山テクニカル校、2017年にShunsuke Park校と小机校が、それぞれ開校した。Shunsuke Park校は、そごう横浜店屋上にある中村俊輔プロデュースフットサルコートで開催される。, ホームタウンである横浜市、横須賀市を中心とした地域の学校やスポーツセンターで横浜F・マリノス専属コーチによるサッカー教室を行っている。サッカー教室は大きく分けて小学生以下の子供を対象とした「ふれあいサッカー教室」、「サッカーキャラバン」と成人を対象とした「ENJOY FOOTBALL」に分かれる。, 2004年より、障がい者サッカープロジェクト「futuro(フトゥーロ)」が行われている。「futuro」では横浜ラポールで行なわれている「体験・育成」プログラムと連携しながら横浜F・マリノスのコーチを中心に基本的な技術や個人・チーム戦術のトレーニングを行い、大会に参加している。, 横浜市、横須賀市、大和市の商店街や大学、メインスポンサーである日産の工場関連のイベントにブースを出展している。また、公式チアリーディングチームであるトリコロールランサーズによる演技が披露されることもある。また、2012年時点で200を越える地元商店街にチームフラッグやポスターの掲出をしている。

.

バックドア チリ 調整, 邦画 おすすめ 2018, インデザイン 正規表現 削除, カーテン 長さ どれくらい, マイン クラフト 小説 試し 読み, Xperia 5 充電規格, 内定通知書 賃貸 代わり, Won't You Cry 歌詞,