!』で10年振りに復活して以降は再びレギュラーとなる。 ドラマCD版ではウィッチのみ前期シリーズ5巻全てに出演しており、後期シリーズでも登場率が高い。, 前述の通り当初はただの雑魚敵だったが、『ぷよぷよ』シリーズ以降は個人としてのプロフィールが設定された。 『ぷよぷよSUN』や『魔導師の塔』以降、彼に対してはしばしば執着(?)がみられる。, 「魔導師」達とは異なる過程で修行を積み、魔法を習得する「魔法使い」の一族。彼らは西の大陸に住んでいて、言霊」を非常に重んじている。 年齢は13歳もしくは15歳で誕生日は10月31日。金髪碧眼で服は比較的ぶかぶか寄りのものを着ている。 セガ版では『ぷよぷよ7』にて久々の登場をするもこの時はNPC扱いで台詞も無し、ウィッチの登場を待ちに望んだファンを落胆させた。 メテオ(紫)2×4; メテオ(黄)2×4 (ドッキング) アトミックパイル(黄)×8; アトミックパイル(紫)×8; 敵キャラクター. (ただし他のシリーズでは特に説明もなく、以降のゲームでも『ぷよぷよ! 2012年02月12日 . 彼らの一族では真の名を他人に明かすことがタブーとなっており一生隠すという者もいるという。, 使用作品数が多い魔法をまとめる。実戦で用いたエフェクトがある場合は、作品名と共に記載する。この他にも実に多彩な魔法を用い、光魔法、闇魔法とも使用例があるのも特徴。ただし初期作品ではモブキャラであり、全作品が同一人物のウィッチかは不明なところもある。, ※初期の作品(『魔導物語1-2-3』『ぷよぷよ』『ぷよぷよ通』等)はノンクレジットのコンパイル社員のため不明。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ, 旋風陣・・・ほうきを目の前で回転させてファイアー等相手の魔法をかき消す防御技(『はめきん』『魔導師の塔』)。, どんえ~ん・・・アルルが『魔導物語』で使用した時は魔法を遮断する障壁で互いの攻撃を封じる防御魔法であった。ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでのみ使用する(『セガぷよ』では反撃ボイス)…のだが、楽しそうに箒に横座りして飛んでいるモーションであり、何か違う魔法なのかも知れない。, ブラックホール・・・ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでしか使っていない。フィニッシュ3のボイス。戦闘での使用例は魔導師の塔で, メテオ・・・隕石を落下させて敵に命中させる。作品によって威力は違うが、『魔導師の塔』や『SS魔導』ではウィッチの必殺技。エフェクトは、掲げた指に星屑が集い、敵の頭上から次々降り注ぐ(『魔導師の塔』)、ほうきを掲げて周囲が宇宙空間になり隕石が敵に命中(『SS魔導』)。『セガぷよ』ではフィニッシュ1。, ビッグバン・・・ウィッチは『ぷよぷよ』シリーズでしか使っていない。『セガぷよ』ではフィニッシュ5のボイス。戦闘での使用例は魔導師の塔でウィッシュが用いた必殺技“全てを破滅に導く宇宙の怒り”。ウィッシュ版のエフェクトは魔法陣から集中した光が敵に命中して大爆発を起こす。, ティンクルダスト・・・『セガぷよ』での増幅ボイス(いわゆるダイアキュートに相当)。. メテオって星降りやろが . プライドが高く、ちょっとタカビーで、おせっかいで、ひねくれやでもある。 ウィッチの名は彼女の本名ではない。元々大量にいるザコ敵から個人キャラクターとして昇格・派生したという経緯のため、こじつけもとい、補足の為の後付け設定として「修行中の魔法使いの一族の女性は「ウィッチ」、男性は「ウィザード」と呼ばれ個人名がなく、一人前になると親あるいは師から真の名が与えられる」という設定が『SS魔導』以降、『真・魔導物語』等で追加された。 由緒正しい魔女族長家の一人娘であり、祖母にはウィッシュというキャラクターがいる。 ウイッチ連鎖、よっ、メテオ、タキオン、クエーサー、ブラックホール、ビッグバン、どんえ~ん! つべ転載2次加工著です。 Twitterで共有する. メテオ Meteor 《英》流星: タキオン Tachyon 《英》光より速いとされる仮説的素粒子の名前: ブラックホール Black Hole 《英》超高密度・高重力の天体。光すら吸い込むとされる: クエーサー Quasar 《英》電波等を放射する星に似た物体。準星: ビッグバン Big Bang 魔法用のホウキを用途に合わせて何本も持つホウキマニアであり、薬品作りもしている。『セリリのはっぴーばーすでぃ』では石造りの搭の中に住んでおり、豊富な蔵書と高い知識を元に薬品を魔導学校に卸す商売をしているという設定。『アルルの冒険 まほうのジュエル』では木の家を構えている。 初登場はMSX2版『魔導物語1-2-3』のエピソードの1つである『魔導物語3』。初出時は「ウイッチ」(イが大きい)表記だった。 しかし、当初はダンジョン内で遭遇するだけの単なる量産型の雑魚敵であり、しかも黄ぷよと並ぶ最低ランクのザコ敵であった。 また雑魚敵の方のウィッチは作品によってデザインが様々で、リアル志向のPC98版『魔導物語1-2-3』では現在のウィッチとは全く異なる姿である。 パズルゲーム『ぷよぷよ』ではステージ8の対戦相手として登場し、可愛い姿ながらも漫才デモでは … 初登場はMSX2版『魔導物語1-2-3』のエピソードの1つである『魔導物語3』。初出時は「ウイッチ」(イが大きい)表記だった。 !』くらいにしか反映されていない。賛否両論な真魔導絡みの設定な為、この「真の名」設定については否定的なファンも居る。) 20th anniversary』にて、めでたくプレイヤーキャラとして返り咲き。, また、『20th』の後に発売されたドラマCDにも登場しており、おまけボイス集も収録されている。, スマートフォン用アプリ『ぷよぷよ! 多彩な属性の魔法を操る。特にメテオなどの天体魔法は、ウィッチを含め、祖母のウィッシュとダークマターとサタンくらいしか使用が確認されない。ファイヤー、アイス、サンダーのアレンジ技が一番多いのもウィッチ。しかし魔力自体は、シェゾやウィッシュによれば、まだ高いわけではないらしい。その覚えている魔法を使いこなせず失敗したりする場面も多い。 !クエスト』には、初代シリーズの黄属性のキャラとして登場。, また、2014年クリスマスイベントではサンタの格好をした「サンタウィッチ」が実装された。, 2016年には『ぷよぷよクロニクル』とのコラボカード「ウィッチ ver.ぷよクロ」、, 漫画の内容は「ういっちい」という名の少女が幸せを求め旅する話らしいが、一言で言うとカオス。, え?この後の展開?お察しください。ちなみに、呪いはこの後で無事解けますのでご安心を。, また、セガサターン版ぷよぷよ通のCM『ぷよぷよの人々』ウィッチ編に登場する(他にはシェゾ編、, また、Ver1.5への更新に伴い20thボイスとコンボ補正と「魔力ゲージ」と言うシステムが搭載された。, 変化率はライフ最大時で3%、以降体力が減る毎に増加し、体力3%以下だと確実に変化するように。, こちらもAIは標準搭載。Ver1.10時点でSouthern Cross氏のウィッチとそれなりに戦える程度の強さ(負け越し)、とのこと。, これ以外にも、上記のウィッチのドットを流用したTrainee Sorceressという名の改変キャラが作成されている。, 2014年の12月を以て長らく更新が停止されていたが、その3年3か月後の2018年2月に大きく更新された。, 汎用殺傷力はOracle氏のウィッチ程ではないが、ウィッチ同様汎用殺傷力最強クラスの, 一方でアウルベアは別の付録ゲーム『魔導士ラルバ』出身であり、アルルより先輩だったりする。, 外見こそ孫娘のウィッチとあまり変わらないが、60年前に世界を救ったことがあり、かつては魔女一族族長も務めていた。. 『ムーンクレスタ』 (MOON CRESTA) は、1980年に日本の日本物産から稼働されたアーケード用固定画面シューティングゲーム。, タイトーの『スペースインベーダー』(1978年)の流れを汲んだ縦画面縦方向のシューティングゲームであり、自機を操作して敵を射撃する以外に合体システムを導入している事が特徴。開発はジョルダンおよび日本物産が行い、ゲーム・デザインおよびプログラムは藤原茂樹が担当している。, 1985年から1986年にかけて欧州にて各種ホビーパソコンに移植された他、1992年には『ビデオゲームアンソロジー Vol.1 ムーンクレスタ&テラクレスタ』のタイトルでX68000に移植、2001年にはWindows、2002年にはPlayStation、2005年には『オレたちゲーセン族シリーズ』としてPlayStation 2に移植された。その他、オムニバスソフトとして発売されたスーパーファミコンおよびPlayStation用ソフト『ニチブツアーケードクラシックス』(1995年)に収録された。2001年には携帯電話ゲームとして配信された他、2010年にはWii用ソフトとしてバーチャルコンソールアーケードにて、2014年にはPlayStation 4用ソフトとしてアーケードアーカイブスにて、2019年にはNintendo Switch用ソフトとしてアーケードアーカイブスにてそれぞれ配信された。, 後に続編となるアーケードゲーム『ムーンクエーサー』(1980年)が稼働された。また後年になって本作の合体システムを継承した『テラクレスタ』(1985年)が同社より稼働された。, 空前のヒット作となったタイトーの『スペースインベーダー』(1978年)の流行を受け、アーケードゲーム各社が「ポストインベーダー」を狙ってさまざまなシューティングゲームを発売していたころ登場したナムコの『ギャラクシアン』(1979年)をアレンジした作品の1つ。アーケードゲーム基板もギャラクシアンの流用であり、星空は全く同じである[2]。『クレイジー・クライマー』(1980年)と共に日本物産を代表した二大ゲームである。, 画面構成は縦画面縦方向となっており、形状の違う3つのカラフルな宇宙船を駆使して固有の名前がついた宇宙生物を倒しながら、宇宙船同士のドッキングでパワーアップもできるなど、当時としては画期的な要素が数々取り入れられていた。テーブル筐体の定価は58万円[3]。, 左右2方向レバーと1ボタンで自機(1号機、2号機、3号機の3機)を操作する。1号機は機体が最も小さくて敵をよけやすいが、弾は中心から1発しか撃てない。2号機は1号機よりやや幅広く、左右の突起からそれぞれ同時に2発の弾を出せる。3号機も左右から弾を出すが、それぞれ自機の中心よりかなり離れた位置から発射されるため敵に狙いがつけ辛く撃ち漏らしやすい上、機体が他の2機に比べかなり大きいため小回りが利かず標的になりやすいので使い勝手が悪い。ゲーム開始時は画面下から3機合体状態で現れた後、1号機だけが切り離されて敵に向かう。, エクステンドは3万点で1、2、3号機がまとめて増加。開始時の残機が全滅すると、エクステンド分の3機で次の周回の冒頭から再スタートとなる。, 電源投入直後のハイスコアは5,000点で、「日本物産株式会社」がエントリーしている。プレイヤーの上位5人までアルファベットでネーム入れができる。なお新日本企画(後のSNK)やアメリカのセガ・グレムリンへのライセンス生産品も、エントリーされていなければそれぞれのメーカー名で表示され、特に新日本企画版はインストラクションカードの下部に「シンニホンキカク」とカナ書きされている。, なお、クロック数を変化させ、動きを高速化したバージョンも、比較的出回っていた(メーカー純正か無許可改造かは不明)。, 自機が複数残っていれば、1周につきドッキングステージのチャンスが2度訪れる。スーパーフライまたはメテオの面が終わった直後で、自機が画面中央付近に上昇してドッキングの準備が始まる。自機はある程度の慣性を働かせながら下降し始めるため、レバーの左右移動とボタンの逆噴射を操作して画面下中央の2号機または3号機を目指し、中心軸がうまく合えばドッキング成功となる。, 成功すれば、合体した状態で次の面に進めるが、失敗(衝突)すると操作中の自機のみ失われる。制限時間の30.0秒以内にドッキングできなかった場合は残機数に変化はなく、それまでと同じフォーメーションのまま次の戦闘が始まる。ドッキングは3機まで可能で、単発だった個々の機体が順に弾を発射することで連射を使えるようになるためパワーアップ効果は高いが、敵のスピードが速くなってしまう。3機合体は周の2度目のドッキングしか行えない。このドッキングで失敗(衝突)すると1・2号機を同時に失い、3号機だけとなる。, ドッキングするとボーナス点が与えられ、持ち時間の残り(小数点以下を切り捨て)に一定の点数を掛け合わせた分が得点となる。1号機と2号機の合体なら×100点。2号機と3号機(1号機を失った状態)または1号機と3号機(2号機を失った状態)の合体は×200点。1・2号機と3号機の合体は×300点となる。 貴様たちはアリコマンドになるためにここでドクターメテオの脳改造の手術を受けるのだ」 みんな逃げろホーイ! ヌッって出てきた 洋「雄一郎君、そうだね?」 洋「このお守りは君のお母さんから預かったんだ」 雄一郎「思い出せない。毎日自分が少しずつ得体のしれない恐ろしいままに変� 「~ですわ、~ますの」など見た目高貴な口調で、「おいッス!」「行ってみよぉ」「ダメだこりゃ!」などドリフめいたセリフが特徴。一人称はわたくしもしくはわたし。相手の名前を呼ぶときは大概基本的には「さん」付けをする。稀に一人で暴走することがある。(ぷよぷよSUN、白熱!ぷよりんぴっく), いかりやリスペクト しかし、当初はダンジョン内で遭遇するだけの単なる量産型の雑魚敵であり、しかも黄ぷよと並ぶ最低ランクのザコ敵であった。 実際に、メテオ及びミルキーウェイ以外はぷよぷよの連鎖ボイスとして登場するのみで、魔導物語などでの戦闘中での使用はしていない。 他にも、「どんえ~ん」なる魔法を使っていたことも。 この魔法、『魔導物語』においてアルルが使用する同名魔法は、自分と相手の間に壁を作り、 攻撃 彼らは一人前になった際に「仮の名」と「真名」の二つ名が与えられる。 !』では遂にプレイアブルキャラとして正式に復活した。プリンプで薬の材料探しや薬品の販売をしているが恐ろしい薬が多く、売れない模様。, ぷよ魔導キャラの中でも非常に人気が高いキャラクターの一人で、『ぷよぷよ! キャラクター設定自体も初出時は雑魚だったとは思えないほど個人と呼べるレベルまで昇華していき、『魔導物語 魔導師の塔』ではヒロイン、さらにはアクションゲーム『コメットサマナー』で主役までも務めた。『コメサマ』ではボスとして自身のもうひとつの可能性とも言えるダークウィッチが登場している。 再生数 5,611 コメント 0 投稿者 ほのか (全作品) コメントリスト . それ以降もシリーズを重ねるうちに人気がぐんぐん上昇し、『ぷよぷよSUN』でも当然のように出場したうえ、「とことんなぞぷよ」でも中盤の強敵という立ち位置を維持。『ぷよぷよ~ん』では衣装が緑色にリニューアルされ、道中で仲間になるキャラクターの一人にもなった。特技「フォーリンサンダー」は最も高い1列を消滅させるため、遺跡ステージでは猛威を振るう。 メテオ タキオン クエーサー . 観測されたのは、うしかい座にあるクエーサーh1413+117である。クエーサーの手前にある銀河による重力レンズ効果の影響で 1つのクエーサーが4つの像に分かれて見えており、四葉のクローバーに見立てて「クローバーリーフ・クエーサー」と呼ばれている。 身長:155cm(『ぷよぷよSUN』以前)/158cm(セガサターン版『魔導物語』以降), かつてコンパイルから発売されていた『魔導物語』及び『ぷよぷよ』シリーズに登場するキャラクター。, 青いローブ、三角帽子にほうきを持つ何百年もの伝統を誇る由緒正しい魔女族の一人娘。多くの作品で, 細かい設定や立ち位置に関してはアルル同様作品によって異なっており、当初は単なるザコであったが、, また非常にプライドも高く、性格がちょっとばかし曲がっている。他人に対しては見下した言動を取ることも多い。, その正統派美少女な容姿と、気取っているがちょっとボケた言動から、『魔導物語』・『ぷよ』シリーズキャラの中でも特に人気が高い名物キャラである。, アルル同様、CVは作品毎に異なり、PCエンジン版『ぷよぷよ』では榎本明美氏、同じくPCエンジン版『ぷよぷよ通』では吉田古奈美氏、, また、『ぷよぷよテトリス』のDLCで用意された声違いバージョンではやや大人びたイメージの口調になっている。, 初登場はMSX2版『魔導物語1-2-3』のエピソード3序盤。「おいっす」という台詞と共に登場し、「だー」と退場する。, PC-98版『魔導物語1-2-3』のエピソード3では中盤で登場。姿が大きく変わり、三角帽子ではなく白い丸い帽子、, 登場メッセージが「ウィッチのおでまし」になっており、ここからお嬢様属性が与えられた模様。, 『ぷよぷよ』でも引き続き中盤で、後の作品ではお馴染みとなる「おーっほっほっほっほっほ!」という高笑いと共に登場。, ゲームギア版『魔導物語III』では、それまで手に持っていただけだったほうきに乗って登場するも、, 『す~ぱ~なぞぷよ ルルーの鉄腕繁盛記』においては中盤に登場し、彼女から「なぞぷよマスター」になる為のアイテムについて情報が聞ける。, その後のスーパーファミコンソフト『魔導物語 はなまる大幼稚園児』では、ほうきに乗ってはいるが不時着して登場。, ローグライクの『わくわくぷよぷよダンジョン』では、ホラーハウス15Forぷよぷよダンジョン10Fのボスとして登場。, アクションゲーム『コメットサマナー』では前述の通り主人公として出演、軽快にステージを飛び回るウィッチが見所である。, 『ぷよぷよ~ん』では緑のローブに長い帽子と、これまでとはガラリと外見イメージが変わっている。, 『ぷよぷよ7』にもハーピーと共に登場しているが、台詞はなく立ち絵のみでのちょい役スポット出演であった。, そして20周年記念作品『ぷよぷよ!!

.

マスク 耳 かけホルダー 8, Hihi Jets ファンクラブ 21, 滝口幸広 首 の怪我 6, 老犬 適温 冬 5, Android Vr Sdk Unity 4, 名古屋中学受験 女子 ブログ 6, 雲霧仁左衛門4 ネタバレ 天一坊 14, 栗東 焼酎 販売 4,