初投稿です!コメント沢山欲しい! 死んでしまった時に金髪の女性が現れた。 姉との再会を夢見る少女の願いに、武力でも財力でもなく『宴会屋』式のやり方で挑むVRMMO攻略譚、ここに開幕! 獣人の少女ヴィクトリアは、父親であ, 腐った姉がやっていたBLゲームの世界に生まれ変わっていた私。 アーチボルト、お兄様、帝国編を終え、現在オルソン国へ突入中。 子供の頃から、二人の姉に翻弄されていた高校生の夏樹 あき。その彼を好いて好いて仕方がない姉の二人。 時雨「え?ああ、これの事?執務室の時計を直してただけだし、大丈夫だよ。大袈裟だなぁ。…でも、心配してくれるのは嬉しいよ」, 時雨「??さっきから本当何を言っているの提督。提督は遅れてなんか無いし、謝る必要も、赦しを請う必要も無い。逆に謝られても困るよ」, 提督「…取り敢えず、この部屋中の時計を片付けるよ。…全部、もう動きそうにないしな」, 時雨「あ…ごめんね。さっきから時計が狂ってて、それを直したら今度は動かなくなっちゃって…」, 時雨「うん。だって昨日。提督が、朝に集合するように、僕に向かって言ってくれたでしょ?, 僕を見て、僕の為に、きちんと時間まで決めて言ってくれたじゃないか。僕が出来る事を、提督の為に出来る事を提督が僕の為だけに伝えてくれたじゃないか」, 時雨「う、埋め合わせとかじゃないんだけどさ。もし良かったらなんだけど…今度、一緒に出掛けに行かないかい?」, 以前私が遅れてしまった事を納得させようとした時は精神を崩壊しそうになってしまっていたからな…), 雷「それだけじゃないわ。一昨日からあまりお腹の調子が良くないし、寝不足で隈も出来てるし、頭痛薬を飲んでるから頭も痛いみたいだし、それに……」, 提督「…何故そこまで知っているんだ?酒は一人で飲んでいた。頭痛薬のゴミも一人で処理をしたし、腹の調子に至っては口外すらして無い。どれも知るはずが無いのに…」. ※すみません、感想を寝惚けて削除してしまったかもしれません……心の支えにしていたので本当に申し訳ないです。(10/26追記)  そんな二者二様のアプローチに困惑させられるも、甘々な生活を受け入れていく破天荒ラブコメシリアルホームドラマ!  妹好きの登場人物多め、兄/姉好きの妹多め。 提督「…そうだな。俺は確かに疲れてるかもしれない。だが、それは俺が休んでいい理由では無い。やらねばならない事もあるしな」, 提督「…だからな。俺が疲れてるのは、寝ている間に寝床に入り込んで手錠で拘束し、朝から自室に監禁しようとする行動の理由にはならないんだ」, 雷「いいや、違うわ!司令官は自分に厳しいから、心は大丈夫でも体はいっつもボロボロじゃない!」, 雷「病気を治すためなら相手が嫌がっても薬を飲ませる必要があるみたいに、お世話の必要があるなら、相手がなんて言おうと世話するべきなの!」, 雷「司令官がやってる仕事も全部、なにもかもこの雷様がやるわ。だから私に頼って、司令官はゆっくりと休んでいいのよ!」, 雷「…私、司令官の仕事も、周りの世話も、全部司令官の代わりにやるわ!あなたの好きな事なら何でもするし、あなたが嫌いな物はぜんぶ排除してあげるわ。…だから、ね?」, 卯月「遂にって…刺される心当たりがそんなにあるのかっぴょん?うーちゃん、そういうのは感心しないなぁ〜」, 提督「にしても…ああクソッ、服洗いに行かなきゃならないな。全く、おもちゃのナイフだけならまだしも、血糊まで用意しおってからに…」, 卯月「う、ごめんなさいっぴょん。今度からは実害はかけない方針で行くつもりっぴょん」, 提督「イタズラ自体をやめるという考えは無いんだな…ま、いいさ。別に危険があるとか怪我をするとかいう訳でも無いし、程々にしてくれるのならまあ許す」, 卯月「口止めされてるなら心配無いっぴょん、司令官にそんな事した奴は何かやられる前に殺…」, …大丈夫さ。安心してくれ。心配は嬉しいが、お前の思ってるような事にはなっていないのさ」, 提督「…それじゃあ、俺は服を洗いに行ってくる。…もうさっきみたいな悪戯をやるのはよせよ?」, 卯月「司令官に寿命が縮まれたらやだからもうしないっぴょん!うーちゃんも、もうちょっと生きていたいっぴょん!」, 司令官が居ない世界を生きていける訳が無いっぴょん。というか生きるイミ無いぴょん?」, 提督(卯月はまだ悪戯だけで済んでて、可愛いもんだな…ただ情緒が不安定気味なのが気になるが…是非あのままでいて欲しいものだ), 提督「…ああ、済まない。まあこの汚れについては気にしなくていい。ほら、君も用がないなら戻れ」, 提督「…わざわざ君に手を煩わすまでもない。いいから戻れ。君にも何か用事があるんじゃないか?」, 扶桑「出撃は終えてきました。用事も、特にはありません。ですから、提督も気を使って下さらなくてもいいですよ?」, 扶桑(例え私を邪険にしても、私を否定しても、私以外の娘と話しても、他の人と仲良くしてても、他の娘を甘やかしても。そして私に隠し事をしても。全て許します。最後に私の所に戻ってくるなら…), 扶桑(だって、それが『妻』たる者の役目ですものね。あなたの愛を最後まで受ける事こそ私の役割だもの…), 提督(彼女は、扶桑は…基本的に無害ではあるんだが…何処か怖いんだよな…俺と話してる時にも何か別の、自分の世界に浸ってるような…俺と別の認識を持っているような…), 提督「…秘書艦とあの娘は出来たら合わせたく無いな。仕方がない、俺が迎えに行くか…」, 伊168「本当は私達を…私を気遣ってこっちに来てくれたんでしょ?気を使って嘘までついて…」, 伊168「…そういえば随分と身体に他の女の子の匂いが染み付いてるもんね?その割には服はかなり真新しいみたいだし。」, 伊168「ひょっとしてわざわざ迎えに来てくれたのも執務室に入れたく無かったから?入られると都合が悪いから?服を着替えるような事をしてて、部屋に入れたくなかったから?」, 伊168「イタズラっていうと…やっぱりあの子だよね?…ごめんね、前忠告しておいたんだけど…そしたら『他の皆がやっても許されない。あれはうーちゃんだけの特権』なんてよく解らない事言われて誤魔化されちゃって…」, 伊168「ごめんね、あの時私がもっとちゃんとしておけば良かった…ねえ、今からでも大丈夫?」, 提督「…この鎮守府に居る皆は、全員が全員、掛け替えのない仲間なんだ。誰かが欠けてしまったら悲しいだろう…!?」, 提督(結局、あの後、イムヤは『お願いをちゃんと考えてきてからおねだりする』との事で、何とか無事にいるが…), そしてアレがある限り俺は逆らえん。反故にしようとしても、逆上してしまう可能性があるからな), 北上「修羅場ってそんな『ちょっと』でくぐるようなもんだっけ?ほんと、提督も大変だねー」, 提督「…こんな白い顔をしておいて何をと思われるかもしれないが…これでも一応、使命感ってものがあるんだ」, 提督「言われずもがな、さ。…おっと、時間が経つのは早いな。申し訳無いが、話すのはまた今度だ」, 北上(…今の提督はまともに話し合える人を必要としている。誰かに話していないと心の限界が近くなっちゃうし、でも、他の人には相談できない), 本当は、こうやって親身になって話を聞いてくれれば提督が私の事良く思ってくれないかなーって下心からの行動なんだけどね。, 北上(…実際、変にアプローチとるよりもそっちの方が提督からのウケもいいだろうし。だからほんと、礼を言われるような事じゃないよ), 北上(…逃げちゃおうってのは結構本気だったんだけどな。でも、提督があんなに強い意志を持って言ってるんだし、無理強いするわけにもいかないしなぁ。), 北上(…でもさ。私、もし…提督に何かが。『あの時無理矢理にでも逃がしとけばよかった』なんて思うような事があったら…), 提督(北上は殆ど唯一まともに、気兼ねなく話しができる娘だ。どうやら俺の事をただ同僚と見てくれているらしい), 提督(…偶に、ゾッとするような怖い顔をする時があるが、それさえ除けば彼女になんらかの警戒をする必要も無いくらいだ。), 提督(さあ、執務室に戻り、少しだけ仕事をしたら今日一日がようやく終わる。それまでに何事も起こらなければいいのだが…), Graf Zeppelin(以下グラーフ)「ん、先程食堂に居たのを分かっていたのか」, 私だって、アトミラールに危害を加えたりだとか、気を散らそうだとか思ってやったことでは無いんだ」, グラーフ「勿論、今さっきだけじゃなくずっとアトミラールの事を影ながら見守ってきたぞ?今日もアトミラールのベッドの下で侵入者が来ないか見張っていたんだ。残念ながらアトミラールは気がついていなかったようだが」, グラーフ「ああ。アトミラールの周りには貴方を想う余り、常軌を逸した行動を起こしているような者も多いからな。これくらいはしないとアトミラールを守れないと思っての行動だ。実際、こうしていてもアトミラールが雷に拉致される事を阻止できなかった」, グラーフ「アトミラールが何かを恐れる様に部屋を出て行かなければ私が守る事が出来たと思うのだが…ああ、いや分かっている、アトミラールはそういった拉致等を恐怖した故に夜中、目を覚ましてしまったのだろう?そのせいで外出して攫われてしまったのだろう?」, グラーフ「そうか。ふむ、やはり以前からも思っていたように私がアトミラールの側に居ない時やアトミラールを見張れない時というのはどうしてもある。そしてそういった時にアトミラールが危害を加えられてしまったら今回の如くどうしようもない。駆除はアトミラールに禁止されてしまっているから、元を断つことも出来ない」, グラーフ「そこでだ。最近それに対する対処法を思いついたのだ。なあアトミラール、ここは一つ、私とケッコンしないか?そうすれば不貞な輩が近づく事も無いだろう」, グラーフ「心配してくれるのか?それなら大丈夫、私はアトミラールの事が大好きだからな。アトミラールも私の事が好きだろう?それなら問題は無いさ」, グラーフ「それも大丈夫、指輪ならば以前にアトミラールの部屋の片隅に隠されてる様に置いてあるのを私が見つけておいた」, グラーフ「…に、しても。うっかり者だな、アトミラールは。そんな大切な物はもっと大切に保管しておかないといけないぞ?」, グラーフ「まあこれからは私とずっといる事になるのだ、もうそれを気にする必要も無い。これからは24時間365日ずっと貴方の側に居るから、私が完璧に貴方を支えるから…」, 提督「…すまない。その誘いは魅力的だが、急に言われてしまってはな。少し、心の準備をさせてくれないか?」, グラーフ「…そうか。確かに、それからの人生を左右する様な出来事だ、ちゃんと心構えも、道具も準備した方が良いだろう」, 提督(…ああわかってる。わかってるさ、わかってるとも。この行動がただ問題を後回しにしてるだけに過ぎない事なんて), 提督(でもこれ以外にこの状況を切り抜ける手段が咄嗟に思い浮かば無かったのも事実…ああ、また一つどうにかしなければならない事が増えてしまった…), 提督(少し前まではそれこそグラーフは普通に俺を守ってくれようとしてくれていた、正義感の強い娘だった。それが、いつからかエスカレートしていって…), 提督(…というか。昨日、俺は誰かの気配を感じて仮眠室で眠ったから雷に拉致される事になったんだな), 提督(そうなると、つくづく寝床を移したのは正解だったな。あの場で2人が遭遇してしまっていたらと思うと…), 提督(…それ以前に。外出して匂いをつけたら、夕立や天津風、それこそイムヤが嗅ぎつけるかも…どうするか…), 隼鷹「でしょ?屋内じゃないのは残念だけど、暖かい季節の内はここで月見酒ってのも良さそうだし」, 提督「全く、酒に関しては本当に目敏いな、お前は。こんな場所もよくもまあ見つけるもんだよ」, 隼鷹「おいおい、冗談にしちゃあんま面白くないよ?前に私と一緒に呑もうって時見つけたんじゃんか」, 提督(…俺がこいつと呑むのは相当久しぶりの筈なんだけどな。それこそ、三日前だとか、昨日だとかは有り得ないくらい…), 隼鷹「…あたしは、昨日だって提督と一緒に酒を飲んで…それで…違う!あれは夢?違う、違う、あたしは提督と…ずっと…!」, 隼鷹「提督は、あたしにいつも晩酌の誘いをして…あたしはそれが幸せで…それで、それだけでずっとずっと満ち足りてて…!それまでは全く味が感じ無かったお酒も、提督となら美味しくて!」, 提督(最近忙しく、彼女と共に酒を飲んだりだとか、そういう機会が全く無かった。だからこそ今日の会合に俺は心を躍らせていたんだが…), 提督(…ただ、その時間は彼女を狂わせてしまった。それは相手が居なくなった喪失感か、はたまた行き場の無くなった懸想の念か…), 提督(そうだ、俺はここに帰らなくっちゃいけなかったんだ。…昨日は執務室に付け合わせてある部屋で寝たが、本当は此処こそが俺の…), 「はい、今日も一日お疲れ様です。大変だったでしょう?色んな娘からアプローチを受けてましたもんね?見てましたよー」, 「あれ?忘れちゃったんですか?何度も言ってるでしょう、あれは皆好きだからやってる事だから…」, 大丈夫です。みんな、ただひたむきに愛しているだけなんですから。これが普通なんです。これも何度も言ったでしょう?」, 「何言ってるんですか。初期艦の頃からの付き合いですし、今更情けない所の一つや二つ大して変わりませんよ」, 提督「ああ、まあその…確かに俺の部下は少し押しが強かったりだとか…我が強いみたいなところはあるさ」, 提督「時計の…器物の破損なんて良くある事だろう。喧嘩?そりゃこんな大所帯で暮らしているんだ、不和なんて多々ある。…ストーキング?また大袈裟な。ただ献身的に俺の心配をしてくれているだけだ」, 提督「…だからなぁ…憲兵さん。どっかからのタレコミでここに検査に来てくれたっていうのは本当に有難い事なんだが…その…何だっけか」, ※2  嘘で家族になった相手に言われたら、戸惑うだろうね? ―――なんと、姉妹が 相思相愛に 歯車は 大きく狂ってしまいます!! アルファボリスでも葉桜鹿乃名義で連載しています。  やがて玲人と小春は輪廻の因縁がもたらす激動の渦に翻弄される。これは互いに大切な者の為に抗い戦う、少女と少年の物語――  その言葉の主、平沼・美怜(ひらぬま・みれい)は家族に幻想を抱いていた。 七夕まで残り半月。仲間達とともに準備に冒険に気晴らしにと東奔西走、てんやわんやでどたばたの日々が幕を開ける。  その結果、小春の体に仁那(自由奔放なお子様)と殺されて死んだ筈の仁那の母、早苗(制御不能なヤンデレ)の魂が同居する事になり、小春は彼女達に振り回される事になる。 ※メリシアの本格的な恋絡みのお話は『chapter.Ⅱ』の学園編からです。 「さあ姉様。貴女を殺した奴等をどうやって懲らしめたいですか?」 海王様「だがそれは事実だった。すでに神通と大和がヤンデレ化していたのだ。さ... 初めてssを書きました!!誤字やナニコレと思うことがあると思いますので温かい目で見てください( ;∀;). ヤンデレなセリフ〈男女別〉最恐ランキング35選!短い〜長いものまで! 巷で密かなブームとなっている不器用で、重たいヤンデレ。そんなヤンデレの〈男性〉〈女性〉〈短文〉〈長文〉〈漫画・アニメ〉などそれぞれヤンデレなセリフをご紹介します。 あとタイトルの通り再投稿です。理由は活動報告を見てください。 ローズのせいで広まっていたサリバン辺境伯家の悪評を止めるために、彼は敢えてローズに近付き一切身体を許さず私を待っていてくれていた。 記憶を思い出したときには遅かった。 その片割れに死が迫る。弟の体, 獣人は番を得ると、その相手しか異性として見なくなるし、愛さなくなる。獣人は匂いに敏感で、他の異性と交わった相手と身体を重ねることを極端に嫌う。獣人は番を決めたら死ぬまで添い遂げ、他の異性とは交わらない。 提督は、自身がモデルとして参加したアダルトビデオのパッケージからビデオテープを... いわゆるヤンこれです。国語力皆無&誤字脱字あり。それでも良い方はどうぞ。 ヤンデレのss ... パジャマな彼女。(29) ドラえもん(27) ドラゴンボール(27) ジョジョの奇妙な冒険(27) けいおん!(25) ニセコイ(24) ゆるゆり(24) アズールレーン(24) とある魔術の禁止目録、とある科学の超電 …  そんな彼女を望と美怜が救う物語。 ※ログインできなくなったので新垢で再投稿・・・完結しました(9/13) それは楽しみだと思い、転生してみたら、確かに女性の言った通り皆が憧れそうな異世界だったのだが、何故姉が六人もいるんだ、しかも赤ちゃんの時は姉達からのスキンシップが止まらず、四歳になった頃には妹まで生まれてしまった、確かにいい思いは出来るのだが、姉達は重度のヤンデレだった事に気づいた。, わって、三角関係に発展するとかしないとか。←以上が第一章の内容  第二章からは高等学校編がスタートしています。 ※カクヨム等でも掲載中です。, 様子は日に日に変わり始める。愛のない結婚のはずだったのに、妻を愛しているかのように振舞う皇太子。疑問だらけで過ごしていたある日、とうとう姉と入れ替わっていたことがバレてしまい、皇太子の態度は豹変した。怯えるマシェリに彼は「子供の頃のように、さあ踊れ」と命じたのだった――。 俺は基本的に自分以外の人間がどうなろうと知った, 「一緒に寝ようと思って」 レモンザン!ナズェココニルンディス! 4: SS好きの名無しさん 2018-06-10 16:44:15 ID: 5khu0IZX 他のヤンデレ物とは一線を画した怖さがありますね… 5 : SS好きの名無しさん 2018-08-06 13:44:10 ID: hOFSA2YI 提督「・・・あのなぁ、明石。お前の突拍子のない話を聞いているほど俺も暇じゃないんだが?」スラスラ  R15, がアテナの毒に蝕まれる。 言葉足らずなダウナー姉×妹扱いが嬉しいけど妹以上になりたい妹=百合 Vtuberグループ「メモリーズ」を中心とした百合物語 しかし、彼を狙う厄介な人物は他にもいた。姉たちは、弟を守るために時には喧嘩し、時には協力などをする, 引きこもりだった高校生高倉洋一は、妹の香織と一緒に異世界へ転移してしまう。 二人で書くという 暴挙に出てしまい、とうとう運命の 俺なんかとはまるで釣り合わないカノジョ。 妹のおさがりばかりを貰っていた私は、初めて本でも家庭教師でも実権でもないものを、両親にねだる。  虐められた過去にあり、白い容姿のアルビノを隠して地味に生きるのが目標だ。  唯莉のために、美怜と望は奮闘する。 ※ハーメルンとマルチ投稿です。, あるところに、二人の姉妹が居りました。 <四部>  一話、大体3000文字程度の読み切りサイズ ひとりは 妹のことが この世で一番 大キライでした!  ただ全てにおいてソラに勝てないと、自覚し、諦めてしまっているリクは悩み、苦しむ。 雷「…って、司令官ったら!解ってるのに言わせたの?全くもう、いじわるなんだから!」プンスカ! お任せ下さい。宴会屋なら、こうやります。 そんな俺を彼女は何故、カレシに選んだのか……。 なってしまったのです!!!, の経験から、今度は平穏に生きていくことを望む。 明石「ちゃんと聞いてくださいよ!もしかしたら艦娘と提督との関係がガラリと変わるかもしれない画期... とあるラバウル基地でのお話 私的良スレ書庫 不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。 不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitterで ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。  そんなカオスな状況の中、人類に危機が迫る事を知った小春は、玲人を守る為に同居する仁那と早苗と一緒に戦う事を決意した。 ※前半部分、育ての父親に迫られるシーンがありますので苦手な方はご注意下さい。(主人公が血の繋がりが無いことに気付くのは中盤頃です), 畑首脳陣にシスコンお兄様、前も後ろもアウトな状態なうえ、ヒロインは理解不能な美少年。 あきが考えている以上に、物事は拡大していき彼はそんな、魔の手から抜け出せるのか? ヤンデレ娘「あのね…今日、男くんのためにお弁当作ってきたんだ」 ヤンデレ娘「いつもカップ麺とかパンじゃ栄養偏るかなって思ったから」 ヤンデレ娘「あ、ちゃんとから揚げも入れたよ!男くん、から揚げ好きって言っていたでしょ?」 男「」 だから姉は立ち上がった。弟を救うため、弟だけを救うため。彼女にとって彼以外など――等しくどうでもいい存在だ。 見た目はただ... 提督「あ、これ先週撮影された奴やん」 「異世界転生に興味ある」  個性的すぎて手に余る彼らに囲まれて、メリシアの楽しい楽しい学園ライフが始まり……「始まらなくていいから!」 <三部> 木曜日ちゃんは優しくて、金曜日ちゃんはからかい好きです。  追伸)現状の所、最高:日間ランキング31位:週間40位:月間62位まで乗らせて頂きました! いつも読んで頂き本当に有難う御座います!! 「我が主。貴女の望みを教えてください」  地味めの話なので無双展開とかはない予定。 のんびり更新予定。少なくとも週一回はしていきます。スロースタートですが、この子達の物語を見守っていただければ幸いです。

.

越谷 高校 部活 4, Arrows 写真 Sdカード 移動 8, 黒い砂漠 Wz Pvp 5, 馬 鞍 付け方 ゼルダ 54, 啓林館 算数 5年 7, West 鍵 潤滑剤 14, タカラスタンダード レンジフード 電球交換 14, バイオ ハザード Hd リ マスター 時間 4,