S8においてレート2002(最終41位)を達成しましたので、使用したエルテラの構築記事を寄稿させて頂きました。, 6月17日、DLコンテンツの第1弾である鎧の孤島が発売され、100種近いポケモンが新しく捕獲できるようになりました。, その鎧の孤島で入手できるポケモンに交じって、何故かテラキオンを始めとする3闘もS8のランクバトルから使用できるようになり(本当に理由が分からない)、折角なのでアローラでもお世話になったエルテラをまた使おうということで考察を始めました。, まず、ガラルのエルテラとアローラのエルテラの大きな違いは当然のことながらダイマックスの有無です。, 元々エルテラと言う構築は、エルフーン+テラキオンの並びによって叩き雪崩(ふくろだたき+いわなだれ)で場を荒したり、追い風を貼ることで後ろに控えるテラキオンに並ぶ2枚看板であるメガリザードンYを始めとする後発エースが暴れやすい場を整えて勝つのが基本の動きだと認識しています。, しかしダイマックスの導入により「テラキオンと同圧力のエースを立てる」のが難しくなったと感じました。, 耐久値的にはそこまで余裕があるわけでもないので、叩きを起動できたとしてもダイマックスを切らなければどうしても殴り負けてしまいます。, なので、まずは「テラキオンをダイマックスエースに据えてテラキオンで4タテを狙う」をコンセプトに構築を組みました。, 本命の構築ではないので説明は簡単に済ませますが、採用経緯は構築テーマのエルフーン・テラキオン、猫騙しを透かせる叩き役としてドラパルト、テラキオンを立てられない場合(エースバーン+ゴリランダーや雨)に対するダイマックスエースとしてトゲキッス、エースバーン対策その2として威嚇のガオガエン、イエッサンブリムオンの並びを始めとするトリックルームメタとして最遅ゴリランダーといった形でした。, この時のテラキオンは実数値にして[197-152-112-×-117-166@かたいいし]と、かなり耐久に振ったテラキオンとなっており、“ワンパンされることを減らし、叩きを起動できる回数を増やす”ことを意識していました。, 脱出パックドラパルトに代表されるように、エルテラは序盤起動に限らずサイクルを回して終盤でも叩けるようになっています。, S8の序盤は世界がエルテラに慣れていないせいかこの構築でもかなり勝てて7月14日時点で34-6(勝率85%)で瞬間16位という成績を残すことができました。, まず①エルテラで出さない=トゲキッスがダイマックスするパターンとなりますが、火力アップアイテムではない特殊ドラパルト、HSエルフーン、Aをあまり延ばしていないテラキオンではそれぞれ単体性能が低いと言わざるをえません。, 特にこちらのトゲキッスとダイマックスのターンをずらして後発ダイマックスしてくる相手には、どうしようもなく負ける試合がいくつかありました(こちらのキッスの弱点保険を能動的に発動させる手段が無いのも一因)。, ②は書いたままですが、ゴリランダーの他にも連撃ウーラオスがアクアジェットを飛ばしてくることもあるので折角テラキオンがダイマックスしても暴れきれないことが多かったです。, 詳しい調整は後述しますが、テラキオンをASベースに変更かつしろいハーブを持たせることにより初手に出されるガオガエンにも強くして単体性能を高め、テラキオンの裏のダイジェットエースとしてエルテラのお供として古来より伝わるリザードンを採用。, リザードンの加入に伴ってトゲキッスの耐久面を厚くしてねっぷうを抜く形で6体を決定。, 上で挙げた問題点の①は晴れリザードンの加入により解決、②はそもそもテラキオンをダイマックスさせない事で考慮する必要をなくしました。, 裏にリザードンが控えていることで無理にテラキオンをダイマックスする必要が無くなり、立ち回りの幅が広がって自由に回しやすくなったように感じました。, 持ち物:きあいのタスキ 威嚇込みでようきエースバーンの珠とびひざげり耐え調整のH202-B129ガオガエンには95.0%~112.8%の68.7%の乱数1発) 技:ウッドハンマー/ねこだまし/グラススライダー/まもる, H:16n+1 HB:余り(ようきドリュウズのダイアースは耐えられる(79.0%~94.9%)) S:最速ウーラオス抜き, 古のエルテラの構築記事にもエルテラの裏エースはメガリザードンと書いてあるので間違いないのでしょう。このリザードンは自分で晴らせませんが。, エースバーンとはダイマックス同士打ち合う為サンパワーが必要ですが、ダイマックスを切り終えた相手には通常天候のキョダイゴクエンとダイジェットも充分な打点となります。, 具体的な調整意図があったわけではないのですが、CSリザードンがあまりにも脆かったのでどうせ誤差だろうと火力を削り耐久に回しました。, ダメージ計算を見ていただければ分かると思いますが、普通のエースバーン相手の打ち合いには基本勝てるようになっています。, 持ち物:するどいツメ D:余り, 叩き構築の基本(?)としてこの指とまれ+トリックルームが重いので、フィールドの取り合いにおいて相手のイエッサンに確実に勝つために最遅としました。, これによりイエッサンポリゴン2ならゴリランダーのねこだましとテラキオンのちょうはつを合わせてトリックルーム展開を阻止できます。, ただしブリムオンの場合ダイマックス択が絡んでくるので完璧な回答とは言い難くなっています。, ここまで書いたように基本的に役割対象は特殊アタッカーなのでDを重視した調整となっています。, 持ち物:オボンのみ HB:ようきドラパルトの珠ダイホロウが18.7%の乱数1発(86.7%~102.3%) 努力値:252-0-164-0-92-0 上記のHDを満たせる配分は、 実数値:193-179-110-x-119-81(S個体値0) パーティ作成経緯. | 性格:のんき 努力値:108-0-12-140-4-244 性格:ゆうかん 性格:ようき D:ひかえめフシギバナの珠ダイアシッド確定耐え シリーズ6ルールとは? 8世代初記事です、よろしくお願いしますm(_ _)m 【PT紹介】 ルカリオ@きあいのタスキ 性格:いじっぱり 特性:せいしんりょく 実数値:145-178(252)-90-×-91(4)-142(252) 技構成:インファイト コメットパンチ カウンター しんそく 襷を盾に殴っていくスタンダードな型。 実数値:167-×-100-147-106-166 B:あまり 特性:サンパワー 実数値:177-×-199-105-102-22 こんにちは、初めての投稿になるシャングリラ(@pokeShangrira)と申します。 努力値:252-0-154-4-98-0 実数値:177-x-196-106-102-22(S個体値0) 性格:おくびょう 技:エアスラッシュ/マジカルシャイン/まもる/このゆびとまれ, H:16n-1 C0ドラパルトのなみのり+じゃくてんほけんが発動したようきエースバーンのダイジェット耐え(80.7%~96.0%) 剣盾からポケモンの通信対戦を始め、ダブルバトルにハマりました。今回はランクバトルのシリーズ6ルールでそこそこ納得のいく構築が組めたので、備忘録がてら初めて記事を公開することにしました。 1-2. 性格:のんき 技:てだすけ/おいかぜ/ふくろだたき/ムーンフォース, 試合の始点。襷持ちにも関わらずHに振っているのは、火力よりもサイクルの回しやすさを重視したためです。, 初手にエルフーンがガオガエンなどのねこだまし持ちと対面してしまった場合、裏のコータスに引いて凌ぐことが多いです。, ある程度耐久を伸ばしておいた方が、その後再降臨する際に相手の攻撃で襷圏内まで削られにくく、天候ダメージ込みで耐えやすくなります。, 後発叩きの為には残数を削られないことが重要なので、耐久に振り頭数を減らさないようにしました。, ちなみに陽気ファイアローのするどいくちばしダブルウイングは、最高乱数を2回引かない限り耐えます。, 技構成ですがC無振りとはいえ軽く削りたい場面も多々あるので、ムーンフォースを入れています。, ただ選出次第では相手のねこだまし+ダイジェットが受からないこともあるので、てだすけの代わりにまもるの採用も視野に入るかと思われます。, 持ち物:しろいハーブ 皆さんこんにちは! せろと申します。 今回ポケモン剣盾シーズン6において、最終185位最終レート2053を達成できたので構築記事を書かせて頂きました。. 実数値:167-64-105-98-95-184 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめに 剣盾からポケモンの通信対戦を始め、ダブルバトルにハマりました。今回はランクバトルのシリーズ6ルールでそこそこ納得のいく構築が組めたので、備忘録がてら初めて記事を公開することにしました。, 内容:「シリーズ5で 使用できる ポケモンのうち 7月シーズン(シーズン8)で 活躍した ポケモンは 使用できません」, ということで、前シーズンのシングルバトル・ダブルバトルのどちらかで使用率TOP10入りしたポケモンが、どちらでも使えなくなるというルールであり、具体的には以下の16匹のポケモンが使用禁止となりました(現在進行形)。, これにより、これまで使っていたレンタルチームでランクバトルを遊ぶことができなくなってしまった人もいるでのはないでしょうか。, また、来たる10/23に追加DLC「冠の雪原」を控え、あと1ヶ月で終わってしまうこのシーズン6ルールのためにざわざわパーティを組むモチベーションがわかないといった人も多いことと思います。, こうした背景を踏まえ、シリーズの途中ですが、構築およびレンタルチームの公開を決意しました。誰かの何かの参考になれば幸いです。, バルドルさんのリザガアピッピの概要は以下のようなものです(部分的に抜き出しているので、詳しく知りたい人はぜひ元記事を当たってください)。, このゆびとまれをチラつかせつつ、フレンドガードを盾に、てだすけ + ダイマックス技で攻める, ピッピが退場したところで後発の中速アタッカーを繰り出し、ダイジェットに乗せて蹂躙していく, ガアピ:vsスタンダード系(バンギラスあり)、バンドリ系、その他リザでは苦戦しそうな相手やガアへの打点が著しく少ない相手, 特に後半3行にあるように、選出方針が非常に論理的にまとめられていることに、構築記事としての魅力を感じました。, 「ここから考察を始めれば、勝てない時でも方針を見失わずに構築を改善していくことができる」と考え、この構築をシリーズ6でも使えるようにすることからスタートしました。, 構築をシリーズ6に対応するにあたり、元記事の構築から大きく変更しないことを意識しました。あまり大きな変更を加えると、元記事の論理が通用しなくなってしまい、考察が追いつかなくなると考えたからです。, 元記事にも書いてあるのですが、この3体ではシリーズ6ルールトップメタと言えるが非常に重いです。に対して打点をもたせるため、をに変更しました。電気に対する耐性は低くなってしまいますが、ダイジェット・おいかぜで上をとったり、やひらいしん(後述)により電気技から守ってあげたりすることで、逆にこちらからこだわりメガネムーンフォース(ダイマックスを確定一発)で縛っていくことができるようになりました。, もともとが果たしていたvsガチトリパの役割も、は特殊受け、は物理受けのように分担することで、こなすことができました。, 次に、レギュレーションに弾かれてしまったの代わりとして、ひらいしんを採用しました。, 最後に、これまたレギュレーションに弾かれてしまったの枠に、を採用しました。この枠はパッと見悪くなさそうですが、かなり審議です。, まず、元記事におけるの役割をまとめると以下のようになります。(ちなみに元記事の時点ではグラスメイカーは解禁されておらず、バルドルさんの先見の明が伺えます), 考察対象としては使ってみるのが筋ですが、あまりに「詰ませ役としての」を信用できなかったので、採用にはいたりませんでした。(シーズン11で使ってみるかもしれません。), そこで、シリーズ6ルールで使用できる中速草タイプで、圧倒的に種族値が高いを採用してみることにしました。他の有力候補としてがいますが、元記事でも触れられているように、おいかぜやダイジェットに乗せられないところがアンチシナジーに感じ、採用を見送りました。, は、先述したの3つの役割のうち「水・地面タイプへの安定打点」しか満たせていないという点で物足りなさは感じましたが、にはない魅力がありました。, この枠については、まだ考察の余地が多いと考えています。シーズン11でも、色々変えながら試してみたいと思っています。, こうして、バルドルさんのリザガアピッピを、シリーズ6ルールに適応させたパーティができました。, 【まもる、ねっぷう、ぼうふう、げんしのちから@いのちのたま/もうか】154-×-98-161-105-167 (H4, C252, S252 おくびょう)  ※キョダイマックス個体, それぞれの技についての説明は元記事に任せますが、使ってみた感想として、ダイロックがあって良かった場面は非常に多かったです。, 晴れパだけでなく、地味に流行していた霰パに対しても、ダイロックでとても強く出ることができます。対策で「ねっさのだいち」を採用しているが増えていたため、ミラー対決も有利でした。, 後述しますが、私がの魅力に取り憑かれてしまったため、強さの割に選出率が低くなりました。シーズン11ではもう少し信用して選出してみようと思います。, 【ブレイブバード、アイアンヘッド、ボディプレス、おいかぜ@ラムのみ/ミラーアーマー】175-151-125-×-105-119 (H12, A244, S252 いじっぱり)  ※通常ダイマックス個体, 元記事では主に対策を担っていたポケモンですが、使ってみるとの並びが「どうしようもない出し負け」をすることがほとんどなく、「選出時に考えることを減らしたい」という私の考えに合っていたため、むしろこちらが基本選出となっていきました。, 専用特性「ミラーアーマー」と道具「ラムのみ」によって置き物にならずにダイジェットを連打することができ、ダイマックスポケモンやフレンドガードで守られているポケモンは放置されがちであることから、ダイマックスを全うして小さくなった後においかぜを展開することができます。, この動きがとんでもなく強く、例えば、初手おいかぜに対して、ダイジェットで相手のおいかぜ要員を処理しつつおいかぜターンを凌ぎ、ダイマックスターン終了後にこちらの後発おいかぜを通すことによって、終盤戦を有利に戦うことができます。, の耐久力はとても信頼がおけるものであり、ダイマックスしてピッピと並べると、なんと、いのちのたま持ちA特化のダイサンダーも耐えることができます(当然先制でんげきくちばしは耐えないので気をつけましょう)。, 一方で少し火力には残念なところもあり、特に、初手に呼びがちなに対して、ダイジェットで確定一発をとれないことはとても惜しかったです。, 持ち物として「するどいくちばし」も考慮しましたが、「選出に迷わない」という私の目指す構築に近づけるには「ラムのみ」の方が適していると考えています。, 【ハイパーボイス、ハイドロカノン、ムーンフォース、ふぶき@こだわりメガネ/うるおいボイス】175-×-94-194-136-94 (H156, C244, S108 ひかえめ), H:16n-1 S:ダイジェット一回 (141) で最速75族 (139)抜き    おいかぜ下 (188) で117族 (185)くらいまで抜ける, 後発スイーパーとして選出することを考えるとCSぶっぱにしたいが、という初手にも役割があるため、ある程度耐久は残したい。そんな気持ちを表した努力値配分になっています。, 技はタイプ一致でスイーパーとして便利な範囲技である「ハイパーボイス」、ダイストリームとして最大火力の「ハイドロカノン」 、同じくタイプ一致安定打点の「ムーンフォース」まで確定。, 最後の一枠には「ふぶき」を採用していますが、ダイマックスした際にはダイウォールをうちたくなることもあるので、「まもる」でもいいかもしれません。, 【まもる、このゆびとまれ、てだすけ、ひかりのかべ@しんかのきせき/フレンドガード】177-×-69-×-128-36 (H252, B4, D252 なまいき最遅)元記事ではB特化のところを、特殊環境なのでD特化。, 技はとりあえず元記事のまま使ってみたところ、十分戦えたのでそのまま使っています。詳しくは元記事を見てください。, 「まもる」「このゆびとまれ」「てだすけ」の三種の神器は外し難く、「ひかりのかべ」はトリルの時間稼ぎや雨パに対して隙を見て使っています。, 他の技候補としては、ピッピ自身を「ちょうはつ」から守るための「サイドチェンジ」を採用したいのですが、「このゆびとまれ」を外すのが怖く、躊躇っています。「サイドチェンジ」という技をあまり使いたくないという個人的な好みもあります。別に相手に通されるのは構わないと思っているのですが、読まれたときに完全に一手損になるところが、難のある技だと思います。, 【まもる、じしん、10まんばりき、いわなだれ@きあいのタスキ/ひらいしん】191-211-150-x-75-92 (H4, A252, S252 いじっぱり)ASぶっぱ。, 技はとてもオーソドックス。読まれやすいけどこれが一番強いと思います。ひらいしんでダイマックスエースたちを守りながら相手に負荷をかけていくことができるのが強力。このポケモンがいないとパーティとして成立しないとっても過言ではないかもしれないです。, 【まもる、ちょうはつ、パワーウィップ、トリプルアクセル@こうかくレンズ/じょおうのいげん】175-189-119-×-119-96 (H220, A252, B4, D4, S28 いじっぱり)S:味方の +2 、A:ぶっぱ、残り耐久本記事を書いていて4振り忘れていること・なぜか存在しないダウンロード対策をしていることに気がついたので、バレないようにBにも4振っておきました。, 「じょおうのいげん」は優秀で、「いたずらごころ」対策になるだけでなく、が相手の先制攻撃技に縛られることなくおいかぜを展開することができる場面もありました。, 先述の通りこの枠はまだ考察途中の部分が大きいです。初手から「ちょうはつ」をうつ展開を考えて努力値を耐久に厚めに振っていますが、初手に出したことがないため、うつ機会が非常に少ないです。技や努力値配分を変更したり他のポケモンを検討したりしていきたいと思います。, 選出は極めてシンプルです。 初手を以下の3通りから選び、後発の2体を残りから選出します。, 選出で考えることを減らしたい点・の個別紹介で紹介した後発おいかぜが一番強い勝ちパターンであると感じている点から、出せるときはで選出します。, 立ち回りについては、元記事ほど細かくまとめきれていないので、これからより考察を深めていければと思っています。, 本構築を使っていて重いと感じたのは、「このゆびとまれ」や「ひらいしん」で吸えない電気技をもち、の弱点をつくこともできるの2体です。に対してはや、に対してはを合わせることで戦っていくことはできますが、窮屈な立ち回りを強いられます。, また、これは完全に私の立ち回りの課題なのですが、をうまく退場させることが難しいと感じています。この点に関しては、残り1ヶ月、経験を積んでいきたいと思います。, シリーズ6環境はクセの強いポケモンが多く活躍しており、私は新ルールについていけず4桁と5桁の間をうろうろしていたのですが、9/27にこの最終形に辿り着いてからは、高い安定感で勝利を重ねることができ、調子のいい瞬間には最大12連勝も達成し、無事3桁以内に落ち着くことができました。また、ビエラさん主催のシリーズ6ルールでの仲間大会「ビエラはぃ4」で 7-3 で31位という、個人的には満足のいく結果が得られました。ランクバトルの最終順位は419位(レート1810)と、自己ベストを更新することができ、嬉しかったです。, 一方で、最終2桁順位への壁を感じ、まだまだ構築力・プレイング力を磨いていく必要があると感じました。, 10/23 には追加DLC「冠の雪原」が解禁され、11月からのシリーズ7ではランクバトルでも使えるようになることが予想されます。更に言うと、10/23にはとくせいパッチが使用できるようになるため、これまで未解禁だった隠れ特性ポケモンも、今シーズンのうちから使用できるようになる可能性があります。めまぐるしく環境が変化し、ついていくのは大変ですが、これからもポケットモンスターというコンテンツを精一杯楽しんで行けたらと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました!, masuo_sannさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

.

一度 死んで みた Dvd 発売日 8, Ps4 Hdmi機器制御 遅延 19, Gta5 オンライン 金稼ぎ 5, じゃんぱら Sh M07 11, E119932 T Awm Style 5, 唇 めくれてる 人 4, ゴルフ インターロッキング マメ 12, 建具 図面 書き方 28, All Aboard 2 和訳 Lesson2 6,