相手を不快にさせてしまう口臭。食べたものによっては、歯磨きだけでは消せません。そこで今回は、息をスッキリさせてくれるマウスウォッシュ11製品をガチ検証してみましたので、ご紹介します! 今よりもうちょっとキレイに、もうちょっとお洒落になりたい!そんな女子のための美容&ファッション情報と、心もゆたかになれるような情報をおとどけします。, 世界一売れている薬用うがい薬といわれるリステリンですが、マウスウォッシュなどのオーラルケアだけでなく、水虫とくに爪水虫の患部に塗布すると良いというウワサがあります。塗布ではなく、患部を液に浸すという説もあるようですが、詳しく見てみましょう。, 本来、オーラルケアのために開発されたリステリン。実際うがい薬として知られているし、そのように宣伝して販売されていますよね。, でも、ネットを中心にリステリンの意外な使い方として水虫に塗布して治すという情報が出回っているようです。, 都市伝説のような話でもあるし、ネットでは根拠が定かではないとんでも情報もたくさんありますからちょっと眉唾ものですが、少し調べてみました。, 虫歯が口の中の細菌のせいであることは知られていますが、それらの菌を退治することで虫歯を予防するとともに、同じように細菌などが原因である歯周病や口臭を防ぐことができるのもこれらの殺菌成分のおかげのようです。, (爪)水虫なども、同じように菌が原因であることから、このリステリンを塗ることによって(白癬)菌をノックアウトさせようということのようです。, リステリンの原液に患部(爪)を30分ほど浸し、その後に治療薬を付けると、奥まで浸透しやすくなるので治りが早くなる可能性がある、といった程度の事のようです。, リステリンとともに有名なオーラルケア商品として、「お口くちゅくちゅ♪モンダミン」でおなじみ、モンダミンがありますね。, どちらも主に口臭予防のオーラルケアとして使う方が多いと思いますが、どのような違いがあってどちらが効果あるのでしょうか。, 今、日本では他にもいろんなメーカーからさまざまな商品が発売されていますけれど、ここではリステリンとモンダミンに限って簡単に比較してみたいと思います。, かと言って、細かい成分や化学的な解析をしてもユーザーの立場ではあまり意味はなさそうなので、主に使用感について考えてみたいと思います。, リステリンとモンダミン、どちらも主に口腔内の有害な細菌の働きを抑えることによって、虫歯や口臭・歯周病などのお口のトラブルを防ぐもので、使い方や効果などにそれほど大きな違いはなさそうです。, 一言で言うと、リステリンはそうとう”カラい”です。 リステリンとともに有名なオーラルケア商品として、「お口くちゅくちゅ♪モンダミン」でおなじみ、モンダミンがありますね。 リステリンとモンダミンの比較. 上記の4つの薬用成分の他に歯石を付きにくくする成分が配合されてる、歯石予防のうがい薬となってます。 脇汗などの気になるニオイにもいいと言われています。口臭予防の効果を考えると、なるほど~って感じですね。, 2、かゆみ止め 落として リステリンシリーズの最新作。 Copyright ©  口臭対策グッズ体験レビュー!使って分かったおすすめも! All rights reserved. 洗口剤として有名なリステリン、モンダミン、コンクールFですが、がんになりやすいとか、血圧が高くなるとか、危険じゃないの?って言われていますので、リステリン、モンダミン、コンクールF、ジェルの成分を調べてみました。実際の成分を調べて、お医者さんたちのコメントも集めてみました。虫歯予防、歯周病予防にはどのマウスウォッシュがいいのでしょうか?, シオネールは、ユーカリにも精油として含まれていることが知られている成分で、 強い殺菌・防腐作用があります。チモールは、芳香性のにおいと刺激的な味を持つ殺菌剤で歯科治療でも広く用いられています。サリチル酸メチルは、清涼感のあるにおいがあり、医薬品の消炎鎮痛剤としても広く使用されています。メントールは、はっかのような香気と清涼感のある味を有し、着香料として広く食品に使われる他、防腐剤・消炎剤として広く使用されています。(出展:リステリン公式HP), 有効成分を溶かすためのアルコールです。なので、リステリンでマウスウォッシュした後に、すぐにアルコールの検問に引っ掛かると、陽性反応が出て、酒気帯びの容疑がかかる場合があります。注意が必要です。, すぐれた殺菌作用を持つ成分で、「CPC」と表示されることもあります。トローチやうがい薬などに含まれると口の中やのどの粘膜で細菌の増殖を抑える働きをします。これにより、トローチやうがい薬、歯磨き剤など、のどや口の中の殺菌を目的とした医薬品に使われています。 リステリン20mlを口に含み、30秒すすいで吐き出します。 適量は一回につき約20ml。 1000mlボトルの場合は キャップ約半分、 500ml用ではキャップ約8分目、 250ml用ではキャップ約1杯と半分、 80mlではキャップ約3杯となります。 リョウシンJV錠とアリナミンの違いと選ぶ基準!成分や効果と副作用とコスパを徹底比較!, リョウシンJV錠の飲み合わせで危険なものリスト!飲むときの間隔や副作用もチェック!, 薬用 LISTERINE リステリン トータルケア ゼロ 500mL ノンアルコールタイプ 医薬部外品. スポンサーリンク ※診療受付は終了時間の30分前までとなります。, 南海高野線、JR阪和線「三国ヶ丘」駅 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 メディカルアンサー All Rights Reserved. 口は「食べる」「笑う」「話す」といった生きるために必要な、身体の機能です。近年はオーラルケア、口腔ケアの大切さが少しずつ浸透してきました。, そんな中で今回は「ニーズ別に3つだけ」洗口液を紹介します。そもそもどうやって選ぶべきかという話から、おすすめ3つの解説です。, Twitterで情報発信していますので、記事の信頼性担保につながると嬉しいです。1分ほどで読み終わります。, うつ病では歯磨きが面倒になり、むし歯や歯周病になりやすい…って話をしたけど、そんなときは洗口液を試してほしい。別名マウスウォッシュ。口に含んですすぐだけ。汚れそのものは落とせないから、本来は歯磨きの仕上げ用。でも何もしないより効果あり。災害時やつわりのひどい妊婦さんにも有効です, 『うつ病では歯磨きが面倒になり、むし歯や歯周病になりやすい…って話をしたけど、そんなときは洗口液を試してほしい。別名マウスウォッシュ。口に含んですすぐだけ。汚れそのものは落とせないから、本来は歯磨きの仕上げ用。でも何もしないより効果あり。災害時やつわりのひどい妊婦さんにも有効です』. スポンサーリンク リステリンは非常に歴史があり、そのルーツは19世紀半ばに作られた消毒薬。 当時は消毒技術がなく、手術に成功しても細菌に感染して亡くなってしまうという人も多かったそうです。 そこで外科医のジョゼフ・リスター博士が消毒薬を作り、手術による死亡率が劇的に減少したのだとか。 その後、他の専門家の人たちが、その消毒薬をさらに進化させ、リスター博士の名前にあやかって「リステリン」と命名しました。 なので、もともとは手術時に使う消毒薬だったんですね。 その後、口内の殺菌にも効 … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 薬局でも色々な色のリステリンが販売されているので、リステリンは一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。, リステリンはマウスウォッシュの総称とも言えるほど日本でも身近な商品で、なんと現在では世界でも50ヶ国以上で販売されているそうです。, また、実はリステリンには大きく分けて「洗口液」タイプと「液体歯磨き」タイプと全部で7種類もあり、それぞれ効果も異なるので目的に応じて使い分けるようにしましょう。, 通常の歯磨きの後に使う「洗口液」タイプには、全部で4種類の香りと味から選べるようになっているので、好みに合わせて選ぶ楽しさがありますよね。, そして、この4種類の成分は基本的に同じで、8-シネオール、チモール、サリチル酸メチル、l-メントールなどの薬用成分により、「殺菌作用」「消炎剤」「腐敗防止」の3つの効果を期待することができます。, 実はこれは前述の5種類とは違い、「歯石沈着予防」「ホワイトニング効果」「殺菌作用」「プラーク沈着予防」「歯周炎・口臭・口内炎の予防」といったように様々な効果が期待でき、トータルでケアしてくれるワンランク上のリステリンなんですね。, そして、「リステリントータルケア」と「リステリントータルケアゼロ」の2種類があり、ゼロの方はノンアルコールで低刺激タイプとのことです。, それから、国内での販売はされてないのですが、香港やタイではフッ素配合で虫歯予防などさらに高い効果を期待できるリステリントータルケアNo.6という商品も販売されているそうです。, ちなみに、リステリントータルケアについてさらに詳しい記事はコチラになりますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。, リステリンはあくまでマウスウォッシュ商品ですが、実は水虫・爪水虫やニキビへの効果があり、民間療法として使う方が多いようです。, そして、使い方は簡単で、水虫や爪水虫の場合はリステリンを入れた洗面器に足を浸すと、リステリンの薬用成分には皮膚を柔らかくし殺菌作用もあるので、症状を改善させる効果があるそうなのです。, それから、ニキビにも効果があるので、気になる部分にちょん、ちょんとリステリンをつけると治る場合もあるそうですよ。, ただし、刺激が強いので足を浸す時間も30分以内にし、ニキビにも大量につけないように注意した方が良いでしょう。, リステリンでは、歯周病や虫歯を予防することができるのですが、汚れを落とす効果などはないので、通常シリーズの場合は歯磨きをしっかりして、食べかすや大きな汚れは落としてから、適量を口に含んでよくうがいをして使いましょう。, それに対して、リステリントータルケアの方は「液体歯磨き」なので歯磨き前に口に含んでゆすぎ、水で流してから通常の歯磨きを行って大きな汚れなどを落とすようにしましょう。, それから、既に歯周病にかかって歯茎が腫れている場合や、唾液が元々少ない方や、刺激物に弱い敏感タイプの方にはあまりオススメできません。, なぜかというと、リステリンにはアルコールが含まれている種類が多く、歯茎の腫れなどがあるとさらに刺激になってつらいからです。, なので、できるだけ低刺激のものが良ければ「フレッシュミント」「ナチュラルケア」が比較的刺激が少ないのでオススメで、トータルケアシリーズでは前述の通りゼロが良いそうです。, リステリンはマウスウォッシュなので、基本的に飲むことはないはずですが、間違って飲み込んでしまった時、体にとって毒ではないのかと気になっている方は多いようですね。, ただ、リステリンには前述の通り4種類の安全性の高い薬用成分と、エタノールといって有効成分を溶かすためのアルコール、保存剤として安息香酸、それからカラメルや香りごとにイメージするための着色剤は配合されていますが、どれも健康被害を及ぼすような成分ではないそうです。, それから、リステリンと同じようにメジャーなマウスウォッシュ商品として「モンダミン」がありますが、モンダミンにも「セチルピリジニウム塩化物水和物」「グリチルリチン酸ジカリウム」「トラネキサム酸」といった化粧品などにも配合されている身近な薬用成分と、エタノール、保存剤や着色剤が入っているだけなので問題ないようですね。, なので、どれを使っても体に毒ではないのですが、刺激の程度に違いはありますし、香りも様々なので、好みに応じて使うと良いのではないでしょうか。, それから、副作用として目立ったものはないのですが、リステリンは使った後に口の中が麻痺したような状態になるので、直後に食事をしても味が分からないなどの味覚障害などはあるようなので、リステリンを使った後はしばらく食事をしない方が良いでしょう。, 口の中がピリピリするくらい刺激がありますが、使った後はすっきり爽やかで気に入っています。, 以前、口内炎になりやすく、一度かかると、何を試してもなかなか治らなかったのですが、リステリンで(刺激が強いですが)口を30秒ほどゆすぐと、まずは麻痺して痛みを感じなくなり、これを一日何度も繰り返すようにすることで、口内炎がびっくりするほど早く治るようになりました。, さらに、毎食後の歯磨きのあとにリステリンでよく口をゆすぐことで、まったく口内炎にならなくなってしまいました。, また、しばらくやるのを忘れていても、ちょっと口内炎の徴候があったら頻繁にリステリンでゆすぐことで、やはり本格化する前に治ってしまいます。, 刺激が強烈なので、人によっては我慢できないかもしれませんが、口内炎のあの継続的な、喋れなくなるほどの痛みに比べたら、こんな一瞬のヒリヒリ感なんて、全く苦にもなりません(笑)。, だいたい、”リステリン”ラインで、個人的に相性が良いアイテムがなく、こちらも1度購入しましたが、刺激を感じました。, 「水で口をすすぐ必要はありません」とありますが、あまりの甘さと辛さですすがずにはいられません。, リステリンは使いたいのですが、辛いのが苦手で「ソフトミント」が良いな、と使い続けていましたが、「ナチュラルシトラス」を買ってみたら、辛くなく、シトラスの爽やかさが凄く良いです!, というわけでリステリンオリジナル(黄色の一番辛いと言われてるやつ)、GUMに続いてターターコントロールを購入しました!, みんなそんなに歯の健康考えてるのかぁーエライなぁ…と思いつつ仕方なく500mlのを買ってみました。, オリジナルを経験した私にはきっと物足りないのでは…と思ったけど、まぁやはり予想通りでした。, ゆすいでしばらくすると、だんだん刺激が強くなってきて心臓がドキドキしてくるんですよ…, ゆすいでるだけで、歯間の歯垢を溶かしてくれるだけの効果があれば、フロス使わなくて楽でいいですけどねぇ。, 色々な種類の口コミを紹介しましたが、好みには個人差があるようで、特にシトラスオレンジなどは甘さも苦さもあって、まずいとは書いていないもののあまりおいしい味はしないのかもしれません。, その中で、ターターコントロールは比較的苦みや甘味も抑えられているようなので、味を気にしないで使いたい方にはオススメかもしれませんね。, マウスウォッシュとして有名なリステリンですが、大きく分けて歯磨き後に使う洗口液と歯磨き前に使う液体歯磨きの2種類があり、洗口液には香りなど5種類あり、液体歯磨きのトータルケアは虫歯予防などもできて、ノンアルコールのゼロもあるのでしたね。, そして、その成分はどでも飲み込んでも危険はないのですが、アルコールが入っていることで苦みや辛味、刺激が強いものが多いので、既に歯周病にかかっている方や刺激に弱い方はノンアルコールタイプなどを選ぶことをオススメしました。, それから、リステリンは水虫やニキビなどの民間療法にも使えるという話もあったことと、独特の甘味や苦みが気になるという口コミもあったので、評判も参考にしながら自分の好みを見つけて、自宅でできる口腔内ケアを始めてみてくださいね!. モンダミンとリステリンは国内でもシェアの大きい洗口液なので、どこでも買うことができます。 「コンクールF」 と「モンダミン プレミアムケアセンシティブ」の比較 南海高野線「堺東」駅 (※ターター:歯石のことです), 7 トータルケア(紫色・液体ハミガキ) をどうぞ。, すぐに口臭を消したい!ようなとにかく即効性を求める方。リステリントータルケアプラスは刺激が少ないノンアルコールタイプですが、ミントの爽快感が強く、素早い効果を期待できます。. 刺激が好きだったり、刺激がないとなんだか使った気がしないという人はぜひ試してみて下さい。. モンダミンはその点、割りと低刺激です。眠気覚ましのためのものすごい強いミント味のタブレットやガムなどが発売されていますが、あんな感じです。, リステリンは全部で7種類あって、その中には刺激性の低いものもありますから、全部が全部ではありませんが、刺激の強いものが苦手な方はモンダミンのほうが良いかもしれません。, どうてしても試してみたい方は、いきなり容量の大きなものを買うのではなく、携帯用の量の少ないものを買って確認したほうがいいでしょう。, リステリンは全部で9つの種類があります。すべて色が違ってわかりやすくなっているのはありがたいですね。, 4つの薬用成分が口の中の菌を強い殺菌力で退治してくれます。ハッキリ言って刺激性が強いので、はじめての方は避けたほうが良いです。, 2 フレッシュミント(緑色・洗口液) なので、リステリンの成分や種類別の比較、口内炎や口臭、ホワイトニング・水虫などへの効果、飲むことの危険性や味覚障害などの副作用、痛い理由、モンダミンとの違いについて知りたいのではないで … リステリン、モンダミン、コンクールF、ジェルの成分を調べてみました。洗口剤として有名なリステリン、モンダミン、コンクールFですが、危険じゃないの?って言われています。お医者さんたちのコメントを集めてみました。虫歯予防や、歯周病予防に良いのはどれ? Copyright ©  40's Exchange Hack All rights reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 洗口液とは、歯磨きのあとにすすぎで使う液体の薬品です。別名「マウスウォッシュ」 。, 洗口液はその名の通り「洗口液」と記載されています。液体歯磨きは「液体歯磨」または「デンタルリンス」と記載があります。, >>参考:洗口液と液体歯磨きの違い【マウスウォッシュ・デンタルリンスもまとめて整理】, 洗口液は、「医薬部外品」を選びましょう。「化粧品」と「医薬部外品」にわかれています。, あまり世の中に出回っていない洗口液もありますが、あまりおすすめしません。その理由は需要が低いから。, せっかく使い始めたのに、薬局やネットで買えなくなってしまったら、意味がありません。無難に有名どころからはじめるのがよいかな、と。, コンクールFは殺菌作用のつよい歯科専売の洗口液です。モンダミンとリステリンは国内でもシェアの大きい洗口液なので、どこでも買うことができます。, むし歯や歯周病を徹底的に予防したいというひとはコンクールFがありかな...という印象です。とにかく刺激は小さめにという人ならノンアルコールのモンダミンが良いかと。, とはいえ、せっかく洗口液を使うなら、効果の高い方が良いかなと思います。なのでコンクールF一択かと。. 加湿器に入れる水に、同量のリステリンを入れることで水の除菌ができます。同時に爽やかな香りで部屋が満たされます。, 他にも、ニキビや吹き出物に塗って殺菌したり、洗濯槽の見えない部分の除菌、頭皮のカユミに使えたりと、まさに万能アイテム。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 当時は消毒技術がなく、手術に成功しても細菌に感染して亡くなってしまうという人も多かったそうです。, そこで外科医のジョゼフ・リスター博士が消毒薬を作り、手術による死亡率が劇的に減少したのだとか。, その後、他の専門家の人たちが、その消毒薬をさらに進化させ、リスター博士の名前にあやかって「リステリン」と命名しました。, その後、口内の殺菌にも効果があることが分かり、1895年に世界初の口内洗浄液として歯科医向けに販売され、1914年には一般消費者向けに販売されました。, 日本では、1985年に静岡県で日本初の洗口液として発売され、翌1986年に関東地区に販路を拡大。1991年に全国展開されました。, モンダミンは、その時すでにアメリカで人気だった洗口液を、当時の社長が注目し、日本でも販売しよう!ということで1987年に発売されたのが始まりです。, ただ、もちろんそっくりそのまま同じようなものを発売したわけではなく、日本人好みの香味にはかなりこだわったようです。, モンダミンの歴史を見てみると、1988年にはシナモン味という、なかなかユニークな香味も発売されています。(現在は販売していません), こうしてみると、リステリンとモンダミンは年数に多少の前後はありますが、ほぼ同じような時期に発売され、今でもしのぎを削っていることが分かります。, その中で、自分の悩みだったり、予防したいトラブルに対する商品を選べばいいということになります。, 同じ種類でリステリンとモンダミンの両方に商品がある場合、個人的には、総合的にリステリンのほうが持続感や爽快さは上だと思いますが、そのままおすすめとは言えません。, じゃあ、「低刺激タイプを使えばいいのでは?」ということになりますが、味もちょっと独特なんです。, 通常タイプのほうは刺激が強い分、味のほうにあまり意識がいかないんですが、低刺激タイプのほうは逆に味を強く感じます。, また、じんましんや息苦しさなどの異常があらわれた場合は、医師又は薬剤師に相談するよう書かれていたり、アレルギー体質の人なども十分注意して使用することとなっており、使用するときは注意しなければいけません。, そういう意味ではモンダミンのほうが、味も素直なミント系の味が多いですし、使いやすさはあります。, 「とりあえずどれを使ってみようかな?」という人には、種類で言えば、リステリンもモンダミンも高機能の商品がおすすめです。, 刺激が強いのと、湿布に甘さを足したような独特な味がするので、好みは分かれるかもしれませんが、1本でさまざまな予防効果が期待できるため便利です。, かなりの爽快さと、持続感があります。刺激が苦手な場合は、低刺激タイプが選べるのもいいですね。, 刺激はリステリンと比べるとほとんど気にならないくらい弱いですし(さらに低刺激タイプもあります)、味が甘辛な感じなんですが、嫌な感じが全くしません。, 後味もほとんど気にならないくらいで、それなりに爽快さや持続感もあり、とても使いやすいマウスウォッシュになっています。, 上記の商品は液体ハミガキと洗口液という違いがあるので単純比較はできませんが、やはりブラッシングする必要がある液体ハミガキのほうが、より効果は期待できると思います。, ただ、リステリンは刺激や味で好みが分かれると思うので、使用する場合は、なるべく容量の少ないもので試してみることをおすすめします。, あと、ちょっと変わり種なんですが、刺激が大好きという人には次の洗口液がおすすめです。, リステリンの中でも「強刺激」に分類される商品で、味も全く甘さがなく舌がしびれるような刺激があります。, 使用方法には「30秒ほどすすいで」と書かれているんですが、「いや、無理」。私は10秒くらいが限界でした。, その代り、使った後の爽快さはすごいです。刺激が好きだったり、刺激がないとなんだか使った気がしないという人はぜひ試してみて下さい。.

.

Blender 動画 読み込み 13, Power Query 読み込み 4, 英検 二 級単語 13, ミニチュア シュナウザー レバー ブリーダー 6, 学級開き ゲーム コロナ 11, 京 大 Mba 評判 5, ジムニー Absランプ 消し方 12, スタンリー 名言 真のヒーロー 4,