労務管理とは簡単に言うと、労働に関する事務全般のことを指します。 業務内容としては、勤怠管理・給与計算・入退社手続きなど、幅広いものがあります。 労務管理システムでは、今まで紙などの手作業で行っていた労務管理の業務をシステム上で自動化・効率化します。 従業員情報は一元管理でき、 … 評価効率化だけでなく、ドラッグアンドドロップで甘辛調整も可能。, 組織の課題点を発見できるQasee(カシー)。組織の問題点課題点を浮き彫りにさせることで強い組織へと変革をもたらすサービスです。, あらゆる企業に適用可能な人事評価システムです。 Cookieポリシーを表示. 大事な人事データを守るために、厳格なセキュリティ対策を実施しています。, 人事給与業務に関連する人事情報の収集、履歴管理と可視化を一気通貫で。大手企業特有の複雑な組織体系や異動ワークフローをサポートする機能で人事業務の高度化を支援します。, 給与計算から従業員ワークフロー、行政手続までを幅広くサポート。 従業員を正しく理解したうえで、ビジネスの成果を最大化するための適正配置、適正評価、人材開発へつなげます。, 入社から退職までを一貫して扱うからこそ実現できる労務管理の徹底した自動化。大手企業の複雑な給与制度や勤怠管理に対応する充実した機能があります。 人事給与や庶務事務にかかわる業務、人事院勧告にも標準機能で対応。, 人事給与をはじめとする人材情報を1データベースで管理することで、 法人ITサービス一覧 人事給与システムとも連携し、従業員の長時間労働を抑制するための機能も充実しています。, COMPANYに蓄積されたデータを分析するためのダッシュボードを提供。 労務管理システム, 企業には勤怠管理・給与計算・従業員の健康管理など、やらなければいけない労務管理が沢山あります。, 「労務管理にかかる時間を短縮して生産性の向上を図りたい…」このように感じたことのある企業は多くあるはずです。, 今回は起業ログ編集部が厳選した労務管理システム11選をご紹介し、それぞれの特徴をまとめました。まずは以下の価格表をご覧ください。, 労務管理システムの選び方、導入のメリット・デメリットも合わせて解説するので、比較検討の参考にしてください!, ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。, 労務管理システムでは、今まで紙などの手作業で行っていた労務管理の業務をシステム上で自動化・効率化します。, 従業員情報は一元管理でき、自動作成した書類はシステムによっては社会保険などは電子申請することもできます。, 「SmartHR(スマートエイチアール)」は2万社以上の導入実績を誇る労務管理システムです。, 最大の特徴は質問に答えるだけで重要書類が作成できる簡単さです。Web上で書類作成や管理が行われるため、紙もハンコも使う必要がありません。, e-Gov APIと連携しているため、役所やハローワークへの書類提出もWEB上からできます。, 実際にSmartHRを導入した企業では、「2人で1,700人分の給与計算が可能になった」「社員の60%の生産性が向上した」などの実績も出ています。, 従業員情報を一元管理するクラウド人事労務ソフトなので、社労士がいなかったり従業員が多い企業には特におすすめです。, この記事ではSmartHRの評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介し、他の勤怠・労務管理システムの比較も徹底解説していきます!, 「オフィスステーション」はプロも納得できる数の119帳票に対応しています。帳票のPDFがあるのはもちろん、そのまま電子申請ができる種類もあります。, 業界最安値の料金に加え、誰でも使えるシンプルな操作性であるため初心者にもうってつけの労務管理システムです。, また、オフィスステーションシリーズは使う機能や必要な機能だけを選ぶ事ができる「アラカルト型(バラ売り)」のソフトウェアなため、無駄な出費を抑え、低額で利用することができるのも大きな特徴です。, 従業員100名で労務・年末調整・給与明細・有給管理・マイナンバーの全てのオプションをつけた場合でも、1人あたり月額403円という安さで利用することが可能です。, この記事ではオフィスステーションの評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!, sai*reco(サイレコ)では、自社の業績好調時の組織体制や状態を振り返って現在の組織戦略にも役立てることができます。, 「人材に対する投資の質を高めたい」「ルーチンワークに追われてしまう」という方にはうってつけのシステムです。労務管理の業務の中でも人事面に特化したシステムです。, 社内申請・情報更新・給与明細などの定型業務の自動化はもちろん、異動・組織シュミレーションなどのタレントマネジメント機能も備わっています。, 初期費用がやや高めではありますが、月額費用は100人より多い会社でも1人あたり180円で利用可能です。, この記事ではsai*reco評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!, 「ジョブカン労務管理」は、初めて労務管理システムを利用するという方に絶対的におすすめしたいシステムです。, 導入実績はシリーズ累計で70,000社以上とかなり多くの会社で使われてて、とにかく使いやすく労務業務に不慣れな人でも書類作成から申請まで簡単に行うことができます。, たった1分で無料アカウントが発行できて、即日簡単に始められるという導入ハードルの低さも初心者にお勧めしたい理由です。, 帳票は自動的に作成され、ボタンひとつで主要な社会保険・労働保険の書類を提出することができるため、役所まで足を運ぶ必要もありません。, 「システム導入の際の初期設定が面倒だ」という方でも、初期設定を代行してくれるオプションプランもあるので安心です。, この記事ではジョブカン労務管理の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!, MINAGINE就業管理システムは、労基署推奨フォーマットやアラート通知機能で、従業員の労働管理が適正に行える就業管理システムです。, 課題のヒアリング、試験運用を行って丁寧に導入する分、初期費用がかかりますが、人事労務のプロフェッショナル集団が開発したシステムにしっかりおまかせしたいという企業にはうってつけです。, また、豊富な打刻インターフェイスをもち、PCやモバイル、Slackなどを利用して打刻やログインができるようになっているので、紙ベースの勤怠管理業務をスムーズにデジタル化できます。, 月額費用は30人以上から。また、人数課金に加えて、基本費用30,000円が発生します。, この記事ではMINAGINE就業管理システムの評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!, 「人事労務freee(人事労務フリー)」は勤怠管理・給与計算・年末調整・助成金の申請など、幅広い労務管理をカバーしてくれるシステムです。, 例えば年末調整では年末調整の入力フォームが完備されていて、人事労務freeeの年末調整メニューからガイドに沿って操作するだけなので簡単です。, 複数の労務管理において共通で使用する情報は、人事労務freeeがデータベースとなり入力を1回で済ませることができるので業務が効率化するでしょう。, 社内では多くの労務管理に関する業務が散らばりがちですが、人事労務freeであれば一気通貫で行って対応コストを削減可能です。, この記事では人事労務freeeの評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介し、他の勤怠・労務管理システムの比較も徹底解説していきます!, 「jinjer労務(ジンジャー労務)」では複雑な人事データや進捗状況を一目で見ることができ、初心者でも安心して利用可能です。, 社会保険の各種手続きをオンライン化し、手続き書類の作成から申請までWEB上で完結するのでかなりの業務が効率化されます。, スケジュールのやTODOを可視化する機能も搭載されているので、書類の手続き漏れや締め切り忘れを防ぐことができます。, 料金プランも非常にシンプルでわかりやすく、jinjerシリーズの別サービスもお得に利用できるプランもあるので、複数サービスをjinjerシリーズで一貫して使うことをお勧めします。, ※jinjer労務管理、jinjerワーク・バイタル、jinjerワークフローの単体販売はしていないようです。, この記事ではjinjer(ジンジャーロウム)の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!, 「Gozal」では、雇用・勤怠・給与・退職など、全ての労務管理を行うことが可能です。, 例えば、勤怠管理では多彩な勤怠集計項目が用意されているため、自社の勤怠ルールに基づいた管理を行うことができます。, 24時間体制のサポートがついているので、労務管理が苦手な方や操作が不安な方でも安心して利用することができます。, 大手企業を始めとした2,000社以上の企業が導入しているシステムなので、初めての方でも安心しやすいでしょう。, 一番の特徴は、税理士や社会保険労務士、司法書士など様々な専門家への相談が無料で何度でもできる点です。役所への提出書類の代行依頼も行うことも可能です。, 機能面では、業務のタスクを自動で知らせたり、手順をToDoリストでわかりやすくしたりと、やりたくないけどやらなければならない業務を効率化する機能が備わっています。, 困ったことは気軽に専門家に相談でき、難しいことは専門家に代行してもらえるので、初心者でもかなり安心できるシステムです。, 「楽楽労務」は、複雑な従業員の人事・労務に関する膨大な情報処理をもっとスムーズに行いたいと考える企業におすすめのツールです。, 手続きごとに必要な手順がチェックリスト化されるので、経験が浅く慣れていない方でも安心して利用できます。, また、入社手続きや退職手続きなどの必要な届出書を自動作成します。人事データを基に作成されるので、入力ミスなども防ぐことができます。, 手厚いサポート・セキュリティもポイントです。クラウドサービス30,000社以上の実績があるので、安心して利用することが可能です。, 従業員のシフト作成や勤怠管理、給与・賞与計算に時間と手間がかかって悩んでいる企業におすすめの労務管理システムです。, リーズナブルな料金で導入ハードルも低く、操作も簡単で誰でも使いこなすことができます。, 幅広い業務が発生するのが労務管理の悩ましいところですが、「ARROW」であれば全ての労務業務をカバーできます。, Windows/MacOS のPC・Androidタブレット対応のタイムカード打刻アプリケーションが付帯されているため、飲食店やホテルなどの店舗に素早く導入することが可能です。, 無料トライアルが60日間と長く用意されているので、じっくりと試して検討できるのも魅力です。, 労務管理システムを選ぶ時には、自社の従業員数・利用期間・利用したい機能・サポート対応などを考えた上で、プラン決めることをお勧めします。, 「従業員が5人程の数名で、主要な機能だけ使えればいい」という会社であれば、無料プランで完結する労務管理システムがお勧めです。, 初期費用は0円だけれど月額利用料が高いため、総合的な価格が高くなってしまうこともあります。, 初期費用や月額利用料、オプションサービスの追加料金はかかるのかなど事前にチェックすることが大切です。, 従業員情報など一度作成したものを、また別のシステムで作成するのは二度手間になってしまいます。, そのため、連携するにあたり大切なのは、連携するシステムと今利用しているシステムでデータが一元管理できるかということです。, 労務管理システムによっては、同じシリーズのシステムをお得に利用できるパックなども用意されているので利用してみてもいいかもしれません。, 労務管理システムには様々な機能があり、自動書類作成や従業員情報管理など、主要機能はほぼすべてのシステムに備わっています。, システムを比較する時には、主要機能ではなくそのシステムの注目機能は何なのかを確認しましょう。, 例えば、年末調整を簡易化できる機能やバリューパックがあるシステム、マイナンバーに完全対応していること等、システムによって様々です。, 「自社がシステムによって何を改善して業務の効率を上げたいのか」をしっかりと考えた上で導入を検討しましょう。, 今まで手書きで行っていた書類作成が自動で作成できるため、大幅に時間を短縮できます。, システムを導入することで「社員の60%の生産性が向上した」という声もあるように、システムで労務管理を効率化すれば社内の生産性が向上します。, 従業員数が数名ほどの少ない会社であれば、労務管理にあまり時間がかからない会社もあります。, 労務管理システムの最大の効果は、時間のかかる労務管理をシステムで効率化し、業務改善や生産性の向上を図ることです。, ただ単に「労務管理システムを導入して効率化したい」という漠然なものよりも、「何を実現したいか」を導入前にきちんと考えることが選定において大切です。, 一番重視するのは費用なのか、機能なのか等、ポイントを決めてシステム比較することでマッチするシステムを選ぶことができます。, 労務業務を改善したいと考えている方は、ぜひ今回紹介したシステムを始めとした労務管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。, SmartHRは、書類作成や、入退社などの労務手続きなどの機能を持つクラウド人事労務ソフトです。労務作業をシンプルにし、生産性の向上を図りたい企業におすすめです。, 「ジョブカン労務管理」は初めて労務管理システムを利用する人にお勧めです。導入実績はシリーズ累計70,000社以上と、かなり多くの会社で使われています。とにかく使いやすく、労務業務に不慣れな人でも書類作成から申請まで簡単に行うことができます。, 業界最安級の「オフィスステーション」は労務手続き、年末調整、有休管理、Web給与明細、マイナンバー管理が可能なクラウド型の労務管理システムです。オールインワンパッケージで全ての機能を利用したり、必要な機能だけをピンポイントで利用することもできる使い勝手のいいシステム。労務管理にかける時間とコストを大幅に削減したいという企業にうってつけです。, サイレコは従業員管理から人事評価、給与明細のデータ管理・帳票作成まで、一つのシステムで効果的な組織マネジメントを実現できるタレントマネジメントシステムです。直感的な操作により可視化された人材情報を活用し、組織シミュレーションを行うことで、効率的な人事戦略の立案が可能になります。現在の組織運営に満足していない、新しく人事戦略を練りたいなど、人材を有効活用したいと考えている企業にはうってつけのシステムです。, 雇用・勤怠・給与・退職など、全ての労務管理を行えるシステムです。24時間スタッフがサポートしてくれるので、かなり安心です。24時間サポートそてくれるシステムはあまりないので、Gozalの大きな強みです。操作も簡単です。, Bizerは税理士や社会保険労務士、司法書士など様々な専門家への相談が何度でもでき、役所への提出書類の代行依頼も行うことができます。そのため、専門的な知識で悩む心配もなくなり、業務も効率化されます。, クラウド会計サービスとして知名度の高いfreeeが提供する勤怠管理サービス。これだけで、勤怠管理や給与計算、年末調整に助成金の申請までカバーできます。勤怠管理や給与計算を単体で導入することはできないので、注意が必要です。, 「jinjer労務」では入退社手続きが1クリックで簡単にできます。複雑な人事データや進捗状況を一目で見ることができ、初心者でも安心して利用可能です。, 複雑な従業員の人事・労務に関する膨大な情報処理をもっとスムーズに行いたいと考える企業におすすめのツールです。手続きごとに必要な手順がチェックリスト化されるので、経験が浅く慣れていない方でも安心して利用できます。, 従業員のシフト作成や勤怠管理、給与・賞与計算に時間と手間がかかって悩んでいる企業におすすめの労務管理システムです。リーズナブルな料金で導入ハードルも低く、操作も簡単で誰でも使いこなすことができます。ARROWを導入することで、今まで労務管理に割いていた時間をコア業務にあてることが可能となるでしょう。. リーディングカンパニーが選んでいる人事給与シェアno.1システム「company」。大企業の複雑な人事給与・勤怠管理から人事データを活用したタレントマネジメントまであらゆる人事業務をサポート。 > > 業務効率化と人事戦略立案支援の両面でお客様に貢献します。, MBO、360度評価などあらゆる評価制度に対応。 人事評価は、給与の査定だけなく社員の満足度を上げ、生産性を向上するために重要な人事戦略の一つです。, 人事評価システムは、この複雑な評価項目やフローの運用をサポートします。今回は、人気のシステムから最新のシステムまで、国内の人事評価システムを比較します。選択のポイントや機能も紹介しますので、システム比較の参考にしてください。, 人気の人事評価システムを比較します。それぞれの製品の特徴や利用にかかる費用を紹介します。自社の予算や目的にマッチした製品を選ぶ参考にしてください。, ITトレンド2020年度上半期ランキングランキング1位、ITトレンド2019年度年間ランキング1位, 株式会社シーグリーンが提供する「評価ポイント」。人事評価に必要な項目、機能が網羅されているにもかかわらず低価格で導入が可能なツールです。, 特徴的な機能として、日々のがんばりをポイントで評価できる機能があります。ポイント情報は各種SNSで共有できるほか、グラフで確認することも可能です。これによってメンバーの良い行いが都度共有されることから、チームの士気を高められます。人事評価システムを、単なる評価で終わらせずモチベーションのアップにも活用できる点が魅力です。, 費用は、1ID月額700円。10名から利用が可能です。そのほか、操作研修や設計サポートのオプションもあります。, ITトレンド2020年度上半期ランキング2位、ITトレンド2019年度年間ランキング3位, 株式会社カオナビが提供する「カオナビ」は、従業員の「顔と名前が一致しない」というシンプルながら非常に重要な課題を解決すべく誕生したツールです。360度評価、コンピテンシー、MBOといった基礎的な評価はもちろん、最近話題のOKRの評価にも対応しています。, このツールの特徴は、従業員の顔写真が並んだ画面です。公益財団法人日本デザイン振興会によるグッドデザイン賞を受賞した画面で、社内にいる優秀な人材を容易に見つけることができます。人事評価だけでなく、社員のマネジメントを効果的に行えます。お申込みから最短1日で使える手軽さも人気の理由です。, 1,800社以上の導入実績のノウハウに基づいたサポートを受けることができます。費用の詳細はお問い合わせください。, ITトレンド2020年度上半期ランキング3位、ITトレンド2019年度年間ランキング2位, 株式会社サイダスが提供する「MBO Cloud(サイダス)」は、目標管理制度に合わせて柔軟にカスタマイズできる点が人気のツールです。個人の目標だけでなく組織の目標を意識させ、組織力を高めることができます。, また、1次評価者と2次評価者で評価にギャップがある社員を簡単に可視化できる機能にも注目です。同社の人事システム「Performance Cloud」と連携することで、より組織を強くする施策につなげる方法もあります。, 目安となる価格例は、従業員数500名の企業が利用した場合、月額150,000円~350,000円です。詳しくは提供元にお問い合わせください。, 「HRBrain」は、株式会社HRBrainが提供するクラウド型のシステムです。使いやすい画面と、シンプルな料金体系を追求したシステムといえます。オプション費用やサポートに要する費用はかからず利用者の人数によって月額料金が決まります。, OKR、MBO、1on1など、さまざまな評価テンプレートを搭載し、自動で評価結果の集計や分析が可能です。データの閲覧範囲を制御したり、作業が遅れている人に催促をしたり、ということもできます。, 株式会社あしたのチームが提供する「あしたのクラウドHR」は、導入企業約3,000社以上の人事評価システムです。システムのカスタマイズを柔軟でき、運用のコンサルティングも充実しています。, 評価制度を見直したい、評価制度を新たに構築したい、というニーズにも対応します。また、操作がわかりやすく成果も見やすいため、経営者・人事担当・評価者・被評価者のそれぞれの立場からの満足度が高いシステムです。, クラウドシステム利用料は、月額45,000円~です。詳細は提供元にお問い合わせください。, AJS株式会社が提供する「人事評価システムP-TH+」は、250名以上の従業員規模に対応している、オンプレミスとクラウドに対応したツールです。Excelで作成した評価シートやワークフローを取り込んで簡単にシステム化できる点が人気です。, 現行の人事評価制度を大幅に変えることなく自動化の仕組みを作れます。また、評価データはシステム内に蓄積されるので、長年にわたって活用できます。, 費用の目安ですが、300ユーザの場合、月額158,000円です。年間契約となり、支払いプランは月額プランと年額プランです。なお、月額費用とは別に初期設定費用が発生します。詳しい価格は、提供元にお問い合わせください。, 株式会社日進サイエンティアが提供する「スマートカンパニー」は、一般的な目標管理・人事評価制度に対応し、カスタマイズしなくても運用できるシステムです。, 期内の異動にも対応可能なので、部署編成や異動が多い企業でも安心して簡単に導入することができます。さらに能力や行動、取り組み姿勢など、複数の要素を組み合わせた人事評価制度を複雑な設定なしに利用でき、システムに不慣れな人事担当やすぐに活用したい企業の強い味方になります。, 価格例として、500名未満で目標管理・人事評価モジュールを利用する場合の年間利用料は2,160,000円~です。このほか初期費用がかかります。詳しくは提供元にお問い合わせください。, 株式会社アクティブアンドカンパニーが提供する「sai*reco(サイレコ)」は、「HRオートメーションシステム」として確かな評価を得ているシステムです。, 効率的な人事データの蓄積と容易なデータ抽出により、経営情報としての活用が可能になります。MBO、OKR、コンピテンシー評価などさまざまな評価制度に対応し、評価制度の構築や評価者研修の支援も行っています。, 株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供する「タレントパレット」は、250名以上の従業員規模に対応したツールです。豊富な分析機能で社員や組織を直感的に見える化できます。もちろん、評価シートの作成やワークフローなどの人事評価システムとしての基本機能も搭載されています。, 特に「組織改正シュミレーション機能」は注目の機能で、人事異動や新組織を作る際に、スキルや経歴、評価などさまざまな観点で条件に合う社員の顔写真をドラック&ドロップ操作をしてシミュレーションできます。配置転換による人件費や売上、社員構成などの影響や効果を考慮した人材配置が可能です。, 「HRMOS評価」は、株式会社ビズリーチが提供する50名以上の従業員規模に対応したクラウド型の目標管理システムです。目標の設定から評価までのフローの大半を自動化します。, 人事評価の際に必要になる従業員の成果、保有スキル、研修、さらに過去の評価や過去の上長に関するデータなどを一元管理し可視化します。また、未入力者には自動的にリマインドされます。, 株式会社くじらシステム開発が提供する「人財成長支援システム モノドン」は、柔軟なカスタマイズ性で特殊な評価制度にも対応できるシステムです。, 人事評価において、社員数が多い企業の悩みと、少人数の企業の人事評価の課題は異なります。モノドンは、それぞれに合ったカスタマイズが可能なので、人事担当者だけでなく、従業員も満足のできる人事評価をします。また、ユーザー企業の提携している社労士や専門家とも積極的に連携するなど、企業に寄り添ったサポートが可能です。, 費用は、提供元にお問い合わせください。参考価格として、モノドンminiなら月額20,000円~導入可能です。, 「Goalous」は、株式会社Colorkrewが提供するコミュニケーション型目標達成サービスです。チームの目標づくりから功績、その過程に関する評価までを行える社内SNSで、メンバーが現在何を目指し、「何をしているのか、を把握することができます。, 特徴的な機能として写真にコメントを付けて投稿できる「フォトアクション」という機能があり、ゴールまでの活動を写真で簡単に共有できます。また、達成したゴールに対する「いいね!」などの機能もあるため、それらの数によりゴール達成者の人望を計ることが可能です。, パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が提供する「HITO-Linkパフォーマンス」は、”納得感”のある人事評価にポイントをおいたシステムです。不満や不公平が発生する可能性のある人事評価に向き合い、社員一人ひとりが納得する評価が実現できるように真剣に取り組んだシステムといえます。, OKRの運用に適しており、目標管理や進捗管理、フィードバックを丁寧に行うことができます。また、コインによって社員が相互に褒め合う機会を作る賞賛機能も搭載されており組織のコミュニケーション強化に貢献します。, 費用は、1ユーザー月額500円~。さまざまな契約プランやオプションが用意されているので、詳細は提供元にお問い合わせください。, 株式会社ネオキャリアが提供する「jinjer人事」は、脱Excel!を実現し、人事管理を見える化します。人材業界で確かな実績のある同社のノウハウが結集したシステムといえます。, 部署ごとの役職構成比や年齢構成化 、新卒/中途入社の対象者毎のパフォーマンスが驚くほど簡単に可視化できます。さらにダッシュボードを活用すれば、企業の人事の管理はもっと簡単に戦略的なります。見やすい人事評価システムをお探しの担当者の方には、ぜひ一度ご覧いただきたいシステムです。, 費用は、1ユーザー月額300円です。無料トライアルがあるので操作性や運用のシュミレーションが可能です。, ここまでに紹介した人事評価システムの、評価項目や機能の有無をまとめた比較表です。比較表は、◯が多ければよいというわけではありません。自社で採用したい評価方法に対応したシステムを選びましょう。, 人事評価システムを効果的に使うために、自社の人事評価の課題を改善できる製品を選びましょう。人事評価システムを選ぶ際に見ておきたいポイントを取り上げます。, 導入する人事評価システムは、自社の導入目的に合った製品であることが重要です。目的を明確にするために、まず自社の人事評価における課題を整理していきます。人事評価の課題としては、たとえば以下の点が挙げられるでしょう。, 課題をまとめたら、それらの問題に順位をつけ、なぜ人事評価システムを導入したいのかを明確にしていきます。これらが、自社におけるシステムの導入目的になります。, 効果的に人事評価システムを利用するためには、改善に必要な機能を備えた製品であることも重要です。, 人事評価システムには、人事評価プロセスの一部を置き換えられるものと、すべての工程をカバーできるものの2種類あります。必要な機能の選定は、導入目的と照らし合わせて行うようにしましょう。, 多種多様な人事評価システムですが、提供形態で見ると「クラウド型」、「オンプレミス型」の2つに分けられます。それぞれ価格やメリット・デメリットが異なりますので、自社に合った形態のシステムを選びましょう。, インターネット上にある提供元のサーバを経由してサービスを利用する形式です。インターネット環境があればすぐに利用ができるため、導入から利用までの期間が非常にスムーズで、初期投資も安価で済みます。しかし、カスタマイズ性の乏しさやセキュリティ面の不安といった難点も抱えています。, 自社内に設置したサーバにシステムを構築して利用する方式です。システムを一から構築するため、自社の細かいニーズに合わせたカスタマイズが可能で、強固なセキュリティが期待できます。ただし、設計から導入までに時間がかかることや、初期投資が高額になる側面があります。, 人事評価システムには、対象従業員規模が設定されているものも少なくありません。システムの最小利用人数、最大利用人数を把握し、自社に合ったものを選ぶ必要があります。, なお、製品の中には「○○名まで××円」と記されているものと、「社員1人当たり△△円」と設定されているものがあります。今後人員を増やす計画がある場合には、この点も必ず確認しておきましょう。, 必要な機能がそろっていたとしても、導入してからUI(ユーザーインターフェース)が使いづらいことに気付いたというケースも起こり得ます。使い勝手が悪いと最大限の効果を発揮できないため、システムを利用する担当者が使いやすいと思えるものを選ばなければなりません。, 操作性を事前に確かめるには、トライアルやデモを積極的に利用することが大切です。期間中にできるだけ多くの担当者に触ってもらい、納得できるものを選びましょう。, 人事評価システムの中には、人事評価に関連する給与システムや勤怠システムと連携できるものもあります。連携できれば、それらの業務にかかる負担も軽減させられるため、他システムとの連携が可能であるかも確かめておくとよいでしょう。, 部署の統合や人事異動の際にデータを引き継ぎできるかというのも重要な点です。スムーズにデータの移動ができれば、異動のたびに社員のデータを登録しなおす手間が省けるほか、蓄積したデータをそのまま活用することができるので便利です。, 人事評価システムを導入後、運用中にも操作の不明点や不具合は少なからず出てくるものです。問題が発生した際に、担当者が早急な対応をしてくれるかを確認することも欠かせません。, なお、製品によっては無料サポート・有料サポートの2段階に分けられているものもあります。その場合には、無償・有償の線引きをチェックしておくとよいでしょう。, ここまで、具体的な製品も含め人事評価システム導入に関する情報をまとめてきました。ここからは、人事評価システムを比較するうえで、人事評価システムでできる基本的な機能も知っておきましょう。, 社員一人ひとりが設定した目標、企業全体の目標をどれだけ達成できているのか、閲覧、管理できます。, 企業のビジョンや目標を従業員に浸透させ、個人の目標に落とし込んでいきます。目標に対する達成度に応じた絶対評価が可能なので、公正な評価がしやすいです。人事評価システムでは達成度の計算や、管理者がメンバーの実績を俯瞰して確認できる仕組みがあります。, 対象者の周りにいる上司・部下・同僚から見た評価を利用することで、評価者の母数を増やし、個人評価をより平等で公平なものとします。システムを活用すれば、対象者への通知や集計、匿名でのフィードバックが可能です。, 自己評価、1次評価、2次評価と部署内の評価を自動でエスカレーションする機能です。アラート機能や、進捗の見える化機能によって、スムーズな人事評価をサポートします。, システム内で集計・分析したデータを紙やデータに出力できます。これを利用すれば、給与システムなど各種ツールとの連携ができるほか、面談時の資料としても役立てられます。, 人事評価システムを活用するとどんなメリットがあるのでしょうか。以下の3点をおさえておきましょう。, 個人が設定する目標の進捗状況の管理・共有が容易になります。そのため、従業員一人ひとりの今後のアクションプランの設計がスムーズに行えるようになります。, 人事評価システムにより、より公平で平等な評価が期待できるので、評価に対する従業員の納得度・満足度を高められます。正しいフィードバックが行われることは、結果として離職率の改善・低下にも寄与します。, 目標シートの設計、印刷、配布、回収、分析などといった、人事評価にかかる業務を簡素化し、業務時間や手間を大幅に削減できます。, 人事評価システムには、組織の人事評価を見える化できるメリットがあります。一方で、導入によるデメリットもあります。事前に把握し対策できるものは対応しておきましょう。, 人事評価システムを利用することで、社外・社内での情報漏えいのリスクがあります。特にクラウド型のツールの場合は注意が必要です。オンプレミス型の場合と異なり、システムのセキュリティを提供会社に委ねることになるので、十分な対策が行われているか事前に確認しましょう。, また、社内での情報漏えいも思わぬ落とし穴として存在しています。紙での評価の場合は、ロッカーに鍵をかけておけばよかったものが、システム化することにより人事担当者以外がこっそりアクセスできる危険が高まります。アクセス権限やアクセスログを管理し、関係者以外が機密情報にアクセスできないように対策しましょう。, 人事評価は、人事データや給与データと密接に関わります。すでに人事システムとして別のシステムを使っている場合、データの連携や更新が複雑になる可能性があります。既存のシステムと入れ替えて活用するのか、連携させるのか、独立して利用するのか、いくつかのパターンを想定して検討することをおすすめします。, 人気の人事評価システムを紹介しました。人事評価システムは長年活用するシステムです。選定する際のポイントを参考に、いくつかの製品をピックアップしたら、実際の評価画面やサポートを確認しましょう。自社の社員が使いやすく、細かな要望にも対応できるシステムを選ぶことが重要です。, IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。「【比較表あり】人事評価システムの比較12選。特徴や価格を徹底解説!」というテーマについて解説しています。人事評価システムの製品導入を検討をしている企業様は、ぜひ参考にしてください。.

.

ヒードラン ほのおの からだ 30, 50代 女性 おすすめ 小説 2020 5, スカイ リード 施工 5, 銅 鉄 溶接 23, 連絡帳 書き方 病み上がり 13, スバル R2 レストア 6, ひな壇 団 広島 ラーメン 5, Googleフォーム チェックボックス 横並び 5, 西武ライオンズ 選手 ツイッター 12,