"}. 2、3列目シートは取り外しが可能。2名乗車時であれば、最大4,500lの荷室を確保できます。vクラスの購買ターゲットは、質実剛健な高級ミニバンを求めるユーザー。 口コミ・評価. メルセデス・ベンツ vクラスの試乗記では、走行安定性への言及が目立ちます。 車はステータスのシンボルとされるため、bmwのような高級外車は絶大な支持を受ける傾向にあります。外車が好きな人は最初は外車のステータスやブランド力に惹かれて購入しても、国産車とは違う乗り味に惚れ込んで、同じメーカーの外車を何台も乗り継ぐという共通点を持っています。 長距離を一気に走ることを前提に車を選ぶなら次の6つのポイントは押さえておきたいですね。, 国産車で人気のジャンルである、SUVとステーションワゴンから各1台をピックアップしました。, 理由としては、揺れを抑える機能と同一車線自動運転機能であるプロパイロットを搭載していることです。 車の揺れ(挙動)は、ドライバーや同乗者の疲れを増やす要因の一つですが、挙動が安定していると、体に余分な力を入れずに長時間乗っていられるのが最大の利点です。, 車の構造上、非常に安定した走りで、余分な揺れが少ない車です。 低重心な水平対向エンジンとAWDを搭載しているので、直進安定性も車体の挙動も安定性が抜群に高いのが理由です。 また、追突事故防止機能であるアイサイトを搭載していることが、万一のアクシデントの備えとして精神的な緊張を多少なりとも和らげるという意味でも長距離運転の向いている性能のひとつと言えます。, 他にも、ミニバンでしたらアルファード、ヴェルファイア、セダンならクラウン、LS、SUVならCX-8、ランドクルーザー(プラド含む)などなど、選択肢はたくさんあるのですが、ひとつ気になる事があります。それが値段と走行距離です。, はたして、新車で買うべきなのか?それとも中古車で探すべきなのか?新車の保証や品質で少しでもお値打ちな登録済み未使用車を選ぶべきなのか?以降で詳しく解説していきます。, 長距離走行用の車を選ぶ際に、新車、中古車、未使用車のうちのどれを選ぶか、というのも重要です。, 車の性能、機能、装備が良ければ当然ながら値段が高くなるわけですが、購入する車のリセールバリューを考えると、走行距離の関係でどうしても将来の査定額が低くなるのは間違いありません。, そもそも乗り潰すなら、そこそこ年式の新しい走行距離の少ないお得な中古車を探した方が良いのか?, 故障やトラブルを考えると新車保証は欲しい、でもすこしでも安く手に入る未使用車を探した方がお得ではないか?, そこで、まずは長距離走行で疲れない車の特徴や条件を見てみると、あなたにとって、どれがベストなのかのヒントがわかるので、次で説明します。, 直進安定性は車軸が長ければ安定します、また2輪駆動よりも4輪駆動の方が安定します。, 静粛性は、個人の感じ方にもよりますが静かな車が増えているのは事実で、例えばガソリン専用車よりもハイブリットの方が静粛性が高いと言われている車種もあるほどで、メーカーも静粛性にはかなり配慮しています。, シートの作りは、言いかえるとドライブングポジションがしっかりとれるとか、体を安定させて座る事ができる、といった部分です。これは体格によっても変わることなので一概には言えませんが、メーカーの配慮が以前よりも格段に上がっています。, 先進の運転支援システムは、レーダーやカメラを搭載して先行する車との車間を検知したり、車線を認識したり、場合によっては自動的に減速、ブレーキを促すなどの装備ですが、ここまでの内容ではなくてもAACなどのオートクルーズが付くだけで、特に高速道路運転の疲労は軽減されます。, 通勤用となると毎日、自宅と会社の往復で100Km以上運転する前提で選ぶことになります。, 1週間に1回の趣味やレジャーのために使うのとは大違いで、疲労に対する捉え方が相当厳しくなります。, それと、会社からの通勤手当が実際の維持費の何割カバーされるかにもよりますが、維持費も考慮する必要があります。, 長距離走行と言っても、一般道を多く走るのか、高速道路やバイパスを主に走るのかで、選ぶ車種やジャンルが違ってきます。, 特に、200キロ以上の長距離を一気に走るつもりでコンパクトカーを選ぶとなると、なかなか厳しいものがあります。, とはいえ、それでもコンパクトカーで長距離向けの車は無いのか?という人のために、オススメの車を考えてみたいと思います。, デミオのディーゼルエンジンは低回転から最大トルクを発生し、エンジン回転を上げずにスピードが出るような作りになっています。, 高速道路での巡航速度を考えると、一般的な小排気量のガソリンエンジンでは回転数を上げるため、エンジン音がうるさかったり、回転を維持するため常に神経を使い疲れてしまう事があります。, その点、エンジンを高回転まで回さずに車速が上がるディーゼルエンジン搭載車は、まさに長距離の高速走行向きといえます。, 新型スイフトスポーツは、1.4リッターながらもターボがついた事で低回転から最大トルクを発生し、高回転まで回すことなくスピードが上がっていくような作りになっています。, またスイフトスポーツというとマニュアル車でガンガンに運転を楽しむという印象があると思いますが、この新型に搭載されている6段ATもなかなか好評のようで、高速道路やバイパスをクルージングする事を考えると、ATはベストな選択ともいえます。, 加速の良いモーターで発進、ある程度の速度でエンジンにバトンタッチ、この一連の流れが一般道でのロングドライブにはピッタリです。, また、発進の度にセルモーターの音を聞かなくて済むというのもストレスが少なくていいですね。, 逆に高速道路のような、高速巡行を主とする走行状態では、エンジンを多用するため、思ったほど燃費が伸びないという現象が発生します。, 市街地走行と高速走行で、燃費にほとんど差が出ないという話を耳にすることもあります。, 将来の下取りや買取を考えた場合、10万Km前後のコンパクトカーだと、下取りはおろか買取りでも高額査定は期待できませんから、ほぼ乗り潰しと考えた方が良いでしょう。, 乗り潰し前提で考えるなら、新車の車両本体価格と諸費用などの合算額と比較すると、中古車のプライスは十分魅力的なはずです。, 一例ですが日産ノートの場合、e-powerではなくガソリン専用車であれば、3年落ちで走行2万キロ以下だと80万円前後から、5年落ち4万キロ以下なら50万円前後から中古車が売られてます。, また、豊富な在庫から選ぶことのできるコンパクトカーという視点で考えると、やはり中古車の流通量が多いホンダのフィット(FIT)も外せません。, ノート同様にガソリンエンジン車であれば価格も安めで比較的走行距離の少ない車を見つけることができます。, 他にもトヨタ ヴィッツ、マツダ デミオ、スズキ スィフト、など、新車時に人気だった中古車でガソリンエンジンの車を軸に探すと意外な掘り出し物が見つかる可能性が高いです。, セダンタイプといえばレクサスやクラウン、フーガなどの高級車のイメージがありますが、カムリ、マツダ6(アテンザ)、マツダ3(アクセラ)、シビック、マークX、アコード、アクシオ、アリオン、プレミオ、カローラ、グレイスなど普通のプライスゾーンの車もたくさんあります。 キャビンとトランクが独立している分、キャビンの快適性が高かったりと長距離を走行するには結構向いています。, セダンの車高の低さが挙動の安定度の高さに繋がっている点は最大のメリットです。プレミアムサルーン(セダン)と呼ばれる車は、内装の質感の高さや静粛性、シートの作りなど、快適性を最大限に考慮した作りになっており、まさに長距離、長時間運転のために作られたような車です。反面、あまりの快適性の高さから、シートの作りや車の静けさが逆に苦手という人がいるのも事実です。, 輸入車まで含めると、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、ジャグァなど、かなり多くの車が選べます。, また、アテンザもそうですが、欧州車はディーゼル搭載車が多いので一考の価値があります。, 新車のクラウンを買うぐらいの予算的に余裕があるようでしたら、レクサス LS の中古車を狙ってみるのも有りだと思います。また、中古車だと意外な掘り出し物が出てくるのもセダンの魅力の一つです。, セダンやサルーンのように車高が低く、ラゲッジスペースが広大で大量に荷物を積むことができる、まさに長距離移動にぴったりな車です。, 車高が低いので横からの力に強く、揺れが少なく挙動が安定することから、疲れ知らずの車種が多いのも特徴です。, 一時期はスバルのレガシィや日産ステージアに集中していたステーションワゴン市場でしたが、最近はスバルレヴォーグ、マツダアテンザワゴンなど魅力的な車種が増えて、特に中古車市場では選べる車が増え、良質な中古車を探す身には大変嬉しい状況だと思います。もちろん新車も大変人気で値引きは期待できないものの、特徴的で良質な新型車が選べる点では、大変恵まれている状況です。, 新車で300万以内で・・・という条件だと、カローラワゴンハイブリットやホンダシャトルハイブリットという選択肢もあります。数少ないコンパクトな5ナンバーで検討している人には嬉しい車種かもしれませんね。, 輸入車は、まさにステーションワゴンの宝庫と言っても過言ではないでしょう。VW、メルセデス、BMW、ボルボ、などなど、本当に選び放題です。, SUVも視点の高さから、ミニバン同様に長距離運転や高速道路での走行に向いてます。また、ボディ剛性(強さ)が高い事と車重が重い事から、挙動が安定し、静粛性が高い車も多く、快適に走ることができます。, 足回り(サスペンション)もストローク(伸縮の幅)に余裕があるため、道路のギャップをしっかり吸収してくれるので、挙動の安定度でいうと意外かと思うかもしれませんが良かったりします。, 今は、SUV全盛期と言っても過言ではない時代です。車種に関しては選び放題だと思います。ただし注意して頂きたいのは、静粛性について言うと、一部の車種で音が大きめの車があるようです。これは、実際に乗ってみないと分からないので是非試乗をおすすめします。それとSUVの場合、特に中古車を買う時は、装着されているタイヤによって、ロードノイズの大きさが随分と違うので注意が必要です。, 長距離をドッシリとゆったりと巡行するなら、レクサス RX がいいね!という声が多いようです。新車では手が出なくても中古車なら希望の予算で見つけることができるかもしれませんね。, ミニバンは車高が高いので横からの力に弱いのではないか?そんな印象を持つかもしれませんが、最近のミニバンは少し違います。, 特に、車高が低くなった新型車が多いのが特徴で、挙動の安定性はかなり高くなってます。現行型のアルファードやベルファイヤはもちろん、フルモデルチェンジから随分年数が経ったエルグランドは、いち早く車高を下げたミニバンです。走りを意識したミニバンとしての印象も強いですね。, ミニバンというと、車高の高さが弱点だと思いがちですが、視点が高いことで体感速度を遅く感じるという利点もあり、実は疲れにくいという効果もあります。, 遠くまで見渡せる安心感や、一般道では危険をいち早く察知できるという点でもメリットの方が多いかもしれませんね。, そういう点で言うと、フルモデルチェンジ前のアルファード、ベルファイヤも、かなり魅力的な車と言えます。, また、ローフォルムのミニバンと言えば、オデッセイの存在を忘れてはなりません。現行型はリヤのドアがスライドになったことで利便性も向上し、ハイブリット搭載で経済性も向上し、人気があります。, 空間のゆとりという意味では、ほぼ気になるところが無いミニバンですが、2列目のシートの形状や作りで疲労度に差がでます。, こういったところは展示場やショールームで座ってみるだけで分かる部分ですので、まずはしっかりと座ってみて下さい。, ベントシートで、あまり凹凸がなく体を固定するものがシートベルトだけのような座席ですと、走行中の車の揺れで姿勢を保持するのに余分な体力を使うことになります。, キャプテンシートの場合ですと、シート幅が狭く窮屈という場合があります。これは乗る人の体格によるところも有りますが、そもそも囲まれてる状況が苦手という人もいますので、気にしてみるところです。, 横幅の狭さは先ほどのキャプテンシートが主なところですが、座面の長さは、ベンチ、キャプテンの両シート共通のポイントです。, 座面の長さが短いと体重を支える面積が少なくなるため、主にお尻や腰が痛くなるという症状が出やすくなる傾向があります。, 欧州車は日本国内で乗っていても取り回しで苦労することが少ないでしょうし、長距離ドライブだと、特に良さが分かると思います。走る、曲がる、止まるがしっかりしていて、不快に思わない程度の静粛性、心地よいエンジン音など、恐らく一度乗ると国産車に戻れないかもしれません。特に値段的にも手ごろな、VWゴルフ、パサート、AUDI A4、メルセデスCクラスなどのモデルでも、十分その良さが体感できると思います。操作系など日本車とは逆だったり、慣れない部分もあるかもしれませんが、すぐに慣れると思うので、是非車選びの際には候補に入れて実車を触って、試乗して欲しいと思います。, 基本性能が高く、先進の安全サポート機能を搭載した新車は、諸費用を入れて400万円から500万円以上します。, 新車を買ったものの1年で2万~3万Km走るなら、3年後、5年後の下取りや買取額は相当下がる可能性が大。乗り潰すつもりなら、そもそも新車を買う必要があるのか?, 通勤用、特に1日に100Km以上走るような長距離通勤用の車は、疲れない事とコスパがいいことの2つが重要です。でも、疲れない車は高い車で維持費も高そうに思えますが、実はコストパフォーマンの高い車もあるんです!そんな車や選び方を紹介します。. ドライブ好きな方は運転を楽しめる車を賢く選びます。長距離ドライブも快適に楽しめる車の特徴は何でしょうか。メーカー別に快適で安定性のある、ドライブしたくなる車種をご紹介します。この特集を参考にドライブを趣味にできる魅力的な車を見つけてみてください。, ドライブが苦手・・・と感じている人は多いようです。運転自体は好きでも長距離ドライブはしたくない、と感じている方もおられるでしょう。車の走行が不安定であったり、シートが快適でない場合のドライブは確かに厳しいでしょう。, しかし、車の選び方次第で、ドライブしたい!という気持ちになるかもしれません。ドライブしたくなる車にはどのような特徴があるのでしょうか。, まず、運転する環境が快適であることです。長距離ドライブ・長時間の運転のストレスを軽減してくれるものはシートの快適性でしょう。反対に、運転していて疲れを感じやすい理由もシートにあります。, 体とシートの接地面は長時間同じ姿勢を維持していると血流が悪くなります。血流が停滞しないように、圧力を分散し、姿勢を楽に安定させてくれるシートの車を選ぶようにしましょう。一度座ってみただけではシートの良し悪しには気づけないかもしれません。, 優れたシートを搭載している車はスポーツモデルとして販売されていることが多いようです。ドライビングシートのあらゆる位置を幅広く調節できる機能がついているかもチェックしましょう。運転中のベストポジションが決めやすく、快適で安定していて視界が広く取れる車は運転したくなるでしょう。, 運転したくなる車の特徴2つ目は走行性が安定していることです。どの車も直進安定性はあります。ですから、車にどこか不具合が生じない限りは極端に不安定な直進運転になることはないでしょう。しかし、高速道路など長距離を直進で延々と運転しなければならない場面では、直進安定性の質が高い車がおすすめです。, ステアリングが取られるような感覚に襲われたことはないでしょうか。路面状況や速度、天候にかかわりなくステアリングが安定している車は直進安定性の質が高いといえます。ボディ形状の幅が狭く車高がある車は横風にあおられてしまいがちです。精神的にも疲れてしまうのでそのような車は高速走行や長距離ドライブには向いていないでしょう。, ドライブしたくなる車の特徴3つ目は、運転支援システムが充実していることです。最近の車にはドライブサポートの最先端技術が搭載されていることがほとんどです。もちろん、自分でこまめに休憩を取ることを意識しながらロングドライブを楽しむこともできます。, しかし、アクセルを踏み続けなければならない長距離ドライブは確実に体と心に疲労を蓄積していくでしょう。先行車自動追従付オートクルーズコントロールという運転支援システムは長距離運転を快適に行う助けになります。全車速対応型を選べば渋滞時に感じやすいストレスも軽減されるはずです。, ドライブしたくなる車の特徴4つめは運転中の静粛性が高いことです。最近のハイブリッド車は走行時が非常に静かです。また、エンジン性能も年々向上しているため、静粛性の高い車を選ぶことは簡単になっています。エンジン音を楽しむというよりは、落ち着いた静かなドライブを楽しみたいという方にはこのポイントは重要でしょう。, ドライブに最適な車にはどのような車種があるのでしょうか。メーカー別に会社も含めてご紹介しましょう。この特集から是非自分の理想にかなうドライブしたくなる車を見つけてみてください。, GRとはGAZOO Racingfが開発したトヨタの新スポーツカーシリーズです。通常のトヨタ車とは異なり、インターフェイス・パフォーマンス・デザインの三つにおいて走りの快適性と楽しさが特に魅力的といえます。, GRスポーツはGRシリーズの中でもエントリーモデルとしてよく選ばれているため、スポーツカー初心者や普段から街乗りしたいという方におすすめです。GRスポーツシリーズの中でも特に<ドライブがしたくなる>車を2車種ご紹介しましょう。, トヨタとスバルの共同開発によって生まれた2ドアクーペが86です。スバルのボクサーエンジンを搭載しており販売当初は大きく話題として取り上げられました。クールでスポーツカーらしいスタイリッシュなルックスが多くの人を魅了しています。, クーペ―の中では珍しく女性からの受けもよいので若い男性が選びやすいという特徴もあります。ボディサイズはコンパクトですから小回りが利くのですが、運動性能はクーペらしく高い質が感じられます。車をしっかり操っている感覚を得られるので、車が好きな方にとってドライブしたくなる車となるでしょう。, 高級志向の方の目にかなうドライブしたくなる車といえばトヨタのハリアーでしょう。高級クロスオーバーSUV車です。水平基調でスタイリッシュなボディハリアーならではの存在感を醸し出します。, 運転状況に合わせて制御を切り替えるSuper CVT-iというトランスミッションが搭載されているため、低燃費を保ちながらもスムーズな加速が可能です。ダイナミックトルクコントロール4WDの搭載により悪路環境でも走行が安定しているでしょう。, スポーティハッチバックタイプのカローラシリーズが登場したのは2018年のことです。電子式パーキングブレーキやオートブレーキホールドが標準装備されているため、運転操作性に優れている車と言えるでしょう。, グレードがアップするとアルミホイールを標準装備していたり、内装外装ともに豪華な印象を演出させてくれます。高級志向の方の目にもかないながらスポーツカーとしてのおしゃれなデザインを兼ね備えている車です。, カムリは米国の乗用車セグメントにおいて15年連続で選ばれる実力はセダン車です。カムリは低重心なシルエットが特徴的で、立体的で大胆なコントラストデザインが目立ちます。タイヤの存在感を目立たせるエンジンフードやベルトラインもおしゃれ度を高めています。, ハイブリッドモデルにはダイナミックフォースエンジンが搭載されており、低燃費でダイナミックな走りを期待できます。トヨタセーフティセンスが標準装備されているので安全性能も充実している車です。, トヨタで販売されているFRスポーツセダン車のエントリーモデルとして長年選ばれているのはマークXです。スポーツセダン車らしいヘッドライトやメッシュグリルが採用されており、フロントグリルが強調されています。, マークXにはプリクラッシュセーフティシステムやレーダークルーズコントロールなどの運転支援システムが標準装備されています。基本的な装備はクラウンアスリートと変わりありませんが、値段が100万円以上安いので手を出しやすく、気軽にドライブを楽しめる車です。, 全世界で累計生産台数90万台を突破しギネス登録されているマツダのスポーツカーはロードスターです。小型オープンスポーツカーで2人乗り仕様の車の中でロードスターが最も多く生産されています。, 低い車高とオープントップの存在感は国内でも目立っています。日本車の中でもトップクラスのステータスとしての価値を持つ車と言えるでしょう。乗ってドライブするのにはもちろん、見ている側でも楽しくなる車です。, 3列シートSUV車の2018年販売台数ナンバー1を誇るCX-8はエモーショナルで美しいプロポーションを磨き上げた車です。アウトドアにももってこいの広い荷室空間と力強い走行性能が魅力を高めています。, ターボモデルを含めた2種類のエンジンモデルを展開しており、街中から高速道路まで幅広い環境で質の高いドライブを楽しめます。, CX-5はマツダの新世代技術であるスカイアクティブテクノロジーをフル搭載しています。ディーゼルターボエンジンを搭載しているSUV車としても魅力的です。, ダッシュボードには最新流行の水平基調デザインを採用し、手が触れる部分の素材には柔らかいものを使用することによってドライブ中の負担を少しでも和らげる工夫が徹底されています。, マツダの車といえばアクセラというイメージがありましたが、そのアクセラが2019年にフルモデルチェンジされたものがMAZDA3です。これまでマツダが技術開発に力を入れてきた新世代ガソリンエンジンがMAZDA3には採用されています。また、新世代車両構造技術やこれまで以上に魂動となったデザインが魅力的です。, 世界一苛酷なコースレースで販売当時のFF最速タイムを記録した車がホンダのシビックタイプRです。予約の段階で1年ほど待たされるといわれている程、人気の車です。, 4ドアハッチバックタイプのシビックは広い室内空間と快適な設備が特徴的です。加えて有名な素晴らしい走行性能が組み合わさっているため、ぜひともドライブしたい!という気持ちになることでしょう。ファミリーカーとしても、レジャーシーンでの活用にも使いやすい車です。, ファミリーカー定番のミニバンランキングで常に上位に位置している、ホンダのスパーダは家族でドライブをしたくなる車です。躍動感と未来感を与える男らしいデザインが特徴的です。, ハイブリッドモデルには<スポーツハイブリッドi-MMd>というシステムが搭載されています。走行シーンに合わせてモードを使い分けるので走行性能は安定し燃費性能が向上しています。, 2シーターオープンスポーツカーとして愛されているホンダの軽自動車S660もおすすめです。シンプルでスポーツカーらしいクールな内装デザインは長距離運転でも飽きが来ないでしょう。センターコンソールが2シートを分割しているので、走行時でもシートのホールド感があります。, また、S660はミッドシップモデルを搭載しています。軽自動車であるとはいえ侮れない運動性能があるのです。アクセルを踏み込んだ瞬間に従順に加速するエンジン性能を実感したいがゆえにドライブしたくなる車です。, コンパクトなのに室内の広さが確保されているホンダらしいデザインが魅力のジェイド。着座位置は低いためシートのホールド感が高いといえます。しかし、サイドウインドウも下がっているため視認性が低下することはありません。CVTに力が入っているため、フルパワーと低燃費が両立されています。コーナリングでも安定した走行が可能です。, ホンダ独自の低床技術を盛り込んだ安定性と運動性能を誇る車がオデッセイです。超低床プラットフォームが採用されており、車高を高くすることによって広々とした室内空間が実現しています。, 大人の高級感を与える乗り心地の良さは、長距離でもドライブしたくなるでしょう。オデッセイにはホンダセンシングが標準装備されているため、運転を支援してもらえます。, エクストレイルはクロスオーバーSUV車です。4WD設定があり、シートやフロアは防水加工が施されているためアウトドアにもってこいです。, どんな悪路環境でも耐え抜く走破性の高さがドライブを楽しめせてくれるでしょう。エクストレイルには3列シート設定や大型サンルーフオプション設定などもあります。家族でドライブがしたくなる車です。, 2017年9月にフルモデルチェンジを果たした日産リーフは電気自動車です。EVだからと言ってパワーがないわけではありません。アクセルを踏んですぐスムーズに加速できるフルパワーを実感できます。, バッテリーを床下に積むことによって低重心になり、高速運転でも直進安定性の質が高い車です。インテリジェントライドコントロールシステムを搭載しているため、悪路環境でも振動を減らし体への疲労を少なくしてくれる車としても魅力があります。, 2018年状半期の登録車販売台数ナンバー1を獲得した車が日産ノートです。ハイブリッドモデルのノートは発電はエンジンで行い、駆動を電気モーターで行うという、はっきり区別させた珍しいタイプです。, この方法により、燃費がさらに向上し静粛性の高いドライブをかなえてくれます。ワンペダルドライビングが可能なアシスト機能も搭載されているため、長距離高速運転の際に役立つでしょう。, ダイハツのスポーツカーとして人気のある車がコペンです。小回りが利きますし車重量が軽いので初心者でも運転そのものを楽しめる車といえます。普通自動車に負けないきびきびとした走行性がドライブを楽しませてくれるでしょう。, 電動アクティブトップの天井を格納することでオープンカーとして走行もできます。スポーツカーでありオープンカーでありデザイン性が優れているので、見た目にこだわりを持って選びたいという方にもおすすめできる車です。, 軽ハイトワゴンの中でファミリー層に人気のある車がタントです。天井が高いので子どもであれば車内で着替えができます。乗降性が高く、収納スペースも広々としているため荷物の多いドライブや、様々な年代の方とドライブに出かけるときに便利です。, モデルアップのたびに車体の空力性能が高まっており、燃費性能も向上しています。タントはすべてのグレードにスマートアシストが搭載されており、安全運転をサポートしてくれるでしょう。, スバルの本格的なスポーツカーといえばWRX STIでしょう。もともとインプレッサとして販売されていましたが1992年に独立してからずっと熱い人気が衰えていません。世界ラリー選手権での輝かしい実績を持っているスポーツカーですので、保有し走らせることは一種のステータスともなるでしょう。, スバル独自のボクサーエンジンを搭載しています。自分の手で車を操っているという感覚をしっかり実感できる車ですので、ドライブしたくなる魅力的な車に間違いありません。, インプレッサはスバルが販売しているスポーツカーの中でも洗練された大人の印象を与える車です。スバルの安全性能であるアイサイトが標準装備されているため、運転に自信がない方や初心者の方でも運転の楽しさを覚えるのに適した車であるといえます。, 新世代ボクサーエンジンが搭載されており、エンジン効率が極めて高く燃費性能も高い車です。アクセルを踏んだ瞬間から、軽やかな加速を実感できるでしょう。スポーティな走りを思いっきり楽しめるので、股ドライブしたくなる車といえます。, スバルフォレスターは最低地上高が高い独特なSUV車です。ボクサーエンジンを搭載しており、理想通りのパワーを出力してくれます。アイドリングストップ機能が搭載されており、SUV車にしては低燃費性能を誇っています。, アクセルを踏んだそれだけ加速してくれるスムーズな走行性能がドライブを楽しませてくれるでしょう。, ワイド&シャープなフロントマスクが特徴のスバルレヴォーグもドライブしたくなる車としおすすめです。次世代アイサイトが標準装備されており、ツーリングアシスト機能が働きます。, 高速道路での走行も疲れをできるだけ少なくして運転を楽しめるでしょう。座席シートは長距離運転でも快適に行えるように徹底されています。カップホルダー付きリヤセンターアームレストが全車標準装備されているので車内での食事も便利です。, スバルの圧倒的パフォーマンスを誇るスポーツセダン車がWRX S4です。2.0LハイパフォーマンスDITエンジンが採用されており、思い描いたラインを正確に走ってくれます。より自然に、より滑らかな走りを楽しみたい方にとって、WRX S4はもっとドライブしたくなる車となるでしょう。, 2017年のフルモデルチェンジにより3ナンバーとなったスイフトスポーツは1000kgを切る軽重量乗用車です。スズキのプラットフォーム設計を採用しています。車重量が軽いということはそれだけスムーズな加速が可能であるということです。, スポーツ性能の高いハッチバックタイプのスイフトスポーツは全車オートマ設定が用意してあるので、オートマ限定免許の方でもスポーツカーの軽やかな走りを楽しめます。, スズキのスペーシアとスペーシアカスタムには新プラットフォームハーテクトが採用されています。もともと広い室内空間がさらに広がり、多彩なシートアレンジが可能です。安全宇運転を支援する危険予測システムが標準装備されている点もドライブを楽しめる否決で小。, MINIの販売している車の中で最も人気がある車種がクロスオーバーです。円を使った内装のレイアウトは可愛らしく女性にも愛されています。内装の雰囲気を楽しめるのでいつまでもドライブしたくなる車と言えるでしょう。, ドイツメーカーだからこその質実剛健な足回りの設計は走行の安定性を強めています。おしゃれなデザインだけではなく車としての実用性を兼ね備えている魅力的な外車です。, 世界中のファンから愛されているフォルクスワーゲンビートルは、その存在があるだけでもドライブしたくなることでしょう。カラーバリエーションが豊富で自分の好きな色を見つけられます。丸みのあるボディフォルムもかわいらしくルックス重視の方に支持されています。, ただ、見た目は理想通り!というだけではなく走行性能も安定しているのでドライブにぴったりです。室内は広いとは言えないのですが、座り心地の良い快適なコンフォートシートが採用されており、長距離ドライブの体の疲れを低減してくれるでしょう。, アウトドアがお好きな方で長距離を移動しなければならない時にあり得る場面。それが車中泊です。長距離ドライブも快適に、そして車中泊も快適に行える車などあるのでしょうか。車中泊が強いられる場面でもドライブをしたくなる車を5選ご紹介します。, プラットフォーム設計になっているホンダのN-BOXは車中泊ができる軽自動車としてよく知られています。N-BOXは3つのボードを駆使することで多彩なシートアレンジが可能です。ベッドモードにすれば身長190㎝の人でも快適に寝ることができます。, N-BOXのシートは適度に体が沈むので包まれている安定感を得られるでしょう。表皮の裏側には特殊な加工が施されており、厚み・肌触り・柔らかさ・弾力性すべてにこだわりが感じられます。フルオートエアコンやエマージェンシーストップシグナルなどの快適で安定した走行性能や環境性能もドライブしたくなる車としての魅力です。, 軽自動車最大室内空間を確保したダイハツのウェイクも車中泊が可能な車です。軽スーパーハイトワゴンというボディタイプで、室内高は軽自動車トップレベルを誇っています。そのため横風には弱いというデメリットがありますが、乗降性が高く、快適な室内空間はドライブしたくなる車の魅力です。, ウェイクも多彩なシートアレンジが可能です。テーブルモード・ロングラゲージモード・フルフラットモード・ロングソファーベッドなどのシートアレンジにより、乗っている人数や場面に応じた快適な室内環境を作り出せるでしょう。シートは撥水加工・防水仕様となっているのでアウトドアにもってこいです。, ビジネスでよく選ばれている軽自動車。スズキのエブリイワゴンはセミキャブオーバー式の車であり、見切りが良く取り回しがしやすいという特徴があります。ですから、まだ運転になれていない初心者の方や座高が低い小柄な方でもドライブしたくなる運転しやすい車です。, また、室内空間は広いので車中泊も可能です。衝突被害軽減ブレーキが標準装備されているので、運転支援システムが搭載されているという点でもドライブがしたくなる車に選ばれてふさわしいと言えるでしょう。, 小型で運転が医師吸いながらも車中泊が可能な乗用車がホンダのフリード+です。5人乗りのハイトワゴンタイプであり、3列目シートを取り外せば広い荷室空間に変わるという特徴があります。同クラスではトップレベルの広い室内空間を確保しておりシートアレンジもできるので車中泊にもってこいです。, フリード+にはガソリンエンジンモデルに加えハイブリッド車もラインアップされています。さらに、ホンダセンシング・衝突軽減ブレーキ・アダプティブクルースコントロールといった運転支援システムも充実しているため、ドライブがしたくなる魅力満載です。, 大人数で長距離ドライブに出かけるときや、荷物が多い移動ではミニバンが活躍します。取り回しのしやすい日産のNV200バネットはビジネスユース・デイリーユース・レジャーユースなどあらゆる場面で快適に使用できるサイズとなっています。, ドアの自動開施錠ができるキーやインテリジェントキーが採用されている点も魅力です。断熱効果のあるプライバシーガラスとなっていますし、スライドサイドウインドウが採用されているので、外の天候に左右されず快適なドライブを楽しめる車と言えるでしょう。, 運転する頻度や距離にかかわらず誰もが乗り心地のいい車を選びたい、と思っていることでしょう。特にドライブを趣味とする方や、長距離移動を頻繁にする方にとって<ドライブしたくなる車>を選ぶことは大切です。, シートの快適性・走行安定性・運転サポートシステム・静粛性。この4つのポイントを頭に入れて、この特集でご紹介した車種の中から選ぶのはいかがでしょうか。デザインや走行性能、ボディサイズなど自分の理想やこだわりにマッチしながらもドライブしたくなる車を見つけられるでしょう。.

.

東京 喰 種 アニメ動画 Ova 7, バッチ 標準エラー出力 変数 31, Ffmpeg Document 日本語 6, 木佐彩子 Cm カビキラー 8, 一人 親方 工事請負契約書 7, ドラゴンボール ゼノ バース 2 トキペディア 6, Uras エアロ 評判 4, Arduino Dualshock 2 4,