勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。     All Rights Reserved. ±ã‚’責めて人を責むるな。」とあるが、これが人としてできない。ああ、今日も不満を抱いている自分がいる。自戒、自戒。 徳川家康の名言には「人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず」、「いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある」などがあります。 戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開府した徳川家康(1543~1616)の名言をご紹介します。 スポンサーリンク 人の一生は重荷を負て 遠き道をゆくが如し いそぐべからず 不自由を常とおもへば不足なし こころに望(のぞみ)おこらば 困窮したる時を思ひ出すべし 堪忍は無事長久(ぶじちょうきゅう)の基(もとい) いかりは敵とおもへ 及ばざるは過たるより まされり, ▷我慢・忍耐は長く平穏無事でいられるコツである。心に湧き上がる怒りを敵と思いなさい。, 「徳川家康公御遺訓」(東照公御遺訓)は、戦国の世を終わらせ、天下泰平の世を完成させることに生涯を捧げた徳川家康の遺訓。, 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」で知られる徳川家康ならではの、「忍耐型」の人生理念といえます。, 裕一の独りよがりな作曲態度にイライラが収まらない音は、家康公の御遺訓「堪忍は無事長久の基 いかりは敵とおもへ」を自身に言い聞かせ、裕一の自発的な変化をひたすらに待ちます。, こうして生み出された裕一渾身の応援歌「反逆の詩」でしたが、小山田からの評価は芳しくなく、ますます裕一は殻に閉じこもってしまいます。これを見た音は、ある行動を起こし…。, ▼裕一のモデル・古関裕而も、クラシック作曲家になろうと悶々としていた若い時期に早稲田大学応援歌の作曲依頼を受け、その後の作風へと至るキッカケを作っています。 Copyright© いかりは敵とおもへ 徳川家康「遺訓」 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。 急ぐべからず。 不自由を常と思へば不足なし。 心に望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし。 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思へ。 勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。 徳川家康の名言. 徳川家康公について 東照公御遺訓. 2020 All Rights Reserved. ・【エール】「紺碧の空」早稲田大学応援部団長・田中隆 俳優・三浦貴大は三浦友和・百恵の次男. 徳川家康の名言(1) 人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。 徳川家康の名言. 【エール】「紺碧の空」早稲田大学応援部団長・田中隆 俳優・三浦貴大は三浦友和・百恵の次男, 【エール】「竹取物語」で英国の国際作曲コンクール入賞 古関裕而の快挙(チェスター社コンクール入賞)がモデル, 「おちょやん」富川福助の子供時代 子役・松本和真は「べっぴんさんスピンオフ」にも出演, 「おちょやん」岡田みつえの子供時代 子役・岸田結光は「わろてんか」「べっぴんさん」にも出演, 【エール】母校「福島信夫小学校」校歌 エピソードのモデルは福島商業高校校歌「若きこころ」か, 「監察医 朝顔」ロケ地 三陸鉄道リアス線・甫嶺駅(東北の海沿い「仙ノ浦駅」のシーン), 【エール】裕一が作曲する校歌(福島吾妻尋常小学校)モデルは?古関裕而が作曲した校歌もまとめます. 不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。 不自由を常とおもへば不足なし Copyright© そんな家康が残したとされる遺訓が存在します。 どのような遺訓だったのでしょうか。 家康公遺訓. こころに望(のぞみ)おこらば 困窮したる時を思ひ出すべし 家康の遺訓とされているのは次のものです。 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。 不自由を常と思えば不足なし。 大人から子供まで、日本の歴史をもっとわかりやすくをテーマに、知りたいにお答えしていきます。. 徳川家康公御遺訓. 生涯をかけて平和な国づくりを成し遂げられた徳川家康公の理念や理想の精髄は「人の一生は」ではじまる「東照公御遺訓」として今日に伝えられております。 堪忍は無事長久(ぶじちょうきゅう)の基(もとい) 及ばざるは過ぎたるよりまされり。, 「人生とは、重い荷物を背負って、坂道のような上り坂をひたすら歩き続けるようなものであり、焦らず、ゆっくり進みなさい。, 不自由なときこそ、いつもの状態であり、辛抱することこそ、無事に平穏な日々を送る秘訣なのだ。怒りは、平穏を台無しにするから気をつけなさい。, 勝つことだけを考えるのではなく、負けることも必要なのだ。負けることがなければ、人の情けやありがたみも分からないためである。, そして、何事も、やり過ぎてしまえば取り返しがつかないことになるが、まだ多少やれるくらいの余裕を持っていれば、いつかきっとうまくいくことがあるのだ。」, まず、最初にお断りしておきますが、この名言は、家康が語った名言ではないということです。, 実は、この名言は、水戸のご老公こと、徳川光圀の遺訓といわれる「人の戒め」をもとにして作られ、幕臣の池田松之助という人物が家康の遺訓としたそうなのです。, それは、池田松之助が、家康なら、こういう言葉を残したはず、残していて欲しいとの思いからだったのかなと僕は思いますが、どうなのでしょうね。, 言葉の暴力と呼ばれるほど、使い方を間違えると取り返しのつかないこともしばしば起こります。, ですから、言葉は、その受け手によって、様々な解釈が施され、勝手にその人の感情を支配します。, 100均で買ってきた、日めくりカレンダーに書かれている、誰が書いたかも分からないような言葉でさえも、心にずしりと響いたりもします。, たまたま、自分にとって、気持ちのいい言葉であれば、その日は気分が良くなり、都合の悪い言葉であれば、一日へこんだりすることもあります。^^;, そして、その言葉を誰が言ったのかということが絡んでくることで、さらに言葉はパワーアップします。, たとえば、なんの権力も名声もない僕が、家康の「人の一生は重き~」と会社の新人に言ったとします。すると、こんな会話になるかもしれません。, 新人君「先輩、仕事が毎日つらいっす。なんとかなんないんですかね~。(少しチャラい感じ)」, 僕「人生っていうのはな、おまえがおれをおんぶして、富士山を上るようなもんなんだよ。」, この会話は、少し新人君がチャラすぎましたが、この名言を知らない新人君からすれば、だいたいこのようなリアクションになるのではないかと思います。^^;, 僕「家康は、人生とは重い荷物を背負って坂道のような上り坂を上り続けることだと言っているんだ。つまり、辛いことを当たりまえと思えば、大抵のことは我慢できるんだ。」, つまり、家康が言ったということだけで、聞く耳を持ったということと、少しだけ説得力が増した気はしませんかね。^^;, 歴史的に評価されている人が語った言葉であれば、誰しも、すごいいい言葉だと思うでしょう。, そして、意外にも、言葉自体がとてもいい言葉であれば、あまり評価の良くない人でも、実はこの人、なかなかいいこと言うなと評価が上がったりもします。, ですので、徳川260年を守り抜くための教訓として、権現家康公が語ったとして、語り継がれたのだと思います。, 長々と書いてきましたが、ここからが効果があると自分では思っていますので、もう少しお付き合いくださいね。^^;, 長々と名言も語っていますが、僕も長々と書いてきましたが、つまりは、その一言に集約されるんです。, 自分の人生、辛いことばかり・・・、と嘆くのではなく、それが当たり前の日常的なことなんだということです。, 意外とまわりは、あの人苦労して大変そうとか、辛そうとか思いがちですけど、当の本人は、けっこう楽しんでいたりするものです。, 「現状(上図の中央)」を基準としたとき、今までは嬉しかったり、楽しかったことが、当たり前に思うようになってしまうと、だんだん嬉しくなくなってきますね。, この状態は、今よりも、辛く苦しい状態が増えていきます。慢心や贅沢などが考えられますね。, 逆に、今まで、辛く苦しかったことを当たり前と思うようになると、辛く思っていたことが少なくなり、だんだん楽しく嬉しいことが増えていきます。, この状態は、周りが思っているほど、当人は、辛いと思っていないのです。なんでも楽しめる状態だと思います。, 家康のこの名言は、この横棒を下げていけばいいんだよと言っているのです。そうすることで、辛いと思っていたことも喜びに変わっていくよと。, この言葉が教えてくれることは、人として楽しく過ごすためには、辛いことなんてないんだよということです。辛いと思うのは、心が贅沢になっているからなのかもしれませんね。, あなたの疲れた心に少しでも安らぎを与えることができたのなら、とても嬉しいです。^^, 歴史好きのコーチ・コンサル・カウンセラー・セラピスト・占い師・士業の起業家の方、またはこれから起業しようと考えている方へ, Webから自動的にお客様(クライアント)を獲得するネット集客システムを構築し、安定的に稼げる方法をメルマガでお伝えしていますので、興味があれば、下のバナーからぜひご登録ください。. 勝事(かつこと)ばかり知て負くる事をしらざれば 日本の歴史わかりやすくもっと知りたい! , 2018 ロケTV , 世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。 徳川家康の名言 堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。                  平成26年9月9日記. おのれを責て 人をせむるな NHK連続テレビ小説「エール」5月19日(第37回)放送で、「徳川家康の御遺訓」(東照公御遺訓)が登場しました。, 早稲田大学応援部から「紺碧の空」の作曲を頼まれた裕一(窪田正孝)でしたが、相変わらず小難しい西洋音楽に固執し、誰もが認める「自分の音楽」を作り出してやろうと息巻いています。, そんな裕一の自己顕示欲にイライラを覚えた音(二階堂ふみ)は、彼を変えていく方法はないかと周囲の人々に相談を開始。, 相談を受けた喫茶バンブーの恵(仲里依紗)は、「どうだろう…彼を変えられるのは自分だけだと思うけど」と言った後に、大切に保管している「徳川家康公御遺訓」の色紙を音に渡します。, 人の一生は重荷を負て 遠き道をゆくが如し いそぐべからず 害其(その)身にいたる おのれを責めて人をせむるな。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); もし、あなたが、そのような状態なら、徳川家康の遺訓・名言として有名な「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし」が効くかもしれませんよ。^^, 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。 Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). この名言の意味はざっくりとこのような内容です。 「人生とは、重い荷物を背負って、坂道のような上り坂をひたすら歩き続けるようなものであり、焦らず、ゆっくり進みなさい。 不自由なときこそ、いつもの状態であり、辛抱することこそ、無事に平穏な日々を送る秘訣なのだ。怒りは、平穏を台無しにするから気をつけなさい。 勝つことだけを考えるのではなく、負けることも必要なのだ。負けることがなければ、人の情け …

.

Windows10 メール 開かない, 国語 教えるの 難しい, 冬キャンプ 石油ストーブ 寒い, 炭酸水 はちみつ レモン, 赤ちゃん 頭大きい 将来, 1歳 お菓子 コンビニ, ドラクエ10 体験版 ダウンロード 時間, ジャンヌ 陳 宮, 技術 家庭ノート 答え, Mac 画面拡大 固定, Auかんたん決済 Au Pay, Ipad アップデートできない 古い, トラベル リュック 防水,