(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 桶狭間の戦い、姉川の戦い、長篠の戦いなどいろいろな戦に勝ち天下統一 (全国を支配) を果たした織田信長。. ~ゆるりと楽しく戦国時代!~戦国武将の逸話や歴史についての記事、年表や逸話漫画などおいてます。戦国時代って面白いし個性あふれる武将達は魅力的!皆が戦国武将を好きになってくれるよう、『楽しく』『わかりやすく』をモットーに個人運営している戦国の自由研究サイトです。 日本の歴史の中で、一番ドラマチックで最もエキサイティングで群を抜いてサバイバルだったのが戦国時代です!, 毎年のように映画やドラマ、ゲームや小説、テーマパークやイベントなど色んなコンテンツに登場してくる戦国時代。, 例えば映画「関ケ原」やシュミレーションゲーム「信長の野望」、イベント「信玄公祭り」や2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」、小説「一夢庵風流記 (新潮文庫)」など枚挙に暇がありません。, そんな現在でも脈々と生きる戦国時代についてもう少し詳しく紐解いて行くことで、より楽しく興味深く戦国時代のコンテンツを楽しむことが出来るはず。, 戦国時代とは「地方の主権を握った大名が、さらに勢力を拡張し、究極は天下の覇権を取るべく互いに戦った時代」と辞書にあります。, 要は、各地の有力武士たちが日本を統治出来なくなった室町幕府に代わり、自ら自分の領土を治め、更には日本の統一を目指した時代ってわけです。, 名目だけでは生き残れず、実力が伴わなければ領民から見放され、自然と淘汰されていきました。, 始まりは「応仁の乱」・「明応の政変」・「北条早雲が伊豆を征服したとき」・などです。, 終わりも様々で、「織田信長が足利義昭を奉じて入京」・「豊臣秀吉の天下統一」・「関ヶ原の戦い」・「大阪の陣」と色々です。, 戦国時代の定義が「地方の主権を握った大名が、さらに勢力を拡張し、究極は天下の覇権を取るべく互いに戦った時代」です。, その視点で見ると、大名が自らの領地を自ら治め始めるのが、幕府の後ろ盾の効果が著しく薄れた「応仁の乱」付近ですのでここが戦国時代の始まりで、徳川家康が完全に天下を統一して日本中の勢力を支配下に置いた「大阪の陣」までが適切でしょう。, まとめると、室町幕府の中頃に起きた「応仁の乱1467年」から、徳川家康が豊臣家を完全に滅ぼした「大阪の陣1615年」までが戦国時代です。, 室町時代というのは、初代将軍足利尊氏が開いた室町幕府という政権によって治められていた時代のことです。, なぜかといいますと、守護大名の権力や発言力が高まり、将軍への敬意が失われていった事が、政治の不安定さにつながっていたのでした。, ※守護大名とは、室町幕府が地方を治めるために任命した軍事・行政官を務めた有力大名のこと。室町幕府中期では、裁判権や年貢を徴収できる権利なども持ち合わせて権力が強まっていきました。, 有力守護大名(畠山家・斯波家)の後継者争いに、将軍の後継者争い(9代将軍候補)が重なり、それぞれの後継者争いに各地の守護大名たちが乗っかり、日本の勢力が東西2つに真っ二つに分れて主導権争いが全国規模で争いが起きてしまった戦いのことです。, しかし、この戦争を通じて室町幕府の力は弱まり、逆に力を強めた守護大名と、没落した守護大名の地位を乗っ取って行く者たちが、各地の支配をして行きます。, 応仁の乱の後、各地の有力な守護大名や、それを蹴落として権力を強めた者たちが支配を強めていきました。, そんなとき、幕府を支えていた有力な守護大名・細川政元が、室町幕府を補佐する地位を奪取し、政治の実権を握っていきました。, 将軍の権力が事実上無くなった、ここを戦国時代の始まりと呼ぶ説が最近の有力説でもありますが、今回は参考までとしておきます。, 戦国の中期は織田信長が天下統一をほぼほぼ仕上げ、最後、豊臣秀吉が一度完成させるという流れです。, しかし、秀吉が成し遂げた天下統一は脆弱な部分がありました。それはまさしく後継者の問題。, 豊臣家にとどめを刺し、300年近く続く徳川政権の土台を作り上げた家康の手法はすごいです。, 戦国時代後期では、徳川家康が豊臣家を滅ぼし、世襲制による仕組みを作った上での天下統一を果たすまでを見ましょう。, 徳川家康は、関東で虎視眈々と天下のチャンスを狙っていて、そして見事ものにしました!, 他にも戦国時代関連の様々な記事をご紹介していますので、ご興味がございましたらお読みいただければと思います。, 「甲州印伝の印鑑ケースのレビュー記事!2000円以下で花紋印章から購入してみた!」. 鎌倉時代に始まり、荒れ狂う戦国時代に関ヶ原、その後の徳川による江戸時代まで、鎮西の地でその名を轟かせ続けた島津氏。その16代当主として、智略と勇猛さ、そして兄弟との堅い絆により島津の地位を確固たるものにした島津義久の生... 司馬遼太郎は多くの歴史小説がドラマ、映画として映像化され私たち日本人の歴史感覚に影響を与えているといわれています。亡くなった後もその人気の衰えないロングセラーを誇る作家です。魅力あふれる数多くの作品の中から10冊を選び... 細川忠興は、信長から秀吉、そして家康に仕え、細川家を繁栄させた人物です。家を存続させるための努力は、尋常ではないものがありました。この記事では、そんな彼の生涯や、意外な逸話、さらに文化人としても活躍していた彼に関するお... 何も持たないところから、美濃の国主にまで上り詰めた下剋上の男として有名な斎藤道三。2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」にも登場し、注目されています。この記事では、そんな斎藤道三の生涯や名言、逸話などを解説したうえで、お... 島津義弘は戦国時代の薩摩の英雄です。勇猛果敢に戦ったことで「鬼島津」の異名も持っていますが、兄弟、家族への愛情も深かった義弘。島津家を存続させるという後世に残る活躍をした彼についてのおすすめ本を5冊集めましたので、ぜひ... 北条氏康は、武田、上杉などと戦い、勇敢で政治力にも優れていた武将です。関東を治めた北条氏の興亡、氏康の戦いぶり、民衆に慕われた政治の様子がよくわかる本を4冊集めましたので、ぜひご覧ください。. 戦国ブームにより、各地の戦国武将が人気を集めていますが、四国を治めた長宗我部元親もその中のひとり。姫若子と呼ばれた過去も持つ長宗我部元親が、どのような人物で、どんな生涯を歩んだのかを知ることができるおすすめの本を5冊ご... 仕える主君を何度も変えたことから、「風見鶏」や「世渡り上手」などあまり良くないイメージもある藤堂高虎。しかし、本当にそうなのでしょうか。波乱の戦国時代を勝ち残っていったのには、それなりの理由があるはずです。この記事では... 織田信長や豊臣秀吉に仕え、徳川家康と対等に渡りあった前田利家。そしてそんな夫の力を十二分に発揮させることに力を尽くした妻のまつ。NHK大河ドラマの題材にもなったため、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。... かつて戦国という動乱の時代を生きた人々がいました。今回は、下剋上が当たり前の厳しい世の中を彗星のごとく駆け抜けた男たちの生き様を描いた歴史小説を、ランキング形式で5作品ご紹介します。, 様々なジャンルを乱読しちゃうフリーライター。信念は「読み手に届く言葉」を書くこと。, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. 中国の時代区分で、紀元前770年から、紀元前221年までの約550年間。 周(西周)が滅亡し、周の東遷によって東周となったが、各地に有力な諸侯が独立するようになり、中国は分裂期にはいる。 そして秦の始皇帝による全国統一までを一括して春秋・戦国時代という。 小学生学習ポスターとそれに関するテストを毎月公開していくコーナーです。 7月は「日本の歴史年表」学習ポスター&クイズテスト(高学年用・低学年用)を公開します! 縄文時代から現代まで、日本の歴史はどう変化していったのでしょうか? 桶狭間の戦い、姉川の戦い、長篠の戦いなどいろいろな戦に勝ち天下統一(全国を支配)を果たした織田信長。, しかし、織田信長は1番信頼していた部下である明智光秀に裏切られ亡くなってしまいます。, 戦国時代を代表する人物である織田信長は一体どのような人生を送っていたのでしょうか?, 織田信長は織田氏のリーダーである織田信秀の長男(跡取り)として現在の愛知県西半部にある勝幡城で生まれました。, 元服の翌年には初めての戦いとして現在の静岡県の一部を支配していた今川氏との戦いに参加します。, もともと織田家のリーダーになりたがっていた弟の織田信行と対立します。戦の結果、織田信長は織田信行に勝つことができました。, 織田信長の土地である現在の愛知県に侵入してきた戦国大名・今川義元との戦に勝ちます。, 妹・お市を浅井長政と結婚させます。これによって織田氏と浅井氏は手を結ぶ(同盟を結ぶ)こととなりました。, 室町幕府の将軍になること、京都に行くことを目指していた足利義昭と仲良くなり、足利義昭とともに織田信長は京都に行きます。その後、織田信長は足利義昭の将軍就任の手助けを行いました。, 室町幕府の将軍となった足利義昭のために大きな御所(御所とは身分の高い人の家のこと)を建てます。これによって織田信長は足利義昭とますます仲良くなることができました。, 織田信長は朝倉義景という人物と仲が良くありませんでした。そんな朝倉義景と、織田信長を裏切り朝倉義景に味方した浅井氏との戦いに勝ちます。この戦いは姉川の戦いと呼ばれています。, 姉川の戦いに負けた朝倉氏と浅井氏は比叡山延暦寺(現在の京都と滋賀県の間にあるお寺)に逃げ込みました。織田信長は比叡山延暦寺に逃げ込んだ朝倉氏、浅井氏を倒すため延暦寺に火をつけました。, 仲の良かった室町幕府の将軍・足利義昭と対立し戦を起こします。戦いの結果、足利義昭を京都から追い出すこととなりました。室町幕府の将軍である足利義昭が京都から追い出されたことによって室町幕府は滅びてしまいました。, 織田氏、徳川氏の土地に勝手に入ってきた現在の山梨県を支配する武田氏と戦いを起こし、結果、武田氏に勝ちます。この戦いは長篠の戦いと呼ばれています。, 天下人(全国を支配した人物)となった織田信長は滋賀県にある琵琶湖の近くに安土城を建てました。, 自分の部下である明智光秀に裏切られ49歳で亡くなりました。本能寺で亡くなったことから本能寺の変と呼ばれています。, 1560年5月、織田信長は現在の静岡県の一部を支配していた今川義元との戦いに勝ちました。, 当時、静岡県の一部の他に現在の静岡県西部、現在の愛知県東半部を支配していた今川義元は織田信長の土地である現在の愛知県西半部を次に支配しようとしていました。, その時、今川義元は2万5千もの多くの兵を連れ織田信長の軍に攻撃してきたとされています。, それに対し、織田信長は5000人といった数少ない兵で今川義元に奇襲(不意をついた攻撃)をしかけ、今川義元に勝つことができました。, 桶狭間の戦い後、織田信長は今川氏の支配から解かれた徳川家康と手を結ぶこととなりました。(清洲同盟), 1570年、朝倉・浅井連合軍と戦を起こします。この戦いは姉川の戦いと呼ばれています。, 1570年4月、織田信長はもともと仲の悪かった朝倉氏を倒すため朝倉氏の土地である現在の福井県越前市へと出陣しました。, しかし、敵である朝倉氏に味方し織田信長に攻撃をしてきたため織田信長は金ヶ崎の戦いで1度負けてしまいました。, 1570年6月、織田信長は同盟国である徳川氏とともに朝倉・浅井氏を倒すため挙兵しました。, 織田信長は1568年9月7日、室町幕府の将軍になること、京都に行くことを目標にしていた足利義昭に協力し京都に行きます。, その後、足利義昭の将軍就任に協力、足利義昭のために御所(御所とは身分の高い人の家のこと)を建てるなど将軍となった足利義昭とさらに仲良くなりました。, しかし、天下統一(全国の支配)を目指す織田信長と足利義昭は考え方の違いから次第に仲が悪くなり、ついには口もきかないような仲となり2人は争う形となりました。, 1573年7月、仲の悪くなった織田信長と足利義昭は戦を始め、その結果、織田信長は足利義昭に勝つことができました。, 織田信長に負けを認めた足利義昭は京都から追い出されることとなり、これによって室町幕府は滅びる結果となりました。, 足利義昭を京都から追い出した織田信長は天下人(日本全土を統一した人物)となりました。, この時、織田信長の土地と徳川家康の土地には現在の山梨県を支配していた武田氏が侵入を繰り返し行っていました。, しかし、1573年、武田氏のリーダー・武田信玄が亡くなったことで、織田信長の土地、徳川家康の土地への侵入は一時停止されます。, 1573年8月、武田氏の家来である奥平信昌が武田氏を裏切り、敵である徳川氏に味方します。, この頃、亡くなった武田信玄の息子・武田勝頼は武田氏のリーダーとなっており、徳川氏に味方した奥平信昌を倒すため1575年4月、たくさんの兵を連れ徳川家康の土地である現在の愛知県東半部に攻撃をしかけました。, 武田氏を裏切り、敵である徳川方に味方した奥平信昌は長篠城(徳川氏の城)におり、武田軍は長篠城を攻撃します。, 織田信長も武田氏と争っていた徳川氏の手助けを行い、これによって織田・徳川連合軍、武田軍の戦いが始まりました。, この戦いは長篠の戦いと呼ばれ、馬防柵(敵の攻撃を防ぐための柵)の設置や火縄銃を使った織田軍の活躍により、織田・徳川連合軍は武田氏に勝つことができました。, さらに全国の支配を進めていた織田信長は1582年5月、現在の岡山県西部にある毛利輝元の城・高松城を攻めていた部下の羽紫秀吉(後の豊臣秀吉)から戦の協力を求められます。, この羽紫秀吉(後の豊臣秀吉)からの頼みを受けた織田信長は数人の身の回りのお世話をする少年とともに京都へと向かいました。, 羽紫秀吉は織田信長の他に、織田信長の部下である明智光秀にも戦の協力を求めていました。, 明智光秀は羽紫秀吉の頼みを1度受けましたが、その明智光秀が突然、織田信長と羽紫秀吉を裏切り1582年6月2日、織田信長が泊まっている本能寺に火をつけたのでした。, 織田信長は必死に明智光秀と戦いましたが、最終的には自害(自殺)したとされています。. 地方の主権を握った大名が、さらに勢力を拡張し、究極は天下の覇権を取るべく互いに戦った時代, 室町幕府の中頃に起きた「応仁の乱1467年」から、徳川家康が豊臣家を完全に滅ぼした「大阪の陣1615年」までが戦国時代です, 9代将軍足利義尚が鈎の陣(まがりのじん)へ(幕府の権威を復活すべく守護大名の六角氏を懲らしめる戦。結果、途中で将軍はお亡くなりになります。あらら), 織田信長、ルイス・フロイスにキリスト教の布教を許す(フロイスは「日本史」を書いた方), 慶長の役。2度めの朝鮮出兵。(お金も人材も失うばかりの戦争は利益がありませんでした), 徳川家康、死去。(法律、軍事、経済、外交と仕組みを整え、最大の敵を滅ぼし亡くなりました). 室町幕府の権威が失墜した15世紀末から16世紀にかけて、「力こそが正義」だった動乱の時代が戦国時代です。守護大名だけでなく、素浪人や農民、商人出身でも強ければ戦国武将になれる実力社会でした。裏切りやだまし討ち、暗殺などなんでもあり。とにかく一斉に天下統一を目指しだしたため、わかりにくく複雑な時代でもあります。この記事では戦国時代の流れをわかりやすく説明し、さらに理解を深めるおすすめの関連本をご紹介していきます。, 実力者がのし上がる「下克上」が盛んだった時代。明確な年代の線引きはありませんが、1467年に起きた「応仁の乱」から、徳川家康が天下統一をして江戸幕府を開くまで約140年間とされています。, 武力で権力を勝ち取る風潮が広がり、多くの地に戦国武将が生まれました。きっかけは、「応仁の乱」による室町幕府の権威の失墜。それまで争いを避けていた領主たちが一国の主を目指し、自分の土地を広げようと各地で争いはじめたのです。, ちなみに、戦国時代に活躍した名のある武士はみな「武将」です。そのなかでも豪族などの国人たちを鎮圧して独自の領地を支配していた武将を「戦国大名」といいます。下克上でのし上がった大名と、勢力を拡大させた守護大名が戦国大名になる場合がありました。, 1467年 応仁の乱(~1477年まで)戦国時代のはじまり1543年 鉄砲伝来1549年 キリスト教伝来1560年 桶狭間の戦い1570年 金ヶ崎の戦い、姉川の戦い1571年 比叡山焼き討ち事件1573年 室町幕府が滅亡、朝倉家・浅井家の滅亡1574年 長島一向一揆1575年 長篠の戦い1576年 織田信長、安土城の築城開始1577年 松永久秀の謀反1579年 安土城天守閣の完成1580年 石山合戦の終結1582年 本能寺の変 、山崎の戦い1583年 賤ヶ岳の戦い1584年 小牧・長久手の戦い1585年 羽柴秀吉、関白に任命される1586年 羽柴秀吉が太政大臣に就任、豊臣姓を賜る1587年 豊臣秀吉によるバテレン追放令の発令1588年 豊臣秀吉による海賊禁止令、刀狩り令の発令1590年 小田原の役 奥州平定が終わり、豊臣秀吉による天下統一1592年 文禄の役…1度目の朝鮮出兵1596年 慶長の役…2度目の朝鮮出兵1598年 豊臣秀吉、死去1599年 石田三成襲撃事件1600年 関ヶ原の戦の勃発1603年 徳川家康が征夷大将軍に就任、江戸幕府が開かれる, では戦国時代の詳しい内容を見てみましょう。なかでも天下人の道を歩んだ、織田信長と豊臣秀吉を中心に解説していきます。, 南北朝の分裂時代を経て、足利尊氏が開いた武家政権の室町幕府。1467年に起こった「応仁の乱」は、8代将軍・足利義政時代に起こった後継者争いです。, もともとは、義政の子・足利義尚(よしひさ)を推す母親の勢力と、義政の弟・足利義視(よしみ)を推す勢力との戦い、さらに管領(かんれい)家などの跡目争いなどが一緒になったものでした。加えて当事者たちが細川勝元と山名宗全のそれぞれに頼ったため、二大勢力の戦いへと発展します。, この大乱は、1467年から1477年まで約11年間続きました。結果としては9代将軍・足利義尚が誕生するのですが、この時すでに将軍の権力はなく、将軍を守る立場の菅領家も衰退。義尚の死後、足利義稙(よしたね)が継ぐも、管領の細川政元に追われて逃げ出すなど、足利家の権力はどんどん衰えていきます。, 一方で守護大名の力は増していき、隣同士の領主の争いや、神社や荘園を武力で横取りするなど、国内の混乱はひどくなるばかりです。, このように戦国時代の前半は、各地の豪族同士の領地の取り合いがメインでした。しかし後半になると、ある程度周辺を治めた大名同士の戦いへと変化していきます。, 最初に、下克上にて戦国大名へと上りつめたのが、北条早雲です。もともと駿河の守護大名だった早雲は、伊豆を支配し、相模を支配下に置きました。彼が登場したことをきっかけに下克上が本格化し、「地位ではなく武力こそがものを言う」戦国時代が始まったのです。, そのほか東海地方では、斎藤道三が僧侶から承認を経て美濃の戦国大名へ成り上がりました。, 天下統一まであと一歩のところに迫ったことで知られる織田信長が、一目置かれる存在となったのは、1560年の「桶狭間の戦い」です。今川軍およそ2万5000に対し、織田軍はおよそ2000。圧倒的に無謀だと思われた戦いで見事勝利したことをきっかけに、信長は尾張の一大名から天下人を目指すようになりました。, ちなみにこの戦いで今川家が敗北したことに紛れて、徳川家康は人質から独立しています。, その後信長は、斎藤道三の孫・龍興(たつおき)を破って稲葉山城へ入城し、足利義昭を室町幕府15代将軍に担ぎ上げて自らも入京。このころから彼は「天下人になるために、まずは京都を制してから全国を支配しよう」と考えるようになります。, 一方、そのように政治権力を握る信長のことを、義昭は気に入りません。義昭はやがて浅井氏、朝倉氏、武田氏と組んで「信長包囲網」を築きます。, しかし延暦寺が焼き討ちにあい、「金ヶ崎の戦い」や「姉川の戦い」によって朝倉氏、浅井氏は滅亡。1573年には義昭が京都から追放され、室町幕府は幕を閉じました。, その後、「信長包囲網」を撃破するために、信長は当時最強の戦国大名といわれていた武田勝頼と戦います。これが1575年に起こった「長篠の戦い」で、信長が生涯でもっとも武才を評価される戦いでもあります。勝頼軍に長篠城から迎え撃たれるも、信長軍の最先端武器を使った鉄砲隊と「馬防策」で大勝利を収めました。, 勝頼に勝ったことで調子づいた信長は、誇示を込めて1576年から安土城の築城を開始します。, さらに市や座を廃止して自由取引を認める楽市令を発し、城下町の商業発展を促しました。京都一帯だけでなく、近畿地方や中部地方の大部分を平定し、着々と地盤を固めていきます。, しかし、このほかの地域には、彼に従うことを拒否する者たちがいました。宗教勢力もそのひとつです。当時の宗教勢力は組織力も結束力もあり、信徒集団の自治で国を治めたいという動きがあったため、各地で戦国大名と対立していたのです。, 寺社が権力を持つことや武装することを非常に嫌っていた信長は、「長島一向一揆」「越前一向一揆」を次々に平定。, 1580年にはついに一向宗の総本山である石山本願寺の顕如(けんにょ)を屈服させ、宗教勢力を完全に抑えることに成功します。1570年から11年もの間くり広げられた石山本願寺との戦いを「石山の戦い」といいます。, また、中国地方を治めていた毛利氏も、信長に従わない大名のひとりでした。そのため信長は、羽柴秀吉を総大将として、中国地方最大の大名だった毛利氏を討つように命令します。自らも出陣のため京都の本能寺に泊まっていたところ、家臣の明智光秀に裏切られてしまいました。これが「本能寺の変」です。, 信長の死後、毛利氏と和睦した羽柴秀吉は京へ引き返し、その足で明智光秀を討ちます。これを「山崎の戦い」といいます。これによって秀吉の地位は向上し、1583年には柴田勝家を「賤ヶ岳の戦い」にて撃破。北陸を平定しました。, 1583年には石山本願寺の跡地に大阪城を築城。大名だけでなく、宗教勢力も支配下に置いているというアピールをしたのです。, 1584年には「小牧・長久手の戦い」で織田信雄・徳川家康軍と和睦。翌年には長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を服属させ、四国を平定します。関白、太政大臣に就任し、豊臣姓を賜った秀吉は、全国に「惣無事令(そうぶじれい)」を発し、勝手な私闘の停止。反発した大名は討伐するとしました。, 1587年には、秀吉に反抗的だった島津義久を服属させて九州を平定。そこでポルトガル人による日本人奴隷の売買現場を見た彼は、博多で「バテレン追放令」を発します。これはキリスト教を禁止したものではなく、宣教師を追放するものでした。, 1590年には北条氏を滅亡、さらに伊達政宗を服属させ、関東と奥州を平定し、信長の死後から約8年で全国統一を完成させました。, 統一後、1592年と1597年の2度に分けて朝鮮出兵をおこないます。次の目標を中国の明に設定し、手はじめに朝鮮の服従を要求したのです。, 最初の出兵である1592年の「文禄の役」では、肥前の名護屋に本陣をおき、釜山に上陸。加藤清正の軍勢は中国との国境沿いの豆満江(とうまんこう)のあたりまで進軍しました。, 日本が有利なうちに和平交渉を進めましたが、朝鮮との交渉は決裂。そのため、1597年に2度目の出兵が実行されます。しかし1598年に秀吉が死去したことで、中止になりました。, 秀吉が亡くなってからの豊臣政権は、安定しません。徳川家康が独自に勢力を拡大し、伏見城で政治の実権を握ったため五大老が崩壊します。石田三成と真っ向から対立したことをきっかけに、1600年「関ヶ原の戦い」が勃発しました。, 戦自体は、わずか1日で決着。家康の圧倒的勝利で終わり、光成軍は処刑や領地に没収をされます。「関ヶ原の戦い」で家康の権力は明らかなものとなり、3年後「征夷大将軍」に就任したことをきっかけに江戸幕府を開きました。ここに戦国時代は幕を閉じ、以後平和が続く江戸時代へ移っていくのです。, 天下統一の寸前まで成し遂げた、三英傑のひとりです。短気で癇癪持ちだったといわれていますが、約束事を破ることはなかったそう。秀吉の夫婦喧嘩を仲裁するなど、繊細な性格でもあったそうです。, 1534年に尾張国(愛知県)で生まれ、家督を継いで10年ほどかけて尾張国を統一しました。美濃の制圧を済ませ、京に上洛すると足利義昭を室町幕府15代将軍にさせますが、その後関係が悪化。義昭を中心とした「信長包囲網」に苦しめられます。, その後1573年、武田信玄の死をきっかけに室町幕府を滅ぼし、朝倉氏・浅井氏を滅亡させます。, 延暦寺を焼き討ちして宗教勢力と対峙。冷徹なイメージがある一方で、商業の発展にも尽力しました。楽市楽座の経済政策や関所の廃止など、これまでになかった新しい政策を次々と打ち出していったのです。, 農民から戦国大名まで成り上がり、天下人に。関白と太政大臣を経験した三英傑のひとりです。知的で人懐こい性格、世渡り上手でした。約300人の女性と関係があったといわれるほど、女好きだったそうです。, 織田信長が本能寺にて死んだ後、彼はすぐに上方に戻り、信長の仇として明智光秀を討ちました。その後、「賤ヶ岳の戦い」で柴田勝家に勝ち、「小牧・長久手の戦い」を経て天下統一を成し遂げます。, 国内の政治については信長の構想を継承しつつ、太閤検地や刀狩りなどを命じ、農民の一揆を封じていきました。2度の朝鮮出兵をおこない、これが秀吉政権のなかで加藤清正などの武断派と、石田三成などの文政派の対立を生みます。, 1528年、美濃国の斎藤道三の家臣、明智光隆の子として生まれます。鉄砲など最新技術の習得が速く、一方で和歌などの教養もあり、知的で品のある人物だったそうです。8歳で家督を相続し、はじめは斎藤道三に仕えていましたが、彼が滅ぼされてからは転々とした生活をするようになりました。40歳のときに尾張国の織田氏に仕えます。, 1571年の比叡山焼き討ちを実行したことで、近江国志賀郡5万石を与えられ、織田家家臣のなかでは1番の出世頭となりました。しかし1982年、秀吉とともに毛利氏との戦いに出陣するよう信長に命を受けたにもかかわらず、軍を京に転進させて信長のいる本能寺を急襲します。, 急襲自体は成功しましたが、細川忠興・細川幽斎親子からの支持を得られずに孤立。わずか10日後に秀吉と対峙し、敗走の途中の竹やぶで落人狩に遭い亡くなったといわれています。, 1539年に土佐で生まれた長宗我部元親。他の豪族を支配して勢力を拡大し、一条氏を滅亡させたことで「四国の覇者」といわれる戦国大名に成長しました。幼いころは軟弱で色白な容姿だったそうで、周囲からは「姫若子」と馬鹿にされていたそうです。, 初陣は1560年の「長浜の戦い」。槍の突き方も知らなかった元親ですが、いざ戦いが始まると敵軍の中央を突破し、2人を討ち取る活躍をしました。, 家督を継いだ後は、さらに勢力を拡大。1575年の「四万十川の戦い」で一条兼定に勝利し、土佐の統一に成功します。, その後、明智光秀を通じて信長に四国進出を伝えた元親は、阿波・伊予・讃岐へ侵攻。1585年にはほぼ四国を統一しました。しかし急激な勢力拡大に機嫌を損ねた信長が、秀吉に四国征伐を命令。これに降伏し、結果的に領地は土佐一国となります。さらなる四国攻撃が予定されていましたが、「本能寺の変」で信長が死去したことで、中止されました。, 元親はもう1度四国全土を征服するも、10万もの大軍を率いた秀吉による再度の四国征伐に敗北。その後は秀吉の九州征伐や小田原攻め、朝鮮出兵にも貢献します。秀吉の死後まもなく、元親も亡くなりました。, 江戸幕府の初代征夷大将軍であり、三英傑のひとりです。戦国時代の終止符を打った戦国大名としても有名です。, 1542年に、三河国(愛知県)を治めていた松平広忠の長男として生まれました。幼いころから人質に出されていましたが、転機となったのは1560年の「桶狭間の戦い」です。織田信長によって今川義元が討たれたことで、家康は今川家から独立しました。, 同盟を結んだことにより「信長包囲網」に巻き込まれた家康は、戦国最強の武田信玄と対峙。この時は敗北を喫しましたがが、信玄が亡くなった後、武田勝頼との戦に勝利します。信長が「本能寺の変」で亡くなると、「小牧・長久手の戦い」で秀吉の家来になりました。, ある時は信長に、ある時は秀吉に服従することで、天下を取る機会をうかがっていた家康。秀吉の死は、まさにその時だったのです。, 一般的には1日2回。庶民は主に、粟や稗(ひえ)、黍(きび)などの穀物、米は「大唐米」という赤米です。収穫量が多くて安価のため、盛んに育てられていました。おかずは、味噌や山菜、野草を用いた料理です。地域によっては牛や馬、鹿、猪などの肉や、魚なども調理していました。, 一方で武士は、いつ戦が始まるかわかりません。そのため食事は早朝に米を一気に炊き、午前8時ごろと午後2時ごろに分けて食べていました。夜遅く起きている時は午後9時ごろにも夜食を食べていたそうです。一汁一菜で、玄米や雑穀中心。1回でお茶碗5杯分も食べていたそうです。, 運動量が多いため、濃い味付けが好まれていました。裕福な者は、おかずとして野菜や海藻、かまぼこや納豆、梅干しや漬物などを食べていました。中級以下の武士はおかずがない場合も多々あったそうです。, ちなみに織田信長は、味噌で味付けした焼き鳥、大根やしいたけの煮付けと、ご飯にお湯をかけたものを好んだそう。豊臣秀吉は豆味噌を混ぜたおにぎりや麦飯を主食とし、タコやイカなどを好んで食べていました。天下人になってからは鯛やマツタケなど、全国区から豪華なものを取り寄せていたそうです。, 徳川家康は「長寿こそ勝ち残りの源」と考え、普段から健康に気を配っていました。薬も自ら調合し、質素な麦飯を好みます。当時の平均寿命が30歳から40歳だったにもかかわらず、彼は70歳を超える長寿をまっとうしたことからも、いかに健康的な食生活を送っていたのかがわかるでしょう。, 携帯食としては、おにぎりや餅、煎餅、干し柿、納豆、干物、梅干し、焼き味噌を丸めたものなどが代表的。グルメと名高い伊達政宗は、戦中でもおいしく食べられるように凍り豆腐を開発したといわれています。, 服装は階級によって異なります。武士の正装は裃(かみしも)。小袖の上から肩衣(かたぎぬ)と袴を着用していました。肩衣は麻などで作ったものが多く、袴と同じ生地で作られ、両胸と背中には紋が入っていました。, 一方で庶民の男性は動きやすい小袖だけを着用。麻の着物を自作していたそうです。暑い夏は袖がない服にふんどし姿でした。, 武家の妻や姫などは、きれいな着物に色羽掛、髪も手入れしていました。当時は桃山小袖といった豪華な打掛型の小袖が流行し、高貴な女性ほどオーダーメイドの着物を着用。高級なものは市場ではなく、固定して商品を並べる「見世」で販売されていました。, 庶民女性は主に小袖を着用し、畑仕事で汚れてもいいものを着物。男性と同じく、自ら育てた麻で自作していました。, ちなみに当時は、下着をはくという概念がありません。武家の女性たちの間では、徐々に「腰巻」という衣服の下に着けるものが流行しますが、庶民女性は何もはいていませんでした。かがめば丸見えになることが日常茶飯事だったそうです。, 作者はお笑い芸人。まるでトークライブを聞いているような歴史物語が描かれています。よくある教育本とは違い、武将の心の声が会話に反映されて、面白おかしくストーリーが進んでいくのです。, なかでもメインになっているのが、「関ヶ原の戦い」と真田一族について。流れを追うだけでなく、各武将のしたことや人物像などにも触れています。, 歴史はただの暗記物ではなく、物語なのだとあらためて感じさせてくれるでしょう。苦手意識のある人にぜひ読んでもらいたい一冊です。, 単純な敵・味方の構造ではなく、「なぜ戦が勃発したのか」「どんな経緯をたどったのか」「その後どうなったのか」が整理して描かれています。, たとえば信長の楽市楽座令や関所の廃止などの政策と、他の武将の商業発展を比較したり、武田家の経済力や上杉家の税収方法を分析したり……いつの時代もお金がなければ人間は動かないということがわかります。, 武力だけが力ではない、軍資金集めに奮闘する彼らの姿を見ると、少しイメージが変わるのではないでしょうか。.

.

米子 焼肉 食べ放題 4, Two Weeks 動画 1話 26, サブマリーナ ノンデイト 芸能人 7, 芸能コース 高校 神奈川 8, おろし金 銅 京都 有次 10,