事業は2種類の読み方があります。 「ことわざ」と「じぎょう」です。それぞれの意味は以下の通りです。 引用:事業(コトワザ)とは – コトバンク 両者の違いは継続性と規模にあります。事業(じぎょう)の方が継続性があり規模が大きいことが特徴です。 小説や映画などで「業を背負う」というフレーズを目にしたことはありませんか?この「業を背負う」は仏教由来の表現で、複数の意味があります。今回は「業を背負う」の意味や使い方を中心に、「業」の付く言葉も含めて紹介していきます。 Copyright © 2014-2015  Gödel Inc.  All rights reserved. なお、ここに出てくる「業」は行為や行動ではありません。心の動きです。発言や意志もまた「業」に含まれます。, 辞書には載っていませんが、「業を重ねる」や「業を積む」という表現があります。重ねるように、あるいは積むように何かの行為を繰り返し行うという意味です。 また、運が悪いという意味でも使われます。こちらは、まさに今「業」の報いを受けているから不幸が続いているというわけです。, 「業を煮やす」とは物事の進捗が遅れていてイライラしているという意味です。「はらわたが煮えたぎる」という表現にも使われている通り、「煮る」は怒りの気持ちと通じています。感情や意志が燃え盛るほどにイライラしている様子が思い浮かびますね。 もちろん、後悔を伴わない場合もあります。自分が行ったことの自覚があるだけです。許しを請うつもりもなく、手を汚しながら、罪を重ねながら生きているという意味です。, 「業を背負う」にはもう一つ、宿命的にしなければならないことがあるという意味もあります。「業」の本質は未来に影響する行動です。今何かしなければならないことがあるのなら、それはもっと前に行った行動が原因であるというわけです。 「業を背負う」の用例・例文集 - 宿の宝貝なのだから、使用者を守りたいという業を背負っているはずだ。 意思を持たぬ、天呼筆のような宝貝でも、道具の業を背負っている。 こんな業を背負って生きていくのは、大層きついことになりそうだ。 「年を取ってからも働かねばならないのは、若いころにお金を浪費したから」「上役に怒られるのは、しなければならない仕事をさぼったから」「鉄砲が生き物の命を奪うのは、前世で悪事を行ったから」といったような考え方です。, 「業が深い」とは欲深いという意味です。ここでの「業」は報いを受けるような悪いことを指します。 後から報いを受けるのに、そんな「業」をどうして抱えているのでしょうか。それは欲深いからであると仏教では考えます。欲に目がくらんでいるから、目先のことしか考えていないということですね。 小説や映画などで「業を背負う」というフレーズを目にしたことはありませんか?この「業を背負う」は仏教由来の表現で、複数の意味... 皆さんは「弄って」という言葉をご存知でしょうか?読みを聞くと「あ~そうか」と思われ方もいるでしょう。この漢字自体あまり使う... 皆さんは「だべる」という言葉をご存知ですか?もしかしたら最近の若い人たちはあまり聞きなれていないかもしれません。しかしお父... 刊行物やサイトを閲覧した時、参考資料に「一部抜粋」と注意書きがされていることがあります。「一部抜粋」という語句は著作物に使... 「喜びもひとしお」という言葉を聞いたことがありますか。おめでたい席でのスピーチや手紙の中で使われることがよくあります。しか... 交渉の場などで使われる「折り合いをつける」という言葉。「折り合いをつける」とは、対立する意見の中で、あるいは自身の気持ちの... 「そつなく」というと良いイメージを感じますか。それともあまり良いイメージがしないと思われるでしょうか。「そつなく」の意味に... 「礼儀礼節」といえば、力士の日馬富士が引退会見で何度も繰り返し使っていましたが、そもそも「礼節」と「礼儀」とはなんでしょう... 皆さんは「転じて」という言葉を、雑誌やネットの記事などで目にする機会も多いことでょう。しかし言葉の意味については、何となく... 女の子の名前によく使われる漢字、「莉」。今や、小学生の女の子で名前に「莉」がついた子が多いです。今回はこの「莉」という漢字... 趣味や趣向という熟語などで使われている「趣」には、いろいろな意味があります。風情や情緒が感じられる言葉ですが、説明するのは... 「引導」という言葉は、「引導を渡す」という表現を通して見聞きしたことのある方も多いでしょう。では、「引導」にはどのような意... 「知」にも「識」にも、「しる・しっていること」という意味があります。この2字から成る「知識」はさまざまな場面でよく使われる... 「邪魔」は、差し障りとなる物や人などを指す語ですが、仏教用語から来ているのはご存知でしょうか。普段の会話やメッセージのやり... 「諦観」には、二つの読み方と異なる意味があります。一つは仏教用語、もう一つは一般的な言葉ですが、ほぼ書き言葉のみで登場しま... 「この機に」という言葉をご存知でしょうか?ビジネスシーンでもよく使われる言葉なので、あまり意味は考えずに定型文のように使っ... 「やったもん勝ち」というと、早く行動したほうが良いことを表すイメージがあります。しかし、あまり良い意味で使われないこともし... 「こう暑い(寒い)と、本当にたまったもんじゃないね」と口にしたことはありませんか。時代劇や落語などにもできてきそうな言い回... 「明日ありと思う心の仇桜」という言い回しは、物事のはかなさを表し、できることをすぐにやる大切さを説いています。普段あまり耳... 選挙戦の候補者の演説でよく聞く表現に、「当選した暁には」があります。「暁」はもともと夜明けを指す表現ですが、なぜここで「夜... https://pixabay.com/ja/photos/photos-3971489/, 誰かが犠牲にならねばならないなら、何度だって同じことをするだろう。業を背負って生きていくことの何が悪い。. その遍路の中に、家族の者であろうか、足腰の立たない中年男を乗せた車を引いている女の姿が痛々しい。, まるで己の業を背負うように、荒い息の中を一歩一歩の歩みを噛みしめているかのようだ。, それぞれの業を背負う現代の日本人5人が、それぞれの理由でインドへの旅行を決意し、ツアーに参加する。, 父親が海で死んだのも業、姉が父の残した船の借財のために、前借奉公に出たのも業のゆえ。, 長崎奉公に出したと村の手前を繕わねばならぬ母も、親類の者たちに言わせると業を背負っているのである。, 三之助のような家の事情は多かれ少なかれ、よその家でも似たり寄ったりで、特別のことではなかった。, それは、鈴木商店を支える力強い連環であるが、環の一つ一つにとって、連環の中にあることが、, 人工妊娠中絶を隠れて希望する患者の受診が多く、勝呂は本心では自分と患者の行為を憎みつつも、過去の業を背負う人間の役目かのように殺人をこなしていく。, ガストン・ボナパルトの性格を好意的に捉えており、彼の連れてくる末期がん患者のナベさんに終末治療を施す。, 作中では主人公ガロード・ランやジャミル・ニートが搭乗し、大量破壊兵器の業を背負った存在として描かれる。, マスターになる者は皆何らかの業を背負っているが、中でもマキリとアインツベルンの執念は言葉に表せるものではない。, 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』. わかりやすい例で言えば、有名な四字熟語の自業自得にも「業」が入っていますよね。自業自得の意味は、自分の行った悪事の報いを巡り巡って自分が受けることです。このような、未来に影響を及ぼすような過去の行動を「業」と呼びます。 業を積むとは、「善行を重ねる」という意味で使われることの多い言葉です。 冒頭で書いたように、正式な言葉ではありませんが、俗的な用語として、精神世界などを表現するスピリチュアルの世界、及び特定の宗教などで使われています。 ここで言う善行とは、一般的なそれだけでなく、その世界でそうと判断されることも含まれます。 これを行うことで、1つ上の存在(あくまでその世界の中での話です)になれるという教えもあるようです。 1. 「業を積む」の読み方 それが善い行いであれば、「徳を積む」と同じ意味になります。悪い行いなら、より「業」が深くなるでしょう。. また、よく漫画や小説、アニメなどでは「カルマ」というルビが振られています。これは「業」のもとになったサンスクリット語の「karman」に由来します。, 「業を背負う」とは業を抱えて生きているということです。「業」は未来に影響を及ぼす行動、とりわけ罰せられる悪事のことでした。ということは、「業を背負う」は罰を受けることになりそうなことを過去に行ったという意味です。 もっともわかりやすい例は、贖罪(しょくざい)や後悔(こうかい)でしょう。昔何らかの悪に手を染めてしまい、犯してしまった罪を償うために生きている、という意味で使われます。苦悩やトラウマに近い感情もあり得るでしょう。 小説や映画などで「業を背負う」というフレーズを目にしたことはありませんか?この「業を背負う」は仏教由来の表現で、複数の意味があります。今回は「業を背負う」の意味や使い方を中心に、「業」の付く言葉も含めて紹介していきます。, 出典: https://pixabay.com/ja/photos/photos-3971489/, 「業を背負う」は「ごうをせおう」と読みます。「業」という漢字は「ぎょう」と読むこともありますが、この場合は「ごう」です。, 「業」とは行為や行動のことです。元は善悪を問わずあらゆる行動という意味でしたが、日本では後々罰を受けたり後悔したりするような、悪い行為や過去の過ちという意味で使われます。ただし、それは必ずしも当人の行為とは限らず、先祖や前世の行いにも使われます。 すなわち、過去世の業縁(ごうえん)を引き受けて差別的状況を生きざるを得ないというのは、先世の業を背負う「アートマン」(自我)である。これを解体しうるなら、一挙に無始已来(むしいらい)の業報からの解放が見えてくるのではない ¡¢¡Ö¶È¡×¤È¤¤¤¦¸ÀÍդ䤳¤Î¸ì¤Î¤Ä¤¤¤¿½Ï»ú¤Ï¡¢Ìµ¿ô¤Ë¸«¤¤¤À¤µ¤ì¤ë¡£¤½¤ì¤Ç¤Ï¡¢¶È¤È½É¶È¤È¤Ë¤Ï¡¢¤É¤¦¤¤¤¦º¹°ã¤¬¤¢¤ë¤Î¤À¤í¤¦¤«¡£. 業の言い換えや別の言い方。・意義素類語実用的な仕事の熟練した実践稼業 ・ 生業 ・ 職業 ・ 技能来世の運命を決定する行動の結果縁 ・ 業因 ・ 天命

.

大型犬用 ケージ Diy, Google Meet 画面共有 動画 音声, Iphone 通知 消えない, ラストダンス 歌詞 意味, Ff14 クロスホットバー マクロ, 洗濯機 パルセーター 外れない,