0000004505 00000 n アマチュア無線の世界に大きなエポックが起こる 拡大間近! アマチュア無線の周波数帯(アマチュアむせんのしゅうはすうたい)とは、アマチュア無線用に割り当てられた周波数帯である。アマチュアバンドやハムバンドとも呼ばれる。, 電波は有限の資源であるため、国際電気通信連合は国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則(以下RRと略称)により、用途毎に周波数を各国に分配している。アマチュア業務についても長波からミリ波に至るまでの間に点在している。, この中から、各国の主管庁がアマチュア業務に割り当てるものとしており、日本での割当ては、必ずしも外国のものと一致しない。, の3つの地域(ITU地域)に区分しており、220MHz帯や900MHz帯など第3地域に分配されていない、つまり日本でアマチュア業務に割り当てられないバンドがある。また70MHz帯など、RRではアマチュア業務に分配されていないが、各国の主管庁の判断で、アマチュア業務に割り当てられている周波数帯もある。, 総務省が電波法に基づく告示周波数割当計画により、業務毎に周波数を割り当てるものとしている。この告示 第2 周波数割当表 1. v�8Ӑ�ii`^� g�(b�@Fb+!�@�o`r� 0000000016 00000 n 0000007200 00000 n 0000000592 00000 n 2400MHz(2.4GHz)以上の周波数帯 2.4GHz、5.6GHz、10.1GHz、10.4GHz、24GHz、47GHz、75GHz、143GHz、249GHz帯 %PDF-1.4 %���� 0000003901 00000 n endstream endobj 3587 0 obj <>/Size 3575/Type/XRef>>stream アマチュア局は、無線局免許状の指定事項およびバンドプランの使用区分を守り、運用しなければならない。, 実際の運用においては、無線局運用規則第257条により、「アマチュア局においては、その発射の占有する周波数帯幅に含まれているいかなるエネルギーの発射も、その局が動作することを許された周波数帯から逸脱してはならない。」と定められているため、特にバンドエッジ付近では、発射する電波の型式によってはアマチュア局が動作することを許される周波数帯から周波数成分がはみ出すため、エッジの周波数はセットしないなど、占有周波数帯幅を十分に考慮して使用する必要がある。 18,068〜18,100kHz A1A ‐ CW 18,090kHz〜18,100kHz A1A、A2A、A2B、A2D、F1B、F1D、G1B、G1D ‐ CW、狭帯域データなど 18,100kHz〜18,110kHz A1A、F1B、F1D、G1B、G1D ‐ CW、狭帯域データなど 18,110kHz〜18,120kHz. 1200MHz帯(一部)、2400MHz帯(一部)、5600MHz帯(一部)、10.4GHz帯、47GHz帯、75GHz帯、142GHz帯、250GHz帯に宇宙無線業務が許可された。 また、 3.8MHz帯が3802~3900kHzの受信に妨害を与えないこととすることが削除された。 0000002128 00000 n 0000001867 00000 n 今年は 7 MHz がグーンと熱くなる」、『JARL NEWS』2009年冬号、日本アマチュア無線連盟、pp.63 - 64, 関東、東海、近畿に各1局。以降局数は増加し、平成19年7月5日総務省告示第391号により全国に20局と告示される。, New Zealand Association of Radio Transmitters, NZ Repeater, Beacon (fixed stations) Maps & Bandplan InformationBand Plan Update, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アマチュア無線の周波数帯&oldid=78386814, 中波300m(1MHz)付近で真空管式無線電話を実験する不法施設が現れた。1923年(大正12年)になると、これらの不法施設の数はおよそ500局に増加したが、そのほとんどが波長200-400m(750-1,500kHz)で5W以下の無線電話, 第3回国際無線電信会議(ワシントン会議)で アマチュア無線の周波数が、1.715-2.0Mc(共用)、3.5-4.0Mc(共用)、7.0-7.3Mc、14.0-14.4Mc、28.0-30.0Mc、56.0-60.0Mcの6バンドが承認された。, 逓信省が素人(アマチュア無線家のこと)の私設無線施設に38m(7900kc)の指定を開始した。, 8月12日に陸軍海軍逓信三省電波統制協定が制定され、私設無線施設に6波を指定することがそのまま取り入れられた。, 昭和33年11月5日郵政省令第26号により、電波法施行規則が改正され「無線電信により非常通信を行う無線局はなるべくA1電波4630kcを送り、及び受けることができるものでなければならない」とされた。, 昭和35年2月12日郵政省告示第85号が施行され、拡張された7000~7150kcの割当てが12月31日までとされた。, 昭和36年10月19日郵政省告示第712号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が全部改正され7月1日にさかのぼって適用された。このとき割り当てられたのは次のバンド(指定周波数)である。, 昭和39年1月16日郵政省告示第12号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 昭和41年6月15日郵政省告示第492号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 昭和48年1月11日郵政省告示第11号により一部改正された「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が1月1日にさかのぼって適用された。, 昭和50年1月29日郵政省告示第61号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 昭和51年1月19日郵政省告示第31号により一部改正された「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が1月1日にさかのぼって適用された。, 昭和54年3月12日郵政省告示第138号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 昭和57年3月29日郵政省告示第227号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 昭和57年4月22日郵政省告示第280号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が全部改正された。, 昭和61年12月22日郵政省告示第993号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成元年6月2日第362号郵政省告示により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成4年5月14日郵政省告示第316号「アマチュア局に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」として法制化されたバンドプランが施行された。, 平成6年5月20日郵政省告示第290号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成6年9月27日郵政省告示第516号に、JARLに144MHz帯及び430MHz帯の規正広報用アマチュアガイダンス局, 平成8年8月6日郵政省告示第412号に郵政省に430MHz帯及び1200MHz帯の規正通報用電監規正局, 平成8年12月27日郵政省告示第664号により「アマチュア局に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」が全部改正された。, 平成12年3月29日郵政省告示第189号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成13年6月11日総務省告示第396号に総務省に50MHz帯、144MHz帯、430MHz帯及び1200MHz帯の規正通報用電監規正局, 平成13年12月18日総務省告示第756号により「アマチュア局に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」が一部改正された。, 平成13年12月19日総務省告示第759号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成15年8月11日総務省告示第506号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が一部改正された。, 平成18年12月20日総務省告示第654号により「周波数割当計画」が一部改正された。, 平成19年8月22日総務省告示第482号により「周波数割当計画」が一部改正された。, 平成20年4月28日総務省告示第259号、第260号および第261号により「周波数割当計画」、「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」および「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」が一部改正された。, 平成21年3月17日総務省告示第126号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」が全部改正された。, 平成24年4月17日総務省告示第172号により「周波数割当計画」が一部改正された。, 平成24年12月25日総務省告示第471号により「周波数割当計画」が全部改正された。, 平成26年12月17日総務省告示第430号および第432号により「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」および「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」が一部改正された。, アマチュア業務は二次業務であるほか、鉄道線路付近では、高周波利用設備を使用する列車の管理システム等に対する障害を避けるための特別な措置が免許条件とされる。, 135kHz帯および475kHz帯が開放されるまで最も低い(波長が長い)バンドであり、「トップ・バンド」の別名がある。, 主に1810~1825kHzは日本国外との通信、1907.5~1912.5kHzは日本国内との通信に用いられる。, 半波長ダイポール・アンテナの場合、約40mの長さのエレメントを必要とする。このため、コイル等を利用し短縮されたアンテナが多く利用されている。, 3.5MHz帯は周波数割当ての関係で国外との交信が出来ないため、このバンドが割り当てられた。, 一日中、国内全域に安定した通信が可能で、短波帯で最も人気のあるバンドでもある。以前は利用者数に対してバンドが狭い(100kHz)ため、常に混雑している状態であったが、利用者数の減少と2009年のバンド幅の拡張(200kHz)により緩和された。, 夜間は、国内の近距離がスキップ状態となり、国内の遠距離と、国外との長距離通信が可能となる。, RR第2地域では7300kHzまで開放されており、第1地域及び第3地域の電話バンドは一部が重なるのみ(7150~7200kHzまで)である。, DXのメインストリートと呼ばれ、アマチュアバンドの中で最も遠距離通信に適した周波数帯と言われている。, 国内、国外共に非常に安定した通信が可能。ただし、太陽活動極小期は国内交信も困難になり、夏期(5月~9月)に, 伝播状態の変化が大きく14MHz帯のような安定性は無いが、国外との通信が容易で、第四級アマチュア無線技士でも運用できるため短波帯の入門バンドといわれており、7MHz帯の次に人気があるバンドである。, 春、秋には国外への伝播状態が大変良好になるので、小電力局は、この時期が海外交信のチャンスである。, 平日は静かだが、土日は移動運用局が多い。移動局は人気が高く、良く呼ばれている。Eスポ発生時には、, 現在でも、礼儀正しい言葉遣いや自作機による運用など、往年のアマチュア無線の雰囲気が色濃く残っている。, 波長が短くアンテナも短いことからハンディ機も多く、入門用の人気バンドとなっていたが、, 144MHz帯ともども、ダンプカーやトラックの運転手などによる無免許の不法無線局の運用が目立つ。総合通信局、, デジタル通信にも用いられている。その一種として、JARLがD-STARプロジェクトを行っている。, アマチュア無線機やアンテナの市販品はほとんど無く、同周波数帯の他業務用機器を改造する場合が多い。, アマチュア無線機やアンテナの市販品は無く、10.1GHz帯以上と同様にキットや業務用の放出品を利用するしかなかった。, レピーター、EME、アマチュア衛星通信、ATV、アシスト(レピーター相互の通信を行う)局が許可される。, 5650~5755MHzは、一次業務として無人移動体画像伝送システムが5MHzシステムで21波 (帯域幅4.5MHz)、10MHzシステムで10波 (帯域幅9MHz)、20MHzシステムで5波 (帯域幅19.7MHz)が設定, 5650~5725MHzは、無線LANに小電力データ通信システムとして割り当てられている。これに対してはアマチュア局が優先するが、都市部での無線LANの混信は回避しづらい。, 5810~5850MHzの移動局側には無線機器製造事業用および電波伝搬試験用の二次業務の局がある。また、狭域通信システムの陸上移動局及び狭域通信システムの陸上移動局の無線設備の試験のための通信を行う無線局という免許不要局もある。同じ二次業務では先に通信している側が優先し、ETC車載機等に対してはアマチュア局が優先するが、DSRCは道路交通に係わるシステムでもあり、システム周辺での運用には注意を要する。, 特に業務用でも事例が少ない77GHz帯以上の免許申請は、非常な手間と労力を要する状況である。, このため、ごく一部のハイレベルの(プロ級に近い)技術を持つ人たちによって、山岳間を結ぶ通信実験が行われている状況である。, 10.1GHz帯、10.4GHz帯のアマチュア業務は二次業務であり、一次業務として無線標定用の各種, 78GHz帯、135GHz帯、250GHz帯にアマチュア衛星業務は許可されていない。, モールス電信のみが可能で、第三級アマチュア無線技士以上の資格が必要である。また法定されていないが、和文電信や, 29.7MHz以下においてA1Aの希望が他に無い場合、4630kHzの保証を受けることはできない, 以降、21.13m(14200kc)、9.68m(31000kc)、5.17m(58000kc)などが指定されるようになった。, 両規則は11月30日に、昭和25年11月30日電波監理委員会規則第11号および第17号となった。, 144Mc帯が、144~148Mcから144~146Mcに削減された(後に146~148Mcは、警察・消防無線などに割り当てられた)。, 無線標定業務(航空機の電波高度計)に混信を与えないため、スポット周波数のみが割り当てられた。, 1200Mc帯(1215~1300Mc)、2400Mc帯(2300~2450Mc)、5600Mc帯(5650~5850Mc)、10Gc帯(10000~10500Mc)は固定、移動、無線標定業務に混信を与えないこと(二次業務), 2400Mc帯(一部)、5600Mc帯(一部)はISMバンドからの混信を容認しなければならないこと, 435Mcスポットから430~440Mc(指定周波数435Mc)のバンドに拡張された。, 第一級アマチュア無線技士に電信を1965年12月31日まで割り当てるものとされた。, 1.9Mc帯(1907.5~1912.5kc(指定周波数1910kc))が割り当てられた。, 24GHz帯(24~24.05GHz(指定周波数24.025GHz))、24.1GHz帯(24.05~24.25GHz(指定周波数24.15GHz))が割り当てられた。, 24GHz帯、24.1GHz帯はISMバンドからの混信を容認しなければならないこと, 3.8MHz帯(3793~3802kHz(指定周波数3797.5kHz))が割り当てられた。, 7MHz帯、14MHz帯(一部)、21MHz帯、28MHz帯、144MHz帯、430MHz帯(一部)、24GHz帯に宇宙無線通信が許可された。, 3.8MHz帯が3802~3900kHzの受信に妨害を与えないこと(二次業務)が追加された。, 10MHz帯(10100~10150kHz(指定周波数10125kHz))が割り当てられた。, 1200MHz帯が1215~1300MHzから1260~1300MHzに削減されることとなった。, 2400MHz帯が2300~2450MHzから2400~2450MHzに削減されることとなった。, 10GHz帯が10~10.5GHzから10.1GHz帯(10~10.25GHz)と10.4GHz帯(10.45~10.5GHz)に分割、削減されることとなった。, 47GHz帯(47~47.2GHz)、75GHz帯(75.5~76GHz)、142GHz帯(142~144GHz)、250GHz帯(248~250GHz)が割り当てられた。, 1200MHz帯(一部)、2400MHz帯(一部)、5600MHz帯(一部)、10.4GHz帯、47GHz帯、75GHz帯、142GHz帯、250GHz帯に宇宙無線業務が許可された。, 3.8MHz帯が3802~3900kHzの受信に妨害を与えないこととすることが削除された。, 10MHz帯、430MHz帯、1200MHz帯、2400MHz帯、5600MHz帯、10.1GHz帯、10.4GHz帯は他の業務に混信を与えないこと(二次業務), 2400MHz帯、5600MHz帯(一部)、24GHz帯はISMバンドからの混信を容認しなければならないこと, 削減されるバンドは「当該免許の有効期限が満了する日まで従前の例による」ため、免許状の有効期限内は従来の周波数を使うことができる。, 3.8MHz帯が3793~3802kHz から3791~3805kHz(指定周波数3798kHz)に拡張された。, 3797.5kHzが指定されているアマチュア局は、3798kHzが指定されたとみなされ、変更申請の必要は無い。, 18MHz帯(18068~18168kHz(指定周波数18118kHz))が割り当てられた。, 24MHz帯(24890~24990kHz(指定周波数24940kHz))が割り当てられた。, 10.4GHz帯以上は、免許状に電波の型式及び使用区分が記載されたときはそれによることとされた。, 3.8MHz帯に3747~3754kHzが追加された。(指定周波数は3798kHzのままである。), 1.8MHz帯(1810~1825kHz)が割り当てられた。(指定周波数1910kHzに追加された形である。), 75GHz帯(75.5~76GHz)が2006年12月31日に削除されることとなった。, 78GHz帯(77.5~78GHz(指定周波数77.75GHz))、135GHz帯(134~136GHz(指定周波数135GHz))が割り当てられた。, 50MHz帯(一部)、430MHz帯(一部)、1200MHz帯(一部)にEMEが許可された。, 18MHz帯、50MHz帯、430MHz帯、1200MHz帯の使用区分が変更された。, 3.5MHz帯に3599~3612kHz、3680~3687kHzが追加された。(指定周波数は3537.5kHzのままである。), 3.8MHz帯に3702~3716kHz、3745~3747kHz、3754~3770kHzが追加された。(指定周波数は3798kHzのままである。), 135kHz帯(135.7~137.8kHz(指定周波数136.75kHz))が割り当てられた。, 7MHz帯が7000~7100kHz から7000~7200kHz(指定周波数7100kHz)に拡張された。, 第3地域の団体からかねて出されていた第2地域との周波数帯重複化を求める要望により、2003年7月の, 7050kHzが指定されているアマチュア局は、7100kHzが指定されたとみなされ、変更申請の必要は無い。, 475kHz帯(472~479kHz(指定周波数475.5kHz))が割り当てられた。, バンド幅拡張により、1800~1810kHz(一次業務)、1825~1875kHz(二次業務)が追加分配された。, バンド幅拡張により、3575~3580kHz、3662~3680kHz(ともに二次業務)が追加分配された。.

.

Powerdvd Bd 無料 4, ガーミン Instinct 登山 10, マツダ Dpf 点滅 7, Ultrawide Video Chrome 8, イギリス人 恋愛 夜 6, エレクトロスウィング ダンス 練習 6, 県立船橋 進学実績 2020 6, Googleドライブ プレビュー できない 41, 野村克也 ささやき戦術 長嶋 9,