表記ミスのメールを送る際には、他のメールに埋もれないようにわかりやすい件名で、かつ理由を簡潔に伝え、誠実な文面にすることがポイントとなります。 私の確認不足によりご迷惑をお掛けしてしまったこと、大変失礼いたしました。 「このたびは…、まことに申し訳ありません。」 ョンの課題と対策, ※1ユーザー月額500円で、2ユーザーからご利用可能, メールを誤送信したときに直ちにすべきこと, 間違いのある内容のメールを送ってしまった後のお詫び・訂正メールの送り方【メール文例付き】. YYページYY行目  (誤)・・・   (正)・・・, 読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。, が、例えば、誤記の表現が誰かに対して失礼に当たるような場合は、何度も掲載することがためらわれるでしょう。そのときは、例えば「○○○○(発行誌名)第XX号(XX年XX月XX日発行)XXページの○○株式会社代表取締役の記載に誤りがありました。正しくは、・・・・」みたいにするほうが良いかもしれません。, いずれにしても、発行後の訂正は本来あってはいけないことです。何よりも、間違いを残さないことを心がけたいですね。, 「○○(発行誌名)○○」第XX号(XX年XX月XX日発行)XXページの記事に誤りがありました。. 「○○のため予定しておりました工期が数日間伸びることになりました」 ◯◯ ◯◯ ──────────────────. 正しくは△月△日(△)となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 「お身体の具合はいかがでしょう」 詫び状(謝罪文)のうち、顧客への金額提示額に誤りがあった場合のものです。業務を遂行するうえで、いろいろなミスはつきものですが、今回の文例は、特にあってはならないミスの場合の詫び状といえますね。とはいえ「覆水盆に帰らず」、おこってしまったことは仕方ありません。 お詫び状でよく使われる文例を、状況別にリストアップしておきます。これらの言葉を組み合わせて活用してみてください。 【工期や納期の遅れ】 「 のため予定しておりました工期が数日間伸びることになりました」 「当方の混乱で納期が 日ほど遅れることになってしまい� 毎日多くのメールを受け取ったり送信したりしていると、誤字や脱字に気付いても、内容を理解することができる程度のものであれば、やり過ごしてしまうこともあるでしょう。しかし、商品情報の表記ミスとなれば、話は別。そのまま放置しておくと大きなトラブルに発展しかねません。表記ミスに気付いたら、すぐに先方に連絡を取って正しい情報を伝えるとともに、間違えたことを謝罪しましょう。, 例えば、イベントの開催日や連絡先の間違いなどは、お詫びメールに正誤を記載して再度メールすることで、正しく伝えることが出来ます。しかし、先方の社名の誤記や代表者名の間違いは先方を不愉快にさせるばかりか、安易に扱われていると取られてしまったりします。どうしたら良いか迷った時や、状況によっては上司に報告して即座に相手先に連絡し、心から謝罪しましょう。, ここでは表記ミスのお詫びメールの文例をご紹介します。謝罪メールの書き方や心がけておくべきマナーについてもお伝えするので参考にしてくださいね。, メールを送信した後に記載内容のミスが発覚したら、すぐに先方へ訂正の連絡が必要になります。改めて「先のメールを削除して、再送信したこのメールを正しいものと扱ってほしい」とメールしたから、大丈夫だと思わないでください。毎日数多くのメールを受発信しているビジネスの現場で、どのメールを削除するのか、探す作業は負担になり、新たなミスを生み出すことになりかねません。まずは、直接電話でミスがあったことを伝えて正しい情報を連絡します。そして、その後改めてメールで正しい内容と謝罪を伝えましょう。, 件名が先のメールと同じだとわかりにくくなりますから、件名の冒頭に「再送信」と明記したり、「表記の訂正とお詫び」というタイトルにするなど、修正のメールであること、再度送信しているメールだと分かるように工夫します。「メールを差し替えてください」だけ送ると、どの部分を訂正するのかが相手に伝わりにくくなりますから、(正)(誤)を用いて先方に分かりやすく記載することを心がけましょう。, 表記ミスがわかった時点で、速やかに直接電話をします。直接電話で謝罪し正しい内容を伝えてから、改めてメールを送る事で双方の確認となります。そうすることで、お詫びの気持ちが伝わり相手の反応に対応することも可能になります。, しかし、先方が直接電話に出られない場合は、先にお詫びのメールを送っておき、その後に改めて電話してお詫びとメールを確認してもらうようにお願いするとよいでしょう。また、何度も同じ内容のメールを送ると先方はきっと戸惑ってしまいます。間違いを起こさないように、わかりやすく表記ミスを正して、お詫びすることが大切になります。, 毎日数多くのメールや電話連絡、取引先の名称の多くを扱っていると、担当者名や会社名を間違うことが無いとは言えません。社名の前に株式会社が付くのか、後に付けるかで間違ったり、担当者を間違えてしまったり。有ってはいけないことだと重々承知していても、ミスは起こりうるものです。, 慌てて再メールしても、同じメールを送ってしまっては何の謝罪にもなりません。このような会社名の間違いや担当者名をミスした時には、やはり先に電話で心から謝罪して、改めてメールを送る事を伝えましょう。, 似た名称の会社と間違われたりすると、先方への印象は大変悪くなります。不快感を抱き、良い感情は持たなくなりますから、会社名などをミスした場合は、「失礼なことをした」事を心に留めて、誠心誠意謝罪しましょう。, メールの内容の表記ミスには、会社間取引に影響しかねない社名の誤記や代表者名の間違いなどと、会合の日時の間違いなど訂正すればそれ程大きな問題にはならないミスがあります。ただ、どの場合でも速やかに謝罪し正しい内容をお伝えすることが大切。, 相手先を憤慨させてしまうようなミスをしてしまった場合には、後回しにせず上司に報告して対応の指示を仰ぎましょう。場合によっては発信した部下では無く、上司が直接謝罪しなければならないことも起こりえます。ミスは自身の非であることを真摯に受け止め、誠意を込めて謝罪する気持ちを持ちましょう。, 先程お送りしました次回の打合せ日時に ・突然の事故など、思いもしなかった事象へのお詫びは、はじめに謝罪をし、次に相手への気遣いを示す言葉を書きます。そのあとで、これからの対策に対して真摯に取り組む姿勢を伝えます。最後に「近日中に改めてお伺いして…」というように、来訪させてほしいというお願いも忘れずに書きましょう。 いつもお世話になっております。 ====================, 日時の表記ミスは、間違いである「誤」と修正してほしい「正」を合わせて記載することで分かりやすくなります。単純な担当者サイドの問題で解決するときには、電話で謝罪後にメールすることで、滞りなく修正することが出来ます。自身のミスであったことを詫び、正しい内容を提示する事でその後もスムーズに取引していくことが可能になります。, 先程お送り致しましたメールに 誤:△△△△円 本来正しく「株式会社〇〇〇〇」と書かなければならないところ、

.

咲 アニメ 4期 5, Yoru Ni Kakeru Rar 26, 九大 芸工 院試 21, Yoru Ni Kakeru Rar 26, 産後 ガードル 犬印 6, ライズ 社外ナビ 9インチ 16, キンプリ ツアー バックjr 2018 7, 面接 日にち 間違えた 早く 8, インコ 名前 和風 13, コンフィデンスマンjp 配信 無料 7,