掲載記事の無断転載を禁じます。発行:株式会社日刊工業新聞社Copyright 2019 NIKKAN KOGYO SHIMBUN, LTD. 日韓の通商対立は図らずも産業界の地力の差をあぶり出した。対韓輸出手続きを厳格化したフッ化水素(エッチングガス)など3品目は、韓国経済を支える半導体とディスプレー産業の急所を突いた。他国製への材料切り替えや国産化の動きが吹聴されているものの、その実効性には疑問符がつく。. 砥石のドレッシング; 砥石のツルーイング; 砥石の価格. 砥石メーカーに相談する ; 砥石の手入れ. Copyright © 2015-2020 Smartlog. しかし砥石で刃物を研ぐことは決して難しくも危険なことでもありません。汎用性の高い砥石が一丁あれば料理用の包丁だけではなくご家庭の様々な刃物を研ぐこともできます。モノを大切にするということからも興味のある方には是非チャレンジしていただきたいと思います。 今回、国内メーカーの製品を中心に、人気の砥石を15個ご紹介します。国産の砥石は、小型タイプからオーソドックスな細長い形の砥石、おしゃれなデザインの砥石などデザインも豊富。1つ1つの特徴を押さえていきながら確認していきましょう。 ノリタケグループ公式サイトです。食器の製造技術で培った独自のコア技術を磨き、研削・研磨工具、セラミック原料や電子ペーストなどの部材、加熱、混錬などの製造装置を提供し、近年は、太陽電池など環境エネルギーを支える技術を開発しています。 A砥石 : A Series(1634 Kb) GC砥石:GC Series(1192 Kb) WA砥石: WA Series(1164 Kb) Mシリーズ砥石:高研削性複合砥粒砥石用(528 Kb) 99X砥石:一般機械研削、工具・金型研削用(485 Kb) POS砥石:ステンレス研削用弾性砥石(464 Kb) 包丁を使う人には必需品である砥石。包丁が錆びてきた時や切れ味が悪くなってしまった時に持っていると便利な砥石は、一家に一つあって損なし。包丁の素材やどのような状態に仕上げたいのかなどによって、選ぶべき砥石が異なります。研磨台の有無など使いやすさに関わるポイントも。, 今記事では、砥石選びに必要なポイントを解説しながら、キッチンで使いやすいおすすめの砥石を15商品ご紹介します。お気に入りの包丁を長く使えるよう、理想的な砥石を購入して。, 砥石とは包丁やナイフ、大工工具の鉋など、刃物を研ぐのに使用される石のことです。そんな砥石の粒度を“番手”とも言い表し、粒度の違いに応じて、, と、細かく種類分けがされています。刃物全般をケアする際の必需品なため、備えておいて損のないアイテムと言えるでしょう。, 砥石を使用すれば切れ味の良い包丁へと復元できます。切れ味が良いと調理中のストレスが軽減されるだけでなく、素材の繊維を余計に傷つけずに美味しく調理できるため、料理をする方はぜひ砥石を活用したいところ。, 大きな刃こぼれが無い限りは2,3ヶ月に一度研ぐだけでもいいため、この機会にぜひ砥石を自宅のキッチンに導入してみてください。, おすすめの砥石を見ていく前に、まずは砥石の選び方のポイントについて、しっかりと確認していきましょう。砥石選びは、, の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。, 先程も述べたとおり、砥石は粒度(番手)によって使い方や呼び名が異なります。数字は小さいほど粗く、大きいほどきめが細かいことを表しています。, 全部の種類を最初から一気に買い揃えたいところですがコストもかかるため、初心者の方はまず手始めに、日々のメンテに使う「中砥石」から購入しましょう。欲を言えば仕上げ砥石もあるとより好ましいです。, 砥石は研磨する素材の固着方法によって、電着系と焼結タイプに分かれます。電着系は、電着槽という水槽のような入れ物でボンドとともにダイヤモンドなどの研磨するための素材を付着させる方法。, カーブがかったような複雑な形にも対応でき、小型の砥石・シャープナーや携帯用の砥石に使われています。焼結タイプは、砥石の原料となる粉を型に詰めて焼いて固めたもの。焼結タイプのほとんどが細長い直方体であります。, 砥石に台が付いているかどうかも選ぶポイント。砥石は包丁を砥ぎやすくする目的で水をかけて使うため、台が付いていないと滑り止めにぬれぶきんなどを敷くことも。台が付いていると滑りにくいのはもちろん、高さがあり使いやすく、薄くなっても割れにくい点はメリットといえるでしょう。, 収納ケースが付いている砥石もあり、砥ぎ汁がケースに収まります。砥石台がないものに比べると少し値段は上がるものの、使いやすい点が人気です。, 3つのポイントを踏まえ、家庭で包丁を研ぐのにおすすめの砥石を15アイテムご紹介していきます。使い方や収納場所、包丁・砥石それぞれの素材などこだわりたいポイントを思い浮かべながら理想の砥石を探してみてください。, 今回、国内メーカーの製品を中心に、人気の砥石を15個ご紹介します。国産の砥石は、小型タイプからオーソドックスな細長い形の砥石、おしゃれなデザインの砥石などデザインも豊富。1つ1つの特徴を押さえていきながら確認していきましょう。, 砥石専門メーカーのシンプルな砥石で、包丁だけでなくハサミ・ナイフなどたくさんの種類の刃物に使用可能です。特殊な砥材を使っているため時間がたっても品質がかわりにくく長持ちしやすいのがメリット。中砥ぎ用に作られていてステンレス製の刃物でも問題なく砥げますよ。, 台やケースが付いておらずシンプルな砥石のみなので、砥石の使い方にある程度慣れている人の方が使いやすい砥石といえるでしょう。包丁を砥ぐことに慣れていない初心者の場合は使い方をよく読んだり、補助具を併用することでうまく活用できますよ。包丁を研ぐのが初めての初心者にもおすすめの砥石です。, 砥石専門メーカースエヒロの両面が異なる粒度の砥石。青色の面は#1000で中仕上げに、黄色い面は#3000で仕上げに適している粒度になっています。普段キッチンで包丁のお手入れをするのにちょうどいい粒度2種類を併用できますよ。複数の砥石を購入せずにこれ一つで切れ味のいい包丁を保ててとても便利です。収納場所も少なく済むため、一人暮らしの方にもおすすめ。, 別売りの砥石台にセットすることで利便性がアップ。砥石台と砥石のサイズがピッタリなので組み合わせるのにおすすめです。セラミック製の砥石なので、鋼やステンレス製の包丁であれば綺麗に砥げますよ。, セラミック製の包丁などの硬い包丁でも研げるダイヤモンド砥石です。工具メーカーの砥石で、包丁だけでなく超硬金属などにも対応。一般的な砥石より硬いことから摩耗に強い性質があり、砥石面がまっすぐに保たれやすく、定期的な修正が必要ありません。砥石台がなくてもスベリ止め下敷きがあるので、滑りにくく快適に使えます。, 荒砥ぎに使える#400と中砥ぎに使える#1000があり、利便性が高い砥石。セラミック製の砥石よりかなり薄いので、場所を取らないメリットもあり、マンションなど収納場所が限られている人に特に人気があります。, 高儀の砥石も使いやすくおすすめ。製造元の高儀は金属用品の加工で有名な新潟県燕市の会社。プロ仕様の製品も造っていて製品の品質の高さには定評があります。この製品は一つで荒砥ぎと中研ぎに対応。すべりにくいゴム砥石台も付いています。, ステンレス・鋼製包丁・割り込み包丁・打刃物など複数の種類の素材の包丁に使える砥石なため、何種類か包丁を持って使い分けている人にぴったりです。切れ味が物足りなくなっていた包丁も、この砥石で磨くことで切れ味が復活。包丁の本格的なお手入れをするときのためにぜひ持っておきたい砥石です。, 砥ぎ補助具が付いていて砥石初心者にとても人気がある砥石です。砥石で包丁を砥ぐとき、砥ぐ角度が適切でないと刃が傷んでしまい包丁が長持ちしない原因になってしまうことも。とぎジョーズに付属の補助具を付けて包丁を砥ぐことで傷むリスクを軽減できます。補助具はステンレス製なので砥石より強く摩耗の心配もありません。, 砥石の粒度は1100と中砥ぎ用。包丁の日常のお手入れでよくつかうのにぴったりな粒度なので、日常使いすることで砥石の使い方に慣れていける効果も。砥石初心者や使い方に慣れたい人に特におすすめの砥石です。, フォーエバーのD-2Dは、セラミック・ステン・チタンなどほとんどの素材の刃物に対応している利便性の高いシャープナーです。へらのような形状のスティックにダイヤモンドの砥石が付いていて、刃物の形に合わせて自在に動かせます。包丁を固定しやすい砥ぎ台付きなので取り扱いも簡単。, 包丁だけでなくハサミなどの研磨にも使えます。さっと水をかけて砥ぎ台に固定してシャープナーを動かすだけでよく、砥ぎたい部分だけ集中して砥いでもOK。コンパクトで場所を取らないですし、吊り下げ用の穴があるのでフックにかけておいても便利です。, 刃物を中心に製造している岐阜の老舗メーカーの人気シャープナー。岐阜県関市の刀匠である『関孫六』の名がつけられています。見た目はコンパクトな形状ですが、ふたをずらすと荒砥ぎ・中研ぎ・仕上げの3種類に対応できる異なる砥石が別々に付いています。, 一番外側にあるダイヤモンド砥石を使って摩耗した包丁の先を削り取り、真ん中のセラミック砥石でさらに薄くして切れ味を向上。包丁を斜めでなくまっすぐ引くことが包丁を上手にお手入れするポイントです。一番内側のセラミック砥石が仕上げ用の砥石。刃先の先端をなめらかに仕上げられます。, RS-20BK(N)は、水なしで包丁を簡単に研げる京セラのおすすめシャープナーです。内部にあるロール状の砥石「京セラ製ファインセラミックホイール」は、ホイールに刻まれている溝の面で荒砥ぎを、平らな面で仕上げ砥ぎをしてくれます。荒砥ぎと仕上げ砥ぎを一度にできるので、研ぐ時間をできるだけ短くしたい人にもぴったり。, よくある簡易研ぎ器と比べても切れ味が長持ちしやすいメリットも。ちょっとだけ切れ味が悪くなったときにもさっと使える便利な砥石ですよ。砥石部はセラミック製なので鋼などでできた包丁を使っている人におすすめ。, 丸くてかわいいデザインが特徴なのは貝印のQシャープナー。普段使い用にデザインにこだわった砥石が欲しい人におすすめです。砥石部はセラミック包丁でも砥げるダイヤモンドが使われています。底面が吸盤式になっていて、レバーを下げるだけでしっかりと固定されて便利ですよ。, 水を扱うキッチンで使用しても優れた安定性を発揮してくれます。包丁を入れて砥ぐ部分は左右2カ所あり、中砥ぎと仕上げに対応。刃物の中でも片刃のタイプには非対応ですが両刃の包丁であれば砥げます。料理を始める前に簡単に砥ぐなどのキッチンでの日常使いにおすすめの砥石です。, HAPPY COOKINGは、手軽に使いやすいカワイイお魚の形の包丁専用の砥石。底にマグネットが付いていて、使わないときは冷蔵庫に貼っておけばよく、収納場所にも困ラズ、どこに置いたかわからなくなることもありません。切れ目に包丁を刺して軽く引くだけで砥げるため、包丁研ぎ初心者でも問題なし。, 四角い形状の砥石と比べると砥ぐ角度など気をせず簡単に砥げますよ。入念なお手入れというよりは、ちょっと切れ味が悪くなった時に使うと切れ味が元通りに。本格的なお手入れには大きな砥石を、普段のお手入れには『HAPPY COOKING』を併用すると、長く包丁を切れ味よく保てますよ。, コンパクトな両面砥石を探している人にぴったりなのが、スエヒロのSKG-27です。細長い直方体型の他の砥石に比べると一回り小さいサイズ感。アパート暮らしなどで、収納場所が少ない人でも困りません。水気が多いキッチンに置いてもすべりにくいゴム台付きなので、砥ぐときに固定されて使いやすいのも特徴です。, 粒度は青い面が中研ぎに使える#1000で黄色い面が仕上げに使える#3000と、普段のお手入れで最適な砥石になります。コンパクトに収納したい一人暮らしの人や、家庭用のサブの砥石としておすすめの小型の砥石ですよ。, 貝印のAP-0509には、一つの製品の中に3種類の粒度の砥石が含まれています。茶色い部分は荒砥ぎに使える#240、白い部分は中研ぎに使える#1000、青いゴム部分はサビ落としが可能です。ゴム以外はホワイトアランダムの砥石で、硬度の高いステンレスの包丁にも対応。, 普段家庭のキッチンで使っている包丁が少し欠けてしまった時でも、荒砥ぎ・中研ぎができるため自宅で包丁のメンテナンスを行えます。また、特殊な薬品を使わなくてもサビを取れるので、包丁を手入れしながら長く使っていきたい人におすすめの砥石といえるでしょう。, 片岡製作所のM-151は業務用でも使われている包丁研ぎ器で、1台で荒砥ぎ・中砥ぎ・仕上砥ぎに対応しています。砥ぎ溝の中にロール状のセラミック砥石がセットされていて、刃先を砥いでくれます。, 砥ぐときは、シャープナーに水を入れて【荒砥石→中砥石→仕上砥石】の順に包丁を入れ、それぞれ前後に7〜8回程度動かすのがポイント。砥ぎ溝とセラミック砥石が斜めに当たることで、刃先を砥いでくれますよ。一般的な砥石の基準よりはやや荒く、日常の家事の途中にちょっとだけ使うのにぴったりです。少しのメンテナンスで切れ味をよみがえらせてくれます。, 栃木県の砥石メーカーであるシャプトンが製作している刃の黒幕しりシリーズはロングセラーの定番砥石として人気があります。プラスチックケースに収納されていて、ケースは砥ぎ台としても使用可能なため、持ち運びにも大変便利です。, 粒度ごとに異なる箱の色も特徴の一つ。例えば、荒砥に使う#320はブルーブラック、中砥ぎに使う#1000はオレンジ、仕上げに使う#5000はエンジ、業務用にも対応できる#30000はムラサキなど、粒度ごとに異なる色です。専門メーカーの製品とだけあって評判も良く、長く使うのにおすすめの砥石ですよ。, キングの砥石の王様シリーズは透明ハードケース付きの商品です。家庭用にピッタリの5種類があり、荒研ぎ用の#220、中研ぎ用の#800、仕上げ用の#6000などの単種類の商品のほかに、数種類の砥石を組み合わせたセット商品も販売されています。画像の商品は#800と#6000がセットになったモデルです。, ステンレスの包丁も砥げる素材で出来ているため、包丁を選ばず使える砥石。透明ハードケースとは別に砥台が付いていて、ケースから出すとすぐに使えるので非常に便利です。家庭用の本格的な包丁のお手入れしたい人におすすめの砥石になります。, 砥石で刃物を研ぐ際は、必ず水平なところに置いて包丁等を研ぐようにしましょう。また、砥石は濡れた雑巾を下に敷くなどして、動かないようにしっかりと固定するのも重要です。, あとは砥石に対して包丁を45度の角度で当て、先端や真ん中、手元(アゴ)の順番でゆっくりと研いでいきます。切れ味がよくなる分、一歩間違えると手や指先を切ったり、思わぬ怪我につながったりするため、くれぐれも最新の注意を払って丁寧に研ぐことを心がけましょう。, 定期的に磨くことで包丁を長持ちさせてくれる砥石。粒度や素材、砥石台やケースの有無、どのようにして作られたものなのかなど、購入の際にはいくつか検討すべきポイントがあります。, どれを選んでいいのかわからない場合は、キッチンの広さや収納の場所、どのような時に使いたいと思うかなどを思い浮かべてピックアップしてみましょう。料理の時すぐに切れ味の悪さを解消したいのか、本格的なお手入れをしたいのかなど、自分なりの活用方法を思い浮かべながらお気に入りの砥石を探してみてください。.

.

Slack リマインド 作成 6, イスラ ソルナ島 地図 6, レン フロークランプ Cad 9, 布団乾燥機 シーツしたまま ダニ 6, Cha Fan とは 4, 唇 ラップ 一晩 7, Nhk Bsメッセージ 消えた コロナ 5,