電球は好きじゃないけど、電球色は好きやから電球色LEDに交換. 豪華な内装、肉厚のシート、重厚な造りのドア、他を圧倒する静粛性・・・。1989年にトヨタ・セルシオが発売されるまで、クラウンは、間違いなく日本車におけるひとつの頂点だったように思う。, 1955年に誕生したクラウンは、現在は14代目となり、時代の変化に対応した高級車として君臨し続けている。長年、憧れの存在であった「いつかはクラウン」の夢を実現し、歴代のモデルを乗り継いでいる人も少なくないだろう。実質的なライバル車として存在していた、日産・セドリック/グロリアの名を持つクルマの血統は絶たれてしまったが、クラウンはその姿を変えても、車名だけは永久に残って欲しいと心から思う。, かつてのクラウンといえば、4ドアハードトップのイメージが強いが、セダンやバン、ステーションワゴンが存在していたことを知っている人も多いと思う。今回は、東京でも下町風情が色濃く残る地に佇んでいた、トヨタ・クラウン ステーションワゴンのオーナーに声を掛けてみた。, 「このクルマは、1996年式のトヨタ・クラウン ステーションワゴン(以下、クラウン ステーションワゴン)です。実は、10数年前にこのクルマを所有していたことがありまして、そのときの印象が忘れられず、再び同型のクルマを手に入れました。この個体は、私で3オーナー目、オドメーターは現在17万キロを超えたあたりです。手に入れてから半年ほどなので、まだ1000キロも走らせていませんが、改めていいクルマだなと実感しています」。, オーナーが所有する個体は、8代目クラウンのステーションワゴンモデルだ。1987年にデビューし、ハードトップのみ1991年に9代目へと一足先にモデルチェンジを果たした。しかし、この8代目ベースのクラウン ステーションワゴンは、その後も小変更やマイナーチェンジを繰り返し、結果として1999年まで生産された。オーナーの個体は、ABSやエアバッグが標準装備された後期モデルということになる。ボディサイズは全長×全幅×全高:4860x1720x1550mm。「1JZ-GE」と呼ばれる、2491cc 直列6気筒DOHCエンジンの最大出力は200馬力を誇る。, 11代目をベースとしたクラウンにもステーションワゴンモデルが設定されたが、その名を「クラウン エステート」と改めた。先代モデルでは設定されていたサードシートや、特徴的な「2段ルーフ」が廃止されたが、より現代的なスタイリングを手に入れたモデルといえるかもしれない。なお、2007年にこのクラウン エステートが生産終了となった時点で、ステーションワゴンモデルが消滅してしまった。以後、現在に至るまで、クラウンのステーションワゴンモデルは存在しない。海外ではメルセデス・ベンツやBMWなど「後輪駆動(FR)のステーションワゴン」を継続的に販売しているメーカーが存在するだけに、国産車でもこの組み合わせを望むユーザーは少なくないはずだ。ぜひとも復活を願いたいところだ。, さて、オーナーは10数年の時を経て、再び同型のクラウン ステーションワゴンを手に入れたわけだが、それほどこのモデルを気に入っている理由は何だったのだろうか?, 「現在、私は48歳なのですが、実は、かつてトヨタの関連企業に勤めていたことがあり、そこでメカニックとして働いていました。かつてのトヨタ車は、最近のクルマのように、端々にコストダウンを感じさせません。しっかりとした造りに魅力を感じます。このクラウン ステーションワゴンは、至る所にコストを掛けて造られているようです。その証拠に、20年以上も前のクルマなのに、いまだにドアや内装の造りや建て付けがしっかりしているし、ヘッドライトも曇っていません。実は、この年代のヘッドライトはガラス製なんです。古いクルマなのに、大きな故障もなく、トラブルフリーなのには驚かされますね」。, この個体は、歴代オーナーの足として、17万キロという距離を刻んでいる。過保護にされてきた、コンクールコンディションを保っているような個体ではない。その証拠に、ボディには生活傷のようなものもいくつか見受けられた。しかし、不思議とヤレているという印象を受けない。クルマにそれほど詳しくない人がこのクラウン ステーションワゴンを見たら、「20年落ち、17万キロ」という年輪を刻んだ個体だとは、にわかに信じられないだろう。それほどクルマ全体がシャキッとしているのだ。, 「この個体は、前オーナーが手に入れたときから『目を付けて』いまして(笑)。手放すときは譲ってもらうつもりでいました。1台目のクラウン ステーションワゴンを手に入れたとき、息子はまだ小学生で、名義変更する時期が夏休みと重なり、一緒に陸運局まで連れて行ったんです。今回、再び同型のクラウン ステーションワゴンを手に入れたので『親父、また同じクルマ買ったの?』と言われてしまいました(笑)。今では息子も運転免許を取得し、ある輸入車の正規ディーラーでメカニックとして働いています。ときにはこのクルマにも乗りますよ」。, 親子でクルマのプロフェッショナルとして活躍しているようだが、そんなオーナーにトヨタ車の魅力について伺ってみた。, 「さまざまな年代の日本車を乗り継ぎましたが、特にトヨタ車は『タフであること、壊れないこと、日本人の感覚に合うように造られている』ように感じました。今回、改めて気づいたことがあります。仕事を通じて衝撃を受けたクルマはポルシェ・911(930型)ですが、この年代のクラウンには、日本車としての良心が凝縮されているような気がします。そして、日本車である以上、世界のどの国でもない、日本の景色にしっくり馴染むようなクルマであり続けて欲しいです。その昔、祖父は浅草周辺に住んでいたそうです。時代が変わっても当時の面影を残しているこのあたりの景色と、クラウン ステーションワゴンのデザインがすごく馴染んでいるような気がしてなりません」。, 今回は、オーナーの祖父のゆかりの地を巡りながら話を伺うことになったのだが、確かにクラウン ステーションワゴンと東京の下町の風景が馴染んでいることに気付かされる。時代の移り変わりとともに東京の街並みも変化していくものだが、変わらない風景も、実にまた魅力的だと思えてならない。最後に、このクルマと今度どう接していきたいかオーナーに伺ってみた。, 「このクルマには壊れるまで乗り続けたいですね。それと、余計な手を加えず、今の状態を維持していきたいです。若い頃はクルマを改造したりして、夜な夜な走り回ったこともありましたが、リアフェンダーに深く潜り込んだ15インチホイールと、ノーマル然とした雰囲気に魅力を感じます。前オーナーが運転席のシートのアンコを注文してあったらしく、そのまま譲り受けました。いずれ、ヘタったら交換しようと思いますが、20年経ったこの個体は、今の状態でもまだまだ使えそうです。本当にタフですよね」。, 大切に乗れば、クルマは長持ちする。きっと、クルマも乗り手の気持ちに応えてくれるはずだ。まだまだ乗れる、使えるクルマたちがスクラップ工場に山積みになっている光景を目にすることがあるが、開発者や生産工場の人たちがこの光景を目の当たりにしたらどう思うだろうか?きっと悲しむに違いない。今、所有している愛車も、この世界の誰かが試行錯誤を繰り返した末に創り上げた英知の結晶であり、作品なのだ。そういう視点で自身の愛車をもう1度眺めてみて欲しい。きっとこれまでにない感情が湧きあがってくるに違いない。, 毎週1回、編集部おすすめコンテンツをお届け!登録は簡単、メールアドレスのみの入力で完了!. トヨタ クラウンステーションワゴン をカスタムしてカーライフを充実させませんか?おすすめのエアロ、ホイール、ledやかっこいいカスタムカーなど、思わず試したくなるクラウンステーションワゴンオーナーのカスタム実例を画像とともに厳選しました! 2020/10/25 23:11. thumb_up 24; … Automotive media that supports your car's interest from the user's perspective, TAG: 117クーペ, 130系, 18系クラウン, CEDRIC, CEDRICWAGON, CROWN, Y30, いすゞ, いすゞ・117クーペ, 日産, 今、若者たちの間で人気の4人組ミクスチャーバンド、King Gnu(キングヌー)をご存じだろうか。, 2019年1月にメジャーデビューを果たして以降、ドラマの主題歌になり第70回紅白歌合戦でも演奏した「白日」をはじめ数多くの神曲を配信リリース。デジタルシングルランキングでは初登場で常に上位にチャートインするなど、現在最も勢いがあり、話題性もあるバンドと言っても過言ではない。, 彼らのミュージックビデオ(以下MV)はYoutubeで配信されおり、King Gnu公式チャンネルや同バンドの顔である常田大希(Gt.&Vo.)が主宰のクリエイティブレーベル「PERIMETRON」でチェックできる。, 中にはクルマ好きなら「おっ!」と気になってしまうマニアックな車種が登場するMVもあり、曲はもちろん視覚でも楽しめる。そこで今回は、King GnuのMVに登場する「あのクルマ」をチェックしていきたい。, King Gnuの1stフル・アルバム「Tokyo Rendez-Vouz」に収録され、人材派遣会社のTVCMソングにも選ばれた「Vinyl」。MVでは車内でメンバーがバンギングしまくって、それに合わせてクルマも上下に揺れているのが印象的。, そのクルマは一体何かというと、日産・セドリックワゴン。兄弟車のグロリアと共に日産の歴史に名を刻んだ高級セダン、セドリックの派生モデルである。MVに登場するワゴンは1983年にフルモデルチェンジを行った6代目(Y30系)で、ハードトップ&セダンと同時にデビュー。ワゴンと共通のボディ形状を持つ4ナンバーバンも設定された。, ハードトップ&セダンは1987年にY31系へとモデルチェンジを行ったが、ワゴン&バンはそのまま販売を継続。基本的なカタチは変わらず、1999年まで16年間も生産された。, ワゴンはフロアATの7人乗り、ベンチシート&コラムATの8人乗りを設定。ステーションワゴンとしては珍しい大人数の乗車が可能だが、3列目シートは後ろ向きに着座する格納式で、あくまでも補助席扱い。また国産車離れした押し出し感あふれるスタイリングに加え、純正でボディにウッド調パネルを採用するオシャレな演出も後押しし、アメリカンカスタムのベース車としても人気が高い。ゆえに中古車の相場も高値である。なおMVに登場する車両はドアミラーだが、写真のようにフェンダーミラーの設定もあった。, King Gnu名義としては初となるアルバムのタイトルにもなっている、初期を代表するナンバー。MV序盤でいきなり登場するのは、ヒップラインが美しい2ドアクーペ。今のクルマにはない華奢なプロポーションに、目を奪われた若者も多いはず。その後井口理(Vo.&Key.)がハンドルを握り、メンバーがフルで乗車。夜の高速を歌いながら疾走するのがまたカッコいい。, このMVに登場するクルマは、いすゞ・117クーペ。1968年にデビューし、1981年まで生産されたロングセラーモデル。現在いすゞは日本国内での乗用車製造から撤退しているが、今もなお愛好家が多い1台。その理由は当時の国産車では斬新な、優雅で洗練されたスタイリング。デザインはイタリアのカロッツェリア・ギアが担当。チーフデザイナーは後にイタルデザインを設立して数多くの名車のスタイリングを手がけた、ジョルジェット・ジウジアーロ。, 初期のモデルは芸術的なスタイリングを当時の自動車技術で再現するのは難しく、生産工程のほとんどを手作業で行ったことから「ハンドメイド」とも呼ばれた。初期型の生産台数は3年間でわずか2458台と、非常に少ない。, 掲載した写真はハンドメイドの初期型だが、MVに登場する117クーペはすでに量産体制を整えた状態で1977年にマイナーチェンジを行った後期型。外観の特徴はヘッドライトがそれまでの丸型から、当時最先端の角型4灯に変更されたこと。前後のバンパーやフェンダーミラーの形状も変わっている。, メジャーデビュー後にリリースした2ndアルバム、「Sympa」のラストを飾るに相応しい渾身のバラード。発売後に制作されたMVがまた衝撃で、男2人・女1人の切ない三角関係を描いた物語は大きな話題を呼んだ。, その中盤に登場するクルマは、MVに登場する主人公の男が運転。主人公と彼女が楽しいデートの後にケンカして、土砂降りの中クルマから降りた彼女。すぐに主人公が追いかけて強く抱きしめ、その後車内で朝を迎える——。上記2曲と比べるとクルマの露出は少ないが、物語の重要なシーンを静かに引き立ててくれた。, その主人公が乗るクルマは、1987年に登場したトヨタ・クラウンステーションワゴン(130系)。大ヒットした130系クラウン・ハードトップのバリエーションのひとつとして、セダン・バンと共にラインアップ。前述のセドリックワゴンと同じく、ハードトップが次の型にモデルチェンジしてもワゴンだけはボディ形状を変えず、マイナーチェンジを繰り返しながら1999年まで販売された。, MVに登場する車両はリアゲートにガーニッシュが内蔵されており、またサンルーフとルーフレールを装備していることから、おそらく最上級グレードのロイヤルサルーンと思われる。しかしMVをよ~く見てみると、なぜかバン用のフロントグリルとメッキバンパーが装着されている謎多き(?)クルマである。, TAG: 117クーペ, 130系, 18系クラウン, CEDRIC, CEDRICWAGON, CROWN, Y30, いすゞ, いすゞ・117クーペ, 日産, 「2000GT」「カウンタック」「アメパト」が銀座を走る! 83台のクラシックカーが集まった【THE銀座RUN エシカルミーティング】の中身, 世界一のエンジンメーカーの真骨頂! 60年代にレッドゾーン9500rpmユニットを積んだS600の衝撃, まさに時代を映す鏡! 1980年代の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車が名車だらけだった, PHOTO: 日産,いすゞ,TOYOTA,OHRYS BIRD(Illustration), なぜ「シーマ」だったのか? バブル絶頂時に「現象」を巻き起こしBMWやベンツすら凌駕した恐るべき日産車, 「シーマのライト」「GT-Rのホイール」他メーカー製でもカッコよければ移植した「純正流用」カスタム10選, 激レアな「360cc軽自動車」が大集合で本気レース! 「サブロクミート」がオヤジには胸熱すぎた.

.

名古屋グランパス グッズ 店舗 7, Youtube Mp4 高画質 6, Bmw レーダー探知機 取り付け 20, Unity ビルド 画面比率 25, 長野美郷 卒業 理由 5, ジェームス バッテリー交換 持ち込み 33, Gas Htmlメール 変数 差し込み 10,