2020.02.21 【ABAP】3分で学ぶUPDATE命令―レコードの更新 【初心者向け】ABAPのオープンSQL「UPDATE命令」について初心者向けに1から分かりやすく解説します。サンプルコード付きで説明してお … 2020年6月16日 データ定義&編集. endloop. 【abap入門】sapを構成するプログラミング言語―abap(あばっぷ)の勉強方法を初心者向けに1つのページにまとめました。基本的な構文ルールから、内部テーブルの利用、システム項目まで!このページを理解すれば、簡単な機能の実装が可能になります。 APPEND命令との違い、内部テーブルへのレコード挿入方法も合わせて解説いたします。 it-biz.online. line-col1 = 7. line-col2 = 8. line-col3 = 9. append line to itab sorted by col2. 内部テーブル ... line-col3 = 6. append line to itab sorted by col2. テーブルのデータを更新したい場合は「update」という命令を使います。 使い方 ・update 内部テーブル set 更新する内容 where 更新する条件. 内部テーブルにデータを入れたり、消したり読み込んだりする場合は次のようなabap keyword を ... ***ワークエリアのデータを内部テーブルに追加 append wa_bseg to it_bseg. この例では、内部テーブル itab とテーブル作業領域が登録されます。最初の2つの collect 命令は append 命令と同じ働きをします。3番目の collect 命令により、 itab の1行目が修正されます。次の図は、これら3つのステップを示しています。 連載:ABAPで書くSQL構文 本ページでは、ABAPにおけるオープンSQLをコーディングする際に知っておくべき基本概念である「外部結合」についての解説ページです。 内部結合を知っていることが前提となるため、もし内部結合の概念... ABAPでファイル関連の処理を行う「OPEN DATASET命令」について解説します。 OPEN DATASET命令を利用することで、アプリケーションサーバ上のファイルを開いてファイルの中身を書き換えたり削除したいすることが可能にな... SAPとは何か?SAPとERPの違いは?システム開発の簡単な歴史をたどりながら、IT初心者でもわかりやすいよう、専門用語を使わない解説をしています。, 【図解】SAPのバリアントの概念・登録方法を初心者向けに1から分かりやすく解説します。バリアントって何?どうやって使うの?どんなメリットがあるの?という疑問をお持ちの方は特に必見です。. https://help.sap.com/doc/saphelp_nw70/7.0.12/ja-JP/06/aafd54fc4011d195280000e8353423/content.htm?no_cache=true, you can read useful information later efficiently. 【初心者向け】abapのappend命令―内部テーブルへのレコード追加処理をサンプルコード付きで解説。初めてabapを勉強している方でも理解できるよう実際のソースコードや解説画像付きで説明しておりますので是非ご覧ください。 うまくいかないんですよね。, DELETE ADJACENT DUPLICATE ENTRIES FROM itab SAPのトランザクションコードを全て暗記している人はこの世の中に(恐らく)一人も存在しないでしょう。しかしながら、SAP開発者であれば知っていないと恥ずかしいトランザクションコードもいくつか存在します。 ここでは、SAPの開発に携わ... 【初心者向け】SAPのバリアント変数テーブル「TVARVC」について解説します。STVARVCとSTVARVの違いって何?という疑問をお持ちの方は必見です。, IPアドレスとは何か?グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いを3分で, 【SAP】SHD0-画面バリアント/トランザクションバリアントとは?登録手順まで3分で解説, 【ABAP】PUSHBUTTON(SELECTION-SCREEN命令)の実装を3分で. →実装→テスト→データ移行→運用保守までやります。ABAP/Ruby/VB.NET/SAP/DB/SAPUI5/Fiori 神戸市在住 子供2人(3歳&1歳). ヘッダー行のない内部テーブルの使用が常に推奨されます。 ヘッダー行なしで内部テーブルに読み込み、書き込み、挿入する: " Loop over table i_compc_all and assign current line to structure i_compc_all_line LOOP AT i_compc_all INTO i_compc_all_line. この例では、同一の行構造 line を持った2つの内部テーブル etab と ftab が登録されます。 etab は、テーブル作業領域付きで登録され … ・INSERT move etab[] to ftab. 概要. 処理の内容も構文ルールも難しくはありませんが、テーブル/内部テーブル/構造といった基本知識が必要になってきますので、まずそれらの用語の意味がよくわからない・・・という方は初めに以下の記事からお読みください。, APPEND命令は、ワークエリア(構造)に格納されている値を内部テーブルの最後の行に付与(追加)する処理を行います。APPEND命令の意味や基本となる構文ルール、使いどころ・注意点について初心者向けに分かりやすく解説します, ABAPエンジニアを目指す方であれば、知っておきたい超重要知識ですので、是非最後までご覧ください。, APPENDとは日本語に訳すと「付与する」「くっつける」みたいな意味になります。その言葉の意味通り、APPEND命令では内部テーブルへデータを追加する処理を行います。, 注意しておきたいのが、これはあくまでも内部テーブルに対する処理であるということ。標準テーブルとアドオンテーブルに対しては使えない処理なので注意しましょう。, ここから、APPEND命令の処理内容を具体的にイメージを持てるよう、簡単な画像を付けて説明します。, ポイントは、追加されるのは内部テーブルの一番最後の行であるという点です。ここだけは、注意して押さえておきましょう。, 似たような処理にINSERT命令がありますね。こちらも日本語に直すと「挿入」という意味になり、APPEND命令と混乱しがちな部分なのですが、両者には明確な違いが存在します。APPEND命令では挿入されるのが最後の行であるのに対して、INSERT命令では任意の行に挿入できるということです。INSERT命令のイメージはこんな感じになります。, INSERT命令はレコードを挿入する箇所を特定する処理が行われる分、その処理が行われないAPPEND命令の方がパフォーマンスの観点から優れています(APPEND命令のほうが処理速度が速い)。そのため、どちらの利用でも良い場合(APPENDでもINSERTでも要件を満たせる場合)は、可能な限りAPPEND命令を利用するようにしましょう。, INSERT命令については、以下のページで詳しく解説していますので、是非この機会に合わせて学習してみましょう。, ここまで見てきたように、APPEND命令の処理はとても簡単です。INSERT命令との違いを理解したうえで、ここからは構文ルールについての解説に移ります。, また、もちろん指定する構造と内部テーブルの同じ構造のデータ型でなければなりません。異なるデータ型の構造と内部テーブルの場合、正常に処理が行われません。, APPEND命令を利用したサンプルコードです。以下のプログラムでは、フィールドシンボルを利用して構造へ格納した値を「LIT_VBELN」に挿入する操作を行います。, "LOOP" は内部テーブルのレコード1行1行に対して特定の処理を繰り返す制御命令です。, 最後に、少しレベルが上がる内容ですが、内部テーブルの種類に応じたAPPEND命令の注意点について補足しておきます。, APPEND命令で挿入することができる内部テーブルは、「標準テーブル」と「ソートテーブル」のみです。これは、INSERT命令でも同様です。, APPEND命令の利用については、ここで解説した内容とLOOP処理 / 構造・内部テーブルの基本知識とセットで覚えておきましょう。, ABAPを1から学習したい方のために、ABAPの基本知識・基礎概念を1つのページにまとめました。, ハードコーディング(Hard Coding)は初心者の証?回避方法を3分で解説する, 【初心者向け】ABAPにおけるINSERT命令の使い方・構文ルールを解説します。APPEND命令との違い、内部テーブルへのレコード挿入方法も合わせて解説いたします。. 本ページでは、MESSAGE命令について解説しています。MESSAGE命令は、エラー時の制御や、ユーザの次のアクションを誘導するための重要な役割を担います。 MESSAGE命令は、入力ミスをした時などに画面の下に赤や黄色で出てくる文... 【超・初心者向け】ABAPにおける変数宣言命令「DATA」について解説します。そもそも変数って何?どうやってコーディングするの?という疑問をお持ちの方向けにDATA命令の基本を1から説明。このページを読めば、変数やDATA命令については完璧に理解可能です。, ABAPで動的な画面制御を行う「LOOP AT SCREEN」命令について解説しています。サンプルコード付きで、初心者の方が躓きやすいポイントや、ちょっとした工夫・Tipsを網羅的に説明。, 【初心者向け】SAPのドメインについて分かりやすく解説します。データエレメントとの関係性や、ドメインの登録方法を1から図解します。SAPを触りたてでまだ右も左もわからないという方は必見です。. 処理が追加したいのか更新したいのか、あとから見た人に伝わりにくいのであまり使われないようです… ABAPのプログラム実行方法は2種類存在します。 1つが、オンライン実行。 もう1つが、バックグラウンド実行です。 本記事では、前提知識として2つの実行方法の違い、利用シーンについて解説。その後、デバッグできないバックグ... 【初心者向け】SAPのアドオンテーブルの作成手順を1から解説します。SAP初心者でも分かりやすいように画像付きで説明します。データクラスやサイズカテゴリ、テーブルバッファなどの専門用語の意味についても合わせて説明します。, IPアドレスとは何か?グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いを3分で, 【SAP】SHD0-画面バリアント/トランザクションバリアントとは?登録手順まで3分で解説, 【ABAP】PUSHBUTTON(SELECTION-SCREEN命令)の実装を3分で, INSERT文やUPDATE文のみでロジックが成り立つようにし、MODIFY文の利用は避ける必要が. 出力は次のようになります。 a b. Why not register and get more from Qiita? 使い方 loop at itab into line. ・APPEND LINES OF 追加するデータのある内部テーブル TO 追加先の内部テーブル. DELETE ADJACEMENT DUPLICATES FROM 内部テーブル COMPARING 項目.で内部テーブルの重複を削除する場合は、事前にソートされた状態にしましょう。, DELETE ADJACEMENT DUPLICATESで重複を削除する前のIT_TESTは、, LOOP AT IT_TEST INTO ST_TEST.の時点でIT_TESTがどうなっているかと言うと、, ↑こうなっています。 ABAPではDATA命令を使い、変数・構造・内部テーブル等を宣言し実体のある箱(物理的なメモリ)を確保しているが、フィールドシンボルでは実体がなく、割り当てられた(Assign)されたデータに直接アクセスする事ができる命令となる。 READ TABLE(内部テーブル) ASSIGNING <フィールドシンボル>  WITH KEY A = A' . テーブルにデータを追加するときは「INSERT」か「APPEND」という命令を使います。 APPEND 追加したいデータオブジェクト TO 追加先の内部テーブル, テーブルを一括で追加する場合 READ TABLE(内部テーブル) INTO (構造)  WITH KEY A = A' . テーブルを一括で追加する場合 ・append lines of 追加するデータのある内部テーブル to 追加先の内部テーブル. write: / line-col2. 本ページでは、テーブルレコードの編集or挿入処理であるMODIFY命令について解説します。, 学ぶ順番としては、①INSERT命令⇒②UPDATE命令⇒このページがお勧めです。以下にINSERT命令とUPDATE命令について解説した記事を載せておきます。, MODIFY文は簡単に言うと、INSERT文とUPDATE文を融合させた命令です。MODIFYとは日本語で「修正する」という意味になりますが、この命令をうまく使い分けることで、レコードの挿入、もしくは変更を同じ命令で行うことが可能になります。, 単一の場合は、FROMの後に直接構造名を指定するのに対し、複数の場合はFROM TABELと続けて内部テーブル名を指定します。間違いやすいポイントなので、両者の区別には注意が必要です。, ページ冒頭で、「MODIFY文はINSERT文とUPDATE文が融合した命令である」と説明しました。基本的には、MODIFY文一つで、INSERT⇒レコードの挿入もできますし、UPDATE⇒レコードの更新も可能です。, ようになります。また、INSERT文、UPDATE文同様ビューに対しても操作を行うことができます。, ※もちろん、ビューが変更可能で定義されており、かつ単一のテーブルからなる項目で構成されていることが条件です。, 指定した値が全て正常に処理(挿入、もしくは変更)された場合「0」がセットされます。一方、1つでも正常に処理がなされない場合は「4」がセットされることになります。, 質問です!MODIFY文さえあれば、INSERT文やUPDATE文はいらないのでは・・・・?, 補足して、解説します。実際のプログラム開発時には、INSERT文やUPDATE文のみでロジックが成り立つようにし、MODIFY文の利用は避ける必要があります。, 誰もが疑問に思う通り、MODIFY文じゃなくてもINSERTやUPDATEで良いのでは?となりますよね。ですが、例えば以下の場合はINSERT文やUPDATEで代用できるでしょうか?, ”画面から初めてレコードを登録する場合はユーザ名を新規登録するが、後からデータの修正を行う場合はユーザ名を上書きする” ようにしてほしい。", この場合、プログラム初回登録時はINSERTになりますが、2度目以降はUPDATEですね。こういう場合、MODIFYが便利に利用できます。, こういう「仕方がない場合」のみMODIFY文を利用します。MODIFY文には大きな欠点があります。, MODIFYを多用する場合、処理速度が「非常に遅くなる」というデメリットが存在します。INSERTだけ、UPDATEだけのプログラムの方が断然早いです。, したがって、MODIFY文を利用したいようなシーンでも、できるだけ利用をさけたほうがよいでしょう。INSERT文、UPDATE文で代用できないかを考えることがABAPerの腕の見せどころです。, ハードコーディング(Hard Coding)は初心者の証?回避方法を3分で解説する, 【初心者向け】ABAPにおけるINSERT命令の使い方・構文ルールを解説します。APPEND命令との違い、内部テーブルへのレコード挿入方法も合わせて解説いたします。, 【初心者向け】ABAPのオープンSQL「UPDATE命令」について初心者向けに1から分かりやすく解説します。サンプルコード付きで説明しておりますので、初めてABAPを学ぶ方でも理解しやすく説明されています。ABAPエンジニアを目指す方は必見です。, 【初心者向け】SAPで作成できる4つのビューを画像付きで解説します。データベースビュー/更新ビュー/射影ビュー/ヘルプビューの意味とシステム的な役割、ビューを作成することのメリットなど1から網羅的に解説します。. DELETE ADJACEMENT DUPLICATESは隣接する行で重複しているか判断するので、ソートされてないと 本ページではフィールドシンボル(FIELD-SYMBOLS命令)の解説をします。「フィールドシンボル」は、フィールドシンボル単体で説明するとかえって混乱します。というのも、「フィールドシンボル」単体で利用するシーンがほとんどないためです。このページでは、FIELD-SYMBOLS命... 【ABAP入門】SAPを構成するプログラミング言語―ABAP(あばっぷ)の勉強方法を初心者向けに1つのページにまとめました。基本的な構文ルールから、内部テーブルの利用、システム項目まで!このページを理解すれば、簡単な機能の実装が可能になります。【豊富なサンプルコード付き】, 【初心者~中級者向け】SAPにおけるNOTEの意味と、NOTEの適用方法をまとめました。そもそもNOTEって何?SNOTE?そんな疑問をお持ちの方は是非ご覧ください。, 【ABAP入門】ABAPで条件分岐を行うIF文/CASE文の基本を解説します。IF文は何となくわかるけど、CASE文って何?という疑問のお持ちの方にサンプルコード付きでIF文/CASE文の使い分けを分かりやすく解説します。. 本ページでは、テーブルレコードの編集or挿入処理であるMODIFY命令について解説します。 今回は、DB操作の「MODIFY文」について解説していきます。 このページを理解するために以下の2つの命令についての知識が必要です。 ... 本ページでは、MESSAGE命令について解説しています。MESSAGE命令は、エラー時の制御や、ユーザの次のアクションを誘導するための重要な役割を担います。 MESSAGE命令は、入力ミスをした時などに画面の下に赤や黄色で出てくる文... 【初心者向け】データ型とは何か?を初心者向けに分かりやすく解説します。事前定義ABAPデータ型・ABAPディクショナリデータ型・ローカルデータ型の3つ分類してそれぞれ詳しく解説します。, 【初心者向け】変数・構造・内部テーブルを初期化するCLEAR命令/FREE命令/REFRESH命令の基本を初心者向けに分かりやすく解説します。サンプルコードを用いて3つの命令の違いも合わせて理解することができるので、ABAP学習中の方は必見です。, IPアドレスとは何か?グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いを3分で, 【SAP】SHD0-画面バリアント/トランザクションバリアントとは?登録手順まで3分で解説, 【ABAP】PUSHBUTTON(SELECTION-SCREEN命令)の実装を3分で. ・MODIFY 内部テーブル FROM データオブジェクト TRANSPORTING 項目名 WHERE 条件, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. APPEND:1行追加する 追加する場所は一番最後の行, 使い方 使い方 出力は以下のようになります。 8 5. READ TABLE命令は指定した内部テーブルから単一行を読み込み、指定した構造に格納します。読み込むレコードは、WITH KEYオプションで指定します。, 例えば「WITH KEY VBELN = '100000000'」 とすれば、受注伝票 100000000のレコード(行)が対象となります。もし、読み込む行が一意にならない場合は、最初に一致するレコードが読み込み対象となります。, したがって、キーの指定が不十分な場合(レコードを一意に特定できない場合)には、意図したものと違うレコードが抽出されてしまいます。基本は、レコードを一意に指定できるようにKEYを指定しましょう。, この辺の処理も、SELECT-SINGLEと同様の動きをしますので注意して覚えておきましょう。, INTOの代わりに、ASSIGNINGオプションを利用することで、読み込んだレコードをフィールドシンボルに代入することができます。実はINTOよりもASSIGNINGの方が頻繁に利用されます。. [COMPARING f1 f2 ... |ALL FIELDS]. loop at ftab into line. ※「MODIFY」という命令を使うとデータがなければ追加、あれば更新ということができますが、 で内部テーブルの重複を削除する場合は、事前にソートされた状態にしましょう。 REPORT ZTEST . ABAP 内部テーブル(Internal Table):作成、読み込み、追加、更新、削除 . write: / line-col1, line-col2. ABAPではDATA命令を使い、変数・構造・内部テーブル等を宣言し実体のある箱(物理的なメモリ)を確保しているが、フィールドシンボルでは実体がなく、割り当てられた(Assign)されたデータに直接アクセスする事ができる命令となる。 endloop. 「TRANSPORTING NO FIELDS」オプションは、レコードを格納せずにシステム項目だけを設定するオプションです。先ほど説明した通り、READ TABLEが成功すればSY-SUBRCには「0」が設定されます。, この処理は「レコードが存在するかどうかだけ知りたい場合」に用います。例えば、SELECTの結果、対象のレコードが取得できたかどうかを知りたいだけの場合。, こちらの記事では、ABAPを用いて簡単な機能を実装できるようにするための必須知識を解説しております。今、本サイトで一番人気の記事ですので是非合わせてご覧ください。, ハードコーディング(Hard Coding)は初心者の証?回避方法を3分で解説する, 【初心者向け】SY-SUBRC/SY-TABIX/SY-DATUMなどのSY始まりの変数(システム項目)の意味とプログラミングの仕方を解説しています。ABAP初心者にとって理解しづらい部分ではありますが、本ページではサンプルコード付きで解説しているため初心者の方でも理解しやすくなっております。是非ご覧ください。. INSERT:1行追加する 追加する場所を指定できる READ TABLE(内部テーブル) TRANSPORTING NO FIELDS  WITH KEY A = A' . Help us understand the problem. https://help.sap.com/doc/saphelp_nw70/7.0.12/ja-JP/06/aafd54fc4011d195280000e8353423/content.htm?no_cache=true, SAP界の住人です。要件定義→設計 本ページでは、READ TABLE命令による内部テーブルの読み込み処理について解説します。, ABAPに不慣れな方ほど、SELECT命令と混同してしまいがち。ここでは、そもそもSELECT命令と何が違うか?READ TABLE命令の使いどころはどこか?を1からサンプルコード付きで分かりやすく解説します。, ABAPで最も特徴的なのが、内部テーブルという仕組みです。この内部テーブルの操作で欠かせないのがREAD TABLE命令の正しい理解です。ABAPエンジニアを目指す方であれば、知っておきたい超・基本知識ですので、是非最後までご覧ください。, 似たような処理を行うのが、SELECT命令です。SELECT命令もレコードを抽出する処理を持ちますが、SELECT命令は、標準テーブル・アドオンテーブルから項目を選択する場合は用いるのに対して、READ TABLE命令の場合は、内部テーブルのレコードを抽出する場合に用います。, また、READ TABLE命令は内部テーブルの単一行を抽出する命令です。複数レコードを抽出することはできません。あくまでも単一レコードのみを読み込む処理を行うのが、READ TABLE命令です。, この点、SELECT-SINGLEと似たような動きをします。この機会に、整理して理解しておくように心がけましょう。. フィールドシンボルとは、データオブジェクトを間接的に指し示す「カーソル」のような役割を果たす仕組みです。プログラミングに明るい人であればデリファレンスするような仕組みをイメージできればOK。, フィールドシンボルについては、以下の記事で詳しく初心者向けに解説しました。ASSIGNINGオプションと合わせて理解しておきましょう。. abap 内部テーブル 件数 条件 (6) 内部テーブルの行数を取得するにはどうすればよいですか? 私はそれをループすることができると思います。 しかし、賢明な方法が必要です。 ・UPDATE 内部テーブル SET 更新する内容 WHERE 更新する条件. LOOPはほかのABAP Keywordと一緒に使うことが多い。 例えば、以下のようにLOOP中で計算した結果を結果格納用内部テーブルに追加していく、という使い方をすることがある。 Ex.内部テーブルAには今以下のデータが入っている。 全品10円引きのクーポンを使用した際の値引き後の金額を内部テーブル… 本ページでは、内部テーブルに対する処理の中で最も使用頻度が高いループ処理について解説します。一口に「ループ処理」といっても、ABAPには4種類(LOOP~ENDLOOP・SELECT~ENDSELECT・DO~ENDDO・WHILE~ENDWHILE)存在するのですが、実際にABAPerが... 【ABAP】内部テーブルとは?標準テーブル・ソートテーブル・ハッシュテーブルを1から解説, 【初心者向け】ABAPの4つの内部テーブル(標準テーブル・ソートテーブル・ハッシュテーブル)を1から分かりやすく解説します。サンプルコードや多くの画像を用いて説明しています。, 【ABAP入門】SAPを構成するプログラミング言語―ABAP(あばっぷ)の勉強方法を初心者向けに1つのページにまとめました。基本的な構文ルールから、内部テーブルの利用、システム項目まで!このページを理解すれば、簡単な機能の実装が可能になります。【豊富なサンプルコード付き】. appending を使用すると、既存の内部テーブル に新しい行が追加されます。 appending により、テーブルデータ型に適応して行が内部テーブルに追加されます。選択に影響されない内部テーブル内の項目には、初期値が書き込まれます。 内部テーブルを別の内部テーブルにコピーする場合は、行タイプに互換性がなければなりません(互換性については、 内部テーブルの互換性を参照してください)。 data: begin of line, col1, col2, end of line. What is going on with this article? By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ③insertでデータ追加 wa_bseg-bukrs = ‘aaaa’. ABAP7.4で、ABAPに色々な革新がもたらされました。 ABAP7.4は2013年にリリースされており新しいものではありませんが、私はこれまでに見たことや使ったことがありませんでした。 この記事では、筆者の独断で「便利だ」「使ってみたい」と感じた機能について紹介します。 ABAP7.4でリリースされた機能についての詳細は、末尾にあるリンクを参考にしてください。 ... abap は、以下の ... append line to etab. 内部テーブルのコピー . INSERT 追加したいデータオブジェクト INTO TABLE 追加先の内部テーブル, ・APPEND ABAPプログラムを作る、デバッグ等する上で必ず理解しておく必要があるのが内部テーブル(Internal Table)だろう。ここでは内部テーブルとはどうゆうものなのかを紹介しよう。, 簡単に説明すると、複数のプログラムで共有したり、保存しておいて後から再利用可能なのがデータベーステーブルであり、自身(プログラムが動いている間だけ)使えるのが内部テーブルとなる。内部テーブル単体ではできる事が少なく、作業領域(ワークエリア)を使って処理する事が多いだろう。, 内部テーブルが複数のデータを格納する為の定義であり、作業領域は1行のデータだけを格納する為の定義である。内部テーブルを読み込んで作業領域に格納、作業領域上で編集し、結果を内部テーブルへ反映といった使い方をする事が多いだろう。, まずは内部テーブル、作業領域の定義の方法について紹介していこう。方法としては、プログラム内でTYPES命令を使い定義したものを内部テーブルや作業領域とするか、データベーステーブルや構造を参照する事が基本だろう。これらの定義のオプションとして、内部テーブルを標準テーブル、ソートテーブル、ハッシュテーブルにしたり、ヘッダー有りの内部テーブルや、作業領域をフィールドシンボルとして定義したりと様々な定義の方法がある。, 「読み込み」は内部テーブルから複数行読み込むのか、一行だけ読み込むのかによって、LOOP … ENDLOOPかREAD TABLEを使い分けよう。, LOOP … ENDLOOPは内部テーブルを全て読み込みたい場合や、主キーでない条件で読み込みたい場合に使用する事が多いだろう。条件として主キーを指定すれば、READ TABLEと同じ結果が得られるが特にメリットはない。個人的には、後からプログラムを見た際に、複数行取得したいのか、一行だけ取得したいロジックなのかを瞬時に判断できるよう使い分ける事をお勧めする。一方、READ TABLEは複数行を取得する事はできなく一行だけ取得する命令となっている。INTO WA(作業領域)の代わりに、オプションとしてあるTRANSPORT NO FIELD を使用し、SY-SUBRCが0(データが存在した)か0以外(データ存在しない、又はエラー)でデータチェックだけを行う事もできる。, 「更新」としては行を追加するのか、存在している行の値を変更するのかで命令が異なる。行を追加する場合はAPPEND、INSERT命令を使おう。ソートテーブルを使用し集計したい場合はCOLLECT命令を使用しよう。, また、”INSERT LINES OF itab1 [FROM n1] [TO n2] INTO TABLE itab2″を使用して複数行を一度に追加する事も可能である。行の値を変更する場合はMODIFY命令を使用しよう。, 上記では明示的に更新しているが、更新するだけであればフィールドシンボルを使用した方がシンプルだと個人的には思う。, 重複した行を削除したいのであればADJACENT DUPLICATESオプションを指定してDELETE命令を使用しよう。削除する際に、前後の指定した項目が同じかで判断される為、命令の直前に必ずソート(SORT)する事を忘れないでほしい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

.

Jtb旅行券 買取 ドット コム 5, Wps Office パッケージ版 4, コンフィデンスマンjp ランカウイ ホテル 18, ピアノ発表会 ワンピース シンプル 4, Dell 付属 Usbメモリ 4, 音楽ジャンル 派生 図 52,