走行中のテレビ・dvd試聴、ナビ操作が可能となります。 ※上記手順をもう一度繰り返すことで、プログラムをリセットすることが可能です。 走行中のテレビ視聴ができない元の状態へ戻ります。 定番シリーズ「PLUG TV+」のBMW最新iDrive7カーナビ適合製品。走行中のTV画面表示やiDriveタッチパッド手書きとダイヤル50音文字検索の操作がキャンセルされないほか、カーナビ起動時の警告も非表示にできる。 PLUG DRC+ for BMW/価格:¥22,000(税別) コントロールダイヤルの周囲に配置された7つのダイレクト・メニュー・コントロールボタン。新iDriveでは使用頻度の高い機能へのアクセス性が高まった, iDriveの地図表示。1280×480ピクセルの画面いっぱいにに高精細な地図が表示される。2画面表示も可能で、目的によって使い分けられる, 同じく従来タイプのメインメニュー画面。メニュー表示のデザインは好みの分かれるところだが、分かりやすさという点では新iDriveのほうが優れているだろう, 地図のスクロール画面。コントロールダイヤルを傾けることで目的の方向にスクロールできる。コントロールダイヤルの操作感も良好で、スクロールし過ぎてしまうといったことも少ないだろう, ディスプレイはセンタークラスター上部に配置されているため視線移動も少なく非常に見やすい。外光に対してもクラスターフードが深いため、昼間の視認性も高いものとなっている, 地図の表示変更オプション。iDriveコントロールダイヤルのみの操作でオプション設定できるので、状況に応じた表示変更が容易に行える, 東京都千代田区から青森県八戸市の朝市までルート設定をしてみた。画面右に到着予定時刻と目的地までの距離が表示された。右下に表示されているのはETCカードが入っていることを示すETCアイコンと現在時刻. PLUG TV+for BMW iDrive5/6 は、NBT2 (NBT EVO) iDrive5/iDrive6のナビゲーションシステムに使用可能! (走行スピード63km以上対応) 運転者以外の同乗者が走行中にナビゲーションの操作やTV,DVDの視聴を楽しむことが出来るようになります。 http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/3series/overview.html, http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081003_37862.html, http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081113_38096.html, http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081118_38126.html, http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081118_38122.html. コーディングとは?そもそも何かって? お話を先にさせて頂きますと、最近の車はあらゆる箇所がコンピューターで制御されているのは周知のとおり。 もちろんBMW f30,f31でも例外ではなく、そのコンピューターにあかじめインプットされているデーターにアクセスして iDriveは、ナビゲーション機能やラジオ機能、オーディオ機能、車両情報表示などを一括してコントロールできるシステム。従来の3シーリズに搭載されていたものと比べ、最新のiDriveでは、ダイレクト・メニュー・コントロールボタンと呼ばれるボタンが付き、ナビゲーション機能やラジオ機能、オーディオ機能などを1ボタンで呼び出せるようになった。 また、オーディオの機能に関しては、60分の音楽CDを220枚分収録可能なミュージックサーバー機能なども追加された。, ダイレクト・メニュー・コントロールボタンは「MENU」「CD」「RADIO」「TEL」「MAP」「BACK」「OPTION」の7つ。どの機能にも階層式のメインメニューからたどって操作することも可能だが、ワンタッチで目的とする機能を呼び出せるのは便利。とくにメインメニューを表示するMENUボタンと、現在地情報に戻るMAPボタン、一つ前の画面に戻れるBACKボタンはとくに便利に使えるボタン。, 従来タイプのiDriveでは、地図の全面表示の設定はなく2画面表示となる。それぞれの地図の種類やスケールを変更して組み合わせ、メイン画面は2D地図、サブ画面は3D地図やボードコンピュータという設定ができる。解像度は640×240ピクセル, 基本的な操作は、中央のコントロールダイヤルで行い、外周のリングを回すことでメニュー項目のスクロール、左右に傾けることでメニュー項目の選択となる。地図表示の際などは、リングを回すことで縮尺を変更でき、上下左右に倒すことで目的の方向にスクロールという直感的な操作が実現されている。, ディスプレイはセンタークラスター上部に配置された8.8インチの高解像度タイプのもので、地図表示も非常に高精細。VICS レベル3に対応し、VICS情報が地図上に表示される。また、カーナビの基本機能であるルート設定も非常に高速に実行され、設定場所や条件にもよるものの、リルートも1秒かからずに終わることがほとんどであった。そのiDriveの機能を本記事では画面写真を中心に紹介していく。, ■スケール変更 地図のスケールは10mから3000kmの17段階。3000kmともなると地球が表示される。いずれも高精細な描画がなされているので、分かりやすい地図となっている。, ■3D表示やVICS表示など 地図の表示方法は常に北を上に表示するノースアップ、進行方法を上に表示するヘディングアップのほかに、3D表示も可能。3D表示ではビルなどの建造物も立体的に表示される。もちろん2画面表示もできる。, また、交通情報を配信するVICSのレベル3表示に対応しているため、地図上に表示するレベル3のほかに、簡易図形で表示するレベル2表示も可能で、交通情報の概略を把握したい際には便利に使える。, 地図の表示変更オプション。iDriveコントロールダイヤルのみの操作でオプション設定できるので、状況に応じた表示変更が容易に行える3D表示10m。ビルが立体表示される3D表示25m3D表示50m。赤や黄色の矢印が見えるがこれが地図上にマッピングされたVICS レベル3表示。赤は渋滞を、橙色は混雑を表している。一般道の場合、赤は時速10km以下、橙色は時速10km~20km3D表示100m3D表示100km2画面表示の際に、サブ画面に表示する画面の選択メニュー3D表示100kmと都市高速簡易マップを組みあわせてみたところ。表示されているのは首都高速で、VICSの都市内高速渋滞表示により、赤は時速20km以下、橙色は時速20km~40kmと分かるVICS レベル2表示。FM多重放送情報とビーコン(光・電波)情報で表示が異なり、これはFM多重放送情報によるもの。遠方の情報なども分かり、大まかな交通状況を知るのに便利3番の「高速道路広域・首都高」を選んでみた。車線規制や故障車(三角の非常停止板と車)がアイコンによって示されている, ■数多く登録されている目的地 ナビゲーション機能で特筆すべきことは、非常に豊富な目的地があらかじめ用意されていること。とくに目的地については、四国巡礼八十八ケ所や、名水百選、銘木百選などの観光地、そして各地の朝市など多数のものが登録されている。実際、いくつか表示させてみたが、あまりに数が多く、すべてを見ることはできなかった。この目的地をあれこれ見ているだけでも1日や2日はかかってしまうだろう。ロングツアラーとしての資質の高い3シリーズだけに、地方高速料金上限1000円時代が到来したら、快適なドライブを楽しみたいところだ。もちろんETC車載器は全車標準装備, ■高速かつ充実のルート案内機能 メニュー表示もストレスなく切り替わるiDriveだが、ルート案内も高速に行われる、状況の変化によるリルートも素早く行われ、“待たされた”という感じを受けることはなかった。, ルート案内に関しても、ウェイポイント(目的地までの通過点)の一覧表示や車線表示、そして高速道路の料金所のゲート表示など自車位置に対応した適切な表示が行われるので不安を感じることはないだろう。, ■純正システムならではの「車両情報」機能など iDriveが通常の高機能カーナビと異なるのは、メーカー自身が手がけるシステムならではの統合情報機能。多機能トリップメーターとも言うべき「ボードコンピュータ」や「トラベルボードコンピュータ」。タイヤのパンク表示やオイルレベルをグラフィカルに表示する「車両ステータス」などを備えることだろう。また、エンジンオイルやブレーキパッドの点検時期もすぐに確認できる。, iDriveは、それらの情報をコントロールダイヤル1つで表示できる上に、速度警告設定やドアのロック設定といった、車の設定までも統一された操作で変更可能。BMW純正システムだからこそ実現できる特別な機能が用意されているのは、3シリーズを所有する価値を高めてくれるものと言える。, 豊富かつ強力なナビゲーション機能をベースに、ラジオやオーディオ、テレビなどの機能が統合された新iDrive。機能が優れているのはもちろんだが、印象に残ったのがコントロールダイヤルの使用感だ。高速な表示と相まって、スムーズなオペレーションが行える。3シリーズ全車に標準搭載されているシステムでもあり、その操作感をディーラーなどで確かめてほしい。, ■URLビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/製品情報(3シリーズ セダン)http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/3series/overview.html関連記事【2008年10月3日】BMW、新3シリーズの予約受付を開始http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081003_37862.html【2008年11月13日】BMW、新型3シリーズを発売開始http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081113_38096.html【2008年11月18日】BMW、3シリーズのクーペ、カブリオレ、M3クーペをマイナーチェンジhttp://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081118_38126.html【2008年11月18日】写真で見る「BMW 3シリーズ」マイナーチェンジhttp://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081118_38122.html. BMWの最新HDDナビゲーション「iDriveナビゲーション・システム」 ダイレクト・メニュー・コントロールボタンの付いた新iDrive BMW3シリーズ318i Luxuary メーターパネル ディスプレイ設定 について説明します。細かな設定を行うことができます。どのように設定するのでしょうか?解説動画も併せてご覧ください。 Impress Corporation. ©Copyright2020 BMW-World.All Rights Reserved. for BMW」も同時リリース。こちらもオペレーティングシステム7.0搭載の最新モデルに適合し、動作確認も万全とのこと。, そしてなによりも嬉しいのが、こうした便利機能の増設にカーナビ等機器の脱着は不要で、OBD2診断ポートにそれぞれのデバイスを挿し込むだけ。インストール/アンインストールの状況もLEDインジケータで簡単にチェックできるのだ。しかも、本体内蔵のDIPスイッチで導入前の状態に戻せるリカバリーモードも搭載しているから、ハイテクが苦手な人でも安心して導入できるはず。メンテも含めてドライバーがクルマに触れる機会が少なくなった昨今、安心して任意で設定が変更できれば、クルマへの愛着が深まること間違いなしだ。, core OBJ フューエルキャップカバーfor BMW/価格:¥5,800(税別), 純正の樹脂製フューエルキャップに取り付けるだけでクロームメッキが高品位な印象を与える。PREMIUM GAS(ガソリン車)、CLEAN DIESEL(ディーゼル車)の2タイプを用意。 取り付けは製品裏側の両面テープで貼り付けるだけの簡単装着。, Code Tech CAM(コードテックキャム)http://codetech.jp/cam/, 【BMWカスタマイズ最前線 2020】「コードテック CAM」 3シリーズを自分に最適な仕様にトータルでコーディネート!, 【メンテナンス&リフレッシュ】「コードテックCAM・CORE OBJ アンティスタティクボディコートプラス」空気の流れを整えるリキッドチューニング!, ツーリング派のライダーに朗報! ボッシュがスマホと完全連携するディスプレイを市販モデルに展開, ラグジュアリーとスポーティを高次元で両立! BMW「新型5シリーズ」【河口まなぶ動画試乗インプレッション】, フォト:山本佳吾 K.Yamamoto BMW COMPLETE 2019 vol.71より転載, BMWの最新iDriveも走行中に操作可能!「PLUG CONCEPT!」の新製品がコードテックCAMからリリース.

.

埼玉 県立 が ん センター 個室 料金 4, マイクラ Summon Spawnevent 50, ジャンプ 漫画家 年収 5, セレナ エアコン 弱い 5, Ipad Mini 大学ノート 10, Jj クルーズ クリミナル マインド 4, Shima 美容室 評判 4,