またReDimだけで要素数を変更すると現在入っている要素を初期化してしまうため、Preserveを付けて要素の初期化を回避しています。, つぎに2つ増やした配列の空き部分に始点の2成分のSPCoord(0)とSPCoord(1)を入れます。, 取得した座標はローカルウィンドウを見るとわかりやすいです。 (ある程度は自身の環境に合わせ多少書き換える必要が出てくるかもしれませんが), ※今回はVBAの「配列」についてある程度の知識がないと理解が難しいと思います。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". (下図の3Dと図面にある赤丸の対応箇所はそれぞれ同じ座標になるようにする), ただ座標を同じにしようとしても3Dの方は(x,y,z)の3次元座標、図面の方は(x,y)の2次元座標と次元が違うため、3次元上の点をすべて2次元座標で表す必要があります。, これは非常にシンプルで点をすべて平面に投影すれば解決です。    → ドラフティングワークベンチ 学習の目次へ, 5つのワークベンチで学習した内容を使った総合演習。 2-7  ドキュメントの保存, 3-1  CATIAの画面構成 5.drawにて正面視作成 総合演習1 総合演習2 総合演習3 . 1-2-2.仕様ツリー. 図面化の時に選択したのはBASE_AではなくBASEになっています。, ボディ追加 が図面とリンクされた状態になっているので リンク先の3Dデータから再選択すれば使用できるようになります。, ①パーツ全体を参照している図面でリンクの修正 ただその分、非常に実用的なマクロなので業務の効率UPが測れます。 PLATEをブーリアン演算で足してみます。, 図面を更新すると”ボディ名-追加” に追加したPLEAT形状が追加されます。 フォトショ、イラレ等のペイント&画像編集ソフト/プレミア、アフターエフェクト、AviUtil等の動画編集ソフト/CATIA、AutoCAD(少しだけ)/最近Pythonでの機械学習の勉強始めました, あなたのものづくりの知識はお金に換えることができるかもしれません。会社のためだけじゃなく自分のために知識を使いませんか?. 7.end, 今回のマクロは2つのドキュメントを使い、機能も多めなのでかなり難しめの内容となっています。 4-2  [標準]ツールバー CATIAマクロではビューの位置を決めることは可能ですが、今回のような形状によってビューの大きさが変わる場合には、一列にきれいに並べることはおそらく不可能です。, 以下のサンプルコードでは断面図作成時に位置をずらすように配置はしていますがきれいに並んで作成されることはほぼありません。手動で並べ直すか、ビューの位置をキレイに配置する手法を見つけて導入するかして下さい。, マクロのサンプルコードは以下のとおりです。 2-5  ドキュメントを開く/閉じる 3つ目の始点を使いたい場合はSPCoords(4),SPCoords(5) ご意見、ご要望がありましたら以下のページよりお気軽にお問い合わせください。, CATIAについてのご質問も受け付けておりますので、ぜひ学習のお役に立ててください。, 【スキル】 基礎となる内容のみですが全て理解出来れば簡単な実務作業はできるようになるので、ぜひすべての内容を学習してみて下さい。, 当サイトでの解説の不備や説明不足で理解できない場合やコメントなどはお気軽にお問い合わせもしくはTwitter Follow @LiCLOG のDMからご連絡ください。, 2-3  ドキュメントとは 各ワークベンチの学習の目次へ行きそれぞれ学習をしてください。 独学でマスターするのが難しいとされるCATIA V5 の操作のコツを紹介します。 ドラフティング(Drafting) → ドラフティングワークベンチ 学習の目次へ 6章 総合演習. ※ダクトの中心線と投影平面の関係性によっては処理中にエラーが発生します。, 選択後、「断面数」と「断面長」を入力すれば平面視と指定した数の断面図が作成されます。 マクロ実行後、①ダクトの中心線、②投影平面(XY,YZ,ZX平面のみ対応)の順に選択します。 SPCoords(1つ目の始点x座標、1つ目の始点y座標、2つ目の始点x座標、2つ目の始点y座標…) (0番目がx座標、1番目がy座標、2番目がz座標), これら座標を図面に渡すためにさらに配列に格納します。 フォトショ、イラレ等のペイント&画像編集ソフト/プレミア、アフターエフェクト、AviUtil等の動画編集ソフト/CATIA、AutoCAD(少しだけ)/最近Pythonでの機械学習の勉強始めました, あなたのものづくりの知識はお金に換えることができるかもしれません。会社のためだけじゃなく自分のために知識を使いませんか?. CADを学びたい皆さんの助けになれば幸いです。, 楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 これで参照しているエレメントに選択したパーツが追加されてパーツ全体の文字は消えます 削除は簡単だが追加は3Dデータを開く必要がある 最初に仕込みは必要ですが便利ですのでおすすめです。    → アセンブリー・デザインワークベンチ 学習の目次へ, ドラフティング(Drafting) 4.drawにて断面作成時に使用する平面を作成 5つ目の終点を使いたい場合はEPCoords(8),EPCoords(9) 2D図のみで制作を進めれます。 配管図アイソメ作図 - Duration: 2:48 そして三面図やアイソメ図で確認した同じ3次元座標から展開図を作るので入力ミスの低減につながっていると考えています。 またこれらの三面図やアイソメ図もcadに作図したりdxfファイルに出力することができますので展開図と一緒に作図しておけば製作. catiaは設計プロセスをフィーチャーの階層に分けて表示しており、そのフィーチャーの階層を「仕様ツリー」といいます。 ②通常の操作と同じく追加する3Dエレメントを再選択 → すべて追加 ドラフティング 「図」→「図を分断」→「ブレークアウト図」 断面表示したい部分を直線で囲います CATIAにはサブエレメント(内部要素)というものがあります。 CATIA VB ... このページではジェネレーティブ・シィエイプ・デザイン(以下GSD)ワークベンチの ... 今回は「お問い合わせ」より頂いた内容です。 送って頂いた内容は以下のようなマクロ ... 今回はGSD(ジェネレーティブ・シェイプ・デザイン)ワークベンチでのオフセットコ ... 本ページではこれまでに実装したすべてのコードを使って自身の書いた手書き文字の認識 ... csv_Functionsモジュールの実装|Excel VBAでMNIST機械学習. 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。, 会員専用ヘルプ _ CATIA V5の技術的な質問に無料でお答えします。 お気軽にどうぞ。, CATIA V5 文字テキストから3D文字を曲面に展開する方法-Develop ツール. 2.drawにて正面視作成時の面を選択 今回は「お問い合わせ」より頂いた内容です。 内容は以下のとおりです。 作成しようと考えているマクロはdrawによるダクトの断面検討図です。 主な流れは下記となります。 1.作成済みのダクト中央線を選択 2.drawにて正面視作成時の面を選択 3.作成する断面数を指定 4.drawにて断面 … ソリット形状以外に形状セットも同様に追加することが出来ます。 削除した時に戻す(Ctrl+Z)が使えない (地味に不便), さてリンクの修正で形状の追加が少し面倒なので追加しやすい様に3Dデータで対策します。, BASEの下に和でBASE_Aが追加された構造になっています    → パート・デザインワークベンチ 学習の目次へ, ジェネレーティブ・シェイプ・デザイン(Generative Shape Design) 自身の作業に合わせた断面作成マクロに書き換えてみるのもいい勉強になると思うので、ぜひそちらにも挑戦してみて下さい。. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". catiaでも簡単にできます。 autocadでは「半断面」と言われてますが catia v5では「ブレークアウト図」のコマンドを使います。 ブレークアウト図の使い方. 番外編 今回のマクロでは投影平面としてXY,YZ,ZX平面のみしか使えないようにしているので、条件分岐でそれぞれ配列に格納する値を振り分けています。, いずれも同じ処理をしているのでここでは代表して投影平面として「XY平面」が選ばれた場合の分岐で何をしているかを見ていきましょう。また、その中でも始点と終点の処理内容は同じなのでここでは始点のみの処理を見ていきます。, まずループが初回のときにはReDimを使ってSPCoordsの要素数を2つにします(配列は0スタート), そしてその中にSPCoord(0)とSPCoord(1)を入れます。    → スケッチャーワークベンチ 学習の目次へ, パート・デザイン(Part Design) 本ページでは実際に自身の描いた手描き文字の識別を行うための準備を行います。 手書 ... 今回は「お問い合わせ」より頂いた内容です。 Drawing 寸法テキスト前後の文 ... 今回の記事は「お問い合わせ」よりいただいた内容です。 送って頂いた内容は以下のよ ... 今回は「お問い合わせ」より頂いた内容です。 件名:ドラフティングで空のシートを削 ... LiCLOGのご利用ありがとうございます。 6.drawにて断面図作成 4-9    ライティングと深さ指定, この章からは2章の『ワークベンチとは』で説明した5つの基本ワークベンチの学習です。 3Dデータで作業するために再表示させるとリンクしている図面に影響が出てしまいます。 リンクの修正コマンドを起動した状態で3Dデータ内の補助線を選択(複数選択可能), ドローイングに戻ると”追加する3Dエレメントの中に選択した要素が入りますので    → GSDワークベンチ 学習の目次へ, アセンブリー・デザイン(Assembly Design) 3-3  仕様ツリーとは, 4-1  マウスの基本操作 ここからは形状や図面を作成していくメインの内容なのでそれぞれしっかりと押さえておきましょう。, スケッチャー(Sketcher) BASE_A は履歴を持たないソリット形状(履歴付きなら履歴操作で変更した方が良いので) 主な流れは下記となります。 これができればCATIAの基本は問題なしです。. マルチボディで設計すると3Dデータ内には設計するための補助的な要素があると思います (図面内で寸法が赤色に変わります), ベストなのは履歴付きの形状を変更することになります Copyright © 2020 LiCLOG All Rights Reserved. 頻繁に追加作業がある様でしたら空のボディを多めに選択しておくと楽です。, リンクを修正コマンドの削除は3Dデータを開かない状態で修正可能なので消す作業は苦労しません, 変更例の条件

.

鶏肉 パプリカ 甘酢 クックパッド 8, W650 テールランプ 配線 14, Mac Finder 拡張子 検索 5, 足場 階段 手すり Cad 4, ボルト 動画 ブログ 4, 早稲田大学 理工学部 学費 4, くち づけ 実話 事件 11, 本庄 犬 里親 12,