bz��"+����g Produktdetails. �>��� � xl/_rels/workbook.xml.rels �(� �RMK�0���0w�v�t/"�U�ɴ)�&!3~��*�]X�K/o�y���v�5���+��zl�;o���b���G�����s�>��,�8��(%���"D��҆4j�0u2js��MY�˴���S쭂��� �)f���C����y�� I< y ���!+��E���fMy�k�����K�5=|�t ��G)�s墙�U��tB��)���,���f����� �� PK ! Bleib auf dem Laufenden mit unserem Newsletter. ��x|`�G��㮶u_�;�ѐ�U�Oղw�j��s��4ȥ��-�Ze�N� �xe|�o,����� �1��y��s�i� ޺��s�� ��V7�����88��� �wa��:���Crh������ݝ�A���� �� PK ! *54JyTxܢ\�zF�$t�1�̂ Das stabile Regal ist durch einfaches Zusammenstecken schnell und problemlos aufzubauen. * Paketversand ab 96 € versandkostenfrei, gilt nicht für Artikel mit Speditionsversand, hier fallen zusätzliche Versandkosten an. Die dargestellten Angebote sind unter Umständen nicht in allen Märkten verfügbar. Alle Angebote und Produkte nur solange der Vorrat reicht. Said unit also boasts a 250GB hard drive, UniPhier chip and MPEG-4 AVC / H.264 encoders. 70 x 100 cm 21 x 29.7 cm - DIN A4 29.7 x 42.0 cm - DIN A3 42 x 59.4 cm - DIN A2 59.4 x 84.1 cm - DIN A1 84.1 x 118.9 cm - DIN A0 alle Bilderrahmengrößen Bilderrahmen nach Ma ß . A7��n [Content_Types].xml �(� �T�n�0�W�?D�V������[$��x�X$��(�}'fQU��%Ql�[&���&YB@�l.�YO$`���r�=�H�E���V����5� ��ӵL��b.j"�"%5� パナソニック Panasonic DMR-XW120-K [HDD250GB DVD-RAM/-R/-R DL/-RW 地上/BS/110度CSデジタルチューナー内蔵]. 1998-2020 All Rights Reserved. Produktdetails | Artikelnummer: 7453809. Cancel Unsubscribe. 3���N�B��?C%�*����=��YK)ub8x�R-J�W��Q23V$��sU.���)�P���I����]�h:C@i��m23� �1� g�/#ݺʸ2 ビエラリンク(VIERA Link)とはパナソニックが採用している、AV機器同士をHDMIで接続し、一つの操作系(リモコン等)で全ての機器を制御可能とする機能の名称である。, ビエラリンクは、HDMIの標準規格に織り込まれているCEC(Consumer Electronics Control)をベースに、パナソニックが独自の拡張を行ったものであり、完全な機能を利用するには、ビエラリンク対応製品である必要がある。なお、CECコマンド自体はパナソニック独自の技術ではなく、共通部分については他社の対応機器との互換性も保たれている。対応機器をHDMIケーブル一本で接続するだけで映像と音声の出力以外に、対応機器のリモコン一台で他の接続機器の操作が出来る。また操作に応じて各機器を自動的に適正なモードに切り替える統合制御が可能であり、例えばDVD・BDを見る場合、従来ならテレビとDVDレコーダー・BDレコーダーの電源を入れてテレビの入力を切り換える一連の作業が必要とされたのに対し、ビエラリンクではDVD/BDレコーダーの電源を入れるだけでテレビ電源が同時に入り、入力切替も同時に行われる。2006年(平成18年)3月8日に発表され、同年4月より製品化が始まった。同じ年に少し遅れて登場したシャープのAQUOSファミリンクと共に、両社の売上アップに貢献している。[要出典]。, なおモニター出力或いはアナログ音声出力(ビデオ入力2との切替式)端子搭載ビエラの場合、HDMI端子に入力された音声信号もアナログ変換した上で出力する(D端子に入力された信号も音声のみ出力)。但しサラウンド信号とS2/S1・D端子・HDMIの各映像信号は(モニター出力端子より)出力されない(映像信号はアナログに変換したデジタル放送とビデオ入力端子に入力されたコンポジット信号のみをモニター端子より出力。S2モニター出力端子搭載ビエラはデジタル放送とS1入力端子からの信号をアナログ変換して出力)。, ビエラリンクには「世代」があり同じバージョン同士のVIERAとDIGA、及び周辺機器をHDMI接続したときのみ基本機能以外にも以下の機能が使用可能である。基本的に年に1度バージョン変更が行われており、アップデート等で機能追加は行われない。, ・4月下旬発売予定。Bluetoothに対応しており、スマートフォンやタブレット端末の音声もワイヤレス再生可能。, 対応AVアンプ・ラックシアター・シアターバー・サウンドボード・ホームシアターセット品番一覧(2013年4月現在), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ビエラリンク&oldid=75489162, 3.1chラックシアター SC-HTR510-K/500-K/310-K/300-K/210-K/200-K/110-K/100-K, 2.1chラックシアター SC-HTX7/HTX5、SC-HTR110-K/40-K/10-K, VIERA:LX65(26/32)、LX600(32)、PX60(37/42/50)、PX600(37/42/50/58)、PZ600(50/58/65/103), 2008年モデル以降のDIGAと組み合わせて使用する場合は「画面deリモコン」の機能も追加で対応している。, DIGA:DMR-EX150/EX350/EX550/EX250V/XP10/XP20V/XW30/XW50/XW40V/BR100/BW200, VIERA:LD70(15)、LX70(20/23/26/32)、LX75(32)、LX75S(26/32)、LZ75(37)、PX70(37/42/50)、PX70S(37)、PX70SK(37/42)、PZ70S(42/50)、PX77S(42/50)、PZ700(42/50)、PZ700SK(42/50)、PZ750(42/50/58/65), DIGA:DMR-XP11/XP21V/XW31/XW51/XW41V/XW100/XW300/XW200V/BW700/BW800/BW900, 「設置情報自動転送」は2007年モデル以降のVIERAと組み合わせた場合のみに対応。, ラックシアター:SC-HTR100/200/300/500/10/110/210/310/510, VIERA:LX8(17)、LX80(20/26/32)、LX88(32)、LZ80(32/37)、LZ85(32/37)、PX80(37/42/50)、PZ80(42/46/50)、PZ88(42)、PZ85(42/46)、PZ800(42/46/50/58/65/103)、PZR900(42/46/50), DIGA:DMR-XP12/XP22V/XW120/XW320/BR500/BR630V/BW730/BW830/BW930, 通常モデル:TZ-DCH520/521/820/821/1100/1520/1820, HDD内蔵モデル:TZ-DCH2000/2800/2810/3000/3800/3810, VIERA:TH-P54/50/46Z1、TH-P65/58/50/46/42V1、TH-P50/46/42V11、TH-P50/46/42G1、TH-P50/46/42R1、TH-P42/37X1、TH-L37/32V1、TH-L37/32G1、TH-L37/32/20/17R1、TH-L32/26/20/17X1、TH-L32X11、TH-L20/17C1、TH-L17F1、DMP-BV100, 2007、2008年モデルのDIGAを組み合わせた場合は「ECOスタンバイ」の機能のみ非対応。, DIGA:DMR-XP15/XP25V/XP200/XE1/XE100/BR550/BW750/BW850/BW950、BW970/BW870/BW770/BW570/BR570/BR670V, TH-L26/22/19D2、TH-L32/26/22/19C2、TH-L19R2、TH-L19X3、TH-L37/32/24/19C3、TH-L37/32/26/19C5は「ARC(オーディオリターンチャンネル)」非対応(Cシリーズ、Rシリーズ、TH-L32X21/L19X3は光デジタル出力端子も非搭載なのでホームシアター・デジタルコードレスサラウンドヘッドホンとの組み合わせ不可)。, DIGA:DMR-BWT3000/BWT2000/BWT1000、BWT3100/BWT2100/BWT1100、BW880/BW780/BW680/BR580、BW890/BW690/BR590/BW695、BZT900/BZT800/BZT700/BZT701/BRT500/BR30/BF200、BZT9000/BZT910/BZT810/BZT815/BZT710/BWT510/BRT210、BZT920/BZT820/BZT720/BZT725/BWT620/BWT520/BRT220, DMR-BR30/BF200/BRT210は光デジタル出力、S2/S1入出力、アナログ映像&音声入力、D出力の各端子非搭載。, ラックシアター:SC-HTR70/50・HTX700/500/900/800/520/720/530/730, BDプレーヤー DMP-BD65/BDT900/BDT100/B100/B200/BD77/BDT320, 2009年モデルBV100はアナログAV入出力端子も併載されているため、HDMI非搭載機器でもアナログAV接続によりブルーレイディスク及び地デジ放送再生可(入出力切替式)。2010年以降のモデルは外部出力がHDMIのみ搭載なのでビエラリンク非対応(HDMI入力非搭載)機器との組み合わせ不可(2010年モデルBV200は外部AV入力端子非搭載なので外部再生機器との組み合わせ不可。2011年モデルBV300は外部AV入力端子が追加されたため外部再生機器との組み合わせも可。但し出力はBV200同様HDMIのみなので、HDMI端子非搭載の従来型TV受像機へは接続不可)。, ビエラリンクを使う場合は本機の電源を入れてから操作。さらに2009年モデルBV100の場合は液晶画面を180度回転させて開いた状態でないとビエラリンクは動作しない。, 据置型ビエラ・ディーガとは異なり「設置情報自動転送(ビエラから地デジ&地アナのチャンネル設定情報を取り込む)」機能は全機種非搭載。, 2代目BV200以降は「フォトフレーム」モードにおいて、SDカード未挿入時でも時計とカレンダーを表示する機能が新設された(表示される色により時計はアナログ・デジタルいずれかを表示)。なお地デジがきちんと受信出来れば正しい時刻データが(地デジ番組表データと一緒に)自動受信されるので、通常は手動での時刻合わせ不要。但しHDMIケーブルでビエラと繋いだ場合は時計とカレンダー表示画面を極力出さないよう取説で呼びかけている(静止画が長時間表示されたままになるとプラズマ及び液晶ディスプレイ焼き付きの原因となるため)。, 全機種、無操作状態が2時間以上或いは6時間以上続くと自動で電源が切れる「自動電源切」機能を搭載(機能解除も可。但しビエラリンク動作時はディーガ電源がこの機能で切れてもHDMI接続した他機器電源は「入」のまま)。, ディーガとTV受像機はビデオデッキやセレクターを介さず直接繋ぐよう推奨されている(セレクター等を挟んで繋ぐと著作権法に基づくコピーガードの影響でソフトが正常再生されない場合あり)。特にHDMIケーブルは同一系統に(セレクターを挟む形で)複数機器を直列接続するとビエラリンクが正常動作せずエラー表示が出る。, ビエラとディーガを本シアターを介して繋いだ場合、シアターの電源プラグがコンセントに差し込まれてさえいれば、シアターの電源が入っていなくてもディーガからのHDMI信号が本シアター経由でビエラへそのまま伝送される「スタンバイスルー」機能がシアター全機種に搭載されている(逆にビエラ・ディーガの電源が入っていてもシアターの電源プラグが抜けている場合、電源切の状態からディーガのディスクトレイ開閉・再生・番組表・録画一覧・予約一覧・操作ガイドの各ボタンを押した時にビエラ電源が連動して入りHDMI入力に切り替わってもディーガ映像は出ず、映像信号無入力を示す黒画面のままとなる)。, なおビエラリンク対応機器を入れ換えた(バージョンアップした)場合、既存のビエラ・ディーガ・シアターがHDMI信号を正しく認識せずHDMI映像が出ない(黒画面のままとなる)場合があるので、この場合は各機器のビエラリンク再設定をする事によりHDMI映像が正常表示される。, ARC非対応ビエラ(2006~2009年モデル)及びビエラリンク非対応ビエラ(光デジタル出力とアナログ出力のみ搭載の2005年以前モデル)と組み合わせている場合(デジタルコードレスサラウンドヘッドホンも含む)、ビエラのデジタル出力設定が「自動」モードになっていると「音声が途切れる」・「片側のスピーカーからしか音が出なくなる」・「音量が小さくなる」などといった不具合が起きる場合がある。この場合、ビエラのデジタル出力設定を「AAC」モードにすればこれら不具合は改善される(「AAC」モードは5.1ch及び7.1ch再生対応。但しこの場合、データ画面表示時における項目選択確認音は出なくなるので、その音を出したい場合は「PCM」にするかアナログ音声出力・HDMIによるARC接続いずれかを選択)。なおARC対応ビエラでは(他の光デジタル入力端子付き機器と組み合わせない限り)デジタル音声出力設定不要。, ラックシアター・AVアンプはHDMI入出力・光デジタル入力の他にアナログ音声入力端子を2系統以上搭載しているのでビエラリンク非対応(アナログ出力のみ搭載でHDMI出力非搭載の従来型)機器も繋げるが、シアターバーとサウンドボードはアナログ音声入力端子非搭載なのでビエラリンク非対応(HDMI出力端子非搭載)機器接続は不可(光デジタル入力端子はビエラ専用なのでビエラ以外の光デジタル出力端子付AV機器接続も不可)。, ヘッドホン端子を搭載しているのはAVアンプとビエラ(BDプレーヤー付ポータブル型を含む)のみで、ラックシアター・シアターバー・サウンドボード・ディーガ・据置型BDプレーヤーは全機種ヘッドホン端子非搭載(ヘッドホンはTV受像機等を経由して繋ぐ。またビエラにおけるビエラリンクメニューで「音声をシアター(又はAVアンプ)から出す」を選んだ場合はビエラヘッドホン端子から音声が出力されないので、ヘッドホンで音声を聴きたい場合は「音声をTVから出す」を選択)。, ラックシアター・AVアンプの場合、アナログ放送とアナログビデオ入力の音声信号はデジタル変換された上で(ディーガやシアター等の)HDMI端子や光デジタル端子より出力される(CD並み音質の2ch信号をドルビーバーチャルサラウンド機能を用いる形で7.1ch或いは5.1chへ擬似変換)。, AVアンプ・ホームシアターセット・スピーカーは2010年モデル「SC-ZT2」を最後に新製品発表がなく、以後は3D映像入力&ARC対応のラックシアター・サウンドボード・シアターバー生産に力点が置かれている(但しAVアンプ・ホームシアターセット生産継続の有無は2011年12月現在未定)。, 発売初期のAVアンプには、AVアンプのリモコンをディーガに向け、(AVアンプリモコンに付いている)「再生」ボタンを押すだけでディーガ及びビエラ電源が自動的に入りディーガ映像が出画する「ワンタッチ再生」機能があったが、現行モデルは全て「ワンタッチ再生」機能非搭載。, ARC対応ビエラは2011年モデルより32v型以上に限定。26v型以下の小型モデルとCシリーズは光デジタル出力端子を廃止しHDMI端子もARC非対応とした(Cシリーズを除く32v型以上のモデルは後面のHDMI入力1端子のみARC対応)。このため26v・23v型以下の小型モデルとCシリーズはホームシアターシステムとの組み合わせ不可となっている(但しビエラのヘッドホン端子にSC-HTE1K等の普及型アクティブスピーカーを繋げば簡易シアターを構築可能。2009年以降モデルはビエラ音声メニューで「ヘッドホン端子へのケーブル接続時にビエラ本体スピーカーからも音を出すか否か」が選択可能)。, 光デジタル出力端子搭載のARC対応ビエラの場合、ビエラリンクメニューで「音声をシアターから出す」を選ぶとビエラの光デジタル端子より音声は出力されない。このためビエラの音声をMD等のデジタル機器で録音したり、デジタルコードレスサラウンドヘッドホンと組み合わせる場合は「音声をTVから出す」を選ぶか、シアターからのHDMIケーブルをビエラのHDMI入力2端子に、ディーガからのHDMIケーブルをビエラのHDMI入力1(ARC対応)端子に各々繋げば「音声をシアターから出す」を選んだ時にデジタルコードレスサラウンドヘッドホンとシアターからの音声同時出力が可能となる(アナログ音声出力端子搭載機器と組み合わせる場合はアナログ接続も可。但しこの場合はデジタル放送本来の高音質が得られない)。なおデジタルコードレスサラウンドヘッドホンからの光デジタルケーブルをディーガの光デジタル出力端子に繋いだ場合は(ディーガの電源さえ入っていれば)デジタル放送及びBD/DVD再生音をサラウンドヘッドホンとシアターから同時出力可能(この場合、デジタル放送はディーガのチューナーで受信)。, SC-ZTシリーズは「ワイヤレスシアター」としてアンプ・スピーカー相互間ケーブル接続が不要(但し「明瞭ボイス」と「3Dサラウンド」機能は非搭載。またスピーカー部は別途電源コード接続が必要)。さらにオプションとしてワイヤレスサラウンドスピーカーSB-ZT1/ZT2も増設可能(デザイン・仕様はSC-ZT1/ZT2のフロントスピーカー部と同じ)。さらにSC-ZTシリーズのアンプ部にはスピーカー出力端子(ピンプラグ)も付いているので、本機付属品以外の汎用スピーカーとの組み合わせも可能。, SC-HT7000(AVアンプSA-BX500にスピーカーセットを追加したモデル。AVアンプは単体販売もしているが付属スピーカーシステムの単体販売は無し), 全機種HDMI端子(入力2系統・出力1系統)・光デジタル端子(入力2系統)に加えアナログ音声入力端子を2系統搭載しているので、ビエラリンク非対応のオーディオ機器も接続可能。但し, 2系統あるアナログ音声入力端子は本機後面では「外部3・外部4」で、HDMI入力2及び光デジタル入力2からの通し番号で表示されている(本体ディスプレイ表示は「AUX3・AUX4」がアナログ音声入力。HDMI入力2は「AUX1」、光デジタル入力は「AUX2」を各々選択。ビエラの音声を聞く場合は「TV」を、ディーガの音声を聞く場合は「BD/DVD」を選択)。リモコンの入力切替ボタンは順送り式ではなく各端子のボタンを「テレビ」・「BD/DVD」・「外部入力」と3分割して独立配置する形のため、目的の入力音声が素早く聴ける(本体にも「入力切替」ボタンがあり、こちらを押すと「TV(HDMI出力及び光デジタル入力1)」→「BD/DVD(HDMI入力1)」→「AUX1(HDMI入力2)」→「AUX2(光デジタル入力2)」→「AUX3(アナログ音声入力1)」→「AUX4(アナログ音声入力2)」の順で入力が切り替わる)。なおHDMI2・光デジタル・アナログの各端子をリモコンボタンで選ぶ場合は(リモコンの)「外部入力」ボタンを押して(本体ボタン同様)順送りで選択(「AUX1(HDMI入力2)」→「AUX2(光デジタル入力2)」→「AUX3(アナログ音声入力1)」→「AUX4(アナログ音声入力2)」の順で切り替わる)。, 「明瞭ボイス」ボタンはリモコン・本体双方に搭載(「明瞭ボイス 入」時は本体ボタン左側のLEDランプが橙色に点灯)。なお本体音量ボタンはフロントスピーカー音量調節専用で、スピーカー別レベル調節ボタンはリモコンにのみ搭載(主音量調節ボタンとは別系統。別売ワイヤレスサラウンドスピーカーと組み合わせた場合は「スピーカーレベル」ボタンでサラウンドスピーカー音量調節も可能で、この場合は+-ボタンの左隣にある「スピーカー選択」ボタンで調節したいスピーカーを事前に選んでからレベル調節+-ボタンを押す。ワイヤレスサラウンドスピーカーを繋がない場合は「スピーカー選択」ボタンを押さなくてもレベル調節+-ボタンを押すだけでサブウーハーレベルが調節可能)。, SC-HTR50K/70K/HTX500K/HTX700K/HTX800K/HTX900K, 前面ガラス扉やベニヤ板による囲いを持たない。全機種キャスター標準装備(取り外し可)。サブウーハーは全機種本体内蔵(総合出力120W)。, スピーカーは全機種棚の上部に取り付けられている。また端子群はHDMI入出力各1系統・光デジタル入力1系統のみで、アナログ音声入力端子は非搭載(シアターバーも同様。光デジタル端子はARC非対応ビエラ専用のためビエラ以外の他機器は接続不可)、このためリモコンの入力切替ボタンはシアターバーも含め「TV」と「BD/DVD」ボタンのみの独立配置(シアターバーSC-HTB15KはHDMI入力を2系統搭載しているため「TV」と「HDMI1/2」で構成)。なおHDMI端子はシアターバー含め全機種3D映像入力対応。, 明瞭ボイス・3Dサラウンド機能はあるが「明瞭ボイス」と「サラウンドモード」ボタンは本体・リモコン共に非搭載で、音声メニュー選択機能と連動している(リモコンに搭載しているボタンは「電源入/切」・「サブウーハー音量」・「主音量」・「消音」・「TV・BD/DVD入力切替」の7個のみ)。, HTB520/15はサブウーハー外付けモデル。HTB50/10はサブウーハー本体内蔵。, シアターバーとサウンドボードは全機種入出力端子がHDMI(入出力各1系統)と光デジタル(入力1系統、HTB550Kは2系統)のみ(光デジタル入力端子2系統搭載モデルの場合、うち1系統はARC非対応ビエラ専用。1系統のみのモデルではARC非対応ビエラのみ接続可能で、ビエラ以外の他機器はパナソニック製であっても接続不可。なおHTB15K/550KのHDMI入力は2系統)。, 総合出力はサブウーハー本体内蔵モデル(HTB10K/50K)が120W、サブウーハー外付けモデル(HTB15K/520K/550K)が240W。, スカパーは地上・BSデジタルと異なりほぼ全てのチャンネルが有料である。このため契約者のみが視聴出来るようスカパーHDアンテナ線は(アンテナ・チューナー相互間が1対1の関係になる)単独配線を原則とし、分配器を用いて1本のスカパーHDアンテナ線を他のスカパーHDチューナーへ分配する行為は禁止されている(スカパーe2とBSスカパーはBSデジタルと同じアンテナで受信し、伝送帯は相互干渉が起きないよう2150MHz以上の広帯域が確保されているので分配禁止の対象外)。さらにスカパー用衛星アンテナのコンバータ部は(2個の衛星から送信される水平・垂直両偏波を受信出来るよう)BS・110度CS用衛星アンテナとは全く異なる内部構造なので、スカパーとBS・110度CSデジタル両衛星アンテナに互換性は無い。加えて(右旋円偏波を採用しているBS・110度CSデジタルとは異なり)スカパーHDには水平・垂直両偏波が混在し伝送帯域もBS・110度CSデジタルと同じのため、スカパーと地上・BS・110度CSデジタルの混合伝送は不可(複数の部屋でスカパーHDを視聴したい場合はマルチ衛星アンテナを用いてアンテナ線をメインチューナーとは別に新規配線し、さらにスカパーHD用チューナーをもう1台用意してチューナー毎に新規契約する形となる。但し一組のスカパー衛星アンテナで最大分配可能なチューナー台数は2台まで。3台以上の場合はスカパー用衛星アンテナがもう一組必要)。なおスカパー用共同受信設備は(従来型スカパーSDより伝送帯域が大幅に広い)スカパーHD周波数帯域には非対応のため、スカパーHDを視聴したい場合はアンテナ線を単独配線する事になる(スカパーHD用アンテナ線は2150MHz以上の広帯域伝送に対応した高性能型を推奨)。さらにスカパーHD・スカパーSD・BSスカパー・スカパーe2は同じ「スカパー」でも各々の放送内容・チャンネル数が一部異なる。, スカパープレミアムチューナーとスカパー用衛星アンテナは、スカパーサイトから個別に購入することも出来、自分で取り付ける事も可能。, 以前のスカパーSD契約からHD契約に切り替えてチューナーのみを(以前のスカパーSDから)スカパーHDに入れ替える場合、アンテナは以前のスカパーSDチューナーセットに付属されていたモデルをそのまま流用可能(シングルチューナーモデル購入時に限る。Wチューナーモデル購入の場合はアンテナをマルチ衛星型に付け替える必要あり)。, 「スカパープレミアムサービス録画」に対応したディーガ2010年以降モデルとLAN接続すれば、スカパーHDをハイビジョン画質(放送そのままの高画質)で録画可能(無線LANでは電波が途切れきちんと録画されない場合があるので有線LAN接続を推奨。ディーガ・スカパーHDチューナー相互間のLANケーブルはルーター経由なら「ストレート」、ルーターを介さず直接繋ぐ場合は「クロス」を各々用いる)。2009年以前モデルと組み合わせる場合は従来のスカパーSDチューナー同様アナログ接続となり、チューナーからディーガへの映像伝送はコンポジット端子接続により行う(録画も標準画質)。, 2011年以降製造のビエラと組み合わせた場合、スカパープレミアムチューナー側の初期設定でビエラリンクを「入」にし、さらに「ビエラリモコンで操作」を「入」にすればビエラリモコンでスカパーHDチューナーを操作可能(2010年以前ビエラとHDMI接続してもビエラリンク自体は動作するが、そちらのリモコンによるスカパーHDチューナー操作は不可)。, 全機種の取扱説明書はスカパーサイト内で閲覧及びダウンロード可能(生産終了モデルは2000年以降製造機種を一部掲載)。なお従来型スカパーSDチューナーの製造・販売・レンタルは2010年までに全て終了した。.

.

覚醒水ライト 徹 甲 上限 14, アザラシ 毛皮 手入れ 6, 図工 鑑賞 中学年 9, なす ピーマン ベーコン にんにく 11, Css 子要素 はみ出させる 4, 櫻井有吉 The 夜会 佐藤健 上白石萌音 12, Excel Vlookup 複数条件 別シート 24, Cad 初心者 図面 11, サイディング 釘 タッチアップ 4,