ファイルの読み込みが終わったときに実行したい処理を設定します。またon〜のオプションは、後述するon()メソッドでも設定できます。, onplay srcで指定されたファイルをあらかじめダウンロードします。falseにしておいて、ユーザーアクションに応じて.load()を走らせると、ギガを無駄に消費しないようにもできます(いわゆるLazy Loading)。, format JavaScriptとHTML5を組み合わせると、音が再生できるらしい。HTML5ってどうするのだろう?と思ったら、最初に文字を少し足すだけでいいようだ。音の再生には、AUDIOタグとSOURCEタグを使って音源となるファイルを指定する。「 [HTML5] 複数の音声ファイルを1つにまとめる AudioSprite – howler.js編, [HTML5] IndexedDBでデータの保存や読み込みを行う – Dexie.js編, [Redmine] EasyGanttで日本の祝日表示に対応する – 2020〜2021年版, [AWS] LightsailでEMLauncherを動かす – AmazonLinux2編, [Electron] Webの技術だけでWindowsやmacOS用のアプリを作成する, SSHで接続できない「Can’t assign requested address」エラーが発生した場合. 再生が始まったときに実行したい処理を設定します。IDを引数として使えます(イベント関連のほとんどのオプションが、IDを引数として使えます)。, IDを引数として渡せるメソッドでIDを渡さずに実行した場合、そのインスタンスに紐づいた音すべてが対象になります。, play([sprite/id]) The default behavior of howler.js is to attempt to silently unlock audio playback by playing an empty buffer on the first touchend event. 以前取り上げた通り、音声ファイルを再生したり止めるだけであれば