<MOZILLA DEVELOPER NETWORK『WindowEventHandlers.onbeforeunload』>, <pushStateとは> <MOZILLA DEVELOPER NETWORK『Manipulating the browser history』> For more information see the doc "JavaScript Tips Factory" : Presented by Nishishi. history.go(-1); html }, ユーザエージェントの切り分けに悩まされるのは毎度のことなのですが、まさかここまで手こずるとは…。 他サイトから訪れた場合にだけ、何かプラスアルファの要素を表示させるなり動的に生成するなりしたい場合(※)に使えそうです。, このような「サイト外からの訪問者にだけ特別なコンテンツを見せる」仕組みは、Amazonでも使われています。Amazonサイト内を回遊して商品ページを見た場合とは異なり、Google検索結果ページなどからAmazonへ訪れると、下図の左側のようにヘッダ部分に類似製品が列挙されます。, サイト内を回遊してきた訪問者とは異なり、検索結果ページなどの外部からやってきたアクセス者は、目的の情報がなさそうだと感じたらすぐに去ってしまうでしょうから、極力それを防ぐために「検索結果ページから訪れた人にだけ」類似情報を列挙しているのでしょうね。私が試した限りでは、外部サイト全般ではなく「検索結果ページからアクセスした場合」に限って類書枠が上部に追加されるようでした。Amazonの場合、検索以外の外部アクセスだと商品を紹介する目的でのリンクの可能性が高いからでしょうかね。いずれにしても、リファラ情報を参照して表示を加えていることに違いはありません。, にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。, 情報サイトAll Aboutでウェブ作成系の記事を連載しています。2001年からの累計記事数は400本を超えています。➡お勧め記事リスト, ウェブページ全般の製作依頼だけでなく、特定の機能を提供するJavaScript単体の作成作業も含め、各種の製作依頼を承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。, ■改訂新版 JavaScript本格入門 モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで, ▲JavaScriptの文法仕様を基礎からしっかり把握したい場合にお勧めです。解説がとても詳しく、基礎から応用まで網羅されていて、JavaScriptを隅々まで理解するのに役立ちます。JavaScriptを詳しく知るには、とりあえずこれを1冊読みましょう。, ▲JavaScriptのライブラリやフレームワークが、ひたすら多数紹介されています。目的に応じてどんなライブラリを使えば良いのか、そもそもどんなライブラリがあるのか知るのにお勧めです。, ▲正確な文法を知りたいとき、手軽にさっと調べられる辞書(辞典)として手許に置いておきたい場合に。, ■すべての人に知っておいてほしい jQuery & jQuery Mobileの基本原則, ▲jQueryを活用する方法について、サンプルと実現ソースが見やすく列挙された解説書。基礎から分かりやすく説明されています。, ■実践Webデザイン jQuery+CSSフレームワークでサクサクつくる「動き」と「仕掛け」, ▲jQueryを活用して実現できる様々なパーツ(デザインやUI)の実装方法を列挙した解説書。サンプルが多数あります。, ▲HTML5, CSS3, JavaScriptの基礎知識とUIデザインの実装方法などを解説したムックです。, ■これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん. 今回は久々に個人的に結構手こずった印象のあるカスタマイズ内容についてご紹介させていただきます。, まず要望はJavascriptだけで、ブラウザバックボタンを押した時に確認メッセージを表示させ、ユーザが了承することで初めて、本来のブラウザバックを起動させたいというものです。 にしし ふぁくとりー > JavaScript TIPSふぁくとりー > 情報取得 > 直前に閲覧したページのURL(リファラ情報)を得る方法, JavaScriptを使ってブラウザが保持している「直前に閲覧していたページのURL」を得るには、document.referrerを使います。このリファラ情報のドメイン(ホスト)部分を参照すれば、アクセス者がサイト内を回遊して来たのか、サイト外からリンクを辿って訪れたのかなども区別できます。, どこか別のページからリンクをクリックして現在のページに到達した場合、アクセス者のブラウザは「直前に閲覧していたページのURL」を保持しています。この「直前に閲覧していたページのURL」の情報のことをReferrer(リファラ)といいます。このリファラ情報は、JavaScriptでも簡単に得ることができます。 <MOZILLA DEVELOPER NETWORK『popstate』>, なお、記述をする場合は以下のような感じになります。 これらの関数呼び出し後も同様に、popStateイベントが発生します。. 「戻る」ボタンを押した時にイベントを発動させるには、「popState」を使います。「addEventListener」を用いてイベントハンドラを登録します。, ■参考サイト 戻る:history.back() }, 下記の「標準ブラウザの例」を見る限りでは、なんと “Chrome” という文字列が入っていました。そのため、標準ブラウザとして判断できるトリガーで、さらにユーザエージェントを絞り込む必要が出てきたわけです。, 標準ブラウザの例: 「pushState」とは、HTML5から追加されたHistory APIのメソッドであり、ブラウザ履歴に指定したURLを追加できるというものです。なお、「pushState」の引数を指定して使用することになります。, ・state « パーセント記号を使ったURL(URI)エンコード・デコード方法, 下記のカテゴリに区分して、JavaScriptに関するTIPSを公開しています。カッコ内の数字は、該当する記事の件数です。, JavaScript TIPSふぁくとりー TOPへ戻る 「history.pushState(null, null, null);」のように記述すれば、ブラウザの「戻る」ボタンは本来の機能を失います。つまり、自分自身を現在の1つ前のページ(履歴)にストックするという仕組みです。, では、本来のブラウザバック機能を失った「戻る」ボタンに新たな機能を負荷していきましょう。 history.pushState(null, null, null); にししふぁくとりー HOMEへ戻る, このページの製作者は、にしし(西村文宏)です。 これによって、「サイト外からやってきた場合には、サイト内の主要(orお勧め)ページの案内を表示する」といったことができます。, アラートボックスに表示しても意味はありませんが。まあ、ここでは動作を簡単に確認するために使いました。 helloと表示されると思います。stateは、こんな感じでページ遷移時のイベントハンドラに渡されます。また、history.stateでもアクセスできます。 とはいえ、上記記述で挙動に問題がなく、要件をすべて満たせていることを確認しましたので、今回はこれで実装完了としました。, またカスタマイズや調査で個人的に大変だったことを共有していければと思います。 さて、ブラウザの戻るボタンを押すとどうなるでしょう?, というわけでhoge2には行っていないように見えます。 変わりませんでしたよね。 ここにイベント内容を記述 このページの内容は真実であることが基本ですが、虚構や妄想が混じっていることも多々あります。(^_^;) if(history && history.pushState && history.state != undefined){ ョン履歴のステートを取得する。(HTML5世代), 進戻したい相対的なページ数を指定する。正数で進む。負数で戻る。0 で現在のページをリロード。省略した場合 0。, 新しいページ用のステート情報を指定する。参照データはすべてコピーされる。, ステート情報を指定する。参照データはすべてコピーされる。. ブラウザの戻るや進むボタンを使った場合には、このpopStateイベントで捕まえて これはpushState後にブラウザの戻る、進むを行った場合のイベント取得するために使用します。, 前述の通り、pushStateや、pushState後の戻る、進むボタンではページ内容が you can read useful information later efficiently. // ブラウザの履歴に戻る無効を追加 pushStateするとブラウザのURL履歴が追加される。わかりやすく説明すると, の順に、ブラウザのURL欄が変わっていきます。このときやはりページの内容は変わりません。, の順に、ブラウザのURL欄が変わっていきます。 調査したところ、標準ブラウザとして判断できるトリガーは以下の3点でした。, 本来であればAndroid端末、かつChromeブラウザだけを対象とする、いわゆる “ホワイトリスト方式” を採用し、以下のような書き方でカスタマイズ対応ができれば良かったのですが……, if(navigator.userAgent.indexOf('Android') != -1 && navigator.userAgent.indexOf('Chrome') != -1){ }); JavaScriptでURLを操作したい時、どうやればいいのか迷っていませんか?この記事ではJavaScriptのURLの取得から操作方法までしっかり解説しています。これを読めば、もうURL操作で悩むことはあり … Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.3; ja-jp; SC-02C Build/IML74K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30, Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.2.2; ja-jp; SC-04E Build/JDQ39) AppleWebkit/535.19 (KHTML,like Gecko) Version/1.0 Chrome/18.0.1025.308 Mobile Safari/535.19, Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SCV33 Build/MMB29M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) SamsungBrowser/4.0 Chrome/44.0.2403.133 Mobile Safari/537.36, なお、なぜ上記の「標準ブラウザの例」が3点もあるのかというと、厄介なことに「Linux; U;」が入っていると「Version」の識別ができない端末があったためです。当初は「Version」と「SamsungBrowser」だけで判断できると高をくくっていたのですが……。, ちなみにこの原因は未だに不明です。誰かご存知の方がいらっしゃるのであれば教えて欲しいです……。私は読み込みタイミングの問題なのかと予想はしているのですが。。。, 紆余曲折はありましたが、今回は「Linux; U;」「Version」「SamsungBrowser」の3点で判断するようにしました。 現在のURLは hoge.com/hoge1です。 window.addEventListener("popstate", function() { リンクは歓迎致します。リンク用バナーも用意しています。必要であればご使用下さい。, Copyright © 1997-2020 西村文宏/にしし Fumihiro Nishimura. つまりユーザにブラウザバックを思いとどまらせるための機能実装を要望されているということですね。, 今回のカスタマイズ対象にしたのはAndroid端末、かつChromeブラウザです。なお、対象の識別はユーザエージェントで判断しました。ちなみに標準ブラウザでは確認メッセージを表示させなくとも良いとのこと。

.

Gmail エイリアス 確認コード 届かない, Javascript スクロール 最上部, ユニバーサルエンターテインメント 陸上 小吉川, 車 ティッシュ ドアポケット, エクセル 横 棒グラフ 2軸, Zoom ウェビナー 参加者リスト ダウンロード, ディズニー ピアス 2020, Dell G3 15 排熱,