かがみは、いろいろなところで使われています。かがみに日光を当てるとどうなるのでしょう。日当たりのよいところにかがみをおいてかべに向けると、明るい部分がうつりました。かがみが太陽の光をはねかえしたのです。はねかえされた光は、かがみと同じ形をしています。かがみに星の形に切りぬいた紙をのせると、かべにうつる光の形もやはり星の形でした。かがみを使って、いろいろな形の光をうつして遊ぶとおもしろそうです。, かがみではねかえされた光を地面に当てると、かがみからまっすぐにのびていくのがわかります。まっすぐのびた光の上にもう1まいかがみをおくと、光はまたはねかえされて、まっすぐ進みます。何まいもかがみを使うと、光をはこぶことができるのです。かがみがはねかえした光はどこまでとどくのでしょう。ビルの屋上においた大きなかがみで太陽の光をはねかえすと、およそ3kmはなれたビルまでとどきました。かがみではねかえした太陽の光は、さえぎるものがないかぎり、どこまでもまっすぐ進むのです。, たくさんかがみを使って、光を重ねてみましょう。かがみ4まい分の光を重ねると、1まいの光よりずいぶん明るくなります。あたたかさはどうでしょう。それぞれの光の上に氷をおいてみると、かがみ4まい分の光を集めたほうの氷がはやくとけました。あたたかさを温度計で調べてみます。かがみ1まいで光を当てると、温度は33℃。かがみ4まいの光を集めると、55℃をこえました。かがみではねかえした光をたくさん集めると、どんどん明るく、あたたかくなるのです。, たてよこ5cmのかがみをななめの台にはりつけ、それを124まい、丸くならべます。日光を当てると、かがみ124まい分の光が1ヵ所に集まるところがあります。どれくらいあたたかくなるのでしょうか。フライパンにとうもろこしと油を入れ、アルミホイルでふたをして、光が集まるところへ持っていきます。しばらくすると、とうもろこしがはじけはじめました。ポップコーンのできあがりです。黒い紙を近づけるとすぐにもえはじめます。太陽の光をたくさん集めると、とても高い温度になるのです。, 光を集めるものは、ほかにもあります。虫めがねに太陽の光を当てると、丸い光がうつります。虫めがねを遠ざけると光の丸は小さく、近づけると大きくなります。虫めがねが光を集めているのです。黒い紙の上に小さな丸を作ると、たちまちけむりが出はじめました。光が集まって、もえだすほどあつくなっているのです。くらいところでライトを当てて見てみると、虫めがねを通った光が1点に集まる様子がよくわかります。虫めがねを使うと、太陽の光を集めて、ものがもえるくらいあつくすることができるのです。, 鏡や虫めがねを使って、日光を反射させたり集めてみる。光は直進する性質があることや、光を集めると物の明るさや暖かさが変わることを知る。. どんなものにも重さがあります。軽いものや、重いもの…。みんながくらす、すぐ近く。よーく目をこらすと、そこにはいろんな“ふしぎ”がいっぱいです。 はなやかなイルカのショー。アシカの楽しいショーも人気です。そんな動物たちの重さ、「体重」をはかってみましょう。さいしょに来てくれたのは、イルカのカリーナちゃん。カリーナちゃんの体重は、274kg。意外に重いんですね。つづいて、セイウチのタック君。体重はいったいどのくらいあるのでしょう。大きなタック君の体重は、なんと1172kg。千キログラムをこえています。, 今度は、華麗(かれい)なショーを見せてくれた、アシカのレンジ君。体重は、111kgでした。ところで、姿勢(しせい)をかえると体重はかわるのでしょうか。かた手を上げて、敬礼(けいれい)のポーズ。そのときの体重は、111kg。かわりません。今度は、頭を上げて、せのび。体重は111kg。やっぱりかわりません。さいごは全身の力をぬいて、ダラーンとしたかっこう。やっぱり、111kg。姿勢をかえても体重はかわらないんですね。, 美術(びじゅつ)大学の学生のみなさんに作品を作ってもらいます。ざいりょうは、ねん土です。まず、はかりにのせて重さをはかります。ねん土の重さは5kg。このねん土でいろいろな形を作ってもらいましょう。どんどん形がかわっていきます。かわいいウサギができあがりました。天びんを使って重さをはかってみます。天びんのかたほうには、5kgのおもりをのせてあります。ウサギを天びんにのせます。つりあいました。ウサギの重さは5kg。形をかえてもねん土の重さはかわりません。, 同じねん土で、べつの形を作ります。今度は何ができるのかな。迫力(はくりょく)のあるトラができあがりました。天びんにのせてみると、つりあいました。重さはかわりません。選手(せんしゅ)交代。またべつの形を作ります。今度は、クマになりました。天びんにのせます。今度もつりあいました。重さはかわっていません。さいごの人は何を作るのかな。怪獣(かいじゅう)でした。これも天びんにのせてみましょう。やっぱり、重さはかわっていません。いろいろ形をかえても重さはかわらないんですね。, 商店街(しょうてんがい)で、重さ10kgのものを集めてみましょう。さいしょは、お米屋さん。「こんにちは。お米を10kgください」。10kgのお米はちょうどひとふくろです。つづいて、お肉屋さん。牛肉10kgはとても大きなかたまり。食べきれるかな。今度は、八百屋さん。みかん10kgは、ダンボール一箱分です。金物屋さんにも行ってみましょう。「鉄のくぎを10kgください」。つづいて、ふとん屋さん。「わたを10kgください」。すごい、わた10kgはこんなにたくさん。, 重さがどれも10kgのものを集めました。水は、2リットルのペットボトル5本で10kg。紙は、A4サイズ2600まいで10kgでした。同じ10kgでもわたとくぎではこんなに大きさがちがいます。本当に同じ重さなのでしょうか。天びんにのせると、たしかにつりあいました。同じ重さでも、何でできているかによって大きさはいろいろなんですね。, てんびんやはかりを使ってものの形や体積を調べ、ものの形と重さの関係、体積と重さの関係を知る。. アリはどんなふうに足を動かしているのでしょうか。アリの足は6本。右と左に3本ずつあります。歩くようすを、時間をのばして見てみましょう。アリは歩くとき、3本の足で体をささえ、のこりの3本を同時に動かしています。 日光をかがみに当てると、はねかえすことができました。かがみ1まい分の日光に、もう1まい重ねます。くらべると…? すると、「ワーオ! おいしそうなふしぎの予感ワオ!」と、ふしぎモンスターのワーオ!があらわれました。, かがみで日光を集めると、何かふしぎが見つかるかな? かがみ1まい分。さらにもう1まい。1まいずつ重ねて、日光を集めていきます。くらべると…?, 千葉県千葉市立宮野木(みやのぎ)小学校のみんなと、ふしぎを見つけましょう。かがみで集めた日光。くらべると…? どんなことに気がつきましたか? 「真ん中がかならず四角になっている」と言う子。なるほど、日光を集めたときの形に注目すると、中心はいつも四角になっています。「ほかに気づいたことはある?」とワーオ!。「中心は白いけどまわりはうすい」と気づいた子。色に注目したのです。日光が集まっている中心は、たしかに白くなっています。「どうしてワオ?」。, 「光を合わせると、色が明るくなる」と気づいた子。たしかに。重ねる光がふえていくと、光が集まった部分はどんどん明るくなっていました。「あーん、むしゃむしゃ…。ワーオ!」とふしぎを食べてしまうワーオ!。日光を集めたときのふしぎ。日光を集めると、なぜ中心が白くなるのかがふしぎでした。そして、なぜ明るくなるのかもふしぎでした。「みんな、ナイスワオ!」。, 集めた日光の色や明るさのちがい。ほかに何か考えたことは? 「かがみを1まい、2まい、3まい、4まいとふやしていったとき、ほんのりあたたかいのか、すごくあたたかいのか、どっちかって」と考えた子。なるほど。かがみのまい数をふやしていくとあたたかさがどうなるかが気になったんですね。「日光を集めると、あたたかくなるワオ?」。, かがみ1まい分と、かがみ4まい分の日光で見てみましょう。氷を使って調べました。かがみ1まい分、そしてかがみ4まい分の日光をそれぞれ当てます。しばらくすると…? 何に気がつきましたか?, 「かがみ1まいのときは氷がとけるのがおそくて、かがみ4まいのときは1まいよりもとけるのが早かった」と気づいた子。ほかには? 「かがみ1まいの光の強さとか温度を、氷だとよくわからなかったから実験(じっけん)したい」と言う子。集めた日光であたたかさがどうなるか、自分たちで調べたくなったようです。「気になるワオ!」。, じっさいに校庭に出て、かがみで日光を集めてみましょう。どんなことに気づくかな? 集めた日光にさわってみると…。「かわったような、かわってないような…。3まいでやってみてー」。かがみをふやすと…。「さっきのほうがつめたくて、こっちのほうがあたたかい」と言います。「日光を集めていくと、どこまであたたかくなるワオ?」。すると、「お肉とか食べ物がやけるかな」と考えた子がいました。「なるほど! かがみで日光を集めると食べ物がやけるほどあつくなるのかな? 知りたいワオ!」。そこへ、「おもしろいふしぎ、発見! カモカモ~!」とカモカモがあらわれました。, 食べ物がやけるほどあつくするにはどうしたらいいのでしょう。みんなで絵をかいて予想してみました。「かがみを多くすればもっとあつくなる」という予想のグループ。かがみのまい数をもっとふやすという考えです。かがみ1まいより、3まいのほうがあたたかかったからですね。, 一方、『大きい』と絵にかいたグループは、「小さいかがみより、大きかったら温度が上がるのかなと思って」と言います。大きなかがみなら、小さいかがみより温度が上がるかもと考えたんですね。「さて、食べ物はやけるかな~?」とカモカモ。, 日光を集めると食べ物がやけるのか、ためしてみました。かがみ1まいと、大きなかがみ、そして30まいのかがみです。フライパンとうずらのたまごを用意しました。どのかがみだと、うずらのたまごがやけるかな? かがみで日光をはね返して、日光を集めたところにフライパンをおきます。それぞれのフライパンにうずらのたまごを落として、しばらくすると…。「ええーっ?」とカモカモ。「ワーオ!」。, 日光をかがみで集めて、「ふしぎ」を見つけよう。枚数を重ねていくと、どんなことに気がついた?. 春から夏、ヘチマはどう成長したんだっけ?」とカモカモ。春、芽を出したヘチマ。ツルはどんどんのびていきます。6月末、校舎(こうしゃ)の1階の高さに。7月末、4階までのびました。8月末、ツルは4階建て校舎の屋上にとどきました。 重さがどれも10kgのものを集めました。水は、2リットルのペットボトル5本で10kg。紙は、A4サイズ2600まいで10kgでした。 NHK for Schoolの学習コンテンツをフル活用して授業力アップを目指す教師のお手伝いをするためのサイトです。 ... 「ふしぎエンドレス 理科3年」で”ふしぎ”(問題)をたくさん発見しよう! ふしぎがいっぱい (4年) 動物の体 様々な動物の体の動きを調べ、その特徴的な動きの様子を紹介すると共に、人と同じように骨や筋肉の働きによって動いていることに気づく。 草原をかけるチーター。ゆうゆうと泳ぐウミガメ。体をくねらせて進むヘビ。動物によって、動き方はいろいろ。体のつくりにはどんなちがいがあるのでしょう。, 乗馬クラブにやってきたひとみちゃん。馬に乗せてもらって楽しそうです。ひとみちゃん、なんと、馬と競走を始めました。でも勝てるわけはありません。馬はどうしてこんなにはやく走れるのでしょう。馬のあしをよく見ると、うしろあしの付け根はとても太くなっています。筋肉(きんにく)がたくさんついているのでしょうか。, ひとみちゃん、馬のあしの曲がり方が気になったようです。うしろあしの中ほどをよく見ると、うしろ向きに曲がっています。ヒトのひざが前のほうに曲がるのとは反対です。馬とヒトでは、あしのつくりがちがうのでしょうか。, ひとみちゃんがやってきたのは、大学の博物館(はくぶつかん)。ここにはいろいろな動物の骨(ほね)の見本が展示(てんじ)されています。村田浩一(むらた・こういち)先生の案内で、さっそく馬の骨を見せてもらいます。頭、首、胴体(どうたい)、こし。そして、ひとみちゃんが気になっていたうしろあし。そのうしろ向きに曲がっている部分は、「ひざ」でしょうか。ところが、「それだとちょっとおかしくありませんか」と村田先生。ひざではないようです。では、いったい何でしょう。, 村田先生がヒトの骨(ほね)の見本を持ってきてくれました。ヒトも馬も、あしのつくりはほとんど同じなのだそうです。くらべてみましょう。まず、ヒトのあし。あしの付け根から下がっていくと、最初の“つなぎ目”が、ひざ。次のつなぎ目が、足首。足首のうしろに出っぱっている骨は、かかとです。, 今度は、馬のうしろあし。あしの付け根から下がっていくと、すぐに最初の“つなぎ目”があります。ここが馬のひざです。その下のつなぎ目、ひとみちゃんがひざだと思っていた部分は…、かかとでした。馬のかかとはずいぶん高いところにあるんですね。…ということは? 馬は1本の指で、しかもつめの先で立っているのです。, 馬のあしのつくりをくわしく見てみましょう。馬のうしろあしは、かかとから下が長くて細く、それにくらべて太もものあたりはとても太くなっています。太ももには骨(ほね)のまわりに筋肉(きんにく)がたくさんついています。この筋肉が、ひざの下の骨を引っぱって動かします。長いあしと、太い筋肉。はやく走る馬のあしは、こんなつくりになっていました。ほかの動物はどうでしょう。骨や筋肉のつき方はちがうのでしょうか。, 様々な動物の体の動きを調べ、その特徴的な動きの様子を紹介すると共に、人と同じように骨や筋肉の働きによって動いていることに気づく。. ふしぎがいっぱい (4年) 動物の体 様々な動物の体の動きを調べ、その特徴的な動きの様子を紹介すると共に、人と同じように骨や筋肉の働きによって動いていることに気づく。 ひとみちゃんが、みんなとなわ飛びをしています。うでを回したり、ジャンプしたり、うでを曲げたり。人の体はいろんなふうに動きます。うでを特殊(とくしゅ)なカメラで写してみると、中にぼうのようなものが見えます。これが、「骨(ほね)」です。手の中にも骨があります。かたくてじょうぶな骨は人の体をささえています。でも、骨だけで動くのでしょうか。, 体が動くしくみを調べようと、ひとみちゃんがやってきたのは、大阪大学にあるロボットの研究室。細田耕(ほそだ・こう)先生は、人の体と同じしくみで動くロボットを作っています。あし、うで、手など、体の部分ごとのロボットを作って研究しているのです。ひとみちゃんが見せてもらったのは、うでのロボット。人のうでと動きがそっくりです。動くしくみを、人そっくりに作ってあるのです。, ひとみちゃん、うでのロボットにさわらせてもらいました。やわらかいチューブのようなものが何本もたばになっています。その中心に、かたいぼうのようなものがありました。かたいぼうと、やわらかいチューブ。かたいぼうは、人の体にもありました。そう、「骨(ほね)」です。ロボットのかたいぼうは、人間の骨に当たる部分でした。, では、うでのロボットにある、やわらかいチューブは何でしょう。チューブだけを取り出して、どんなふうに動くか見せてもらいました。チューブに空気を入れると…、ちぢんで短くなりました。, かんたんな模型(もけい)で、動くしくみを見てみましょう。ぼうの上に、もう1本ぼうをのせて、うでの骨(ほね)の形にします。下のぼうの両側に、チューブを1本ずつ取り付けます。右のチューブに空気を入れると、そのチューブがちぢみ、上のぼうが引っぱられて右に曲がりました。右のチューブ、左のチューブと、かわりばんこに空気を入れると、上のぼうは右、左と動きます。, ロボットのうでも同じしくみで動いています。チューブがちぢむと、うでが引っぱられて、曲がります。かたいぼうを引っぱるチューブ。では、人の体の中でチューブと同じ働きをしているのは、何でしょう。, うでの中にある「骨(ほね)」。その骨のまわりに「筋肉(きんにく)」があります。チューブと同じ働きをしているのは、筋肉。筋肉がちぢむことで骨を引っぱって動かしているのです。, 人の体の動きを観察し、ヒトには骨や筋肉があること、またその働きによって動くことができることを調べる。. 植物の種をまき、その育ち方を観察する。今回は特に発芽の様子を観察し、その決まりを見つけるとともに、その後の育ち方に対する期待や見通しを持たせる。 ふしぎがいっぱい (4年) 人の体の動きを観察し、ヒトには骨や筋肉があること、またその働きによって動くことができることを調べる。 あらすじを読む それぞれの光の上に氷をおいてみると、かがみ4まい分の光を集めたほうの氷がはやくとけました。あたたかさを温度計で調べてみます。かがみ1まいで光を当てると、温度は33℃。 ... 理科3年 ふしぎだいす … 「ふしぎだいすき」のみんなが、「ふしぎ、ふしぎ!」、「びっくり!」、「もっとアリを見たいなぁ」と話しています。アリをさがしてみましょう。野原の石の下、木の幹(みき)の中、そして草むらにもアリはいます。1ぴきのアリを追いかけていくと、たくさんのアリが集まっていました。死んだミミズを見つけたようです。アリは、ミミズやほかの虫などを食べます。自分より大きなえさを巣(す)へ運んでくることもあります。身のまわりの地面をよく見れば、アリがえさを運んでいるのを見つけることができます。, 野原にさく花を大きくして見てみると、花のくきにアブラムシという小さな虫がたくさんいて、くきから汁(しる)をすっています。よく見ると、アリはアブラムシのおしりから出るみつを食べているようです。そこへやってきたテントウムシがアブラムシを食べはじめました。するとアリたちは、自分より大きいテントウムシをこうげきしてみんなで追いはらいました。アリは、アブラムシからみつをもらうかわりに、アブラムシの敵(てき)を追いはらってやります。おたがいに、助け合っているのです。, アリとアブラムシはなかよしだと知って、「ふしぎだいすき」のなかまたちもびっくり。こんどは、アリの巣(す)の中を見てみましょう。アリの巣を横から見ると、小さな部屋が迷路(めいろ)のようにつながっているのがわかります。えさとして集めた植物のたねを集めておく部屋。ごみすて場の部屋。女王アリがたまごをうむ部屋。そして、そのたまごを育てる部屋などがあります。はたらきアリは口うつしで子どもたちにえさをあたえ、育てています。巣の中のたくさんのアリは、それぞれの役目を持ち、助け合いながらくらしています。, いろいろな場所をすばやく自由に歩きまわるアリ。アリはどんなふうに足を動かしているのでしょうか。アリの足は6本。右と左に3本ずつあります。歩くようすを、時間をのばして見てみましょう。アリは歩くとき、3本の足で体をささえ、のこりの3本を同時に動かしています。6本の足をうまく使って、かたむきの急なところも、段(だん)のあるところも、うまく歩けるのです。, そんなアリですが、軒下(のきした)など、かわいたすなの上にあるたくさんの小さなあなに落ちると、登って出ようとしてもすながくずれてぬけだせません。すなの中にはアリジゴクがいます。アリジゴクは、このようなあなでアリをえさにしてくらしています。あなに落ちたアリは、いくら足を動かしても外にはにげられません。でも、なかには、落ちても落ちてもあきらめずに登りつづけて、うまくにげだせるアリもいるようです。わたしたちの身のまわりにいるアリも、いっしょうけんめい生きているんですね。. ふしぎエンドレス 理科3年(放送日:11月10日) 日光をかがみで集めて、「ふしぎ」を見つけよう。 枚数を重ねていくと、どんなことに気がついた? それぞれの光の上に氷をおいてみると、かがみ4まい分の光を集めたほうの氷がはやくとけました。あたたかさを温度計で調べてみます。かがみ1まいで光を当てると、温度は33℃。 ... 理科3年 ふしぎだいす …

.

Wrx S4 故障 13, Brz 加速 遅い 12, 茨木市 猫 譲渡会 8, Sqlserver In句 上限 4, 京阪電車 運賃 値上げ 4, 最後の女神 中島みゆき Mp3 10, ボディ ミスト サツドラ 7,