正規化するストアドファンクションを作成し、それを通じた検索を行う 2. 更新時にアプリケーションやDB側のトリガで正規化したデータを格納する列を設ける 3. | 半角文字:1バイト 全角文字:2バイト と考えて問題ありませんでした。 そのため 半角文字:1バイト文字 全角文字:2バイト文字 と呼び分けていたのです。 現在では 半角文字:1バイト 全角文字:2バイトとか3バイトとか4バイトとか です。 そうです。 半角と全角が混在する、大文字と小文字の使い方がバラバラなどなど。例えば、下でも書きますが AST(got )みたいな記載が実際あるんですよ、うちの電子カルテから血液検査の結果を引っ張ってくるとそうなるんです。 さらに、PGroongaはJSON内のすべてのテキスト値に対する全文検索もサポートしています。これは他にはない機能です。組み込みのPostgreSQLの機能でもJsQueryでもサポートしていません。, Groongaを使うので当然先にインストールしなければいけません。各プラットフォーム向けにパッケージがあるみたいですが、ソースからコンパイルしてみます。手順はこれです。, ビルドしていきます。インストール先だけ変更するので--prefixを指定しておきます。, 入ったようです。恐らくPATHやLD_LIBRARY_PATHは通さないといけないはずですので、.bashrcに追記しておきます。, WALを生成させるにはlibmsgpack-devが必要らしいので先に入れておきます。Groongaをいれているのであれば入ってそうですが。, おや。失敗しました。No package 'msgpack' foundやNo package 'groonga' foundが原因っぽいです。恐らくインストール先をいじっているからでしょう。マニュアルをよく見るとこの場合はPKG_CONFIG_PATH環境変数を使えと書いてありました。msgpack.pcとgroonga.pcが配置されている場所を追加して実行します。, インストールをみていると、とりあえずテストDBを作ってそこにロードしているので従います。, 早速、PGroongaを使ったINDEXを試してみます。手順はチュートリアルを参考にします。, ちゃんとBitmap Index Scan on pgroonga_content_indexになっているので構築できているようです。, denzowさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog PGroonga 2.0 – Make PostgreSQL rich full text search system backend! 前回はpg_bigmをつかってPostgreSQLで全文検索を行う方法を試しました。数年前から登場し、PostgreSQLの日本語全文検索ではpg_bigmと同じくらい耳にするPGroongaを試してみます。, PGroongaはPostgreSQLの拡張機能です。PGroongaはGroongaを使った新しいインデックスアクセスメソッドを提供します。 Groongaは組み込み可能な超高速全文検索エンジンです。GroongaはMySQLにも組み込めます。MroongaはGroongaベースのストレージエンジンです。Groongaはスタンドアローンの検索エンジンとしても使えます。 PostgreSQLで全角半角を意識せずに検索できないかという話をもらいました。MySQL等では照合順の変更で対応できそうですがPostgreSQLではできないようです。どうするのがいいのか考えてみました。, Google先生でPostgreSQL 全角 半角で検索すると結構でてきますね。大体こんな感じでしょうか。, アプリケーションからはdata列に投入し、トリガかアプリケーション側で正規化したデータをdata_for_reという列に格納します。これであれば検索時は必ず全角カナを指定すれば良いです。デメリットとしては領域使用量がほぼ2倍になるということ、INSERT,UPDATE時のオーバヘッドがあるという点です。, これであれば、whereの両辺ともに全角半角カナは全角に揃えられるので期待した結果を得られます。しかし、この場合はdata列にINDEXがあっても使用することができないため、式インデックスを作成しておく必要があります。, こんな感じでINDEXを作っておくと左辺でファンクションを使ってもINDEXが効いてきます。, しかし、1.も2.も以下のようなあいまい検索ではINDEXを使わせる方法がありません。, ほとんどのRDBMSではlike検索において%ポスグレや%ポスグレ%といった後方一致・中間一致では標準のINDEXを使うことができません。これを実現するためにPGroongaを使ってみます。, PGroongaをセットアップしてない方は、公式ドキュメントやこちらを御覧ください。PostgreSQLで全文検索エンジンGroongaを使うようにする拡張、PGroongaでは正規化した検索をする方法として&~演算子が用意されています。 PostgreSQLで高速日本語全文検索をできるようにするPGroongaの2.0.2をリリースしました! メジャーバージョンアップです! groongaからGroongaへ - ドキュメントの表記を一緒に更新しませんか? ブログを報告する, この記事はJPOUG Advent Calendar 2017の3日目です。 さらに同…, 自分で作ったwsgi_lineprof_reporterをPyPIに登録した際の備忘…, PostgreSQLで全文検索(PGroongaを試してみた:環境構築から簡単なINDEX試すまで), PythonからOracleに繋いでみる!その1 (cx_Oracleの簡単な使い方), uWSGI caching frameworkを試してみる(PythonのWEBアプリケーションでの…, Django Channelsのdatabase_sync_to_asyncを理解しなくて死んだ話. Google先生でPostgreSQL 全角 半角で検索すると結構でてきますね。大体こんな感じでしょうか。 1. PostgreSQLで高速日本語全文検索をできるようにするPGroongaの2.0.2をリリースしました!メジャーバージョンアップです!, メジャーバージョンアップ後の最初のリリースアナウンスなので、PGroongaについての説明をします。今回の変更のハイライトはこの後にまとめています。, PGroongaはPostgreSQLを高速に日本語全文検索可能なシステムに拡張する魔法のような拡張機能です。PGroongaの他にも類似の拡張機能はありますが、速度・機能面で他の拡張機能とは一線を画しています。これはPGroongaはバックエンドにGroongaという本格的な全文検索エンジンを使っているためです。, 速度面では類似の拡張機能であるpg_bigmよりも高速です。PostgreSQL本体に含まれている全文検索モジュールtextsearchよりも高速です。インデックス作成時間、検索時間ともに数倍から10倍以上高速です。, まずはPGroongaとpg_bigmのインデックス作成時間です。Wikipedia日本語版データを使っています。, 続いてPGroongaとtextsearchのインデックス作成時間は次の通りです。textsearchが日本語非対応なのでWikipedia英語版データを使っています。データ量が違うので↑の結果とは直接比較はできません。, 「日本」で検索した場合はpg_bigmの方がやや速い(*1)ですがそれ以外の場合ではPGroongaの方が24倍から43倍ほど高速です。どのような検索語に対しても安定して高い性能を出していると言えます。, (*1) pg_bigmは3文字以上の検索語より2文字以下の検索語の方が得意です。, (*2) textsearchでは「animation」で約42万件(PGroongaの約10倍)ヒットしているため遅いです。要因は「animation」を「anim」とステミングしているからです。, PGroongaとtextsearchの検索時間はほぼ同じです。「animation」でtextsearchの方が遅いのはヒット数の違いからくるもので、本質的な検索速度の差ではありません。, 参考までにPGroongaが使っている全文検索エンジンGroongaでの結果もつけています。Groongaではすべて数十msで検索できているので、PGroonga・textsearchの検索速度は、全文検索の速度ではなくPostgreSQL内の共通のオーバーヘッドの影響が大きいということがわかります。, ノーマライズ機能とは異なる表記のテキストを同等の表記のテキストに統一する処理です。, 簡単なものでは「ポスグレ」というようにいわゆる半角カタカナで書かれたテキストも「ポスグレ」もどちらも「ポスグレ」というようにいわゆる全角カタカナに統一します。こうすることにより「ポスグレ」(全角カタカナ)で検索しても「ポスグレ」(半角カタカナ)で書かれたテキストでもヒットするようになります。, 難しいものだと「㍊」は「ミリバール」に変換します。これらはUnicodeのNFKCという方法をベースにしています。, トークナイザーのカスタマイズ機能とは検索キーワードとなるキーワードを抽出する処理(トークナイズ処理)をカスタマイズできる機能です。抽出処理をカスタマイズすることにより、検索精度・検索性能のトレードオフをユーザーがコントロールできるようになります。, たとえば、「形態素解析器を使ったトークナイザー」というものにすれば精度・性能は向上しますが、検索漏れが発生することがあります。なお、他の類似拡張機能で形態素解析器を使ったトークナイズ処理をできるものはありません。PGroongaだけです。, 「形態素解析器を使ったトークナイザー」にはMeCab(OSS)を使ったものとJMAT(非OSSの商用製品)を使ったものがあります。バックエンドで使っているGroongaはトークナイザーをプラグインとして追加できる機能を提供しているため様々なプロダクトを活用してトークナイザーを実装できるのです。, トークンフィルターのカスタマイズ機能とはトークナイザーで抽出したキーワードを加工する処理をカスタマイズできる機能です。textsearchではdictionaryという名前で同様の機能があります。PGroongaもtextsearchもステミング機能はこの仕組みで実現しています。, クエリー言語を用いた検索とは「A OR (B -C)」というようにAND/OR/NOT検索をユーザーが指定できる機能です。Googleと同様の文法で使えます。, HTML対応のハイライト機能とは検索キーワードを...でマークアップする機能です。結果はそのままHTML内で使っても安全です。Webアプリケーションの開発に便利です。, HTML対応のスニペット機能とは検索キーワード周辺テキストを返す機能で、Googleの検索結果でも使われています。もちろん、キーワードは...でマークアップされます。こちらも結果をそのままHTML内で使っても安全です。, JSON検索機能とはjsonb型のカラム全体をインデックスに登録し、柔軟に検索できる機能です。JSON内のすべてのテキストを全文検索することもできるため、JSON形式でいろんな構造のログを保存しておいて後で検索、といったことも簡単にできます。, オートコンプリート機能とは検索キーワードを入力するテキストボックスで入力キーワードを補完する機能です。Googleでも実装されている機能です。Googleと同様にローマ字で入力しても補完できます。, 類似文書検索機能とは内容が似ているテキストを検索する機能です。ブログで類似記事を表示するために使えます。, 同義語展開機能とは同じ意味だけど表現の違うキーワードをまとめて検索する機能です。たとえば「牛乳」と検索したときに「牛乳」も「ミルク」も検索します。, それぞれの機能が気になった人はPostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システムも見てください。, 現在は未実装ですが、今後、提供予定の機能には次のような機能があります。これらはGroongaでは実装されている機能です。, PGroongaは全文検索のことをあまり知らなくても簡単に使えます。インデックスを作成してWHEREに条件を指定するだけです。, LIKEでもインデックスを使って検索できる機能を提供しているため、既存アプリケーションで次のように書いていたとしてもアプリケーションを変更せずに高速にできます。ただし、LIKEの方が全文検索専用の演算子&@~よりも遅いので、おいおいは専用の書き方に直していくことをオススメします。, 興味がでてきましたか?インストールしてチュートリアルを試してみてください。一通りの機能を確認できます。, インストールは簡単です。主要なプラットフォーム用にパッケージを提供しているからです。Windows用のバイナリーも提供しています。, 先日リリースされたPostgreSQL 10に対応しています。最新のPostgreSQLでPGroongaを使えます!, PostgreSQL 10から導入されたロジカルレプリケーションにも対応しています。従来のフィジカルレプリケーションでもレプリケーションできましたが、PostgreSQL 10対応で新しい選択肢が増えたことになります。用途にあわせて使い分けてください。, 従来のフィジカルレプリケーションを使うとディスク使用量が多いのですが、ある程度クラッシュリカバリーが効くようになります。, 一方、ロジカルレプリケーションではより柔軟なスキーマ構成を実現できます。たとえば、マスターは更新専用にし、参照はスレーブだけで受付、PGroongaのインデックスはスレーブだけに作る(マスターには作らない)という構成もできます。こうすることで、更新性能を向上させつつ、参照に対してスケールアウトする構成にできます。, それぞれのレプリケーション方法についてベンチマークを実施する予定です。結果を楽しみにしていてください。, PostgreSQLクラスターの構成について商用サポートが必要な場合はPGroongaのサポートページを参照してください。, PostgreSQLのプランナーはPGroongaを含む各インデックスから情報を取得して処理コストを計算し、最適な実行プランを選択します。PGroongaがより精度の高い結果をプランナーに返せば、より高速な実行プランを選択できるようになります。, 今回のリリースではSTABLEな関数(DBの内容によらず引数が同じなら結果が同じになる関数)・IMMUTABLEな関数(同一トランザクション内で引数が同じなら結果が同じになる関数)の結果を使って検索するときの実行プランの精度が向上しました。PGroongaで使うIMMUTABLEな関数の代表はpgroonga_query_expand()です。これはクエリー展開をする関数で、次のように検索クエリーに対して使います。このように検索クエリーを加工する関数を使ったときでもより高速な実行プランを選択しやすくなりました。, PGroonga 1系ではpgroongaスキーマ以下に関数やオペレータークラスを定義していましたが、カレントスキーマ(多くの場合はpublic)以下にプレフィックス付きで定義した方が使いやすいという声が多かったです。そのため、PGroonga 2系ではpgroongaスキーマを非推奨とし、pgroonga_プレフィックス付きの名前で定義するようにしました。, pgroongaスキーマは非推奨となりましたが、後方互換性を維持するために従来通りpgroongaスキーマを使うこともできます。安心してアップグレードしてください。少なくともPGroonga 2系の間はpgroongaスキーマをサポートするので、徐々にpgroonga_プレフィックスを使った使い方に更新していってください。, 1.0以降のすべてのバージョンと互換性があります。アップグレードの「互換性がある場合」用の手順でアップグレードしてください。, 2017年11月3日(金、祝日)にPostgreSQL Conference Japan 2017でPGroonga 2.0 - PostgreSQLでの全文検索の決定版というセッションがあります。, 2017年12月5日(金)にPGConf.ASIA 2017でPGroonga 2.0 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!というセッションがあります。, どちらもPGroonga 2関連のセッションですが、PostgreSQL Conference Japan 2017の方がまだPGroongaを使っていない人向け、PGConf.ASIA 2017の方がPGroongaをすでに使っている人と拡張機能を開発している人向けの内容になります。, PGroongaのサポートサービスを提供しています。インデックスや検索の設計方法に関するコンサルティングやトラブル時の調査、パフォーマンス改善・新機能追加などの技術支援など、PGroongaに関わるサポートが必要な場合はご相談ください。, PGroongaの新しいリリースを紹介しました。PGroonga 2になって、よりPostgreSQLらしく使えるようになっています。, PostgreSQLで高速に日本語全文検索をしたいという方はPGroongaを使ってガンガン検索してください!, GroongaはGNU Lesser General Public License version 2.1の下でリリースされています。, PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 2.0.2リリース. ブログを報告する, 今回はPostgreSQLでpg_bigmを試してみます。 SQLで全文検索を考…, PostgreSQLで全文検索(PGroongaを試してみた:環境構築から簡単なINDEX試すまで), Django Channelsのdatabase_sync_to_asyncを理解しなくて死んだ話. -> @ktou様よりコメント頂きました。全角半角の正規化は&@や&@~でもそもそも有効だそうです。(ますます使い勝手いいですねPGroonga), さて、先頭4行にはそれぞれポスグレとマイエスキューエルという単語が全角カナ・半角カナで表記されたデータが中間部分に入っています。これを取り出すにはlike %...%といった方法になりますが、PGroongaでは&~演算子を使うことになります。, 期待した結果が得られました。検索条件はどちらも全角カナでしたがちゃんと半角カナの表現も取れていますね。検索条件を半角カナにしても同じ結果です。, パフォーマンスはデータやスペック次第ですのであくまで参考程度ですが、LIKE検索との比較結果を見ておきます。, PGroongaを使った場合、0.504 msでした。多少ブレるのか、平均すると1.5msくらいでした。, 続いてLIKE検索を使ってみます。LIKEでの中間一致では全角半角カナは正規化されないのでOR条件でつなぎます。 2017-10-10 PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 2.0.2リリース. | PGroonga(ぴーじーるんが)はインデックスとしてGroongaを使うPostgreSQLの拡張機能です。. PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 2.2.7リリース, PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 2.2.5リリース, Groonga 9.0.5リリース (9.0.5には問題があることがわかりました), PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 2.0.3リリース, PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 1.2.3リリース, PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 1.2.0リリース, Groonga Advent Calendar 2016 2日目:新リリース自慢会の紹介, PostgreSQL用高速日本語全文検索モジュールPGroonga(ぴーじーるんが) 1.1.9リリース, リリース自慢会とGroonga Advent Calendar 2016のお知らせ, grafana-datasource-plugin-groonga 0.1.0リリース, 2015-07-29(水)19:30より神田須田町(秋葉原の近く)でGroonga新リリース自慢会 5.0.6を開催予定, 2015-07-02(木)19:30より南青山でGroongaソースコード読書会2を開催予定, 2015-05-29(金)19:30より神田須田町(秋葉原の近く)でGroonga新リリース自慢会 5.0.4を開催予定, 2015-04-13(月)19:15より南青山でGroongaソースコード読書会を開催予定, 2015-03-20(金)19:30より渋谷でGroonga "Tokenizer" Talksを開催予定, PGroonga(ぴーじーるんが) 0.2.0リリース - PostgreSQL 9.4でGroongaを使える!, Groonga(Rroonga)利用事例:CrowdWorks Directory(社員名簿+日報システム), ConoHa presents - Groonga "How-To" Talksを開催, 「全文検索エンジンGroongaを囲む夕べ4」の様子がYouTubeでも視聴できます, Debian 6.0(squeeze)およびUbuntu 10.04(lucid)サポート終了予定について.

.

犬 骨 歯磨き 4, トイプードル ブリーダー 里親募集 4, Salesforce Chatwork Api連携 5, 玄関 マグネット 風水 16, 青森山田 松木 生意気 9,