PostgreSQL は以前から like 演算子の代わりに ~ 演算子で正規表現検索ができました。Version 8.1 からは、regexp_replace 関数で、正規表現による置換もできるようになっています。, こんな感じで正規表現の一部を利用した表示ができます。\1, \2, ……は、正規表現中の ( ) にマッチした内容です。バックスラッシュを表わすために、SQL 中ではさらに \ を加えて、\\1,\\2, ……のようになります。UPDATE 文でも利用できます。, コメント by BlogPetのusausa — 2008-12-11 14:06. https://www.postgresql.jp/document/9.5/html/functions-matching.html, idが'A0100001'、'C9910001'はTRUE、'a0100001'、'C9911001'、'D0100001'はFALSEの判定となる。, LIKE演算子とは異なり、右辺全体を()で閉じる必要がある。 --IDの最初が部署コードと同じ場合、'trueA01. Why not register and get more from Qiita? パターンマッチ. これまで説明してきた正規表現をSQLの文に組み込んでみましょう。 データベースの種類によりSQLの記述方法が違うので、ここではオープンソースで有名な「MySQL」と「PostgreSQL」の2つについて触れておきます。 PostgreSQL 9.1.5文書 4.1.2.2. ()で閉じない場合、最初の結合子(||)の前までを右辺と判断するようだ。 正規表現を用いた文字列置換関数。 regexp_replace(string text, pattern text, replacement text [, flags text]) \1, \2, …\N でパターン内において括弧でくくった部分にマッチした部分を replacement に使うことができる。\N はN番目の括弧の部分。 実際の replacement … この程度なら問題なし!, いきなり更新するのではなく、 69 queries. もしstandard_conforming_stringsパラメータをoffにしていた場合、リテラル文字列定数に記述するバックスラッシュは2倍必要となります。詳細は項4.1.2.1を参照してください。, 同時にESCAPE ''と記述することでエスケープ文字を選択しないことも可能です。 副式を入れ子にするための括弧は\(と\)であり、(と)自身は普通の文字です。 単純な制約を表9-14に示します。後で他のいくつかの制約を説明します。, {...}を使用する形式はバウンドとして知られています。バウンド内のmとnという数は符号なし10進整数であり、0以上255以下の値を取ることができます。, 最短マッチを行う量指定子(AREのみで使用可能)は、対応する通常の(欲張りの)ものと同じものに一致しますが、最大のマッチではなく最小のマッチを取ります。 そして置換対象レコードも前スペースが存在するもののみにしてます。, おk。想定通りの動きになってますね。 Help us understand the problem. 量指定子の直後に量指定子を続けることはできません。例えば**は無効です。 |、+、?は普通の文字であり、それらの機能と等価なものはありません。 LIKE演算子では正規表現ほどの強力な判定はできない。 http://www.postgresql.jp/document/pg837doc/html/functions-matching.html#FUNCTIONS-POSIX-REGEXP, toritori0318さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 厳密な置換マッチングが必要な場合、PostgreSQLのregexp_replace関数はPOSIXの正規表現パターンを使用して一致させることができます。これは構文regexp_replace(source、pattern、replacement [、flags])を持ちます。. 正規表現の方法 . 置換テキスト内にリテラルバックスラッシュを挿入する必要がある時は\\と記述します。 これにより、事実上エスケープ機構が働かなくなります。つまり、パターン内のアンダースコアおよびパーセント記号の特別な意味を解除することはできなくなります。, 現在のロケールに従って大文字小文字を区別しない一致を行うのであれば、LIKEの代わりにILIKEキーワードを使うことができます。これは標準SQLではなく、PostgreSQLの拡張です。, ~~演算子はLIKE式と等価で、~~*はILIKEに対応します。またNOT LIKEおよびNOT ILIKEを表す!~~および!~~*演算子があります。これら全ての演算子はPostgreSQL固有のものです。, SIMILAR TO演算子は、そのパターンが与えられた文字列に一致するかどうかにより、真もしくは偽を返します。これは、標準SQLの正規表現定義を使用してパターンを解釈するという点以外は、LIKEに類似しています。SQLの正規表現は、LIKE表記と一般的な正規表現の表記とを混ぜ合わせたようなものになっています。, LIKEと同様、SIMILAR TO演算子は、そのパターンが文字列全体に一致した場合のみ処理を行います。これは、パターンが文字列の一部分であっても一致する、一般的な正規表現の動作とは異なっています。また、LIKEと同様、SIMILAR TOでは、%および_を、それぞれ任意の文字列および任意の単一文字を意味するワイルドカード文字として使用します(これらは、POSIX正規表現での. Longmode is disabled for this virtual machine.” エラー, [Ruby]CentOS 5 で gem install rmagick のエラー, svn: Can’t convert string from ‘UTF-8’ to native encoding への対処, コマンドプロンプトで「CMD では UNC パスは現在のディレクトリとしてサポートされません。」. What is going on with this article? By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. PostgreSQLは常に、まず正規表現はARE規則に従うと推測します。しかし、REパターンの前に、項9.7.3.4に記載されているような埋め込みオプションを追加することにより、より限られたERE、あるいはBRE規則を選択することができます。これは、POSIX1003.2の規則を正確に期待しているアプリケーションとの互換性に関して有用です。, 正規表現は|で区切られた、1つまたは複数のブランチとして定義されます。ブランチのいずれか1つに一致すれば一致したことになります。, ブランチはゼロ個以上の量化アトムもしくは制約の連結です。最初のものにマッチに、次に第2番目のものにマッチを、というふうに一致します。なお、空のブランチは空文字列に一致します。, 量化アトムとは、単一の量指定子が後ろに付くアトムのことです。量指定子がないと、アトムに一致するものが一致したことになります。量指定子がある場合、アトムとの一致が何回あるかで一致したことになります。アトムは、表9-12に示したもののいずれかを取ることができます。表9-13に設定可能な量指定子とその意味を示します。, 制約は空文字に、特定の条件に合う場合のみに一致します。

.

Ark 交配 設定 21, Z会 Asteria ログイン 7, 犬 体 拭く 嫌がる 6, ハイキュー 高校 偏差値 13, 交通事故 示談 決裂 5, ゼファー750 フロントフォーク キット 24, Excel 最終行 取得 関数 10, 水 耕 栽培 自作 5, カニンヘン ダックス 毛並み 7, Dr30 シート 張替え 4, アロマ クラフト 秋 4, Cod Ww2 キャンペーン 4,