This action applies the changes and closes the editor. Power Queryは、 Excel2016以降のバージョン で、使えます。 Excel2010の一部バージョンとExcel2013の場合には、Microsoft社公式のPower Queryアドインをインストールすることで使えます。 ただし、メニューなどがかなり違っていますので、記事を読む際には … 2.1 元データが追加・修正されても、ボタン1つで再加工できる; 2.2 1つ1つの機能が強力なので、加工処理をシンプルに記述できる; 2.3 マウス操作だけで、実用的な加工ができる; 3 Power Queryを使った処理の実例; 4 元データの追加・修正 日本語訳はartfulplace.netさんが実施されています。, Microsoftの公式関数リファレンスです。 GUIだけでは実現できない高度なデータ収集手順を作成するのに役に立ちます。, M言語のカスタム関数集です。 データはブックにコピーされ、ブックに直接保存されているデータと同じように使用できます。, 接続ファイルを検索するには、[ 既存の接続 ] ダイアログボックスを使用します。 ([ データ ] タブの [ 外部データの取り込み ] グループで、[既存の 接続] をクリックします)。 このダイアログボックスを使用すると、次の種類の接続が表示されます。, このリストには、ブック内の現在のすべての接続が表示されます。 この一覧は、既に定義した接続から作成されたものです。データ接続ウィザードの [データソースの選択 ] ダイアログボックスを使用して作成したか、このダイアログボックスから接続として以前に選択した接続から作成します。, この一覧は、[マイドキュメント(windows XP)] または [ドキュメント] (windows Vista) フォルダーに保存されているmy Data Sourcesフォルダーから作成されます。, ローカルネットワーク上の一連のフォルダー。 Microsoft Office グループポリシーの展開の一部として、ネットワーク全体に展開できる場所です。, SharePoint Foundation サイトの Excel Services データ接続ライブラリ (DCL)。, Excel を接続ファイルエディターとして使用して、ブックまたは接続ファイルに保存されている外部データソースへの接続を作成および編集することもできます。 目的の接続が見つからない場合は、[ 参照 ] をクリックして [データソースの選択 ] ダイアログボックスを表示し、[ 新しいソース ] をクリックしてデータ接続ウィザードを開始すると、接続を作成することができます。, 接続を作成したら、[ 接続のプロパティ ] ダイアログボックスを使用できます ([ データ ] タブの [ 外部データの取り込み ] グループで、[ プロパティ] をクリックします)。 外部データソースへの接続に関するさまざまな設定を制御したり、接続ファイルを使用、再利用、または切り替えたりすることができます。, 接続ファイルを使用してデータソースに接続する場合は、接続情報が接続ファイルから Excel ブックにコピーされます。 [接続のプロパティ] ダイアログボックスを使用して変更する場合は、接続を作成するために使用された元のデータ接続ファイルではなく、現在の Excel ブックに保存されているデータ接続情報を編集します ([定義] タブの [接続ファイル] プロパティに表示されるファイル名で示されます)。 接続情報 ([ 接続名 ] プロパティと [ 接続説明 ] プロパティを除きます) を編集すると、接続ファイルへのリンクが削除され 、接続ファイルプロパティが クリアされます。, データソースの更新時に接続ファイルが常に使用されるようにするには、[定義] タブの [常にこのファイルを使用してこのデータを更新する] をクリックします。 このチェックボックスをオンにすると、その接続ファイルを使用するすべてのブックで接続ファイルの更新が常に使用されます。このプロパティは設定されている必要があります。, [ブックの 接続 ] ダイアログボックスを使用すると、これらの接続の作成、編集、削除などの操作を簡単に管理できます。 ([ データ ] タブの [ 外部データの取り込み ] グループで、[ 接続] をクリックします)。 このダイアログ ボックスでは、次の操作を実行できます。, 外部データのソースを確認します。 接続が別のユーザーによって定義された場合に備えて、この操作を実行することができます。, 接続を別のサーバーまたはデータ ソースにリダイレクトする、または既存の接続について接続ファイルを置換する。, 接続ファイルは、接続を一定の方法で共有し、接続をより見つけやすくし、接続のセキュリティを向上させ、データソースの管理を容易にするために特に便利です。 接続ファイルを共有する最適な方法は、ネットワークフォルダーや SharePoint ライブラリなどの安全で信頼できる場所に配置して、ユーザーがファイルを閲覧できるように、指定されたユーザーのみがファイルを変更できるようにすることです。, [データソースの選択] ダイアログボックスを使って外部データに接続するか、データ接続ウィザードを使用して新しいデータソースに接続することによって、Office データ接続 (odc) ファイル (.odc) を作成できます。 ODC ファイルでは、カスタム HTML タグと XML タグを使って接続情報を格納します。 Excel では、ファイルの内容を簡単に表示または編集できます。, 接続ファイルを他のユーザーと共有して、外部データソースに対して同じアクセス権を与えることができます。 他のユーザーは、接続ファイルを開くためにデータソースを設定する必要はありませんが、コンピューター上の外部データにアクセスするために必要な ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーをインストールする必要があります。, ODC ファイルは、データに接続してデータを共有するための推奨される方法です。 他の従来の接続ファイル (DSN、UDL、およびクエリファイル) を ODC ファイルに簡単に変換するには、接続ファイルを開き、[接続のプロパティ] ダイアログボックスの [定義] タブにある [接続ファイルのエクスポート] ボタンをクリックします。, クエリファイルは、データソース情報が含まれているテキストファイルであり、データが配置されているサーバーの名前や、データソースを作成するときに提供する接続情報を含みます。 クエリファイルは、他の Excel ユーザーとクエリを共有するための従来の方法です。, .Dqy クエリファイルを使用する    Microsoft Query を使用して、リレーショナルデータベースまたはテキストファイルのデータのクエリを含む .dqy ファイルを保存することができます。 Microsoft Query でこれらのファイルを開くと、クエリで返されたデータを表示したり、クエリを変更して別の結果を取得したりできます。 作成したクエリの .dqy ファイルを保存するには、クエリウィザードを使用するか、直接 Microsoft Query を使用します。, .Oqy クエリファイルを使用する    .Oqy ファイルを保存すると、サーバー上または オフライン キューブ ファイル (.cub) の OLAP データベースのデータに接続できます。 Microsoft Query のマルチディメンション接続ウィザードを使用して、OLAP データベースまたはキューブのデータソースを作成すると、.oqy ファイルが自動的に作成されます。 OLAP データベースはレコードまたはテーブルで構成されていないため、クエリまたは .dqy ファイルを作成してこれらのデータベースにアクセスすることはできません。, Rqy クエリファイルを使用する    Excel では、この形式を使用する OLE DB データソースドライバーをサポートするために、rqy 形式でクエリファイルを開くことができます。 詳細については、お使いのドライバーのマニュアルを参照してください。, Qry クエリファイルを使用する    Microsoft Query では、.dqy ファイルを開くことができない以前のバージョンの Microsoft Query で使用できるように、qry 形式でクエリファイルを開いて保存することができます。 Excel で使用するクエリファイルが qry 形式の場合は、Microsoft Query でファイルを開き、.dqy ファイルとして保存します。 .Dqy ファイルを保存する方法については、「Microsoft Query のヘルプ」を参照してください。, いる iqy Web クエリファイルを使用する    Excel では、いる iqy Web クエリファイルを開いて Web からデータを取得することができます。, 外部データ範囲 (クエリテーブルとも呼ばれます) は、ワークシートに取り込まれたデータの位置を定義する定義された名前またはテーブル名です。 外部データに接続すると、外部データ範囲が自動的に作成されます。 唯一の例外は、データソースに接続されたピボットテーブルレポートであり、外部データ範囲は作成されません。 Excel では、外部データ範囲の書式設定やレイアウトの設定や、その他のデータと同様に、計算に使用することができます。, Office データ接続 (ODC) ファイルからの外部データ範囲には、ファイル名と同じ名前が付けられます。, データベースから外部データ範囲には、クエリの名前が付けられます。 既定の Query_from_ソース は、クエリの作成に使用したデータソースの名前です。, Web クエリからの外部データ範囲には、データの取得元の Web ページの名前が付いています。, ワークシートに同じソースの複数の外部データ範囲が含まれている場合、範囲には番号が付けられます。 たとえば、MyText、MyText_1、MyText_2 などです。, 外部データ範囲には、セルの書式設定や列幅の保持など、データを制御するために使用できる追加のプロパティ (接続プロパティと混同されない) があります。 外部データ範囲のプロパティを変更するには、[データ] タブの [接続] グループで [プロパティ] をクリックし、[外部データ範囲のプロパティ] または [外部データのプロパティ] ダイアログボックスで変更を行います。, 注: 外部データに基づく概要またはレポートを共有する場合は、外部データ範囲を含むブックを他のユーザーに提供するか、レポートテンプレートを作成することができます。 レポート テンプレート を使用すると、外部データを保存せずにサマリーまたはレポートを保存して、ファイルのサイズを小さくすることができます。 外部データは、ユーザーがレポートテンプレートを開いたときに取得されます。, さまざまなデータソースに接続するために使用できるデータオブジェクト (外部データ範囲とピボットテーブルレポートなど) があります。 ただし、接続できるデータソースの種類は、各データオブジェクトとは異なります。 Excel Services で接続されているデータを使用して更新することもできますが、注意が必要なその他の制限事項や解決策もあります。, 次の表は、Excel の各データオブジェクトでサポートされているデータソースをまとめたものです。, 注: これらのファイル、インポートテキストウィザードを使用してインポートされたテキストファイル、XML マップを使用してインポートされた XML ファイル、Web クエリを使ってインポートした HTML または XML ファイル、データソースへの接続を行うために ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーを使用しないでください。, Excel Services (web ブラウザーの Excel) で Excel ブックを表示する場合、データに接続して更新することはできますが、ピボットテーブルレポートを使用する必要があります。 Excel Services では、外部データ範囲はサポートされていません。つまり、データソース、Web クエリ、XML マップ、または Microsoft Query に接続されている Excel テーブルはサポートされていません。, ただし、ピボットテーブルを使用してデータソースに接続し、必要な行と列の値がすべて表示されるように、ピボットテーブルをレベル、グループ、または小計のない2次元のテーブルとして設計し、レイアウトすることで、この制限を回避することができます。 詳細については、 「関連 項目」セクションのリンクを参照してください。, Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.8 は、Microsoft Windows Server 2003 および Windows XP SP2 に含まれています。 MDAC では、さまざまなリレーショナルデータソースや非リレーショナルデータソースからデータに接続して使うことができます。 Open Database Connectivity (ODBC) ドライバーまたは OLE DB プロバイダーを使用して、さまざまなデータソースに接続できます。これらは、Microsoft によって構築および出荷されるか、さまざまなサードパーティによって開発されています。 Microsoft Office をインストールすると、追加の ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーがコンピューターに追加されます。, Windows Vista と Windows 7 では、windows データアクセスコンポーネント (Windows DAC) が使用されます。, コンピューターにインストールされている OLE DB プロバイダーの完全な一覧を表示するには、データリンクファイルから [ データリンクプロパティ ] ダイアログボックスを表示し、[ プロバイダー ] タブをクリックします。, コンピューターにインストールされているすべての ODBC プロバイダーの一覧を表示するには、[ Odbc データベース管理者 ] ダイアログボックスを表示して、[ ドライバー ] タブをクリックします。, 他の製造元の ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーを使用して、他の種類の ODBC や OLE DB データベースなど、Microsoft データソース以外のソースから情報を取得することもできます。 そのような ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーのインストールの詳細については、そのデータベースのマニュアルを確認するか、ベンダーに問い合わせてください。, 以下のセクションでは、ODBC (Open Database Connectivity) について詳しく説明します。, ODBC アーキテクチャでは、アプリケーション (Excel など) を ODBC ドライバーマネージャーに接続します。これは、microsoft sql Server データベースなどの特定の ODBC ドライバー (Microsoft SQL ODBC ドライバーなど) を使って、データソースに接続します。, データソースが含まれているコンピューターに適切な ODBC ドライバーがインストールされていることを確認します。, Odbc データソース管理者を使って、接続情報をレジストリまたは DSN ファイルに保存するか、Microsoft Visual Basic コードの接続文字列を使って Odbc ドライバーマネージャーに接続情報を直接渡すことで、データソース名 (DSN) を定義します。, データソースを定義するには、Windows Vista で [ スタート ] ボタンをクリックし、[ コントロールパネル] をクリックします。 [ システムとメンテナンス] をクリックし、[ 管理ツール] をクリックします。 Windows XP および Windows Server では、[ スタート] をクリックし、[ コントロールパネル] をクリックします。 [ パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[ 管理ツール] をクリックします。 [ データソース (ODBC)] をクリックします。 さまざまなオプションの詳細については、各ダイアログボックスの [ ヘルプ ] をクリックしてください。, コンピューターのデータソースには、ユーザー定義の名前を使って、特定のコンピューター上のレジストリに接続情報が格納されます。 マシン データ ソースは、それらが定義されているコンピューター上でのみ使用できます。 ユーザーとシステムの 2 種類のコンピューターのデータ ソースがあります。 ユーザー データ ソースは、現在のユーザーのみが使用でき、そのユーザーにのみ表示されます。 システムデータソースは、コンピューター上のすべてのユーザーが使用でき、コンピューター上のすべてのユーザーが表示できます。, コンピューターのデータソースは、ログオンしているユーザーだけがコンピューターデータソースを表示できることを保証するのに役立ちます。また、リモートユーザーは、コンピューターのデータソースを別のコンピューターにコピーすることはできません。, ファイルデータソース (DSN ファイルとも呼ばれます) は、接続情報をテキストファイルに保存します。これには、通常、コンピューターのデータソースよりも柔軟に使用することができます。 たとえば、ファイルデータソースを適切な ODBC ドライバーを持つ任意のコンピューターにコピーして、アプリケーションが一貫した正確な接続情報を使用するすべてのコンピューターに依存することができます。 または、単一のサーバー上にファイル データ ソースを配置し、ネットワーク上の多くのコンピューターの間でそれを共有し、1 つの場所で簡単に接続情報を維持することができます。, ファイル データ ソースは共有できないようにすることもできます。 Unshareable ファイルデータソースは1台のコンピューター上に存在し、マシンデータソースを指します。 共有不能なファイル データ ソースを使用して、ファイル データ ソースから既存のマシン データ ソースにアクセスすることができます。, 以下のセクションでは、オブジェクトのリンクと埋め込みデータベース (OLE DB) について詳しく説明します。, OLE DB アーキテクチャでは、データにアクセスするアプリケーションはデータコンシューマー (Excel など) と呼ばれ、データへのネイティブアクセスを可能にするプログラムはデータベースプロバイダー (SQL Server 用 Microsoft OLE DB プロバイダーなど) と呼ばれます。, ユニバーサルデータリンクファイル (.udl) には、データコンシューマーがそのデータソースの OLE DB プロバイダーを介してデータソースにアクセスするために使用する接続情報が含まれています。 接続情報を作成するには、次のいずれかの操作を行います。, データ接続ウィザードで、[ データリンクプロパティ ] ダイアログボックスを使って、OLE DB プロバイダーのデータリンクを定義します。 詳細については、「 データ接続ウィザードを使用してデータをインポートする」を参照してください。, ファイル名拡張子が .udl の空のテキストファイルを作成し、ファイルを編集します。これにより、[ データリンクプロパティ ] ダイアログボックスが表示されます。, 外部データソースに接続している場合は、更新操作を実行して更新されたデータを取得することもできます。 データを更新するたびに、最終更新後にデータに加えられた変更を含め、最新バージョンのデータが表示されます。, 次の図は、外部データソースに接続されているデータを更新した場合に発生する基本的なプロセスを示しています。, 2.

.

320i 320d 維持費 4, ドコモメール 文字化け 修復 12, バッファロー サーバー未検出 停電 21, 外ハネ ミディアム 毛量多い 4, Youtube 全画面 遅い 6, Wrx S4 Siドライブ 5, 英語 品詞 色分け 8,