Internet Explorer 11 が sha-1 証明書によって保護されている web サイトのアドレス バーのロック アイコンを削除する変更について説明します。 クライアント側のWebブラウザで、電子フォームに署名を付加するために、証明書認証局から証明書を取得します。 新しい Microsoft Edge では、プライバシー、生産性、価値の向上によって、世界最高レベルのパフォーマンスを提供しています。, Web サイトのセキュリティ証明書に問題があることを通知するエラー メッセージが表示されることがあります。Internet Explorer では、サイトの証明書を使用することで、サイトとの安全な接続を確立できます。証明書のエラーは、証明書または Web サーバーの証明書の使用に問題がある場合に発生します。Internet Explorer では、証明書のエラーについて警告することによって、情報をより安全に維持することができます。, この Web サイトは信頼しないでください。このメッセージは、セキュリティ証明書が Web サイトによって不正に取得されたか、使用されたことを意味している場合があります。, Web サイトは別の Web アドレスに対して発行された証明書を使用しています。このメッセージは、企業がいくつかの Web サイトを所有していて、複数の Web サイトに同じ証明書を使用している場合に発生する可能性があります。, 現在の日付は証明書が有効な期間の前または後です。Web サイトの証明書を最新の状態にするには、証明機関を使用して証明書を更新する必要があります。古くなった証明書には、セキュリティ上のリスクがある可能性があります。, この Web サイトのセキュリティ証明書は信頼できる提供元から発行されていません。, 証明書は Internet Explorer で認識されない証明機関によって発行されています。偽造された証明書を使用しているフィッシング サイトでこのエラーが発生する場合があります。, Internet Explorer がこの Web サイトのセキュリティ証明書で問題を検出しました。, Internet Explorer がその他のエラーに該当しないセキュリティ証明書の問題を検出しました。このエラーは、証明書が壊れている、改ざんされている、不明な形式で記述されている、解読できないなどの場合に発生する可能性があります。証明書にこのエラーが発生した場合は、そのサイトを正当なサイトとして信用しないでください。, Web サイトの証明書は Web サーバーの身元証明です。証明書にエラーがある場合、接続が傍受されているか、Web サーバーが提示している身元が間違っていることがあります。Web サイトの正当性にまったく疑いがなく、接続が傍受されていないことがわかっており、リスクを把握している場合は、Web サイトにアクセスしてもかまいません。ただし、証明書の警告を無視しないことをお勧めします。, はい。望ましい方法ではありませんが、証明書のエラーで警告されたページで [このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。] を選ぶと、目的の Web サイトにアクセスできます。警告ページを無視して、エラーがある証明書を提示したサイトにアクセスすると、ブラウザーを開いている間、Internet Explorer はその証明書を記憶しています。Internet Explorer を再起動するまでは、そのサイトに戻るときにその証明書に対する新たな警告が表示されることはありません。, Internet Explorer の証明書チェック機能はオフにできません。証明書のエラーが表示される場合は、アクセスしようとしている Web サイトに証明書の問題があることを示しており、Internet Explorer に問題があるわけではありません。. 【Tips】Windowsに覚えさせたパスワードを確認する方法(資格情報マネージャーの使い方), 【大改善】iCloudのWindowsアプリがめちゃくちゃ便利になって2TB契約したくなった話. Copyright © 2015-2020 kiritsume.com All Rights Reserved. Internet Explorer 10 以降のバージョンを実行しているクライアントコンピューターがある。 Windows Server 2008 R2 ベースのサーバー上でホストされている証明書サービスの Web 登録ページにアクセスしようとしています。 Windows Internet Explorer で、[このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)] をクリックします。 赤いアドレス バーと証明書の警告が表示されます。 [証明書のエラー] をクリックして情報ウィンドウを開 … 追加で補足させていただきます。 「ActiveXを使うものなのでIE以外では動かない」とハナから思い込んでしまっていて今まで試していなかったのですが、Google Chrome や Mozilla Firefoxでも、証明書の要求ができました(Windows 7 Professional 32bit PCです)。 Windows Server 2008 R2 SP1 に、役割「Active Directory 証明書サービス」と「〃 Web 登録」を有効化しました(ルート証明機関として)。, うまく、http(s)://サーバ名/certsrv/ へアクセスし、「証明書の要求」から 証明書の要求画面[certrqus.asp] まで移動します。, この画面で「証明書の要求の詳細設定」を選択すると、本来であれば証明書の要求の詳細設定画面[certrqad.asp]へ移動してほしいのですが(フォーム[certrqma.asp]から設定をしたい為)、いきなり「証明書の要求または更新要求の送信」画面[certrqxt.asp]へ移動してしまいます。, 何台か操作してみたところ、どうやら IE8 からはうまくいき、IE11からはうまくいかないように思えます。, ちなみに、ネット情報によればこのWebサイトではActiveXを利用しているようなのですが、ActiveXの動作を阻害するセキュリティ設定の問題かと思いIE11でのゾーンセキュリティ設定を「低」にしてみましたが、変わりません。, これですが、セキュリティを低に設定してもActiveXが正常に動作しないことは多々あります。低ではなくて「信頼済みサイト」に証明機関WebサイトのURLを登録して実行すると、ActiveX周りの問題は解決することが多いです。ちなみにサーバーOSのIEを使っていて「IEセキュリティ強化の構成」(IES)が有効になっている場合(サーバーOSのIEのみの設定です)は無効にしてみてください。, ご教示いただいた要領で、Windows 7 Professional (32bit) のIE11にて信頼済みサイトへ登録したのちアクセスしてみましたのですが、残念ながら挙動の変化はみられませんでした。, IE11の開発者ツールで確認してみましたところ、互換モードではなくEdgeで動作していることまでは確認できました。, 「ActiveXを使うものなのでIE以外では動かない」とハナから思い込んでしまっていて今まで試していなかったのですが、Google Chrome や Mozilla Firefoxでも、証明書の要求ができました(Windows 7 Professional 32bit PCです)。ただ、詳細設定画面は同様にスキップされてしまいます。, 余談になってしまいますが、テストとして(今回欲しい証明書の種類とは違うのですが)「WEBサーバ用証明書」をそれぞれのブラウザから発行させてみたところ、同じ役割(ファイル名)の画面にもかかわらずChromeとFirefoxとで一部文言が異なっていました。数種のブラウザ向けに対応配慮されている可能性に、少し感動しました(ChromeやFirefoxは要求成功、IEでは要求作業を完了できませんでした)。, この証明書要求画面について、開発者ツールでIEの動作モードをEdgeや10にするとステータスバーに「要求しています...」と表示されたままレスポンスが来ず、9や8にすると遷移先の画面でエラー「ポインターが無効です 0x80004003 (-2147467261)」が表示されてしまいます。, IE11?で、証明書サービスWeb登録の「証明書の要求の詳細設定」を表示させるには?.

.

Zeal 口コミ 悪い 13, 佐藤健 おしゃれイズム 動画 54, 中学理科 まとめ プリント 6, Dr30 シート 張替え 4, Lol ピン 設定 5, ドライヤー 低温 大風量 5, 静岡 女子 校 中高一貫 4, 佐々木美玲 台湾 地震 ニュース 9, Dvi デュアルリンク 144hz 4, Fh 9400dvs Fh 9300dvs 違い 55, Danke Sehr Gut 意味 10,